ハマオカモト父。 ハマ・オカモトと父・浜田雅功のラジオ対談が面白い!親子関係が素敵?

ハマオカモトは結婚(嫁・彼女)してる?浜田雅功が「芸人ならボコボコ」

ハマオカモト父

高畑充希さん主演『とと姉ちゃん』、とても人気があるNHKの朝のテレビ小説でした。 若くして亡くなったお父さんの代わりに三姉妹の長女・常子が家族を守っていく。 お父さん=とと、として妹たちやお母さんを支えていくというストーリー。 そんな『とと姉ちゃん』に板前の役で出演されていた浜野謙太さん。 役者さんだけでなく、もともとはミュージシャンなんです。 そして、そんな浜野謙太さんと同一人物と言われているのが、ハマオカモトさん。 浜野謙太さんとハマオカモトさんって、同一人物なの?本名が浜野謙太さんで芸名がハマオカモトさんとか? そうじゃないんです。 別人なんですが、同一人物といわれるほどよく似ているんです。 浜野謙太さんとハマオカモトさんは同一人物ではないのですが、似ているところ見ていきましょう。 広告 Contents• 浜野謙太とハマオカモトが同一人物みたいによく似てる理由! 浜野謙太とハマオカモトさん、同一人物なくらいにとってもよく似てます。 浜野謙太さんとハマオカモトさんは、どちらもミュージシャン。 お二人ともミュージシャンというところが同一人物かと間違われる理由の一つのような気がします。 浜野謙太さんは、36歳でご結婚されていてお子さんも2人いらっしゃいます。 そして、ハマオカモトさんは、26歳。 ダウンタウンの浜田雅功さんの長男です。 それにしても、写真を見ていると本当によく似ています。 記事を作りながらも写真を間違えてないか心配になってくるほどです。 左側が浜野謙太さん、右側がハマオカモトさん。 ハマオカモトさんは、少しお父さんの浜田雅功さんに似ていますね。 そして浜野謙太さんは、両頬にえくぼが出来るので、そこで見分けがつきそうです。 浜野謙太の身長は?キレイなお嫁さんって? 浜野謙太さんは、ミュージシャンの他に役者もされています。 役者の他にミュージシャンを…。 と言った方がいいのかわからないくらい、どちらも素晴らしい才能の持ち主です。 本 名 : 浜野謙太 ニックネーム: ハマケン 生 年 月 日: 1981年8月5日 36歳 出 身 : 神奈川県 身 長 : 157cm 血 液 型 : O型 職 業 : ミュージシャン、俳優 配 偶 者 : Agatha(アガサ) 子 供 : 一男一女 所属事務所 : カクバリズム 引用:Wikipedia 浜野謙太さんの通っていた高校は、埼玉県の自由の森学園高校。 自由の森学園の教育理念は、このようになっています。 自立した自由へのはっきりした意志を育てることを教育の基本としている。 出典:Wikipedia 個性的なカリキュラムの学校なのですね。 卒業生には、俳優の吉岡秀隆さんや、 一つ上では星野源さんもいるそうです。 そして星野源さんとは、 SAKEROCKというバンドも結成されていたそう。 テレビ番組の中でも、浜野謙太さんは星野源さんに嫉妬にも似た感情を持っていそうです。 紅白歌合戦にも出場した星野源さん。 かつては、同じバンドで活動していたのに、解散したと思ったらどんどん有名になっていって、とうとう紅白歌合戦にまで。 確かに、ちょっとシットしてしまいそうです。 星野源さんとのインストゥルメンタルバンド、SAKEROCKでは、トロンボーンとスキャットをされていたそうです。 2015年に解散した後は、浜田謙太さん自身がリーダーとなるバンドを結成。 ボーカルを担当されているそうです。 音楽活動も活発にされている浜田健太さんですが、役者としてもご活躍されています。 NHKの朝のテレビ小説『とと姉ちゃん』の他にも、映画『ハチミツとクローバー』や『東京喰種トーキョーグール』などたくさんの作品に出演されています。 そして、 お嫁さんはモデルのAgatha(アガサ)さん。 Agathaさんは、1985年10月3日生まれ32歳。 身長162cm。 ハーフなのか外国の方なのかと思ってしまいますが、日本人だそう。 ナウファッションエージェンシーに所属。 とってもきれいな方ですね。 広告 ハマ・オカモトの本名は?お父さんはダウンタウンの浜田雅功! 浜野謙太さんとよく似ていて、同一人物!?と間違われてしまうハマオカモトさん。 お二人とも本当によく似ています。 ハマオカモトさんのプロフィールはこのようになっています。 本 名 : 濵田 郁未(はまだ いくみ) 生年月日 : 1991年3月12日 26歳 学 歴 : 和光高校卒業 所属事務所: ソニー・ミュージックアーティスツ 引用:Wikipedia 本名は、はまだいくみさんと言われるのですね。 なぜに『オカモト』なのでしょうか。 それは、岡本太郎が好きだから、だそうです。 そして、 ハマ・オカモトさんのお父さんは、ダウンタウンの浜田雅功さん。 写真を見ると、やっぱりお父さんの浜田雅功さんに似ていますね。 お父さんが浜田雅功さんということは、 お母さんは小川菜摘さんです。 思春期の頃は、お父さんの浜田雅功さんとは、なかなかコミュニケーションをとりたがらなかったとか。 そんな時でもお母さんには、色々と話をしていたそうです。 男の子って、可愛いですね。 まとめ 『浜野謙太とハマオカモトが同一人物みたいに似てる!2人の父や嫁がすごい!』としてまとめてきました。 写真では見分けがつかないくらいそっくりな浜野謙太さんとハマオカモトさん。 今後のご活躍から目が離せません。 2020年4月、ハマオカモトさんの体調不良が報じられています。 まさか感染したのではないかという憶測も飛ぶほど。 元気な姿を見られることを願っています。 最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

次の

オカモトショウは英語がペラペラ!ドラマーだった?父はスコットハミルトン!

ハマオカモト父

Contents• オカモトレイジの父 シーナ&延原達治プライベーツ!GO,GO! ミッドナイトランブラーな二人。 — シーナ&ロケッツ rokketduction オカモトレイジの父は1983年に結成された ロックバンド【THE PRIVATES ザ・プライベーツ 】のボーカルとギターを担当する延原達治。 延原達治はバンドの顔役として、 プロデビューして30年以上を経つが、現在でも根強いファンに支えられて、 若さを保ちながらの音楽活動を続けている。 オカモトレイジの父・延原達治は 1990年頃に結婚していると思われ、嫁は一般女性。 だが、噂によると非常に美人の女性であるという。 1991年1月9日にオカモトレイジ (本名・三宅零治)を誕生させた。 そして、最初は音楽でなく、子役として芸能界に送り出したものの、 やはり父の延原達治と同じ様に音楽の道に進んだのがオカモトレイジだ。 オカモトレイジの妹 出典:Instagramより オカモトレイジには8歳年下の妹がおり、 現在は高校生であるそうだが、特に芸能活動もしてない様子で 情報が極めて少ない。 が、オカモトレイジが過去に対談で 母と妹についてのエピソードを告白していた。 それによると、オカモトレイジの母親が 何が起きても生きていける為にという理由で、 近所の野草を調べていたという。 そして、近所の地図を作りながら、 特定の場所の野草がうまいとか、特定の場所からとれる ドングリは実がデカいなどと地図に記入していたという。 近所で採れる野草やドングリなどの自然の素材を使った料理レシピを秘伝の書として、 いずれオカモトレイジの妹に伝授する為に作成し続けているのだとか。 非常にバラエティに富んだ母親と妹の関係が、 オカモトレイジのインタビューによって見て取れる。 オカモトレイジの炎上騒ぎとは? オカモトレイジは臼田あさ美との結婚が控えているが、 過去には同じ女優の二階堂ふみと熱愛報道があった。 熱愛とはいっても、実際は親しい友人関係だけであったのだが、 これに対してファンが猛反発したという経緯がある様子。 それに加えて、二階堂ふみとの交際の噂が冷めやらぬ中で、 臼田あさ美との交際も報道されたから、そこでも炎上騒ぎになったという。 二階堂ふみとの熱愛報道は、 朝まで一緒にいただけということで、 男女の関係が無い様だが、明らかに誤解をされても仕方がない。 炎上騒ぎはどこか誤解が生じて発生するパターンが多いものだ。 しかし、こういった炎上ならば、 男性からすれば嬉しい限りではないだろうか? 美女と仲の良い関係を築けて、 嫉妬した周囲が炎上するというのは、 なかなか楽しいものであり、人気ある証拠であるからだ。 元々が中学校の同級生同士が集まり、 岡本太郎がメンバー全員が好きであるという事で発足したバンドであり、 コミカルなムードに溢れている。 オカモトレイジの臼田あさ美との、 めでたい結婚報道によって、更に新しい情報が公開される期待が高まるが。

次の

ハマオカモトは実力派ベーシスト!名前の由来は?親子の仲や結婚は?

ハマオカモト父

伝記の記載を年譜形式のみとすることは。 人物の伝記は流れのあるまとまった文章で記述し、年譜は補助的な使用にとどめてください。 ( 2015年7月) 少年時代からメジャーデビューまで [ ] のと女優のの長男として生まれる。 大物芸能人の二世タレントであるという事実は、発表するなら自分自身のキャリアをしっかり付けてからという本人の意思により、2013年頃まで公表しなかった。 小川によれば2013年までのハマのキャリアにおいて、お膳立て等は何ら行っていないという。 兄弟は四歳下に弟(と同級生) がひとり。 また、モデルの、の 同じOKAMOTO'Sのメンバー・オカモトコウキの妻 とは同じ生年月日である。 他とは一線を画すユニークな校風に魅力を感じた両親の考えで和光幼稚園へ入学、以後同学園一貫の学校生活を送る。 とは幼稚園から高校まで同じである。 中学時代、野球部に入部したが1日で辞め、ジャムセッション研究部に入部、友人(現オカモトコウキ)の勧めによりを始める。 洋邦問わず様々な音楽を愛するも徐々にへ傾倒していく。 2008年、インディーズバンド・EdBUSのサポートベーシストとして、下北沢GARAGEを中心にライブ活動を行う。 』に出演。 『』にのメンバーとしてエントリー。 2009年3月、卒業。 卒業式ではとして答辞を読み、当時から親交のあったの『神通力』を自ら選曲し流した。 2009年3月21日、レコーディング参加のEdBUS『TENDERNESS』発売。 2009年6月21日、名古屋 新栄 CLUB ROCK'N'ROLLにての新ベーシストとして初めて演奏。 2009年8月8日、開催『十代限定の夏フェス・ 2009』にがファイナリストとして出演(結果は無冠)。 その場で解散宣言し、同月14日に新宿紅布で解散ライブ、後の11月11日に1stアルバム『第一集』がリリースされるという異例の形になった。 メジャーデビュー以降 [ ] 2010年• 5月26日、OKAMOTO'Sの2ndアルバム『10'S』でメジャーデビュー。 10月10日、『』にて初の単独DJを担当(2011年9月24日までの一年間隔週)。 2011年• 2月19日、初めてのベース・マガジン表紙を、、、吉田一郎()とともに飾る。 特集は『低音の真価を問う! サムライ・ギタリストからの果たし状』。 3月19日、ベース・マガジンにてコラム連載『午前何時のハプニング? 』がスタート。 8月25日、のフリーペーパー『bounce』にて連載『ハマ・オカモトの自由時間』がスタート。 9月7日、OKAMOTO'Sの4thアルバム『欲望』発売、初の単独クレジット曲『ハマ・オカモトの自由時間』()も収録。 2012年• 「」(月 - 木曜日・深夜24:00 - 26:00)の新ナビゲーターに決定(2012年4月5日の放送より毎週木曜日に登場)。 4月1日、ズットズレテルズ復活を宣言、5月5日『JAPAN JAM 2012』において初ライブ。 8月2日、honeyee. com〈ハニカム〉で単独ブログがスタート。 11月20日、父親である浜田雅功を特集した雑誌SWITCHの付録CD「ラブレター」にベーシストとして極秘で参加。 クレジットはハマ自身の発案で、この曲の作曲者で事務所先輩でもあるの楽曲に掛けて「」とする。 2013年• 1月3日、ナビゲーターを務めるラジオ番組「」にて浜田雅功と初共演。 2月19日、ベース・マガジン3月号にて初の単独表紙、カラー12Pの大特集が組まれる。 6月20日、米国社とエンドースメント契約締結を発表、日本人ベーシストとしては初。 9月3日、3年ぶり2度目のを発症、救急搬送される。 12月28日発売の楽器奏者向け音楽雑誌「Player」2月号にて「2013 PLAYER READER'S POLL BEST BASSIST」の第5位に初選出される。 2014年• 1月18日、ベース・マガジン2月号にて単独表紙。 内容は『 ニュー・アルバム『Let It V』、そして課外活動……ハマが語り尽くす低音流儀』。 10月30日、ハマがMCを務めるバンドのリズム隊に着目した音楽番組『BIG AUDIO DYNAMITE』がスペースシャワーTVにて放送開始。 12月29日発売の楽器奏者向け音楽雑誌「Player」2月号にて「2014 PLAYER READER'S POLL BEST BASSIST」の第5位に選出される。 2015年• 2月14日、メガネ・ショップ"Zoff"を運営する株式会社インターメスティックが発表した、ヴィンテージ・スタイルを提案する"CLASSIC"シリーズ新商品のイメージ・キャラクターに女優 と共に抜擢される。 5月19日、ベース・マガジン6月号にてとともに表紙。 11月11日、「THE BASS DAY LIVE 2015」に出演。 ()、オカモトレイジ()、呂布()とともにパフォーマンスを披露。 12月29日発売の楽器奏者向け音楽雑誌「Player」2月号にて「2015 PLAYER READER'S POLL BEST BASSIST」の第2位に選出される。 2016年• 2月28日、「スカパー! 音楽祭 2016」のMCをのとともに務める。 11月11日、「THE BASS DAY LIVE 2016」に出演。 ハマは()をパートナーに迎えパフォーマンスを披露。 12月29日発売の楽器奏者向け音楽雑誌「Player」2月号にて「2016 PLAYER READER'S POLL BEST BASSIST」の第2位に選出される。 2017年• 1月23日・24日、パシフィコ横浜開催の 新春ライブ「YELLOW PACIFIC」に参加。 4月19日、ベース・マガジン5月号にてTOKIE、佐藤征史(くるり)、磯部寛之([Alexandros])とともに表紙。 8月2日発売の楽器奏者向け音楽雑誌「Player」9月号の表紙に。 長い歴史を持つ「」において初の日本人ベーシスト単独表紙。 8月19日、ベース・マガジン9月号にて単独表紙。 『 ハマ・オカモトの今』を特集。 11月11日、「THE BASS DAY LIVE 2017」に出演。 ハマは(d/)、(p,vo)との3ピースでセッションを披露。 12月21日、、弓木英梨乃()、DJ松永()とともにバンドを結成することをそれぞれのSNSにて宣言。 2018年• 1月4日発売の楽器奏者向け音楽雑誌「Player」2月号にて「2017 PLAYER READER'S POLL BEST BASSIST」の第1位に選出される。 2月6日、Fenderオフィシャルサイトにて新連載「WHAT IS ORIGINAL? 楽器のパーツの変遷について語る。 3月13日 - 22日、 「ウルトラスーパーミラクルツアー」にサポートメンバーとして参加。 3月24日、、弓木英梨乃()、DJ松永()と結成したバンドの名称がLALLAに決まったことをSNS上で発表。 5月9日、ハマがレギュラーMCを担当するミレニアル世代向け動画メディア「McGuffin」の新コンテンツ"Mellow Down Easy"がスタート。 5月14日、「 春のベースまつり2018」に出演。 5月17日、LALLAのメンバーとして澤村一平()が加わることをSNS上で発表。 5月19日、ベース・マガジン6月号にてとともに表紙。 特集は『頂上対決 プレベ vs ジャズベ』。 過去2回、不定期で開催されていた同名ビルボードツアーが、規模を拡大。 東阪ビルボード、名古屋ブルーノート公演を含む全5箇所でのツアー。 6月24日、「のサポートベーシスト感謝祭 Vol. 3」に出演。 既存の3 Tone Sunburstモデルとあわせてリニューアルされ、フェンダーミュージックより発売開始。 11月26日、ハマが楽器屋店員役として出演&CM音楽の演奏としても参加するの企業CM 「この日を忘れない」篇 が放送開始。 2019年• 1月15日、ニッポン放送「」にゲスト生出演。 2月1日、シューズブランド「」にて展開される「THE INDEPENDENTS らしさは強さだ」キャンペーンに参加。 2月2日 - 3月10日、「 DOME TOUR 2019 『POP VIRUS』」に参加。 2月19日、ベース・マガジン3月号にて単独表紙。 のとの特別対談を含む巻頭特集。 3月12日、大阪・にての生誕を記念したイベント「 10周年記念特別公演 ~ハマ・オカモト"に"大感謝祭!~」を開催。 3月12日、TOKYO発モードファション誌「」にてハマが日常の雑感を語りおろす連載「私的なオノマトペ」がスタート。 6月27日、OKAMOTO'Sがデビュー10周年を記念した初の日本武道館ワンマン公演を開催。 12月31日、のバックバンドのメンバーとしてに初出場、「」と「」を演奏。 2020年• 2月26日、ハマ監修によるVINTAGE MODIFIED MONOGRAMMED STRAP(ヴィンテージモディファイドモノグラムドストラップ)がフェンダー・ミュージックより数量限定で発売。 人物・エピソード [ ]• を小二から小二 [ ]まで習っていた。 やめた理由は「前蹴りが痛かったから」。 は独学、主にコピー中心の練習で、本人曰く「、などは全く分からない」。 敬愛するは、、、他多数。 また、直接指導を受けたわけではないが師匠的な存在としてインストバンド・nenemの右田眞の名前も度々挙げている。 OKAMOTO'Sで演奏する上ではのプレイを参考にしているという。 今やハマの代名詞とも言えるだが出会いは高校時代、の助言によるものだった。 父親であるとの初共演は当時自身がMCを務めていたラジオ番組「」(2013年1月3日放送分)。 収録後、は「ハマ・オカモトさん、ラジオに呼んでくれてありがとう」という感謝の言葉を残した。 『bounce』連載、単独クレジット曲に題された『ハマ・オカモトの自由時間』は愛聴盤『Featuring 』の邦題に魅かれそこから引用。 また、翌年の『』でも同役で出演する場面があった。 10代で初めて発症して以来、持病になっている尿管結石。 2020年7月2日放送分の内で「尿管結石の痛みは出産時のそれと同じ」という流れから子供に換算すれば5人くらい産んでいる、と話した。 使用機材 [ ]• Fender Precision Bass パドル・ペグ搭載の68年製。 2012年頃購入。 メインベースとして使用。 Fender Precision Bass 59年製。 2016年に購入後、レコーディングではメイン器として使用。 2015年12月発売。 Fender Precision Bass 70年代中期製、フレットレス仕様。 ボディカラーはオリジナルブラック。 AMERICAN SHOWSTER AS-57 Bel-Air Bass 90年代製、シールドジャック部分がアメ車のテールランプのように光る仕様。 ライブにて「JOY JOY JOY」や「SEXY BODY」などスラップを多用する曲で使用。 Squier Katana Bass 85年製。 ピックアップ、ピックガードなどカスタマイズされている。 OKAMOTO'Sの「NEKO(Remix) feat. EKO Rok Bass ルイズルイス加部に憧れるハマが長年探し求めてついに手に入れた一本。 HONEY JET-68B エコー製ロケット・ベースにインスパイアされたルックスを持つ。 「マジメになったら涙が出るぜ」MVで使用。 ベースの弦はダダリオ 関連バンド [ ]• LALLA• EdBUS レコーディング参加 [ ] 2009年• EdBUS (「TENDERNESS」 2009年3月21日)• (「第一集」 2009年11月11日)• 〜 「閃光ライオット2009」 2009年12月2日) 2010年• BAND A (girl's end 「girl's end」 2010年6月9日)• SMA All Stars (ベストヒットSMA〜Song Meets Audience〜 2010年) 2011年• feat. 」 2011年2月2日)• (heartbeat 「BEST! 2004-2011」 2011年12月14日) 2012年• (もしも、乱視 「フィルム」 2012年2月8日)、(彼方 「夢の外へ」 2012年7月4日)、(季節 「知らない」 2012年11月28日)• (アメンボ 「Keep on travelin」 2012年4月25日)• (タイムリミット with OKAMOTO'S 「Sky's My Limit」 2012年10月3日)• (SWITCH付録CD 「ラブレター」 2012年11月20日) 2013年• (ハレノヒ 「ハレノヒ」 2013年1月30日)、(We Are Never Ever Getting Back Together 2013年12月23日)• (ヒルニナルレイン 「イノリーマスの森」 2013年5月8日)• (ダスト 「ギャグ」 2013年5月8日)• (消えない絵 2013年5月29日)• (SUMMER NUDE '13 「SUMMER NUDE '13」 2013年7月31日 として参加)• (solfa、f. 他 「manners」 2013年10月16日)• (GOUNN 「GOUNN」 2013年11月6日)• (SLY 「SLY」 2013年11月13日) 2014年• (last contrast 「25」 2014年2月26日)• (焦燥、MIDNIGHT CIRCUS 「焦燥」 2014年6月11日)• (Crazy Crazy、Night Troop 「Crazy Crazy/桜の森」 2014年6月11日)• (「わーっ! (Baby Love 「Baby Love」 2014年8月6日 として参加)• (涙日和、カラフル・モノクローム 「watchword」 2014年11月12日)• (ワーカホリック 「テアトル・テアトル」 2014年12月3日) 2015年• (月曜のメランコリー、瞬くスピードで 「BORN IN THE U. 」 2015年1月21日)• (「ガランとしてる」 2015年5月13日)• (トキオドライブ 「ROCK十」 2015年5月22日)• (SUN 「SUN」 2015年5月27日、Week End、時よ 「YELLOW DANCER」 2015年12月2日)• (DISCO JOCKEY!!! -Bonus Tracks- 「JUMPing CAR」 2015年6月24日)• (COLORFUL WAVE SURFERS、COCO Hawaii)• (Lost Highway 「WONDERLAND」 2015年9月16日)• (Give You What You Want 「哀歌-aiuta-」 2015年10月28日)• 」 2015年11月11日 として参加)• (Express It 「CITIZEN ATTESA 2015のCMソング」) 2016年• (舞いジェネ! 「舞いジェネ! 」 2016年1月20日 として参加)• (マホロバケーション 「白金の夜明け」 2016年2月17日)• (面皰 「穴空」 2016年4月20日)• (SNSをぶっとばせ 「」 2016年5月24日 として参加)• (驚異の凡才 「THE STILL LIFE」 2016年7月6日)• (アボカド feat. 伊澤一葉 「吉澤嘉代子とうつくしい人たち」 2016年8月3日)• メロトロン号の仲間たち ( 「 Mr. グレープフルーツのブートラジオ」 2016年9月21日)• (イカサマ美男子 feat. リンダ 「イカサマ美男子 feat. (恋、Drinking Dance 「恋」 2016年10月5日)• (夢売る少女じゃいられない 「愛してもいいですか? 」 2016年10月12日 として参加) 2017年• (恋する二人は、ひとりごと 「恋する二人は」 2017年2月8日)• (もしも僕に、平凡な毎日 「君によく似た人がいる」 2017年2月15日)• (ユートピア 「屋根裏獣」 2017年3月15日)• (classic glasses 「not not me」 2017年3月22日)• (ヒットチャートをねらえ! 「ヒットチャートをねらえ! 」 2017年3月22日)• (HEY! BEAR 「LOVE HONEY」 2017年4月12日)• (my girl 2017年5月17日、T. C 2017年6月21日)• (プリン 「Family Song」 2017年8月16日) 2018年• (ドラえもん 「ドラえもん」 2018年2月28日、Pop Virus、Get a Feel、Pair Dancer、Nothing、初回限定盤付属映像 Live at ONKIO HAUS Studio 「POP VIRUS」 2018年12月19日)• (OK,Cheers 2018年5月16日)• ( 「トリビュートアルバム『』」 2018年5月23日)• (出世しちゃったみたいだね 「822」 2018年8月22日)• (海月 「海月」 2018年9月19日)• (洋梨、最終回 「女優姉妹」 2018年11月7日)• の歌 ベースバージョン (「この日を忘れない」篇 CMソング 2018年11月) 2019年• (Change! 、おとな人間 「ココベース」 2019年2月20日 として参加)• (いいんじゃない? 「GIRLS LOOK AHEAD」 2019年3月27日)• (ドキュメント2019 feat. Mummy-D 「労働なんかしないで 光合成だけで生きたい」 2019年4月17日)• (きみへの愛を言葉にするんだ 「WE DO」 2019年12月25日) 2020年• (Coaster 「Sparkle」 2020年3月25日)• からの (Forever Young 2020年4月1日• (うちで踊ろう "Potluck Mix" 2020年5月29日)• (TERRITORY 2020年6月29日)• 「」テーマソング プロデュース [ ]• (涙日和、カラフル・モノクローム 「watchword」 2014年11月12日) サウンド・プロデュース。 (ワーカホリック 「テアトル・テアトル」 2014年12月3日) と共にサウンド・プロデュース。 (SNSをぶっとばせ 「ティー・フォー・スリー」 2016年5月24日) プロデュース。 (ユートピア 「屋根裏獣」 2017年3月15日) サウンド・プロデュース。 レコーディングメンバーはGuitar. 、Bass. ハマ・オカモト、Drums. 岡本啓佑 from 、Piano. 、Strings. チーム岡村美央。 (classic glasses 「not not me」 2017年3月22日) サウンド・プロデュース。 (NIPPON 「椎名林檎トリビュートアルバム『アダムとイヴの林檎』」 2018年5月23日) と共同プロデュース。 レコーディングメンバーはGuitar. 、Bass. ハマ・オカモト、Drums. 岡本啓祐 from 、Piano. 、Accordion. 小春 from。 ライブサポート [ ]• ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017、ウルトラスーパーミラクルツアー 2018年、デビュー5周年記念 吉澤嘉代子のザ・ベストテン 2019年11月30日• SUMMER SONIC 2019• 1stソロライブ@Veats Shibuya 2019年11月5日 出演 [ ] テレビ番組 [ ]• BIG AUDIO DYNAMITE(2014年10月30日- 不定期放送、) - バンドのリズム隊に着目した音楽番組、MCを担当。 2015年1月9日・16日、「 」• 2016年3月18日、「楽器売り場でヘビロテ中!! 試し弾きランキング」• 2017年3月31日、「美しい!気持ちいい!全日本ワンタッチ選手権」• 2019年8月23日、「自腹で食べる!? 食べない!? ドケチ芸人VS高級食品PR5番勝負」• 2019年11月1日・8日、「第22回『』」• (2015年3月31日-2019年6月24日、)- とMCを担当。 休業中は、単独でMCを担当していた。 (テレビ朝日)• 2015年6月5日 - 自身のバンドとして初出演。 2015年9月23日、ウルトラFES - のバックバンドのメンバーとして出演。 2015年12月25日、SUPER LIVE - のバックバンドのメンバーとして出演。 2017年12月22日、SUPER LIVE - 「と」のバックバンドのメンバーとして出演。 ()- MCを担当。 自身のバンドのOKAMOTO'Sも全ての年に出演。 スカパー! 音楽祭2016(2016年2月28日) - 女性MCはのが担当。 スカパー! 音楽祭2017(2017年3月12日) - 女性MCはベッキーが復帰して担当。 スカパー! 音楽祭2018(2018年3月14日) - 女性MCは前年から引き続きベッキーが担当。 (2016年8月5日、) - エレキベースの専門家「シニョーレ・ハマー」として登場。 (2016年10月18日、 - 、らとコラボ。 のを披露。 (NHK Eテレ) - 音棒倒し• (2017年5月4日、2018年8月20日、2019年10月14日)• (2017年5月31日、TBS)• (2018年7月15日・22日、フジテレビ)• 見っどナイト(2019年4月-、KTS鹿児島テレビ)• (2019年6月18日、フジテレビ)• 2019年11月4日-、)- とMCを担当。 ラジオ番組 [ ]• (2010年10月 - 2011年9月、)• (J-WAVE)• (2017年8月12日、 )• (2018年3月25日、2019年3月31日、4月7日、)• (2018年10月17日、2019年10月8日、)• (2019年1月16日、ニッポン放送)• 『ハマ・オカモト生誕祭 ~祝われるDJ STYLE~』(2019年3月10日、)• THE MUSIC OF NOTE Special " HOCHONO RADIO"(2019年4月7日、)• (2019年4月12、19日、)• 2019年9月30日 - CM [ ]• 『この日を忘れない』篇(2018年11月 - ) - と共演。 またCM内で使用されている楽曲「積水ハウスの歌 ベースバージョン」の演奏も担当 吹き替え [ ]• (2018年) その他 [ ]• 「」 - 通常盤の帯コメントを担当。 脚注 [ ] []• 女優・とは、幼稚園、小学校時代の同級生だった。 2015年3月30日. 2015年8月15日閲覧。 Sony Music Artists「OKAMOTO'S」ニュース」 2018年2月6日. 2018年2月9日閲覧。 2014年12月16日. 2020年3月23日閲覧。 当初はベッキーとのMCを予定していたが、ベッキーの不倫騒動により芸能活動自粛、同番組を降板した為、急遽変更となった。 映画ナタリー 2018年6月6日. 2018年6月6日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の