エクセル 検索 文字。 指定の文字が何文字目かを調べる(FIND)

エクセルで文字検索したあとに・・・

エクセル 検索 文字

文字列の中から指定した文字が何文字目にあるかを調べます。 FIND関数は文字数で調べるため、半角文字も全角文字も1文字として数えます。 また半角文字の大文字と小文字は別の文字として検索されます。 また3番目の文字に検索を開始する文字位置を指定します。 文字位置は左端の文字が1番目で文字数で指定します。 検索したい文字と検索対象の文字列には文字の他に数値が指定できます。 文字の場合はダブルクオーテーションで囲い、数字の場合はそのまま記述して下さい。 また文字が見つからない場合は「 VALUE! 」が値として帰ってきます。 例えば次のような記述となります。 結果は3となります。 では実際に試して見ます。 元となるExcelを用意する 下記のようなExcelシートを用意します。 メールアドレスの一覧です。 「 」という文字が含まれる場所を調べてみます。 結果を表示するセルを選択 結果を表示するセルを選択します。 結果を表示するセルは「C2」です。 関数の設定 挿入する関数を選択します。 メニューの「挿入」から「関数」を選択します。 「関数の検索」で「find」を入力し、「関数名」で「FIND」が選択されていることを確認してから「OK」ボタンをクリックします。 「検索文字列」に検索したい文字又は数値を入力します。 入力する場合はダブルクオーテーションを記述しなくても自動的に付与してくれます。 「対象」に検索対象となる値が含まれるセルを入力します。 「開始位置」に何文字目から検索するかを入力します。 最後に「OKボタンをクリックして下さい。 結果の表示 指定したセルに含まれる文字列の中から、指定した文字が見つかった位置を文字数で表示されます。 また、セルに直接次のように入力しても結構です。 1つのセルに含まれる関数や計算式を他のセルに適用する方法は『』を参照して下さい。 またFIND関数はLEFT関数などと組み合わせて、特定の文字が含まれる位置までを取り出すような用途として利用されます。 LEFT関数については『』を参照して下さい。 セルD3に次のように入力して下さい。 つまり文字列の先頭から「 」が出てくる前までの文字数を調べています。 そしてLEFT関数で文字列の左から「 」の前までの文字を抜き出します。 また他のセルにも同様に適用してみると下記のような結果となります。 このように、取り出す文字数が決まっていなくてもFIND関数を使うことでセル毎に求めることができます。

次の

エクセルで特定の文字を含むセルをカウント!COUNTIF関数で条件一致のセルを数える

エクセル 検索 文字

ファイルの中の文字列も含めて検索する方法 それではさっそく、Windows10でファイルの中の文字列も含めて検索してみましょう! フォルダーオプションを設定する Windows10でファイルを検索するにはエクスプローラーを使います。 ファイルの中の文字列も含めて検索するようにするには、フォルダーオプションを設定します。 スタートボタンを右クリックし、「エクスプローラー」を開きます。 エクスプローラーの「表示」タブにある「オプション」をクリックします。 フォルダーオプションが開きました。 「検索」タブにある「ファイル名と内容を常に検索する」にチェックをいれ、「OK」ボタンをおします。 これでファイル内の文字列を検索するエクスプローラーの設定は完了しました。 エクスプローラーで検索する エクスプローラーでファイルを検索するには検索ボックスを使います。 エクスプローラーの右側にある「~の検索」と表示される入力ボックスですね。 この検索ボックスに、探したいファイルの中の文字列を入力します。 ファイルに含まれる文字列を検索する ファイルに含まれる文字列をエクスプローラーで検索するには、この検索ボックスに文字列を入力します。 例えば、「東京駅」という文字が含まれるEXCELファイルを検索します。 ファイル名は思い出せません。 「東京駅」はEXCEL内に保存された文字で、ファイル名ではありません。 検索ボックスに「東京駅」と入力すると、「連絡先. xlsx」というファイルが検索できました。 このファイルに確かに「東京駅」という文字が含まれていました。 通常、この手の検索はテキスト形式のみですが、Windows10のエクスプローラーではこのようにバイナリ形式のEXCELも検索できます。 さすがマイクロソフト製品ですね! ファイルに含まれる一部の文字列であいまい検索する 探したい文字自体も完全にわからない場合もあります。 その場合、文字列の一部でも検索(あいまい検索)できます。 先ほどと同じ文字で「東京駅」ではなく「東京」で検索しましたが、検索することができました。 このように、文字列の一部だけでも検索することができました。 これで、Windows10のエクスプローラーを使ってファイルの中の文字列も含めて検索することができました。 以上、Windows10 でファイルの中の文字列も含めて検索する方法でした。

次の

エクセルで文字検索したあとに・・・

エクセル 検索 文字

文字列の中から指定した文字が何文字目にあるかを調べます。 FIND関数は文字数で調べるため、半角文字も全角文字も1文字として数えます。 また半角文字の大文字と小文字は別の文字として検索されます。 また3番目の文字に検索を開始する文字位置を指定します。 文字位置は左端の文字が1番目で文字数で指定します。 検索したい文字と検索対象の文字列には文字の他に数値が指定できます。 文字の場合はダブルクオーテーションで囲い、数字の場合はそのまま記述して下さい。 また文字が見つからない場合は「 VALUE! 」が値として帰ってきます。 例えば次のような記述となります。 結果は3となります。 では実際に試して見ます。 元となるExcelを用意する 下記のようなExcelシートを用意します。 メールアドレスの一覧です。 「 」という文字が含まれる場所を調べてみます。 結果を表示するセルを選択 結果を表示するセルを選択します。 結果を表示するセルは「C2」です。 関数の設定 挿入する関数を選択します。 メニューの「挿入」から「関数」を選択します。 「関数の検索」で「find」を入力し、「関数名」で「FIND」が選択されていることを確認してから「OK」ボタンをクリックします。 「検索文字列」に検索したい文字又は数値を入力します。 入力する場合はダブルクオーテーションを記述しなくても自動的に付与してくれます。 「対象」に検索対象となる値が含まれるセルを入力します。 「開始位置」に何文字目から検索するかを入力します。 最後に「OKボタンをクリックして下さい。 結果の表示 指定したセルに含まれる文字列の中から、指定した文字が見つかった位置を文字数で表示されます。 また、セルに直接次のように入力しても結構です。 1つのセルに含まれる関数や計算式を他のセルに適用する方法は『』を参照して下さい。 またFIND関数はLEFT関数などと組み合わせて、特定の文字が含まれる位置までを取り出すような用途として利用されます。 LEFT関数については『』を参照して下さい。 セルD3に次のように入力して下さい。 つまり文字列の先頭から「 」が出てくる前までの文字数を調べています。 そしてLEFT関数で文字列の左から「 」の前までの文字を抜き出します。 また他のセルにも同様に適用してみると下記のような結果となります。 このように、取り出す文字数が決まっていなくてもFIND関数を使うことでセル毎に求めることができます。

次の