オルカ チャット。 【利用前に必読】チャットアプリ「オルカ」評価&口コミ評判(出会い目的は禁止)

通話可能なチャットアプリ「オルカ」の安全な使い方と出会える攻略法

オルカ チャット

オルカのタイムライン オルカはザ・チャットアプリって感じの王道無料チャットアプリ。 アプリ側によると 累計利用者数は1500万人を超えているとのこと。 だいぶ盛ってはいるだろうけど、無料だしマリチャ時代からだと運営歴も長いので累計ユーザー数が多いのは事実でしょう。 表向きには友達作りのアプリですが、もちろん実態はそんなわけがなく、その他のチャットアプリ同様に 実質出会い系として使われているアプリで、女性は暇つぶし勢がメインです。 記事にするにあたって軽くググってみたら「友達作りアプリとしておすすめです!」なんて書いてあるサイトが多くて「は?」と思いましたが、まあそれは置いておきましょう。 無料で誰でも使えるし、余計な機能はなく、タイムラインや検索からワンタップでメッセージができるため、極めて使いやすい。 そして無料アプリ特有のそこそこ無法地帯。 エロいやり取りはし放題だし、LINE交換も容易です。 ここ重要。 もちろん表向きの規約上はNGですが。 余談ですがオルカはと同じ作りをしていて、同じタイミングでアップデートが入ったりします。 製作元が同じなのかな?運営も? 2020年現在でもまあまあユーザーが多い オルカはいわゆる無料チャットアプリというくくりの中では、 今現在最もアクティブユーザーの多いアプリだと思います。 Tinderも無料アプリですがあれはチャットアプリというよりマッチングアプリだし、ひま部とかは一応SNSアプリだし。 アクティブユーザーが多いと言っても全盛期はとっくに過ぎていて、マリンチャットを長年愛用している知人によると今のマリンチャットはかっそ過疎みたいです。 ここ数年は基本的にマッチングアプリばっかりだった管理人OGAからすると、今でも十分多いと思いますがw でもまあたしかに同じ無料アプリでも今は亡きひまトークや友達作りトークの全盛期と比べたらかっそ過疎ですね。 マリンチャットの全盛期も経験しておきたかった。 ユーザー層はカオス!年齢層は20代がメイン これはオルカに限った話ではなく無料チャットアプリはだいたいそうなのですが、ユーザー層はカオスです。 女性ユーザーはJC、JK、JD、社会人、ニート、人妻、援交募集、業者、ネカマ、詐欺師…と一通り揃ってます。 男性ユーザーはセックスしたくてたまらないお猿さん(俺含む)を中心に、客を探している売れないホスト、風俗のスカウト、援交おじさん、イケメン写真を悪用してエロ写真を集めるアホなどなど、これまた一通り揃ってます。 年齢層は男女共に20代をメインに下は10代から上は50代まで。 そして当サイトとしては 「JKはどれくらいいるのか?」という点に触れなければなりませんね。 少なからず見かけはしますが、 割合で言うとかなり少ないです。 JKですって書いてあっても業者だったり。 はっきり写りすぎててしかも可愛い写真はだいたい業者。 男がトークを送りたくなるようなプロフィールのJKもだいたい業者。 ただまあJKとの出会いに期待して利用するアプリではありません。 最新のバージョンだと年齢確認もあるようですから、新規のJKユーザーもあまり期待できないでしょう。 ちなみに豆知識というか細かいテクニックですが、無料アプリは基本的にバージョンの更新をしない方がいいです。 規制強化かシステムの改悪しかないから。 管理人OGAは全アプリを手動更新の設定にしており、オルカはいまだにマリンチャットとして利用しているため、今はない出会いに便利な機能が残ったままです。 オルカは出会えるの?出会えないの? 皆さんが気になる点は結局ここですよね。 引き伸ばしてすいません。 結論から言うと、出会えます。 出会えますが、やはり今の時代 マッチングアプリなどと比べると難しいです。 といっても最近はタップルやペアーズなどのマッチングアプリも、ユーザーが増えすぎて若くて可愛い子と出会うのは難しくなってきていますが。 管理人OGAはオルカ(マリチャ)に関しては利用歴2年ほどの正直にわかユーザーなのですが、ここ2年ほどそこそこに利用してしっかり10人前後くらいは出会っています。 しかし当サイトで何度も書いてきていますが、 無料チャットアプリは有料マッチングアプリ・有料出会い系サイトなどと比べて、女性ユーザーの出会いに対してのモチベーションがかなり低いです。 そのため、全盛期は知りませんが、少なくとも今のオルカではネットナンパの実力がある人、もしくは若いイケメンでないと出会いまくるのは難しいと言えます。 これはマッチングアプリを宣伝したいからのポジショントークではありません。 オルカもタップルも全部使えばわかります。 まあオルカは完全無料のアプリなので、暇な人はインストールして損はありません。

次の

危険!チャットアプリ『オルカ』を使う前に知っておくべき2つの注意点

オルカ チャット

Appstore引用: 利用者1900万人突破! ORCAオルカは国内No. 1のユーザー数を誇る巨大雑談コミュニティアプリです。 利用には年齢確認が必要であり、18歳未満の方はご利用になれません。 暇だなと思ったとき、日々の中で寂しさを感じたとき、誰かに相談したいとき、同じ趣味の友達を探したいとき、一番かんたんシンプルに使えるアプリがオルカです。 心のスキマを埋めるには人と話すのが一番! 【利用にあたっての注意点】 以下のルールを守って正しくお使いください。 ルールを守れないアカウントは即凍結され、二度とアプリを使用できなくなります。 また見かけた方は通報をお願いします。 ・18歳未満のユーザーのご利用 ・誹謗、中傷等を目的とした利用 ・性的な内容を含むトークの公開やタイムラインへの投稿 ・広告を目的とした内容を投稿 ・求人や勧誘を目的としたトーク ・個人情報などを送信する行為 ・異性交際のみを目的とする行為 24時間パトロールをしておりますが、もしユーザー様側で上記のルールを守れない方を見かけた場合は通報いただけますと幸いです。 調査後に凍結処理を行います。 オルカは完全無料アプリ オルカ(ORCA)はiPhoneとAndroidで利用できる完全無料のアプリです。 課金のポイントは一切ありません。 アプリ内のところどころに広告枠があり、広告収入によって利益をあげるビジネスモデルとなっています。 オルカを使う前に知っておくべきこと オルカは長らく マリンチャット(通称:マリチャ)という名称でしたが、2019年5月にORCA(オルカ)という名称に変更しました。 これは2019年3月に警視庁が発表した「 」という資料で マリンチャットが名指しで未成年の性犯罪被害の温床になっていることが公表されたことがきっかけです。 犯罪数が多くなり、悪い形で世にマリンチャットの名前が出てしまったので、アプリ名を「オルカ」に変更し、ユーザー及び社会に対して、同じアプリであるということをわかりづらくしたいというのが狙いでしょう。 オルカは性犯罪被害児童数が多いアプリ第4位 下記は平成30年にSNS経由で起こった性犯罪被害児童数です。 どのSNSで事件が何件起こったのか警視庁が発表した資料から作成しました。 オルカ(旧マリンチャット)はLINEに次いで児童の性犯罪が多いアプリであるということがわかります。 オルカのユーザー数はLINEよりも圧倒的に少ないにも関わらず、LINEと同等の被害件数があるということは オルカでの事件発生率が高いということが言えると思います。 記事後半で詳しく説明しますが、オルカは未成年ユーザーが利用することがあるため、異性との出会いを期待してオルカを利用すると青少年健全育成条例違反で逮捕されるリスクがあります。 オルカは出会い禁止のアプリ オルカは「出会い系規制法」の対象外のアプリとなります。 つまり厳密には「出会い系アプリ」ではありません。 アプリ内でも出会い系目的で使用することは厳しく禁止されています。 出会い目的での利用だと判断されるとアカウントが凍結されます。 オルカの使い方・機能 オルカは4つの機能で成り立っています。 つぶやき機能 ホーム画面からツイッターのようにつぶやくことができ、 そこから、そのつぶやきに対して返信ができたり、さらにはトークをすることができます。 この機能は男女両方ともが表示されているため、異性同性関係がなく並んでいます。 この機能があるからこそ、オルカが出会い系アプリぽくなく、友達探しアプリぽさをうまく演出できていると言えるのでしょう。 つぶやき画面では、下記のようにユーザーがつぶやいたものが時系列で表示されていき、そこに誰かが返信をしていきます。 いわば出会い掲示板のような役割です。 トーク機能 トーク機能では、通常の出会い系アプリのように2人で完全無料でメッセージをすることができます。 完全無料だけに、何の制限もなくトークが開始することができます。 足跡(足あと)機能 通知タブには、足あとというタブがあります。 「足あと」というのは、他のオルカユーザーが自分のプロフィールに訪れたときにつくものです。 ということは、自分が他のオルカユーザーのプロフィールを閲覧したときに相手の「足あと」に自分のマークが付くことになります。 付けた足跡は消える? 多くの人が足跡の消し方を気になるようですが、足跡の消し方はありません。 一度付けてしまった場合、相手の足跡画面から自分を消す方法はありません。 ブロック機能 ブロック機能はLINEと同じように、相手をブロックする機能です。 このブロック機能を実行した場合、ブロックされた側には、通知等はありません。 ブロックされた側は、相手のプロフを閲覧しようとして、見れなかった際に初めて、自分がブロックされたことを知ります。 通話・電話機能 オルカには通話・電話の機能があります。 しかし、誰とでも電話ができるわけではありません。 オルカのマイページで「電話を受け取る」設定をしていた場合にのみ、相手との電話が可能です。 ただし、自分がiPhoneで相手がAndroidだった場合、電話ができない場合があります。 ランダム通話機能 オルカ内で直近できた新たな機能が、このランダム通話機能です。 トーク一覧のタブ画面から、上部の「ランダム通話」という箇所をタップするとすぐにマッチング検索が始まります。 ランダム通話というのは、アプリ「斎藤さん」に代表されるような、リアルタイムにランダム通話ボタンを押した人と即マッチングして通話をする機能となります。 ランダムというだけあり、男女やエリアのフィルターなどは出来ず、誰とでも通話がされる可能性があります。 オルカ自体、男女比は8:2か7:3で男性の方が多いので、 このランダム通話で異性とマッチングする確率は非常に低いでしょう。 そのため、相手と親しくなった場合、オルカではなくLINEやカカオトークへ移動してやりとりを続ける必要が出てきます。 しかし、 オルカ内でいきなりLINEIDやカカオIDを記載するのは規約違反です。 年齢確認書類の確認フローあり オルカでは年齢確認書類のアプリ内でのアップロードフローがあります。 しかし、年齢部分以外は黒塗りでOKということなので、悪意のあるユーザーが偽装することは可能だと思われます。 また、「提出しているのに年齢確認の承認がされない」という口コミもあるので、その場合は運営者に直接問い合わせをしましょう。 オルカの利用前に注意したい3つのポイント オルカは法律上は出会い系アプリではありません。 そのため注意すべきポイントが複数あります。 その1 逮捕リスク まず前提としてオルカはAppleのレーティングでは18歳以上でないと使えないようになっています。 しかし、オルカに登録する際、ユーザーは任意で年齢を入力するだけで利用ができてしまいます。 トークの利用に際して年齢確認書類の提出フローもありますが、出会い系規制法に基づいた確認方法ではないため、悪意のある不正ユーザーを排除することはできていません。 青少年健全育成条例違反 オルカ内で未成年と繋がり、実際に会って下記の行為をした場合、青少年健全育成条例違反で逮捕されるリスクがあります。 オルカで未成年と繋がる可能性があることのリスクは必ず理解するようにしてください。 逮捕されて前科者になれば、想定以上にあなたの人生は変わってしまいます。 その2 恐喝リスク すでに説明したように、未成年との淫行は犯罪です。 そして、 犯罪であるということをわかった上で、男性に近づいてくる若者グループも存在しています。 どういうことかというと、例えばこういうことが起きるのです。 出会い系アプリで、年齢を偽り成人女性として登録した女の子がいます。 その子はアプリ上で男性とメッセージを交わし、実際に会ってみようという話になります。 そして、そこで初めて実は未成年であることを告白します。 もちろん 恐喝のほうが明らかに犯罪です。 しかし、もしあなたが恐喝される当事者だったら、 「無料の出会い系アプリを利用してたら恐喝された」というのを警察に言って、大ごとにしますでしょうか。 少し後ろめたさがあり、表沙汰にはしたくない、そう感じる人は少なくないはずです。 恐喝グループはまさにその心理を狙っているのです。 このように「出会い系規制法」脱法アプリは、年齢の確認審査がないため、 出会う相手が未成年である場合があったり、恐喝目的で近づいてきたりするリスクが存在するのです。 その3 プロフィール写真の悪用 オルカなどの無料アプリは本人確認はありません。 そのため、Twitter上のプロフィール写真を勝手にオルカ上で使われていることや、オルカのプロフィール写真をオルカや別のアプリ上で悪用するケースが多々あります。 これに対しての対処法はなく、オルカの利用はそれだけのリスクが伴うことを理解の上利用ください。 オルカの利用者層 オルカに特有のユーザー層というのは無く、その他の無料出会い系アプリと同じようなユーザー層と考えて まず問題ないです。 具体的には下記のような目的・属性のユーザーが混在しているというのが現状です。 しかし、アプリをDLしても年齢認証などなく、自己申告の生年月日入力でパスできてしまうので、形骸化していると思われます。 「カフェで稼ぐ方法教えようか?」とわかりやすく誘ってきたりもします。 こういう目的の人と関わっても、最終、得をしないのでかかわらないことを強くお勧めします。 高収入バイトをうたい文句にライブチャットなどの仕事を斡旋しようとしてくる人間がいます。 これも、最終的に、水商売や風俗への勧誘につながるため、軽い気持ちで関わることはお勧めしません。 オルカで警察が関与する場合 オルカでは出会い目的利用などは禁止されています。 被害者などから警察に届出があり、捜査対象になった場合にのみ、オルカ運営社は初めて警察に情報提供をするのが通常です。 オルカ運営会社は小規模かつ、ユーザー対応能力や意思はほとんどないので、すべての案件に精力的に未然の対応をすることはほぼないと考えられます。 オルカの良い口コミ 出会い厨が多くいるということは当然ですが、その 監視体制システムにも不備があり、一般ユーザーも凍結になることでクレームが多くついていることがわかります。 オルカでライン交換は禁止 オルカではLINEやカカオなどのID交換は基本的にNGとなっています。 もしID交換の事実が運営側に知られるとアカウントが凍結になるのでご注意ください。 しかし、相手から隠語でLINE IDを教えられる場合も少なくありません。 その場合、安易に相手を信用すべきではありません。 オルカで度々起こるのが、業者へのLINE IDの流出です。 無料アプリということもあり、LINE IDを交換した途端、スパムのLINEメッセージが来ることも多々ありますので、ご注意ください。 彼氏・彼女が利用していた場合の対処法 よく彼氏・彼女のスマホにオルカのアイコンがあり、「オルカって何?浮気なの?」という心配をされる方もいます。 オルカはこれまでの内容で説明した通り、異性との出会いは禁止のアプリです。 しかし、完全に出会いを期待しないユーザーだけかというと全くそういうアプリではないことは明らかです。 彼氏・彼女が利用してたら「オルカの利用は心配だし、お互いの信頼のために利用しないで! 」という決まり事をするべきだと思います。 ぜひこの件に関しては、パートナーと誠実に話し合うようにしましょう。 アカウントが凍結された場合 また既にオルカを利用しており、 アカウントの凍結をされた場合、同様のアカウントの復活は不可能となります。 異性との出会いを目的とした会話は一切してはいけませんし、できないことを改めて理解してください。 オルカの運営元 オルカはBOB APPというデベロッパー名で公開されていますが、18才未満は「ひま部」というアプリに誘導していることから、ひま部の運営元であるが大元として運営していると考えられます。 会社情報を非公開にした上でオルカを運営していることから、グレーなサービスであるということを自覚しているのでしょう。 nanameueの会社自体は反社などではないようです。 とはいえ、広告収益目的の運営のために、事件の温床になりやすいこのアプリを運営し続けていることは決して褒められることではありません。 オルカと似たアプリ一覧 オルカと同じような無料のチャットアプリは複数あります。 その中でも運営元もオルカと同じnanameueが運営しており、機能やデザインなどもほとんど同じアプリをご紹介します。 上記の3アプリは運営元も同一であり、デザインやユーザー層などがオルカとほぼ同一なアプリです。 オルカの退会方法 既にオルカのアカウントを持っている方で、退会を考えている方は下記の方法で確実に退会をしてください。 また、退会後はアプリの削除も確実に行うようにしてください。 オルカの利用は自己責任で 改めて伝えますが、オルカは法律的な定義上、 「出会い系アプリ」ではありません。 よって、「出会い系サイト規制法」による厳格なルールは適用されません。 オルカの中で悪意を持って、他のユーザーに接近し、LINEなどを交換して友達となり、のちに事件化していくという可能性は大いに考えられますが、それに対して運営側は責任は負わないということになります。 つまり、すべて利用するユーザーの自己責任ということになるのです。 このような無料の出会い系アプリでは、業者・援交目的などのユーザーが間違いなく存在します。 女性の方の利用は全くお勧めしませんし、男性側も、恐喝事件やネットワークビジネスへの勧誘などリスクは伴います。 そういったリスクをすべて理解した上で、オルカを利用することは自由ですが、 そこで起こりうる損害はすべて自己責任としてください。 個人的にはオルカの利用はお勧めしません。 この記事が参考になれば幸いです。 さて、このように、本当に出会えるアプリと言うのは、決して多くありません。 特に 無料の出会い系アプリや悪徳出会いアプリは、利用者のリスクが大きく、絶対におすすめすることはできません。 このサイトでも、100以上のアプリ・サイトを調査してきました。 その中でわかったことは、 健全な運営体制のあるマッチングサービスも確実に存在しているということです。 そして、その中でも 自分の目的に沿ったサービスを選び、利用することをおすすめします。 では、一体どのサービスが安全なのでしょうか。 筆者が口コミや、運営会社を調査した結果、みなさんにおすすめできるサービスをご紹介したいと思います。 まず、出会い系サイトを登録する上での、選定のポイントはこれです。 複数の優良サイトに登録して、チャンスを広げる• 無料ポイントを有効活用すること。 大手サイトにはお試しポイントが必ずあるので、そこで手応えを感じてから、課金をすべき• 嫌になればすぐに退会すること。 月額ではないサービスなら、遊び感覚ですぐに退会できることこそがメリット 実績1位:ワクワクメール 『』は大手の出会いサイトになります。 累計会員数は750万人を超えており、老舗かつ、TRUSTeという個人情報保護に関する認定資格を取得しており、安心・安全な運営体質であることは間違いありません。 ワクワクメールの推しポイント5つ• 自分の写真・自己紹介文をきっちりと載せること• ユーザー数の多い大手サービスを使うこと• 自分とつり合う相手・価値観の相性を見極めること 実績No. 1:Pairs ペアーズ 『』は、結婚を視野に入れた真面目な出会いを求める全ての男女にオススメすることができます。 おすすめのポイントとしては、ユーザー数が日本一であり、真面目な一般男女が集まっていて健全かつ、利用体験としても最高だからです。 マッチングサービスでは圧倒的1位のため、一番最初にペアーズを使わない理由がありません。 しっかりした恋愛関係で場合によっては結婚も視野に入れられる相手との出会いを求める人には Pairsが今もっとも信頼できるサイトであると言えます。 Pairsの推しポイント4つ.

次の

オルカ(マリンチャット)が危険すぎた理由3つ【やるなら自己責任】

オルカ チャット

オルカのタイムライン オルカはザ・チャットアプリって感じの王道無料チャットアプリ。 アプリ側によると 累計利用者数は1500万人を超えているとのこと。 だいぶ盛ってはいるだろうけど、無料だしマリチャ時代からだと運営歴も長いので累計ユーザー数が多いのは事実でしょう。 表向きには友達作りのアプリですが、もちろん実態はそんなわけがなく、その他のチャットアプリ同様に 実質出会い系として使われているアプリで、女性は暇つぶし勢がメインです。 記事にするにあたって軽くググってみたら「友達作りアプリとしておすすめです!」なんて書いてあるサイトが多くて「は?」と思いましたが、まあそれは置いておきましょう。 無料で誰でも使えるし、余計な機能はなく、タイムラインや検索からワンタップでメッセージができるため、極めて使いやすい。 そして無料アプリ特有のそこそこ無法地帯。 エロいやり取りはし放題だし、LINE交換も容易です。 ここ重要。 もちろん表向きの規約上はNGですが。 余談ですがオルカはと同じ作りをしていて、同じタイミングでアップデートが入ったりします。 製作元が同じなのかな?運営も? 2020年現在でもまあまあユーザーが多い オルカはいわゆる無料チャットアプリというくくりの中では、 今現在最もアクティブユーザーの多いアプリだと思います。 Tinderも無料アプリですがあれはチャットアプリというよりマッチングアプリだし、ひま部とかは一応SNSアプリだし。 アクティブユーザーが多いと言っても全盛期はとっくに過ぎていて、マリンチャットを長年愛用している知人によると今のマリンチャットはかっそ過疎みたいです。 ここ数年は基本的にマッチングアプリばっかりだった管理人OGAからすると、今でも十分多いと思いますがw でもまあたしかに同じ無料アプリでも今は亡きひまトークや友達作りトークの全盛期と比べたらかっそ過疎ですね。 マリンチャットの全盛期も経験しておきたかった。 ユーザー層はカオス!年齢層は20代がメイン これはオルカに限った話ではなく無料チャットアプリはだいたいそうなのですが、ユーザー層はカオスです。 女性ユーザーはJC、JK、JD、社会人、ニート、人妻、援交募集、業者、ネカマ、詐欺師…と一通り揃ってます。 男性ユーザーはセックスしたくてたまらないお猿さん(俺含む)を中心に、客を探している売れないホスト、風俗のスカウト、援交おじさん、イケメン写真を悪用してエロ写真を集めるアホなどなど、これまた一通り揃ってます。 年齢層は男女共に20代をメインに下は10代から上は50代まで。 そして当サイトとしては 「JKはどれくらいいるのか?」という点に触れなければなりませんね。 少なからず見かけはしますが、 割合で言うとかなり少ないです。 JKですって書いてあっても業者だったり。 はっきり写りすぎててしかも可愛い写真はだいたい業者。 男がトークを送りたくなるようなプロフィールのJKもだいたい業者。 ただまあJKとの出会いに期待して利用するアプリではありません。 最新のバージョンだと年齢確認もあるようですから、新規のJKユーザーもあまり期待できないでしょう。 ちなみに豆知識というか細かいテクニックですが、無料アプリは基本的にバージョンの更新をしない方がいいです。 規制強化かシステムの改悪しかないから。 管理人OGAは全アプリを手動更新の設定にしており、オルカはいまだにマリンチャットとして利用しているため、今はない出会いに便利な機能が残ったままです。 オルカは出会えるの?出会えないの? 皆さんが気になる点は結局ここですよね。 引き伸ばしてすいません。 結論から言うと、出会えます。 出会えますが、やはり今の時代 マッチングアプリなどと比べると難しいです。 といっても最近はタップルやペアーズなどのマッチングアプリも、ユーザーが増えすぎて若くて可愛い子と出会うのは難しくなってきていますが。 管理人OGAはオルカ(マリチャ)に関しては利用歴2年ほどの正直にわかユーザーなのですが、ここ2年ほどそこそこに利用してしっかり10人前後くらいは出会っています。 しかし当サイトで何度も書いてきていますが、 無料チャットアプリは有料マッチングアプリ・有料出会い系サイトなどと比べて、女性ユーザーの出会いに対してのモチベーションがかなり低いです。 そのため、全盛期は知りませんが、少なくとも今のオルカではネットナンパの実力がある人、もしくは若いイケメンでないと出会いまくるのは難しいと言えます。 これはマッチングアプリを宣伝したいからのポジショントークではありません。 オルカもタップルも全部使えばわかります。 まあオルカは完全無料のアプリなので、暇な人はインストールして損はありません。

次の