所謂 意味。 「所為」の意味と使い方、類語、「所以・所謂」との違い

所謂の読み方と意味とは

所謂 意味

表外漢字、所謂、常用外漢字です 「所謂」の意味はわかるでしょうか。 というか、そもそも読み方はわかりますか。 「所謂」は「いわゆる」と読みます。 「なんだ、初めからひらがなで書いてくれればわかったのに」という人も多いでしょう。 実は読めなくても問題ありません。 「所謂」の「謂」は一般的に使われる目安となる常用漢字ではないので、ひらがなで「いわゆる」と表記されることがほとんど。 このページでは漢字表記に統一しますが、法律や新聞等ではひらがな表記が基本とされています。 「正式名称はAだけど、一般的にはBと呼ばれているよ」と言いたいときや、説明(A)を簡潔(B)に表現したいときなどに「A、所謂B」というように表現します。 「所謂B」だけでも使用可能。 ・彼は優秀だが、 所謂優等生とは違う ・宝くじに当たったんですよ、 所謂棚ぼたってやつです ・カプセルトイ、 所謂ガチャガチャが今人気です 「所謂」の後には世間一般に広く認知されている言葉、表現が来ます。 「所謂」には伝わりやすくするという目的があるため、自分しかわからない表現や広く知られていない言葉はきません。 しかしながら、部内や社内、クラス内など狭い人間関係の中だけで共通する言葉をその仲間内で使うのであればOKでしょう。 例えば、友人Aが毎朝パンを食べていることを「Aの朝パン」と仲間内で呼ぶのが共通認識になっていれば、「Aのやつ、旅行先でもパン食べてるよ、所謂Aの朝パンだね」とすることは可能。

次の

「所謂」の読み方と意味を解説!語源は?【類語・例文】|語彙力.com

所謂 意味

例文 仕事せずとも生活できるだけの 所謂、独立財産がある。 専門教育受けていないのにイラストが巧い彼女は、 所謂天性のクリエーターだ。 「所謂です」だと「世にいわれているです」に解釈されてしまい、かなり意味不明な言葉になります。 また、「所謂」はやろうと思えば多用できるかなり使い易い言葉です。 ただ、使いやすいからといって多用し過ぎると、 小生意気な印象や妙な上から目線の印象を与えてしまいかえって逆効果になってしいます。 以下は間違った使い方の文例です。 あの廃墟が 俗にいう「幽霊屋敷」と噂がある建物です。 類語2.言わば 「言わば」の意味は「 (たとえて)いってみれば」です。 「所謂」が「世間でいわれている」に対し、「言わば」は具体的なものに例える時に使われます。 「たとえて」の対象が具体的なものを指すことで、言わばの意味「いってみれば」を強調するのです。 「言わば」を「所謂」に置き換えると以下のようになります。 彼女とは 言わば家族のような関係を続けている。 彼はまだ中学生であり、 言わばひとりで暮すには無謀すぎる。 あの会社は、 言わば業界のレジェンドだ。 「言わば」の文章を「所謂」に置き換えると少し変ですよね。 なので、「所謂」は「言わば」に置き換えることは可能であっても、逆は不可能のも有り得るのでシーンによって使い分けも必要なのです。 5.「所謂」の英語表現 ここからは「所謂」の英語表現を解説していきます。 本記事ではこの2つの英語表現をご紹介します。 He was a so-called rich aristocrat by birth. 5-2.what is called 「so-called」の意味としては「 〜と呼んでいるもの」です。 しかし的に「いわゆる」と訳される場合があります。 「so-called」を避け、賞賛の意味や無難にまとめたいならこの表現がおすすめです。 ちなみに「what we called」は「我々が〜と呼んでいるもの」を意味します。 以下は「what is called」の例文です。 My boyfriend is what is called a grown-up baby. まとめ 「所謂(いわゆる)」とは「 世にいわれている、よくいう」を意味する言葉です。 ビジネスや日常でも、「しょせん」と読み間違えやすい言葉でもあります。 もちろん「いわゆる」と「しょせん」では意味が違うので、間違えずに使うことが必要です。 正しい意味と読み方をし、社会人として少しでもスマートに立ち振る舞いましょう。

次の

「所謂」はどうして「いわゆる」と読むのですか?|漢字文化資料館

所謂 意味

「所謂(いわゆる)」の読み方と意味 「所謂」は「いわゆる」と読みます。 「しょせん」と読み間違える人が多いのですが、「しょせん」は「所詮」ですので気をつけましょう。 「所謂」は「世に言われている。 世間でいう」という意味です。 これだけで「所謂だ」という使い方はしません。 大抵の人は意味を知っているけれど、日常的には使わないような難しい言葉や古い言い回し、あるいは俗語などにつけて「これって世間ではこう言いますよね」という意味を加えます。 「所謂(いわゆる)」の例文• これこそ所謂棚から牡丹餅というやつですね。 彼は所謂イケメンというやつではないが、とても魅力的な人物である。 この事件は所謂オレオレ詐欺の進化系といってもよいでしょう。 「所謂」は「世間でいう」という意味ですので、「自分が勝手に思っていることではなくて世間の人がそう言っている」というニュアンスを表すことができます。 何かを説明したり、意見を述べたりするときに何かと便利な言葉ですよね。 それだけに、何にでも「所謂」をつける人がいます。 「所謂現代日本社会では所謂少子高齢化が問題となっており、このままでは所謂年金問題が立ちいかなくなり、また所謂労働者不足や所謂介護の問題も深刻になるでしょう」 つけすぎですよね(笑)。 「所謂」は使いすぎると知ったかぶりをしているような、あるいは上から目線で説明しているような、変な印象になってしまいます。 つけようと思えばいろいろな所につけられる言葉であるだけに、相手に信頼感を与えるためには使いすぎないことが肝心かと思います。 「所謂」の語源 さて、「所謂」の意味や使い方はお分りいただけたかと思います。 でも、「所謂」という漢字はどうみても「いわゆる」とは読めないですよね(笑)。 「所」は「ところ」か「しょ」と読んでしまいますよね。 「謂」は「謂う(いう)」という字ですが、読み方がわからないのでなんとなく「しょせん」などと読んでしまう人も多いそうです。 この「所謂」は、漢文由来の言葉なんです。 「所謂」と書いて、漢文では「謂う所の」と読むことができます。 「謂う」は「言う」と同じです。 つまり「みんなが言っているところの」という意味となります。 「いわゆる」という読み方については、まず「ゆる」というのが奈良時代などの大昔に使われていた「ゆ」という受け身の助動詞の連体形にあたります。 ちなみに「あらゆる」の「ゆる」も同じ由来です。 とにかく、「言う」にこの「ゆる」がくっついた「いわゆる」という言葉が日本語にもともと存在していたわけです。 漢文の「所謂」がこの「いわゆる」と同じ「言われているところの」という意味であったため、「所謂」に「いわゆる」という読みを当てはめ、今の形になったそうです。 「所謂」は漢字と読みがまったく結びつかないように思えますが、語源を知ると納得できますね。 「所謂」の類語 「所謂」の類語には次のようなものがあります。 つまり(物事を平易な言葉に置き換えるときに使う表現)• いわば(例えて言ってみれば)• 言うなれば(言ってみれば。 例えて言うと)• 要するに(今まで述べたことをまとめれば)• 俗に言う(世間一般でいうところの) 上で挙げた例文の「所謂」を置き換えてみましょう。 会話などで「所謂」ではちょっと堅いかな?というときなどに色々置き換えてみることができますね。 【例文】• これこそいわば棚から牡丹餅というやつですね。 彼は俗に言うイケメンというやつではないが、とても魅力的な人物である。 この事件は要するにオレオレ詐欺の進化系といってもよいでしょう。 まとめ 「所謂」は読み方や使い方に注意が必要な言葉でした。 使いやすい言葉なので、会話やテレビなどで、耳で聞くことも多い言葉ですよね。 多用しすぎないよう気をつけたほうがよいですが、とても便利な言葉ですので、ぜひ使い方を確認して使いこなしていきたいですね。 最後までお読みくださりありがとうございました!.

次の