フォート ナイト 編集 コツ。 【フォートナイト】建築テクニック「床・屋根建築→編集登り」【FORTNITE】

フォートナイト初心者向け「撃ち合いのコツ」攻略ガイド キルレを上げる正しい立ち回り

フォート ナイト 編集 コツ

フォートナイトの基礎情報 フォートナイトは 基本プレイ無料で遊べるアクションゲーム(FPS・TPS)で、課金要素はアバターやエモートなどのゲーム内での強さには影響しない項目なので 純粋にプレイの上手さだけで競えるのが特徴です。 ゲームは1人で遊ぶソロ・2人で遊ぶデュオ・4人で遊ぶスクワッドの3つが選べて、 100人が無人島に降りて最後の1人(1チーム)になると勝利(ビクトリーロイヤル)となるシンプルなバトルロワイヤル形式のルールです。 eスポーツの大会でも種目として取り上げられて、莫大な賞金が話題になりました。 PC版・PS4版・スマホ版に加えて 最近Switch版が発売されてかなりアツいゲームと言えると思います。 このクロスプレイは本来どの機種でも同じサーバーで遊べるようにする事がユーザーにとっては嬉しいのですが、大人の事情でクロスプレイ可能なハードがSwitchとPS4で変わってきます。 MEMO フォートナイトSwitch版発表の際のコメントでは、どうやらPS4の発売元であるSONYが任天堂の機種とのクロスプレイに関してあまり良い印象を持っていない様な印象を受けました。 ゲーム関連のライバル会社同士の会社の関係性が密に出る問題だと思いますが、ユーザーとしては早めにクロスプレイ可能になると嬉しいですね。 ちなみに、自分の自宅でしか遊ぶことがないという 固定の環境でしか遊ばない方はスキップしてプレイすることも可能です。 このアカウントに関してですが、 PSN(プレイステーションネットワーク)に1度でも関連したことのある場合には、Switchでそのアカウントでログインする事は不可になっています。 連携する為のアカウント作成なのですが、残念な事に過去にPSNに関連して遊んだことのある場合にはSwitch版ではアバターやレベルなどの引継ぎは出来ません。 新たにアカウントを作るかスキップして遊ぶようにしましょう。 静止画では分かりにくいかと思いますが、 PS4版の方が明らかに画質・描画が良いです。 また、 描画の滑らかさも劣っていて、ダンスやジャンプなど動きの大きなアクションをする際にカクつきが見られます。 ゲームの最中に影響する事として、 エイムを合わせるのに支障が出たりするので、FPS・TPSジャンルのゲームとしては割と困る感じです。 スプラトゥーン2などをジャイロ操作で遊んでいた人は敵に標準を合わせるのが大変だと思いますが、スティックを使って合わせるしかありません。 Switchでは普段からプロコンを使っていたのですが、 Switchのプロコン・PS4の純正コントローラーの使い心地やプレイのしやすさなどは特に個人的には変わらない印象です。 ただし、 ゲームデバイスによってゲームプレイ上の有利・不利が出るのは間違いないので上達する為にその辺りの環境を工夫するのはアリだと思いますよ! まとめ:Switch版とPS4版の違い 違いとして大きな点は、 この2機種ではクロスプレイが不可と言う点と Switch版の画質がそこまで良くないという点です。 正直なところ、Switchしか持っていない友人と一緒にプレイする予定がある人や既にSwitchでプレイしている人以外には 画質的な意味合いでPS4の方がおすすめです。 ただ、スプラトゥーン2や今後に発売予定のマリオテニス・スマブラなどとの 切り替えが簡単なのでSwitchをメインに遊ぶ人であればSwitch版でも十分です。 ちなみにスマホでもゲームアプリで遊べるので、ゲーム機を持っていない方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 関連記事「」 Switch版立ち回りのコツ さて、今回お伝えした Switch版とPS4版の違いを踏まえたうえで立ち回りのコツもお伝えできればと思います。 ビクトリーロイヤル(優勝・ドン勝)を狙う場合の具体的な戦略はコチラの記事で解説しています。 初期状態では「スタンダード」に設定されていてAボタンで建築物の形を切り替える必要があるのですが、このゲームで1番重要と言ってもいい 「建築」に手間がかかるのは「デス」に繋がります。 そこで、 コントローラーのボタン配置は「ビルダープロ」のプリセットに切り替えるようにしましょう。 Switch版はキャラの動きがそこまでなめらかでは無いので、そこまで感度が高く無くてもエイムを合わせやすいように感じています。 もしあまりフォートナイトの操作に慣れていないようであれば、 最初はこの初期設定の「5」でも十分にビクトリーロイヤル(第1位)を取れると思います。 私自身は感度「5」で慣れてきてもう少し武器の取り回しを早くしたいと感じたので、 現在はX軸・Y軸ともに「8」に設定しています。 初期状態では体力が「100」シールドが「0」の状態ですが、アイテムを使って両方ともフルに保つことが大切です。 持っておくべき回復アイテム アイテムは5個までしか持てないので、体力回復アイテムかシールド回復アイテムのどちらか1つを持っていくのが現実的ですが、個人的におすすめなのは「 ミニポーション」です。 ストームの安全地帯外にいることで受けるダメージ以外は シールドからダメージを受けていくので、 ポーションの方が使用可能な場面が多いです。 また、戦闘場面では 時間のかかる回復系のアイテムは使用できる機会が少ないので、使用時間の短めなミニポーションが最適かなと感じています。 ちなみにチャグジャグは戦闘場面で飲むのは現実的ではないので、見つけたら即飲みがおすすめです。 自分のタイミングで攻撃を避けられる• ヘッドショットを狙いやすい• 不意打ちが可能 1. 自分のタイミングで攻撃を避けられる 敵と対峙しているときに相手の体力よりも自分の体力が削られてしまった時や立て直したい時に、 高所にいれば自分のタイミングで敵から身を隠すことが可能です。 低所にいる場合には身を隠すのが大変なので、自分の思ったタイミングで回復が難しかったりして そのまま倒されてしまう可能性が上がります。 ヘッドショットが狙いやすい このゲームでは 武器ごとの適正距離と当たる部位によってダメージが変わってきます。 高所に居る場合には、一番ダメージの高い頭部への攻撃 (ヘッドショット)になる確率が高いので、必然的に打ち合いでも打ち勝てる確率が高くなります。 不意打ちが可能 フォートナイトは 基本的に不意打ちが一番強い戦法なので、相手に見つかっていない状態で攻撃を仕掛けることで、確実に有利状況を作り出せます。 高所であれば自分の身を隠しながら辺りの状況を確認する事も可能なので、他の要因と合わせて 効果的に不意打ちする事ができるのが強いです。 安全地帯が狭くなってきて隠れる場所や高所が無いような場面では、 位置がバレない事よりも位置バレしてもこのヤグラを作ることを選択した方が明らかに勝率が高いです。 敵に見つかっていないと思っていても相手も同様に身を隠しながら探していたりして、 止まってしまうと標準を合わせられやすくなってしまいます。 特に スナイパーライフルも止まっている敵であれば当てやすいので、止まらない様に心がけると良いですね。 まとめ:Switch版立ち回りのコツ 色々とご説明してきましたが、とりあえず コントローラーの設定を変えたら実践することが立ち回りを定着させるために1番効果的なので、何回もプレイするのがいいですね。 最初はビクトリーロイヤルを取るのが大変なのですが、1回取れるととても達成感が得られるゲームなので、 1回ビクロを取ることを目標に頑張っていきましょう! 武器やアイテムの構成については、 下記の記事で詳しく解説しているので参考にいかがでしょうか。

次の

フォートナイト攻略|Switch版・PS4版の違いと立ち回りのコツを伝授【Fortnite】

フォート ナイト 編集 コツ

フォートナイトはバトロワ系ゲームでは珍しい「クラフト」という機能があり、これを活かせるかがゲーム上達のカギとなっている。 特に指に覚えさせたい行動の1つは、 敵に撃たれたらクラフトを展開する方法。 これによるメリットを紹介していくぞ。 動画例:撃たれたら即クラフト 建物上の敵を狙っていたら、丘上の敵から撃たれた状況だ。 すぐにクラフトをしてダメージを受けなくすんだ。 メリット1 : 被ダメージを減らせる 壁クラフトを作るメリットで一番大きいのが被ダメージを減らせる点。 不意の攻撃時に壁を作れないとそのまま一気にHPが削られ負けに繋がる。 メリット2 : 状況を確認出来る とりあえず壁を作る事により、どこに敵がいるか、どういう攻め方をしてくるかなどの状況確認が行える。 また相手もこちらが壁を張ると簡単に攻めることができないので、突撃してくるという可能性は低くなる。 メリット3 : 回復する時間を稼げる 敵との距離によっては、壁を作る事により一時的な回復をする時間が出来る。 ただし救急箱や、チャグジャグなど時間のかかる回復をする余裕はないので、使用アイテムは選ぼう。 また回復する時や味方を起こす時は、手榴弾やグレラン対策で、天井も付けたほうが良い。

次の

【即上達】フォートナイトがすぐ上達するたった1つのコツ

フォート ナイト 編集 コツ

フォートナイト初心者向け 撃ち合いのコツ攻略ガイド 初心者にありがち ダメなパターン ・建築を一切していない ・常に身を乗り出している ・1種類の武器にこだわる ・味方の近くにいない 上記のパターンに当てはまっていたプレイヤーは立ち回りを見直す必要があります。 フォートナイトは建築が最も重要な要素であり、 撃ち合いの際に建築ができないと確実に不利ポジションを押し付けられてしまいます。 またフォートナイトのみならずバトルロイヤル系ゲームの基礎として、チーム戦では味方の近くで行動しましょう。 ここからはダメなプレイングを改善するためにやるべきことを解説していきます。 まずは感度設定を見直す 低い感度だと素早く建設することができないので、比較的高い感度でプレイすることをオススメしますが、エイムが合わなくなるほど感度を上げては逆効果です。 試合中に感度を変更することが可能なので、遊び場で練習しながら自分にあった感度を見つけましょう。 ターゲット感度(武器で狙いをつけたとき)とスコープ感度(スコープつきの武器で覗いたとき)は設定を落とすと狙いがつけやすくなります。 PC版・PS4版で遊んでいる方は ゲーミングマウスの購入をおすすめします。 フォートナイトに限らずFPS・TPSはマウスによってかなり差がつきます。 1発でも着弾したら壁を建てる 初心者にありがちなのですが、相手と対面したときにエイムや武器の性能でゴリ押そうとしていませんか?もしくは敵の位置が掴めていないまま走り抜けようとしていませんか? これらの行動は悪手なので即刻辞めましょう。 特にチーム戦では複数の相手が自分を狙っている可能性があるので、敵の位置を知ると同時に自分の身を守ることが重要です。 壁を建てると防壁になり、相手が射撃を継続しているなら壁のダメージで攻撃している方向を教えてくれます。 ダメージを受けてもある程度は立て直すこともできるので、発砲されたと感じたら建築を行いましょう。 最適な武器編成 近・中・遠すべてに対応できるよう、役割の異なる武器をバランス良く持ちましょう。 ショットガンとスナイパーライフルは確実に持ち、残りは中距離用に連射が効く武器と回復アイテムを持っておきたいところです。 以下の記事で武器の組み合わせについて詳細に解説しているので、そちらもご覧ください。 頭を出しながらアサルトライフルを連射しているとスキが大きいのでスナイプしやすい。 フォートナイトに限らずFPS・TPS全般に言えることですが、頭や体を晒す時間は極力減らしましょう。 ハンティングライフルやボルトアクションスナイパーライフルの弾が頭に命中すれば確定でダウンしてしまうので、特に頭を出している状態は非常に危険です。 射撃するときのみ体を出し、射撃するポイントは1度射撃した場所から少し移動しましょう。 逃げて漁夫の利を狙う ときには撃ち合いを拒否することも大事なテクニックとなります。 相手が上手くて勝てないと思ったならば、敵と敵をぶつけて消耗しきったところで漁夫の利を狙いましょう。 チーム戦で自分以外が全滅してしまったときも最後まで諦めずに粘ることで勝ちの目が見えてくることもあります。

次の