男の子 名前 自然。 男の子の名前を一覧表示!自然を感じさせる名前はこれ!

男の子名前ランキング人気TOP100 最新版2019年! [赤ちゃんの命名・名づけ] All About

男の子 名前 自然

植物・自然をイメージする男の子の名前が人気! 男の子といえば、自然の中で思いっきり遊んだり昆虫採集したりと、アクティブに動きまわる活発な姿が想像できます。 これから生まれてくる男の子の赤ちゃんの名前に悩んだ時は、植物や自然をイメージして考えてみませんか? 男の子によく使われる漢字の「樹」は、2019年の名付けランキングでも上位にランクインしています。 他にも、山や海、空などをイメージした名前がたくさんありますので、目的別にチェックしていきましょう。 かっこいい! 植物・自然をイメージする男の子の名前140選 男の子の名前は、漢字ひとつで「たくましさ」や「力強さ」のイメージが変わります。 パパママからプレゼントされた名前は、一生の宝ものになるため真剣に悩んでしまうでしょう。 なかなか決まらない時は、これから紹介する植物や自然をイメージした名前から連想してみてはいかがでしょうか。 植物をイメージする男の子の名前• 樹(いつき)• 一樹(かずき)• 広樹(ひろき)• 杏輔(きょうすけ)• 草一(そういち)• 草生(そうき)• 草樹(そうじゅ)• 草之助(そうのすけ)• 和木(かずき)• 木壱(きいち)• 木冬(きと)• 大伊木(たいき)• 紬木(つむぎ)• 青葉(あおば)• 晶葉(あきは)• 新葉(あらは)• 彩葉(いろは)• 紫音(しおん)• 幹(みき)• 幹太(かんた) 植物をイメージする男の子の名前には「樹」「草」「葉」「幹」といった漢字が多く使われています。 中でも「樹」は2019年の名付けランキングで上位に選ばれており、人気の漢字です。 植物が由来となる漢字は力強さを感じることから、男の子の名前にぴったりです。 花をイメージする男の子の名前• 開花(かいか)• 花生(かい)• 花衣貴(かいき)• 花衣輔(かいすけ)• 花糸(かいと)• 花衣理(かいり)• 花栄(かえい)• 嘉花琉(かける)• 花那太(かなた)• 蓮太郎(れんたろう)• 蓮都(れんと)• 蘭(らん)• 亜蘭(あらん)• 玖蘭(くらん)• 桜来(さく)• 桜一郎(おういちろう)• 桃李(とうり)• 青紫(あおし)• 葵(あおい)• 菊之助(きくのすけ) 花という漢字は、男の子の名前に不向きに感じる人が多いでしょう。 しかし、 組み合わせる漢字によって男らしさを感じる名前にもなります。 また、花といえば「桜」「蘭」「菊」とさまざまな種類があるので、どんな男の子に育って欲しいのかイメージしながら決めるのもポイントです。 山・河をイメージする男の子の名前• 岳(がく)• 拓(たく)• 峻(しゅん)• 峻介(しゅんすけ)• 峻哉(しゅんや)• 崇(しゅう)• 大河(たいが)• 渉(わたる)• 稜(りょう)• 稜希(りょうき)• 渓心(けいしん)• 渓斗(けいと)• 宏河(こうが)• 峻平(しゅんぺい)• 大登(だいと)• 岳士(たいし)• 遼(りょう)• 渓史(けいし)• 渉悟(しょうご)• 岳流(たける) 山や河は「大きい」「壮大」「立派」というイメージがあることから、男の子の名前に人気です。 漢字が豊富なため、名前の響きや漢字の画数などで名付けるのもおすすめです。 海をイメージする男の子の名前• 航(わたる)• 海(かい)• 海晴(かいせい)• 大洋(たいよう)• 千洋(ちひろ)• 洋之(ひろゆき)• 湊(みなと)• 航己(こうき)• 洋太(ようた)• 潮(うしお)• 波也斗(はやと)• 潤一(じゅんいち)• 浩志(こうし)• 澄人(すみと)• 波音(はおと)• 亜沙斗(あさと)• 帆貴(ほたか)• 琉偉(るい)• 暁洋(あきひろ)• 湊真(そうま) いつの時代も、海をイメージする男の子の名前は人気です。 海といえば「航」「洋」「湊」「帆」といった漢字がよく使われており、名前の由来には「 夢に向かって羽ばたく子」や「 困難な状況を乗り越えられる子」と願いが込められます。 大地をイメージする男の子の名前• 陸(りく)• 穣(じょう)• 大地(だいち)• 広大(こうだい)• 大悟(だいご)• 悠(ゆう)• 拓斗(だくと)• 快地(かいち)• 巧実(たくみ)• 恵太(けいた)• 耕矢(こうや)• 将大(まさひろ)• 悠太(ゆうた)• 雄大(ゆうだい)• 泰地(たいち)• 陸矢(りくや)• 智広(ともひろ)• 広翔(ひろと)• 広太郎(こうたろう)• 拓夢(たくむ) 大地をイメージする「陸」「地」「広」の漢字は、男の子の名前に人気です。 同じ漢字でも、名前に組み合わせる漢字でイメージがまったく異なるため、名前の由来にも「 大地のように心の広い子」や「 地に足をつけて人生を歩む子」とさまざまな願いを込めることができます。 空をイメージする男の子の名前• 空(そら)• 輝(てる)• 天斗(たかと)• 月斗(つきと)• 星斗(ほしと)• 晴斗(はると)• 琉斗(りゅうと)• 千宙(ちひろ)• 由宇(ゆう)• 空太(くうた)• 世那(せな)• 偉月(いつき)• 星弥(せいや)• 宙希(ひろき)• 元輝(もとき)• 夢月(むつき)• 優星(ゆうせい)• 流星(りゅうせい)• 凛空(りく)• 遥空(はるく) 「空」の漢字も人気が高いです。 空をイメージした漢字には「宙」「月」「輝」といくつもあり、名前の画数によって優しさやたくましさの印象が変わってきます。 よく晴れた日中と薄暗くなった夜とではイメージが異なるので、さまざまなシーンを連想して名付けることができます。 風をイメージする男の子の名前• 風我(ふうが)• 風真(ふうま)• 風弥(ふうや)• 涼平(りょうへい)• 颯太(そうた)• 颯平(そうへい)• 颯介(そうすけ)• 颯矢(そうや)• 涼馬(りょうま)• 涼太郎(りょうたろう)• 爽太郎(そうたろう)• 涼悟(りょうご)• 一風(いちか)• 唯風(いふう)• 風衣(かい)• 海風(かいふう)• 風人(かざと)• 風波(かざは)• 風帆(かざほ)• 伊風(いぶき) 「爽やかな風、無風、海風、春風」と状況によってさまざまなイメージがあります。 風は自然を連想する漢字のひとつですが、名前に組み合わせる文字で優しさと強さが変わるので、男の子の健やかな成長を願った名付けができます。 植物・自然をイメージする男の子の名付けエピソードを紹介 男の子の名付けに、植物や自然をイメージして考えたパパママ達は、どんな願いを込めて名前を決めたのでしょうか。 SNSなどから、男の子の名前に植物や自然をイメージして名付けたエピソードを3つ紹介します。 大地を連想する名前をずっと夢見てた 子供ができる前から「 結婚して妊娠したら、大地に由来した名前をつけたい」と考えていました。 妊娠中、主人に自分の考えを伝えたところ、いくつか候補を考えてくれました。 それぞれ名前の由来も考えて、出産後に子供の顔を見てから決めました。 (28歳・主婦) 入院中ずっと晴天が続いたので決めました 帝王切開で出産したため、自然分娩の人より長く入院しました。 不思議なことに入院中はずっと晴れが続き、子供の名前は病室の窓から見た空をイメージして考えました。 夫と名付けで少し意見が違ったけど、結果的にお互い納得できる名前になり満足です。 (30歳・会社員).

次の

男の子の名前で自然をイメージする名付け例!人気の漢字11選

男の子 名前 自然

この記事の所要時間: 約 21分 31秒 次に人気の名付け記事はこちら! 自然を感じさせる男の子の名前を探しているパパママ必見です! 「自然のようなたくましさや優しさを持った子に育ってほしい」 そんな願いを持つパパママに人気なのが、 「自然」を感じさせる漢字を使った名前です 一口に「自然」と言っても、 海、空、大地、太陽等、様々なものがありますが、 雄大さや 力強さといったイメージは共通していますね。 株式会社ベネッセコーポレーションの妊娠・出産・育児ブランド「たまひよ」の 「赤ちゃんの名前に関する調査 たまひよ名前ランキング」を見てみると、 太陽を表す「陽」という漢字は調査開始以来毎年、人気ランキングのトップ10にランクインしています。 その他「颯」や「空」、「海」等、自然をイメージさせる漢字を使用した名前もランキング上位に入っており、その人気がうかがえます。 この切り口でのご紹介は他のサイトには載っていない情報なので 今までに無かった発見をして頂けるかもしれませんね! それでは早速記事の内容に移っていきます! 【男の子 名前 自然編】「空」のようなスケール感や広がりを感じさせる名前 近年、男の子の名前に スケール感や広がりを感じさせる漢字を使うことが人気となっています。 このパートでご紹介する名前は、「空の果てしなさ」を連想させることから、 自然をイメージさせる名前の中でも特に スケール感や広がりを感じます。 「空」を使った男の子の名前(19個) 読み方:あ・から・く・くう・そら・たか・ひろし 意 味:果てしなく広がる天のこと。 名前例: 蒼空(あおぞら)、空翔(あきと)、空信(あきのぶ)、空哉(くうや)、空悟(くうご)、空吾(くうご)、空大(くうた)、空真(くうま)、空音(くおん)、空樹(こうき)、空輝(こうき)、澄空(そら)、天空(たかあき)、空大(たかひろ)、優空(ゆうご)、悠空(ゆうあ)、碧空(りく)、凛空(りく)、竜空(りく) 「空」には様々な読み方があり、他の漢字との組み合わせによってできる名前のバリエーションが豊富です。 漢字自体には「からっぽ」や「ゼロ」という意味もありますが、ほとんどの人は「天に広がる空」を想像するため、マイナスな印象はないでしょう。 5月晴れのようなどこまでも広がる爽やかで雄大なイメージを印象として与えることができる漢字です。 「青」を使った 男の子の名前(18個) 読み方:あお・お・きよ・しょう・せい・はる 意 味:草木が茂る様子や若さを表す。 名前例: 青輝(あおき)、青史(あおし)、青司(あおし)、青仁(あおと)、青依(あおい)、青斗(あおと)、青葉(あおば)、青波(あおば)、青羽(あおば)、青志(あおし)、快青(かいせい)海青(かいせい)、柊青(しゅうせい)、青空(せいあ)、青太(せいた)、青登(せいと)、琉青(りゅうせい)、竜青(りゅうせい) 「青」には見た目の清涼感がありますね。 素直さや誠実さを印象付ける感じがあります。 また、男の子らしい色味でもあるので男の子らしさを名前から感じることができます。 透明感や潔白さを印象付けることもできるでしょう。 「蒼」を使った 男の子の名前 20個 読み方:あお・そう 意 味:草木が生い茂っていること。 名前例: 蒼生 (あおい)、蒼士(あおと)、蒼音(あおと)、蒼斗(あおと)、蒼葉(あおば)、蒼梧(そうご)、蒼介(そうすけ)、蒼汰(そうた)、蒼太郎(そうたろう)、蒼一郎(そういちろう)、蒼一(そういち)、蒼大(そうだい)、蒼平(そうへい)、蒼真(そうま)、蒼馬(そうま)、蒼也(そうや)、蒼哉(そうや)、蒼吾(そうご)、蒼佑(そうすけ)、蒼介(そうすけ)、 ブルーを意味する「青」に対して、「蒼」は元々グレー等寒々とした目立たない色のことでした。 近年は「青」と同様の使われ方をする場合が多いものの、名前には「蒼」の方が人気です。 芸能人では、俳優の福士蒼汰さんや中村蒼さんがこの漢字を使用しています。 「翔」を使った男の子の名前(23個) 読み方:か・かける・さね・しょう・と 意 味:羽を広げて飛び回ること。 名前例: 翔琉(かける)、奏翔(かなと)、健翔(たける)、凛翔(りんと)、友翔(ゆうと)、和翔(かずと)、拓翔(たくと)、翔一(しょういち)、翔一郎(しょういちろう)、翔基(しょうき)、翔流(かける)、翔輝(しょうき)、翔吾(しょうご)、翔太(しょうた)、翔平(しょうへい)、翔真(しょうま)、陽翔(はると)、大翔(ひろと)、湊翔(みなと)、結翔(ゆいと)、悠翔(ゆうと)、優翔(ゆうと)、集翔(しゅんと) 「たまひよ名前ランキング」の漢字ランキングでは、9年連続でトップ3にランクインしている男の子に人気の漢字です。 大空を羽ばたく姿をイメージさせる字なので、「翔」が入った名前を持つ男の子は自由にのびのびと成長してくれそうですね。 芸能人では、歌手の櫻井翔さんや野球選手の大谷翔平さんがこの漢字を使用しています。 「昇」を使った男の子の名前(22個) 読み方:かみ・しょう・すすむ・のぼる・のり 意 味:上や高い場所にあがって行くこと。 また、上の位や等級に進むこと。 名前例: 昇(のぼる)、昇大(こうだい)、昇輝(しょうき)、昇嬉(しょうき)、昇吾(しょうご)、昇太(しょうた)、昇太郎(しょうたろう)、昇一郎(しょういちろう)、昇樹(しょうき)、昇平(しょうへい)、昇弥(しょうや)、昇也(しょうや)、昇大(しょうた)、祐昇(まさのり)、竜昇(たつのり)、芳昇(よしのり)、考昇(たかのり)、昇三(しょうぞう)、昇一(しょういち)、昇清(のりきよ)、昇眞(しょうま)、昇馬(しょうま) 昇という漢字の意味のとおり、出世や成功という意味を持っていますので、 子供にその願っている気持ちを名前としてプレゼントしてあげることができる漢字です。 スポーツ、勉強、ビジネス、芸能、ジャンルを問わずお子さんが何かしらの得意なことで成功して欲しい! そう強く願う親御さんにはぴったりな漢字ではないでしょうか? 「晴」を使った男の子の名前(24個) 読み方:きよ・きよし・せい・てる・なり・は・はり・はる・はれ 意 味:雲が散って空が澄み、青空が見える状態。 日が出て、明るく晴れていること。 名前例: 晴一(せいいち)、一晴(いっせい)、佳晴(かいせい)、公晴(きみはる)、和晴(かずはる)、哲晴(てっせい)、基晴(もとはる)、晴也(せいや)、大晴(たいせい)、太晴(たいせい)、宗晴(むねはる)、峰晴(みねはる)、康晴(やすはる)、心晴(きよはる)、悠晴(ゆうせい)、晴明(はるあき)、晴輝(はるき)、晴翔(はると)、文晴(ふみはる)、明晴(あきはる)、知晴(ともはる)、晴斗(はると)、晴英(はるひで)、丈晴(たけはる) 晴れた日の空のような爽やかな印象を与えることができる漢字です。 また「晴れ」は太陽を連想する漢字であり、太陽は「笑顔」というニュアンスも表現できる漢字です。 ですから、ニコニコと元気に成長して欲しい!そんな願いを持った方にはピッタリな漢字だと思います。 「澄」を使った男の子の名前(12個) 読み方:きよ・きよし・す・すみ・すめる・ちょう・とおる 意 味:水や空気が透き通っていて清らかな様子。 また、空に曇りがない状態や音がさえること等を表す。 名前例: 澄志(きよし)、澄人(きよと)、澄晴(すばる)、真澄(ますみ)、武澄(たけすみ)、澄直(すみはる)、良澄(よしずみ)、澄生(すみお)、恵澄(けいと)、澄真(すみまさ)、俊澄(としずみ)、海澄(かいと) 「澄」という漢字は、透明性や素直さを印象付ける漢字です。 健やかに素直に育って欲しいという意味を込める時には素敵な漢字ではないでしょうか? 「飛」を使った男の子の名前(20個) 読み方:たか・と・とび・ひ 意 味:空中を駆けること。 また、飛ぶように速いことや高いこと。 名前例: 朝飛(あさひ)、快飛(かいと)、和飛(かずと)、颯飛(はやと)、晴飛(はると)、飛高(ひだか)、優飛(ゆうひ)、夕飛(ゆうひ)、飛来(ひらい)、佑飛(ゆうひ)、悠飛(ゆうひ)、飛也(たかや)、飛鳥(あすか)、惇飛(あつひ)、飛有(ひゆう)海飛(かいと)、真飛(まさひ)、郁飛(いくと)、飛紀(たかのり)、飛裕(たかひろ) 「飛」という漢字は、飛び跳ねるような元気さや、竜が舞うような雄大さを印象付ける漢字です。 共通しているイメージとしては「強さ」です。 元気に強く生きて欲しい。 自分の力で切り開いて前に進んでいくような強い子に育って欲しい。 そんな思いを込めるのに適した漢字です。 【男の子 名前 自然編】「風」のような爽やかさを感じさせる名前 西に東に気ままに吹く風は、自然体で自由な印象を与えます。 「風」をイメージする名前には、 そよ風や春風のような優しさを感じるものや、 涼風のような爽やかさを感じるものがあります。 「風」を使った男の子の名前 読み方:かざ・かぜ・ふ・ふう 意 味:空気が流れ動く気象現象のこと。 また、人々に影響を与えて感化する力のこと。 名前例: 風樹(ふうき)、風太(ふうた)、風都(ふうと)、風真(ふうま) 「爽」を使った男の子の名前 読み方:あきら・さ・さや・さわ・そう 意 味:すがすがしいこと。 また、夜があけて明るいといった意味もある。 名前例: 爽良(あきら)、一爽(いっさ)、爽介(そうすけ)、爽大(そうだい)、爽太郎(そうたろう)、爽平(そうへい)、爽真(そうま)、爽也(そうや) 「颯」を使った男の子の名前 読み方:さつ・そう・はや・はやて 意 味:風の吹く音のこと。 また、動き等がキビキビした様子。 名前例: 颯希(さつき)、颯士(そうし)、颯介(そうすけ)、颯太(そうた)、颯汰(そうた)、颯真(そうま)、千颯(ちはや)、颯(はやて)、颯人(はやと) 「涼」を使った男の子の名前 読み方:すずし・りょう 意 味:快い冷たさや清らかで涼しそうな感じ。 名前例: 涼介(りょうすけ)、涼太(りょうた)、涼人(りょうと)、涼平(りょうへい)、涼真(りょうま)、涼也(りょうや) 風をイメージさせる漢字の中でも、使われる機会が多い「涼」。 清らかなイメージがあるこの漢字は好青年を思わせます。 そういえば、この字が名前に入る俳優の勝地涼さんや竹内涼真さん、歌手の山田涼介さんも好青年ですよね。 【男の子 名前 自然編】「海・水」のようなスケールの大きさを感じさせる名前 海にまつわる漢字を使用した名前は、 どこまでも続く大海を連想させることからスケールの大きさを感じます。 また、「母なる海」という言葉もあるように、 懐の深さや愛情、生命力といった印象もありますね。 「海」を使った男の子の名前 読み方:あま・うな・うみ・かい・み 意 味:地球を覆う海水の「海」の他、物事の多く集まるところのことを指す。 名前例: 海輝(かいき)、海晟(かいせい)、海斗(かいと)、海里(かいり)、海月(かづき)、拓海(たくみ)、大海(ひろみ) 「洋」を使った男の子の名前 読み方:うみ・きよ・なみ・ひろ・ひろし・み・よう 意 味:広くて大きな海のこと。 また、外国のことを意味する。 名前例: 貴洋(たかひろ)、輝洋(てるひろ)、洋輝(ひろき)、洋(ひろし)、洋介(ようすけ)、洋太(ようた)、洋平(ようへい) 昔からよく男の子の名前に使用されてきた「洋」。 この字には海という意味の他、「西洋」「洋風」という言葉からも分かる通り、外国という意味もあります。 グローバル化が進む現代では、世界で活躍してほしいという願いを込めることもできますね。 この字を使用した名前を持つ著名人は多く、俳優だけでも大泉洋さんや江口洋介さん、温水洋一さん等がいらっしゃいます。 「航」を使った男の子の名前 読み方:こう・わたる 意 味:広くて大きな海のこと。 また、外国のことを意味する。 名前例: 航海(こうかい)、航成(こうせい)、航平(こうへい)、航(わたる) 「湊」を使った男の子の名前 読み方:そう・みなと 意 味:船着場のこと。 また、水や人、物が集まるところ。 名前例: 湊介(そうすけ)、湊太(そうた)、湊馬(そうま)、将湊(まさと)、湊斗(みなと)、湊翔(みなと)、湊巳(みなみ) 「渡」を使った男の子の名前 読み方:と・ど・わた・わたる 意 味:流れを横切ったり、船や飛行機で別の場所に行くことを指す。 名前例: 瑛渡(えいと、かいと)、海渡(かいと)、寛渡(ひろと)、友渡(ゆうと)、陸渡(りくと)、渡(わたる) 「波」を使った男の子の名前 読み方:なみ・は・ば・ひ 意 味:水面に起こる起伏のこと。 また、変化が次々にあることを指す。 名前例: 青波(あおば)、海波(かいば)、静波(せいな)、波輝(はるき) 【男の子 名前 自然編】「大地」のような心の広さを感じさせる名前 どこまでも続く大地は、 スケールの大きさや心の広さを感じさせます。 ここでは、大地の恵みである「穣」や「実」等の漢字を使用した名前も紹介します。 「陸」を使った男の子の名前 読み方:あつ・あつし・くが・たかし・ひとし・みち・む・むつ・りく・ろく 意 味:広い大地のこと。 名前例: 陸樹(あつき)、陸史(たかし)、陸汰(りくた)、陸斗(りくと)、陸磨(りくま)、陸也(りくや) 「岳」を使った男の子の名前 読み方:おか・がく・たか・たかし・たけ・たけし 意 味:高くて大きい山のこと。 名前例: 岳人(がくと)、岳(たかし)、岳志(たけし)、岳大(たけひろ) 山の中でも高くてゴツゴツした山のことを指す「岳」。 雄大で力強く、誇り高いイメージがあります。 この字を使用した名前を持つ俳優には濱田岳さんや佐野岳さんがいらっしゃいますが、二人とも読み方は「がく」です。 「耕」を使った男の子の名前 読み方:おさむ・こう・たがやす・つとむ・やす 意 味:田んぼや畑をならして平らたくすること。 その他、働いて生活の糧を得ることを意味する。 名前例: 耕輔(こうすけ)、耕太(こうた)、耕大(こうだい)、耕太郎(こうたろう)、耕也(こうや)、耕史(やすし)、耕之(やすゆき) 「穣」を使った男の子の名前 読み方:おさむ・しげ・じょう・みのる・ゆたか 意 味:作物が豊かに実ること。 また、繁栄すること。 名前例: 穣成(しげなり)、穣久(しげひさ)、穣二(じょうじ)、穣治(じょうじ) 「実」を使った男の子の名前 読み方:さね・じつ・ちか・つね・なお・のり・まこと・み・みつ・みのり・みのる 意 味:果物や穀物等の作物のことの他、物事の中身や本質を指す。 名前例: 繁実(しげみ)、拓実(たくみ)、達実(たつみ)、直実(なおみ)、実月(みつき)、義実(よしみ) 「拓」を使った男の子の名前 読み方:たく・ひら・ひろ・ひろし 意 味:土地を切り開くこと。 名前例: 拓人(たくと)、拓真(たくま)、拓麿(たくま)、拓己(たくみ)、拓也(たくや)、拓哉(たくや)、拓伸(ひろのぶ) 「悠」を使った男の子の名前 読み方:ちか・はる・はるか・ひさ・ひさし・ゆ・ゆう・ゆたか 意 味:時間や空間がどこまでも続くさま。 また、気分がゆったりしていること。 名前例: 悠(はる)、悠希(ゆうき)、悠介(ゆうすけ)、悠生(ゆうせい)、悠太(ゆうた)、悠斗(ゆうと)、悠人(ゆうと)、悠真(ゆうま) 「たまひよ名前ランキング」の漢字ランキングでは、調査が開始された2005年以来毎年トップ10にランクインしている人気の漢字です。 歌手の北川悠仁さんや作詞家の阿久悠さんがこの字を名前に使用しています。 【男の子 名前 自然編】「太陽・光」のような生命力や明るさを感じさせる名前 世界を照らして明るさをもたらす太陽や光をイメージさせる漢字からは、 生命力や温かさ、明るさが感じられます。 太陽や光をイメージさせる名前を持つ男の子は、元気で活発に成長してくれそうです。 このパートで出てくる漢字には、 「あき・あきら」という読み方が共通しているので、各項目の読み方紹介では省略しています。 「明」を使った男の子の名前 読み方:あ・あか・あかり・あけ・くに・てる・とし・のり・はる・ひろ・みつ・みょう・め・めい・よし 意 味:光があって明るく、はっきり見える状態。 夜があけたり、事がはっきりしていることを指す。 名前例: 明繁(あきしげ)、明直(あきなお)、明典(あきのり)、明羽(あきは)、明良(あきら)、明海(あけみ)、照明(てるあき)、慶明(のりあき)、秀明(ひであき)、弘明(ひろあき) 「陽」を使った男の子の名前 読み方:お・おき・きよ・きよし・たか・てる・なか・はる・ひ・や・よう 意 味:太陽や日向のこと。 また、明るく暖かいことを指す。 その他、陰に対して積極的、能動的な性質のこと。 名前例: 朝陽(あさひ)、太陽(たいよう)、陽(はる)、陽輝(はるき)、陽斗(はると)、陽真(はるま)、陽太(ひなた)、陽大(ひなた)、陽向(ひなた)、陽葵(ひなた) 太陽のことを意味する「陽」という字は近年人気で、2017年の「たまひよ名前ランキング」では「陽太」という名前が5位にランクインしています。 芸能人では、俳優の杉浦太陽さんや井上陽水さんがこの漢字を名前に使用しています。 「耀」を使った男の子の名前 読み方:かがやく・てる・よう 意 味:輝き自体のことや、輝くこと、輝かせることを指す。 名前例: 耀仁(あきひと)、耀々(きら)、翔耀(しょうき)、大耀(たいよう)、耀海(よう)、耀一(よういち)、耀介(ようすけ) 「光」を使った男の子の名前 読み方:かね・こう・てる・ひかり・ひかる・ひこ・ひろし・み・みつ・みつる 意 味:明かりのことや輝くことを指す。 また、誉や名誉のこと。 名前例: 明光(あきみつ)、光栄(こうえい)、光我(こうが)、光輝(こうき)、光星(こうせい)、光(ひかる)、光国(みつくに)、光陽(みつはる) 「晃」を使った男の子の名前 読み方:きら・こう・そら・てる・ひかる・ひろ・みつ 意 味:照り輝くことや光ること。 名前例: 晃隆(あきたか)、晃嗣(あきつぐ)、晃徳(あきのり)、晃行(あきゆき)、晃一(こういち)、晃希(こうき)、晃成(こうせい)、晃陽(こうよう) 「晄」を使った男の子の名前 読み方:きら・こう・てる・ひかる・みつ 意 味:光が四方に広がること。 また、物事が明らかではっきりしていることを指す。 名前例: 晄良(あきら)、晄一朗(こういちろう)、晄亮(こうすけ)、晄義(みつよし) 「晄」には、「暉」や「旺」等のよく似た漢字があるので注意が必要です。 どれも名前以外ではあまり見ない漢字なので、口頭で名前の説明をするには工夫が必要かもしれません。 【男の子 名前 自然編】「星・宇宙」のようなオンリーワンを感じさせる名前 昔の人は、星を頼りに方角を把握して旅をしていました。 無限に広がる宇宙で輝き、人々を導く星をイメージさせる漢字を名前に含む男の子は、 きらきらと輝くオンリーワンな存在になってくれそうですね。 「彗」を使った男の子の名前 読み方:え・けい・すい 意 味:ほうき星(数日間夜空に現れる彗星)のこと。 名前例: 彗吾(けいご)、彗介(けいすけ)、彗星(けいせい)、彗人(けいと)、彗史(さとし)、彗(さとる)、晴彗(はるあき) 「宙」を使った男の子の名前 読み方:おき・そら・ちゅう・ひろ・ひろし・みち 意 味:空や天のこと。 また、無限な時間のことを指す。 名前例: 宇宙(そら)、宙人(そらと)、宙樹(ひろき)、宙(ひろし) 宇宙をイメージさせることから、同じく「そら」と読む「空」よりもスケールの大きさやミステリアスさを感じる「宙」。 一時「光宙(ぴかちゅう)」という名前が話題になりましたが、名前の読み方までミステリアスにするのは止めておきましょう。 俳優では、高杉真宙さんがこの漢字を使用しています。 「星」を使った男の子の名前 読み方:しょう・せ・せい・とし・ほし 意 味:空や天のこと。 また、無限な時間のことを指す。 名前例: 壱星(いっせい)、翔星(しょうせい)、星哉(せいや)、星也(せいや)、大星(たいせい)、七星(ななせ)、悠星(ゆうせい)、流星(りゅうせい) 「昴」を使った男の子の名前 読み方:すばる・ぼう 意 味:古くは王者の象徴ともされた、おうし座にある星のこと。 名前例: 昴 (すばる)、昴輝(こうき)、昴星(こうせい)、昴太(こうた)、昴大(こうだい)、秀昴(ひでたか) 【男の子 名前 自然編】「樹・草」のような落ち着きや理性を感じさせる名前 樹や草などの漢字からは、 少しずつ成長していく草木のような堅実さや落ち着きを感じたり、 焦らずに確実に成長していく「理性的」なニュアンスも感じることができます。 このパートではそんな漢字を使った名前を紹介していきます! 「樹」を使った男の子の名前 読み方:じゅ・いつき・みき 意 味:立ち木、木。 名前例: 佳樹(よしき)、侑樹(ゆずき)、充樹(みつき)、光樹(こうき)、具樹(ともき)、和樹(かずき)、好樹(こうき)、拓樹(ひろき)、樹(いつき)、樹平(みきひら) 「草」を使った男の子の名前 読み方:そう・くさ 意 味:木質ではない植物の総称 名前例: 草汰(そうた)、草矢(そうや)、草哉(そうや)、草馬(そうま)、草弥(そうや)、草太郎(そうたろう)、草介(そうすけ) 「実」を使った男の子の名前 読み方:み、じつ、ざね 意 味:うそ偽りでないこと。 物の中心にある固い部分。 名前例: 卓実(たくみ)、巧実(たくみ)、実幸(みゆき)、正実(まさみつ)、誠実(まさみ)、利実(としざね)、実伸(さねのぶ)、芳実(よしみ) 「椋」を使った男の子の名前 椋の木(むくのき)の漢字である「椋」も名前に使うのはすごく良い漢字ですね。 読みとしては「りょう」と読むこともできるので名前に使いやすいところがオススメです。 読み方:むく、りょう 意 味:むくのきの略 名前例: 椋(りょう)、椋哉(りょうや)、椋介(りょうすけ)、椋太(りょうた)、椋太郎(りょうたろう)、椋斗(りょうと)、椋央(りょう)、椋平(りょうへい) 「椿」を使った男の子の名前 読み方:意 味: 名前例: 椿(つばき)、椿哉(はるや)、椿二(しゅんじ)、椿介(しゅんすけ)、椿太郎(しゅんたろう)、椿一(しゅんいち) まとめ 名前の雰囲気やイメージが決まったら、次はどんな漢字を使用するかを考えましょう。 漢字の選択肢はここで紹介しているものの何倍もあるので、時間をかけてゆっくり考えたいですね。 漢字の読みやすさや口頭での説明のしやすさ等も考慮して、最高の名前を用意してあげてください。 <男の子> <女の子>.

次の

男の子の名前で自然・植物にまつわるもの!自然を表す漢字は?

男の子 名前 自然

名前は一生使う大事なもので、パパやママから赤ちゃんへのはじめての贈り物といえます。 そこで当記事では、2019年「子供の名前人気ランキング」から、男の子の名前について考えてみました。 まずは、文字数別で見る男の子の漢字の名前一覧や、自然にちなんだ名前、珍しい名前、響きがいい名前を一覧でご紹介します。 また、男の子の名前の決め方や傾向、センスのいい名前の付け方についてもまとめてみました。 人気のある男の子名前を紹介! 子供の名前の流行は?2019年「男の子の名前」ランキング発表 男の子の名前で、2019年に人気だったのはどんな名前なのでしょうか。 妊娠・出産・育児の情報サイト「ベビーカレンダー」の「2019年生まれの赤ちゃんの名前ランキング・名前のよみランキング・名前の漢字ランキング」より、上位3位までのランキングをご紹介します。 1位:「蓮(れん)」 圧倒的な人気を誇り、2000年あたりからトップ10に必ずランキングされる名前です。 そもそも蓮とは、花の名前です。 仏教の象徴的な花であり、お釈迦様はこの蓮の上に座っています。 そのことから、日本らしさや、清らかで美しいイメージを連想させます。 また、「れん」という読み方は呼びやすく、響きもよいため、人気があるようです。 2位:「湊(そう、みなと)」 2位も漢字一文字の名前がランクイン。 「湊」という漢字には、船が出入りする場所、あつまる、という意味があります。 その意味から、海をイメージさせ、さわやかな印象を与えたり、「いつも人に囲まれるような人気者に」という願いが込められているようです。 3位:「陽翔(はると、ひなと)」 男の子の名付けで人気の文字、「陽」と「翔」の組み合わせです。 「陽」を、「はる」や「ひな」と読ませることで、あたたかく、柔らかいイメージがあります。 また、「翔」の文字は、空を自由に羽ばたく印象を与えつつも、力強さを感じる文字です。 2つの漢字を組み合わせることで、ポジティブな雰囲気になりますね。 3位以降は下記をチェックしてみてくださいね。 文字数別・男の子の漢字の名前一覧 文字数別で、男の子に人気の漢字の名前を、ランキング上位の中からピックアップしました。 一文字の男の子の名前 ・樹(いつき) ・律(りつ) ・蒼(あおい、そう) いずれの文字も、凛々しいイメージの漢字が使われています。 また、「樹」と「蒼」は大自然を連想させ、「律」は、まっすぐで、誠実な印象を受けます。 2文字の男の子の名前 ・悠真(はるま、ゆうま) ・大和(やまと) ・結翔(ゆいと、ゆうと) 二文字の人気の名前のポイントは、「ま」または「と」で終わること。 それを踏まえ、「悠」、「大」、「翔」といった、壮大なイメージの漢字と、「真」、「和」、「結」といった、やわらかい雰囲気の漢字が組み合わさった素敵な名前になっていますね。 三文字の男の子の名前 三文字の男の子の名前は、ランキングの上位10位には入っていませんが、最近人気が出ている名前をご紹介します。 また、「明日磨」や「利久斗」など、音の響きをもとに、漢字を当てはめた名前もよく見られます。 その場合は、読みやすい漢字を使っているのがポイントです。 自然にちなんだ男の子の名前一覧 ここでは、植物や自然、季節に関連した男の子の名前をご紹介します。 自然や季節 自然や季節にちなんだ男の子の名前にはさまざまありますが、自然だと、太陽、海、空、風、陸などに関連する漢字、季節だと、生まれた時期の季節から連想する漢字が使われている傾向にあります。 自然にちなんだ名前 朝陽(あさひ)、伊吹(いぶき)、陸(りく)、凪(なぎ)、岳(がく) 春にちなんだ名前 暖(だん、はる)、春(しゅん、はる)、爽介(そうすけ)、咲弥(さくや)、柚右真(ゆうま) 夏にちなんだ名前 涼真(りょうま)、虹渡(にじと)、南風(なお)、雨汰(うた)、海翔(かいと) 秋にちなんだ名前 椋(りょう)、実央(みひろ)、穂嵩(ほたか)、果偉(かい)、理月(りつき) 冬にちなんだ名前 雪哉(ゆきや)、白澄(きよと)、冬空(とあ)、朔(さく)、新(あらた、しん) 植物や花 植物に関する名前には、樹木や草などに関する漢字が使われます。 また、花に関する名前は女の子によくつけられますが、男の子でも生まれた時期に咲く季節の花が使われることが多いようです。 植物にちなんだ名前 楓(かえで)、樹果(じゅか)、桧生(ひお)、森ノ介(しんのすけ)、林太郎(りんたろう) 花にちなんだ名前 桜祐(おうすけ)、葵(あおい)、桃李(とうり)、日葵(はるき)、柊斗(しゅうと) 男の子の珍しい名前一覧 珍しい名前だと、ほかの人と被らないため、個性が光ります。 ここでは、漢字・読み方が珍しい名前をピックアップしました。 漢字が珍しい 名前にはあまり使われないような漢字を使うと、個性的ですし、すぐに名前を覚えてもらえますね。 周(あまね、いたる、かた、かぬ、かね、ただ、ちか、 ちかし、なり、のり、ひろ、ひろし、まこと、めぐる、しゅう) 名前例:周(あまね、しゅう、いたる、ちかし、まこと、めぐる)、真周(ましゅう)、周成(しゅうせい)など 初(うい、は、はじめ、もと、はつ) 名前例:初(うい、はじめ)、初汰(うた)、初季(うぶき)など 識(しき、さと、さとり、つね、のり) 名前例:識(さとり)、識音(しおん)、識多(しきた)など 倭(やまと、まさ、やす、かず、しず、ふさ、わ) 名前例:倭(やまと)、倭夢(わむ)、斗倭(とわ)など 密(たかし、ひそか、みつ) 名前例:密(ひそか、たかし)、彬密(あきみつ)、密智(みつとも)など 読み方が珍しい 「名のり」と呼ばれる人の名前だけに使える読み方をご存知でしょうか。 たとえば「春男(はるお)」の「男」の漢字の「お」と読ませるのがそれにあたります。 ここでは、名のりを基とした正しい読み方で名前に使われる漢字で、珍しい読み方をご紹介しましょう。 陽(あきら、きよし、みなみ 悠(ちかし、はるか、ひさし) 白(あき、あきら、きよ、きよし) 道(おさむ、おさめ、なおし、わたる) 節(たかし、まこと、みさお) 男の子の響きがいい名前一覧 名前の響きによって、印象が異なります。 「響きがいい」と感じられる名前の特徴を3つ挙げると、 ・は行・ま行・や行が入った名前は、比較的柔らかく、あたたかみのある音の印象を与える ・「ゴ」「ガ」などの濁音が入る名前は、力強い響きがある ・「う」が文字の真ん中や終わりにつく長音や、「い」「と」「ん」で終わるなど、呼びやすい名前は響きがいい などがあります。 しかし、人によって、響きには好みや心地よさが異なります。 フルーネムを口に出してみて、響きのよさを確認してみてくださいね。 響きがいい名前の例 ふうま:颯真、風馬、楓摩など そうた:奏太、颯太、蒼大など ゆいと:結仁、結人、結斗など りゅうせい:琉生、流星、龍聖など たいが:大雅、泰河、大芽など じん:仁、心、任など きょう:響、恭、京など しょう:翔、聖、匠など るい:類、琉依、留一など れい:怜、玲、黎など 男の子の名前の決め方や傾向 男の子の名付けをするときに、決め方や傾向はあるのでしょうか。 姓名判断による画数や外国でも通用する名前、古風な名前といったポイントから見ていきましょう。 男の子の名付けのポイントは? 画数は気にする? 「姓名判断でよい名前をつけてあげたい……」そう思う親御さんは多いことでしょう。 実際に、名付けをするときに、画数を気にされる方は多いようです。 画数を考えながら名前をつけるときには、 ・苗字との吉画数を割り出し、その画数に合った名前を考える ・音の響きやつけたい名前の候補を挙げて、その名前に沿った画数の漢字を当てはめる ・一旦、画数は置いておいて、つけたい名前の候補を漢字で挙げ、それから画数を調べる という方法があります。 ただし、姓名判断にはさまざまな流派があるため、運勢が異なることもあります。 「この画数じゃないとダメ」というふうにこだわらず、画数は、あくまでも参考にする程度で。 それよりも、苗字との兼ね合いや、字面、音の響きなどを優先して名付けしたほうがよいでしょう。 外国でも通用するオシャレな名前がいい? 国際社会がますます進展する現代。 将来のことを考え、海外でも通じる名前をつけるのもいいですね。 その際のポイントは、 ・外国の人にとって発音しやすい、発音の1つ目に、か行、さ行、ま行を使う(かい、しゅう、まさとなど) ・ニックネームのような短い名前にする(例:けん、らん、れいなど) ・英語の単語にある発音に近い名前にする(例:しょう、えいじ、らいとなど) です。 ただし、「ジョン」「オリビア」など、外国人の名前に無理やり漢字をあてはめるのは、読みづらいこともあるため、あまりおすすめできません。 和風で古風なかっこいい名前がいい? かつて「キラキラネーム」が流行しましたが、その反動のように登場したのが「しわしわネーム」といわれています。 このしわしわネームは、古風な名前のことを意味するそう。 「しわしわ」というネーミングがマイナスイメージをあたえますが、古風な名前には、日本らしさや、歴史、伝統、男らしさを感じさせる名前が多いです。 和風で古風な名前をつけるときは、名前の文字数を決めると考えやすくなります。 また、歴史的人物や偉大な著名人などの名前に使われている漢字を使うのもおすすめです。 センスのいい名前の付け方 お子さんには、センスのいい名前をつけたいものですね。 「名付けセンスがいい!」と感じるのは、「名前に素敵な意味が込められている」ことではないでしょうか。 たとえば、外国語で素敵な意味を持つ単語が由来になっていたり、名前の漢字に込められた意味が縁起がよいものだったり、聞き慣れた単語の別名を使うなどすると、ネーミングセンス、言葉のセンスのよさが感じられますよ。 男の子の名前は、ママパパからの心を込めたプレゼント 男の子の名前をつける際のポイントをいくつかご紹介しました。 赤ちゃんの名前は、妊娠中に考えておくのもいいですし、生まれた顔を見てからインスピレーションを得てつけるのもいいと思います。 お子さんの成長を願い、心のこもった名前をつけてあげてくださいね。 文・構成/HugKum編集部.

次の