どんな とき も wifi 料金。 【必見】どんなときもWiFiはプロバイダ契約不要の最安Wi

(S)どんなときもWiFi返金メール!口座登録で利用料金が返金!

どんな とき も wifi 料金

【2020年7月最新情報】無制限から月間25ギガまでに制限 どんなときもWiFiは完全無制限のポケットWiFiとして有名でしたが、たび重なる通信障害が原因で、月間25ギガまでの利用制限がかけられています。 どんなときもWiFiの評判からわかった全デメリット それでは、どんなときもWiFiの評判からわかった5つのデメリットについて紹介していきます。 2020年7月時点で、どんなときもWiFiより安いポケットWiFiがいくつも見つかったので、人気の他社サービスと月額料金を以下の表で比較しています。 サービス名 月額基本料金 どんなときもWiFi 3,480円 ギガゴリWiFi 3,460円 ネクストモバイル 3,100円 Mugen WiFi 3,280円 よくばりWiFi 3,450円 このように、どんなときもWiFiの月額料金は決して高いわけではありませんが、他のポケットWiFiと比べて1番安いわけではありません。 さらに、ずっと月額3,480円で利用できるわけではなく、3年目以降は月額3,980円と500円高くなってしまいます。 せっかくポケットWiFiを契約するなら、できるだけ安い料金で使えるサービスを選ぶべきです。 この記事では、どんなときもWiFiよりも安いポケットWiFiとして『ギガゴリWiFi』紹介していします。 海外の利用料金も最安ではない どんなときもWiFiは、1台だけで国内と海外の両方で使えるので、海外旅行が好きな方におすすめのポケットWiFiですが、海外対応のポケットWiFiの利用料金を比較した結果、料金が最安ではないことが分かりました。 どんなときもWiFiと、最安値の『ギガゴリWiFi』を比べた場合の金額差は500円ほどですが、3泊4日の海外旅行の場合だと2,000円もの金額差がでてしまうため、とにかく安く使いたい方には『ギガゴリWiFi』をおすすめします。 通信速度が安定しない どんなときもWiFiは速度が安定しないという悪い評判が多く投稿されています。 どんなときもwifiがまったく使えないレベルになってきた。 こりゃダメかな。 さっきから全然通信できない。 — ると。 8月から毎月歌の本番あるよ 662totoro WiMAXと比べて速度が遅い 口コミで指摘されている「通信速度」について調べるため、どんなときもWiFiと人気のポケットWiFiを比較したところ、 どんなときもWiFiは他より遅いことがわかりました。 この速度差を見ると、どんなときもWiFiの端末の性能が頼りなく見えますが、決して「どんなときもWiFi」が遅いというわけではありません。 快適にインターネットを行うためには 10ギガあれば十分と言いますし、どんなときもWiFiを日頃から使っていて使い勝手の悪さを感じることはありません。 それにこの数字は、あくまで公式サイトが発表してる「電波がはいりやすい環境だったらこのくらい出る」という目安の比較にすぎないので参考程度にしかなりません。 利用者の実測値を比べても遅い しっかり通信速度を比較するには、実際の通信速度(実測値)を測定することが大事です。 それぞれの実測値の比較結果を見ていきましょう。 みんなのネット回線速度 サービス名 下り平均の実測値 どんなときもWiFi 23. 06メガ GMO WiMAX 46. 06メガ カシモWiMAX 35. 84メガ UQ WiMAX 39. 99メガ どんなときもWiFiが23ギガに対し、WiMAXは40ギガ。 公式サイトが発表しているデータでは 10倍差があったものの実際の速度差は2倍しか違いません。 確かにWiMAXが速いのは事実ですが、 どんなときもWiFiは心配するほど遅くもないということがお分かりいただけるかと思います。 ちなみに、どんなときもWiFiとWiMAXの通信速度の差がここまでひらいてしまう理由は、それぞれ得意な分野が違うからです。 WiMAXは「通信速度が得意」、どんなときもWiFiは「対応エリアの広さが得意」という認識で大丈夫でしょう。 \光回線について詳しく書いた記事/ 解約時の違約金に注意 どんなときもWiFiは 解約違約金が高いという悪い口コミがいくつか投稿されています。 他社サービスとの違約金の違いについて確認してみましょう。 サービス名 違約金 どんなときもWiFi 最大19,000円 縛りなしWiFi 0円 めっちゃWiFi 9,800円 UQ WiMAX 最大19,000円 GMO WiMAX 最大19,000円 解約違約金が一切かからないサービスがある中、 どんなときもWiFiの違約金は最大19,000円と高額なのが分かります。 そもそも「解約違約金」とは、契約期間中に解約するとかかる違約金のことなので、更新が終わるタイミングなら違約金はかかりません。 解約は更新タイミングをしっかり見極めた上でおこないましょう。 どんなときもWiFIの解約金まとめ 利用期間 解約金(税金) 0~12ヶ月目 19,000円 13~24ヶ月目 14,000円 【更新月】25ヶ月目 0円 26~48ヶ月目 9,500円 【更新月】49ヶ月目 0円 50~72ヶ月目 9,500円 自分の更新タイミングがわからない方は、契約メールの日付から25ヶ月目を計算する方法が簡単です。 あと、更新月の2ヵ月前にお知らせメールが届くので見落としがないよう心がけるとよいでしょう。 解約時の流れや注意点について詳しく知りたい方は「」をご覧ください。 同時に5台しか接続できない どんなときもWiFiは、他社と比べて 同時接続台数が少ないのがデメリットです。 サービス名 最大接続台数 どんなときもWiFi 5台 限界突破WiFi 8台 ネクストモバイル 15台 GMO WiMAX 16台 UQ WiMAX 16台 ワイモバイル 16台 他社のサービスでは10台以上が同時接続できるのに対し、 どんなときもWiFiの最大接続台数は5台まで。 利用者の口コミでは、接続できる数の少なさを指摘する声も見受けられます。 どんなときもWiFi、同時接続台数5台っていうのはきつい。 せめて10台はないとなぁ、、 — ニコ x0817x さらに言うと、端末の説明書にある注意書きには 「パフォーマンスが保証できるのは2台まで」と記載されているので、同時接続できるのは実質2台までと考えておいた方がよいでしょう。 以上をふまえると、1人で使うのであれば問題ないのですが、自宅の固定回線の代わりとしてつかう予定の方や、3人以上でつかう場合は不向きであることが分かります。 レンタル端末の返却が必要 『どんなときもWiFi』はレンタル端末なので初期費用が安くおさえられるメリットがありますが、解約時に端末を返さないといけません。 返す期限は 解約を申し出た翌月の10日必着なので、余裕をもって翌月5日までには返す手続きを済ませておきましょう。 端末を返すときに壊れていた場合、機器損害金18,000円がかかるため、端末の取り扱いには十分ご注意ください。 ただ、故障の目安がはっきりしていないので「どの程度の傷が機器損害金の対象になるか?」が疑問ですよね。 この件に関して以下のような口コミがありました。 どんなときもwifi、契約しました。 端末はレンタルということらしいのだが、「端末売買契約」なるものを結んだことになるらしい。 返却の際はその契約を解除して原状に復して返還するって書いてる。。 原状に復すって解釈によるけど、これって端末返却時に必ず料金取られる気がするんだが。。 — sasaki tomohiko hico14 サポートに問い合わせたところ、正常に端末が動作していれば問題なく小キズであれば故障には当てはまらないとのことです。 ギガゴリWiFiの方がおすすめ 結論から言うと、どんなときもWiFiよりも料金が安く、サポート体制に優れているギガゴリWiFiの方がおすすめです。 どちらも同じ端末が使えるので、料金とサービスだけを比較してシンプルにおすすめできる理由を2つ紹介します。 月額料金がシンプルで安い ギガゴリWiFiは どんなときもWiFiと同じ完全無制限のポケットWiFiですが、料金を比較するとどんなときもWiFiよりも安いのでおすすめです。 月額料金 ギガゴリ WiFi どんなときも WiFi 1~2年目 3,460円 3,480円 3年目以降 3,460円 3,980円 ギガゴリWiFiの大きな特徴として、ポケットWiFiの中でも最安レベルの月額料金になっているのでお得に利用できます。 どんなときもWiFiも2年間3,480円の料金で利用できて他のサービスよりも安い方ですが、せっかくポケットWiFiを契約するならできるだけ料金が安いサービスを選ぶべきです。 大手プロバイダが運営会社だから安心 ギガゴリWiFiは大手プロバイダとして20年以上の実績がある「GMOとくとくBB」が運営会社なので、サポート体制が充実していて安心です。 例えば、最大2ヶ月無料の「端末保証オプション」に加入していれば、端末が故障したときでも無料で交換することができます。 どんなときもWiFiや他社ポケットWiFiの運営会社はまだまだ新しいので、電話がつながらなかったり、突然ネットが繋がらなくなったりするケースがあり、信頼できる運営会社の方が安心です。 まとめ ここまで紹介したように、どんなときもWiFiにはデータ容量無制限で使えて、対応エリアが広いといったメリットがありますが、一方で5つのデメリットが見つかりました。 ただし、ポケットWiFiはこれから長く使っていく物として慎重に選ぶ必要があり、メリットだけでなくデメリットもしっかり確認して契約しましょう。

次の

どんなときもWiFiとボーダレスWiFiは何が違う?

どんな とき も wifi 料金

めっちゃWiFiとどんなときもWiFiの比較とデメリット 私はモバイルWiFiとして どんなときもWiFiを使っています。 どんなときもWiFiとめっちゃWiFiの比較 2019年10月1日に どんなときもWiFiと似たWiFiサービスが提供されました。 めっちゃWiFiというサービスです。 めっちゃWiFiとは めっちゃWiFiは どんなときもWiFiと似たWiFiサービスのようです。 ただし、めっちゃWiFiのホームページには気になる点があります。 ユニバーサル料金 特に私が気になった点は、 めっちゃWiFiの ユニバーサル料金の具体的な金額が めっちゃWiFiのウェブサイト上で見当たらなかったことです。 さらに、めっちゃWiFiの重要事項説明書にも ユニバーサル料金がいくらなのか 記載が見当たりませんでした。 pdf ユニバーサル料金? めっちゃWiFiは 月額料金3480円に加えて 別途ユニバーサル料金というものがかかります。 ユニバーサル料金が別途かかることは めっちゃWiFiのホームページ上に書いてあります。 その具体的な金額がホームページ上で確認できない場合、 私であればよくよく考えます。 サービス利用者にとって重要な情報が ホームページ上で見当たらないという点は Mugen WiFiと似ています。 2019年10月21日追記 めっちゃWiFiのユニバーサル料金は 3円であることを確認しました。 めっちゃWiFiの利用規約に ユニバーサル料金に関しての記載がありました。 pdf 第4ユニバーサルサービス料 2料金額 区分単位料金額(税抜) ユニバーサルサービス料基本額1契約ごとに3円 引用おわり めっちゃWiFiのホームページを見ると、 税抜きの月額基本料金3480円とは別に ユニバーサル料金が発生すると書いてありました。 したがって、 税抜きの月額基本料金3480円に ユニバーサル料金3円を加算すると、 3480円+3円=3483円となります。 どんなときもWiFiのユニバーサル料金 どんなときもWiFiの規約にも ユニバーサル料金について記載があることを確認しました。 pdf (ユニバーサルサービス料の支払義務)第35条 2. 当社は、通常料金契約ごとの月額にユニバーサルサービス料を含めてご請求します。 2 料金表 (3)ユニバーサルサービス料 平成31年2月時点、1契約ごとに月額 区分ユニバーサルサービス料 料金額(税抜) 3円 ア ユニバーサルサービス料は月額利用料に含まれております。 引用おわり どんなときもWiFiの利用明細 私のどんなときもWiFiの利用明細を確認しました。 追記終わり めっちゃWiFiとどんなときもWiFiの月額料金比較 めっちゃWiFiのの料金比較 クレジットカード払いにすれば、 どんなときもWiFiの月額料金は 税別で3480円です。 一方めっちゃWiFiの月額料金も 税別で3480円です。 ただし、めっちゃWiFiは 月額料金3480円に加えて 「別途」ユニバーサル料金3円がかかると思われます。 ユニバーサル料金が別途発生することは めっちゃWiFiのホームページ上に書いてあります。 サービス利用開始の事務手数料 どちらのサービスも事務手数料は3000円で同額です。 pdf どんなときもWiFiの月額料金 どんなときもWiFiの月額料金は 端末補償のオプション 有りだと 3880円です。 端末補償のオプションは税別で月額400円 どんなときもWiFiの月額料金は 端末補償のオプション 無しの場合 3480円です。 どんなときもWiFiのデメリット 2019年9月頃から どんなときもWiFiが2週間にいっぺん程度の頻度で 通信障害を起こすようになりました。 この出来事がきっかけとなり どんなときもWiFiのデメリットと どんなときもWiFiを選んで後悔したことを挙げてみました。 なお、 どんなときもWiFiと めっちゃWiFiはよく似たサービスです。 そのため、 どんなときもWiFiのデメリットは めっちゃWiFiのデメリットとも似てくる部分があると思います。 デメリット:通信障害が発生 2019年9月頃からどんなときもWiFiが 2週間に1度ぐらいの頻度で通信障害を起こすようになりました。 通信障害が起こると、インターネットには繋がりません。 インターネットを使いたい時に使えないのは モバイルWiFiとしては大きなデメリットだと思います。 自分自身が利用していることもあって どんなときもWiFiが繋がらない障害に関する記事を これまでにいくつか書いてきました。 デメリット:契約期間に縛り どんなときもWiFiは契約期間に縛りがあります。 契約期間は24ヶ月 つまり2年です。 契約期間の25ヶ月目が更新月となります。 更新月以外でどんなときもWiFiを解約しようとすると 契約期間に応じて契約解除料金がかかります。 なお、めっちゃWiFiの契約期間も24ヶ月です。 どんなときもWiFiの契約解除料 契約期間に応じて9500円から19000円 この契約解除料の存在が どんなときもWiFiのデメリットです。 めっちゃWiFiの契約解除料 なお、めっちゃWiFiにも どんなときもWiFiと似た契約解除料が存在します。 24ヶ月以内にめっちゃWiFiを解約した場合は 税別で9800円の契約解除料がかかります。 25か月後以降であれば 解約した時の契約解除料はゼロ円です。 デメリット:端末がレンタル 私が使っているどんなときもWiFiのD1端末はレンタル品です。 2年の契約期間が終わったら どんなときもWiFiに返却しなければなりません。 返却した時に端末が壊れていたり ケーブルや説明書などが欠品していたりすると 機器損害金18000円を支払わなければなりません。 この機器損害金の存在が どんなときもWiFiのデメリットです。 なお、バッテリーの劣化が 機器損害金の対象になるかどうかは私には分かりません。 めっちゃWiFiの機器損害金 私がめっちゃWiFiのホームページを見たときは 機器損害金について記載は見当たりませんでした。 そのためめっちゃWiFiで2年の契約期間が終わった後で、 機器損害金を支払わなければならないのかは 私には分かりませんでした。 ただしめっちゃWiFiの重要事項説明書の 「6 手数料一覧」には レンタル機器機器損害賠償金として 税別で5000円の記載があります。 どんなときもWiFiの初期契約解除の機器損害金は 18000円です。 もしも仮にめっちゃWiFiの機器損害金が5000円であった場合は どんなときもWiFiの機器損害金よりも 13000円低いことになります。 参考:どんなときもWiFi重要事項説明 デメリット:業者ツイートが多い ツイッターでどんなときもWiFiに関連したツイートを検索すると おそらく業者ではないかと思われるツイートがたくさん出てきます。 こうしたツイートでは 1日に何度も同じような内容がTwitter上に投稿されています。 そうした業者ツイートによって 実際にどんなときもWiFiを利用しているユーザーのツイートが埋もれてしまいがちです。 例えば今現在どんなときもWiFiで通信障害が起きているかどうか知りたくても、 他のユーザーのツイートが埋もれてしまい、私には分かりにくいです。 これも一つのデメリットではないかと私は思います。 どんなときもWiFiの通信速度 最後にポジティブなことを書いておきます。 ネットに繋がらない障害が起きてはいるものの 私が使っている限りでは どんなときもWiFiはかなり快適にネットに接続することができています。 その根拠を以下の記事にまとめています。 MICROWAVE.

次の

(S)どんなときもWiFi返金メール!口座登録で利用料金が返金!

どんな とき も wifi 料金

コスパ最高で優良だったどんなときもWiFiが提供休止になってから「 どんなときもWiFiの完全上位互換」として人気なのが「」です。 どんなときもWiFiと比べて デメリットや速度制限などは一切なしで快適に高速通信ができています。 どんなときもWiFiを契約していた人も ほとんどの人がTHE WiFiに乗り換えています。 月額3480円で無制限で使える今一番オススメできる無制限Wi-Fiです。 どんなときもWiFiと違って専用回線なので速度制限がかかることはありません。 在庫がなくなり次第『新規申し込み休止』で 入手ができなくなりますので今のうちに入手しておくのを強くおすすめします。 すでにどんなときもWiFiがプロバイダ扱いとなるdocomo、au、SoftBankと多額の料金を払って契約しているからです。 光インターネット回線とかはプロバイダ料金が追加で1000円〜2000円程度かかりますがどんなときもWiFiは基本料金の3480円がすべての支払い金額です。 どんなときもWiFiは工事不要で当日からネットに繋がる どんなときもWiFiはとても簡単に利用できるように設計されているので、 自宅にどんなときもWiFiのセット一式が 届いたらWi-Fiルーター本体の電源ボタンを押して電源をいれるだけで 当日からすぐにインターネットが利用できます。 光回線や、ケーブルインターネット回線、ADSLなどは契約手続きをしてから1ヶ月〜2ヶ月程度インターネットが使えない期間があるので インターネット回線が欲しくなったときに契約すれば翌日または翌々日には高速インターネットが利用できるようになるので便利です。 本体裏蓋を開けると、インターネットの接続に必要なWi-FiのSSID(ネットワーク名)とパスワードが記載されているので、 こちらの内容をインターネットに接続したいPC(パソコン)やスマホ、タブレットなどに入力すればすぐにインターネットに繋がります。 どんなときもWiFiはSIMカードの挿入もいらない どんなときもWiFiはクラウドSIMを採用しているのでSIMカードを挿入しなくてもインターネットに繋がります。 実際にどんなときもWiFiの裏蓋を開けるとSIMスロットが2つありますが SIMカードは挿入されていません。 このSIMカードなしの状態でインターネットに繋がるのがクラウドSIMの特徴です。 どんなときもWiFiは3480円の月額料金がすべての料金 どんなときもWiFiは 月額3,480円で完全データ容量(ギガ容量)無制限で使い放題なのでコスパ最強のWi-Fiになっています。 WiMAXやdocomo、au、SoftBankの大手キャリアのポケットWi-Fiには月に2GBや7GB、30GBのデータ容量を使い切ると月末まで128kbps(0. 128Mbps)の速度制限がかかりますがどんなときもWiFiには一切制限がないので、ひとり暮らしに最適です。 どんなときもWiFiはデータ制限・速度制限が一切ない どんなときもWiFi以外のWiMAXやポケットWi-Fiにはデータ容量による速度制限があります。 例えば、docomo、au、SoftBankの大手キャリアのポケットWi-Fiには月に2GBや7GB、30GBのデータ容量を使い切ると月末まで128kbps(0. 128Mbps)の速度制限がかかります。 WiMAXも直近の3日間で10GB以上のデータ容量を使うと18時〜26時(朝2時)まで1Mbpsの速度制限がかかります。 規制なしでこのスピードはすごい。 mobileがそれぞれ販売していますが、使える電波は自社の電波のみなのでどんなときもWiFiだと電波が入る場所でも使えないことが普通にあります。 docomoのWi-Fi:ドコモの電波しか使えない• auのWi-Fi:auの電波しか使えない• SoftBankのWi-Fi:ソフトバンクの電波しか使えない• mobile: ワイモバイル(SoftBank)の電波しか使えない• どんなときもWiFi:docomo、au、SoftBankの 3つの電波が使える ワイモバイルはソフトバンクの電波を使っているWi-Fiなのでエリアはソフトバンクと同じです。 どんなときもWiFiは本当の完全無制限で使い放題 どんなときもWi-Fiは完全データ容量無制限なのでWiMAXやポケットWi-Fiにある速度制限やデータ容量制限は一切ありません。 どんなときもWiFi: 制限なし• docomoのポケットWi-Fi: 月に2GB~30GBまで• auのポケットWi-Fi: 月に7GBまで• SoftBankのポケットWi-Fi: 月に7GBまで• WiMAX(全プロバイダ共通): 直近3日間で10GB• ワイモバイルのポケットWi-Fi: 直近3日間で10GB どんなときもWiFi・WiMAX・ポケットWiFiデータ制限比較 どんなときもWiFi・WiMAX・ポケットWiFiのデータ制限、通信制限(速度制限)の比較一覧表になります。 どんなときもWiFiは 完全無制限ですが、大手キャリアのポケットWi-FiやWiMAXには 制限があります。 キャリア・プロバイダ データ制限(通信制限) どんなときもWiFi 制限なし(無制限) docomoのポケットWi-Fi 月に2GB~30GBまで(128kbps) auのポケットWi-Fi 月に7GBまで(128kbps) SoftBankのポケットWi-Fi 月に7GBまで(128kbps) WiMAX(全プロバイダ共通) 直近3日間で10GB(1Mbps) ワイモバイルのポケットWi-Fi 直近3日間で10GB(128kbps) docomoのポケットWi-Fiは2GB~30GBと幅がありますが選ぶプランによって通信速度がかかるデータ制限のタイミングが変わるということです。 WiMAXは3日で10GBの速度制限がある WiMAXは「無制限で使い放題」と宣伝されていたりしますがプロバイダに関係なく3日で10GBのデータ容量制限(速度制限)があるので無制限ではありません。 簡単に言うと直近3日で使った総データ容量が10GBを超えた場合は翌日の18時頃~翌2時まで1000kbps(1Mbps)の速度制限がかかります。 WiMAXプロバイダ 速度制限の内容 GMOとくとくBB 3日で10GB以上で1Mbps制限 BIGLOBE 3日で10GB以上で1Mbps制限 So-net 3日で10GB以上で1Mbps制限 BIC WiMAX 3日で10GB以上で1Mbps制限 J:COM WiMX 3日で10GB以上で1Mbps制限 auショップ 3日で10GB以上で1Mbps制限 Broad WiMAX 3日で10GB以上で1Mbps制限 ダイワボウ情報システム株式会社 3日で10GB以上で1Mbps制限 AsahiNet 3日で10GB以上で1Mbps制限 ピーシーデポコーポレーション 3日で10GB以上で1Mbps制限 KTWiMAX ケーズデンキ 3日で10GB以上で1Mbps制限 株式会社エディオン 3日で10GB以上で1Mbps制限 株式会社ワイヤレスゲート 3日で10GB以上で1Mbps制限 株式会社ヤマダ電機 3日で10GB以上で1Mbps制限 Pilina 3日で10GB以上で1Mbps制限 DTI 3日で10GB以上で1Mbps制限 Nifty 3日で10GB以上で1Mbps制限 まとめ:どんなときもWiFiはプロバイダ契約がいらない(不要) どんなときもWiFiは プロバイダ契約がいりません。 どんなときもWiFiは プロバイダ契約不要で「どんなときもWiFiのweb申し込みページ」から契約したら届いた当日からすぐにネットが使えます。 月額3480円がすべての支払い金額です。 ただし、どんなときもWiFiの2年割りキャンペーンを適用した場合です。 コスパ最高で優良だったどんなときもWiFiが提供休止になってから「 どんなときもWiFiの完全上位互換」として人気なのが「」です。 どんなときもWiFiと比べて デメリットや速度制限などは一切なしで快適に高速通信ができています。 どんなときもWiFiを契約していた人も ほとんどの人がTHE WiFiに乗り換えています。 月額3480円で無制限で使える今一番オススメできる無制限Wi-Fiです。 どんなときもWiFiと違って専用回線なので速度制限がかかることはありません。 このサイトは家電量販店のヨドバシカメラのWi-Fi担当の伊集院が「 Wi-Fi選びに失敗するひとをなくしたい!」「 性能とコスパが一番良い長く使えるWi-Fiを選んでほしい」という想いのと『全身全霊で』悪い部分も包み隠さず情報発信しているサイトです。 2020年現在は「 どんなときもWiFi以外を選んだら絶対損をします!」データ容量制限や厳しい速度制限があるWiMAXやポケットWi-Fiを選ぶと大損です!コスパナンバー1の絶対に後悔しないどんなときもWiFiにしてよかった!と思っていただけるよう全力で情報発信しています。 少しでもあなたのお役にたれてばとてもうれしく思います。 よかったら『シェア』してくれると嬉しく思います。

次の