神様 はじめ まし た ova。 神様はじめました◎

「神様はじめました」第23巻のネタバレと感想

神様 はじめ まし た ova

父親の借金がもとで帰る家を失った桃園奈々生(ももぞのななみ)。 ある日、奈々生は「よかったら私の家を譲りますよ」とミカゲと言う男性から神社を譲られるものの一緒に神様(土地神)の仕事も受け継いでしまうことに!? しかも、譲られた神社に行くと妖狐巴衛(ともえ)の姿が… そんなイントロダクションではじまる鈴木ジュリエッタ作『神様はじめました』 2012年10月からの第一期、2015年1月からの第二期と二期に渡って放送された恋愛系アニメですが、二期の最終回では三期があるような雰囲気で終わっていましたら「巴衛と奈々生のその後」が気になる方も多いはず。 そこで今回は、気になる「最終回はどうなったのか?」をアニメベースで解説していこうと思います。 もちろん、ほとんどネタバレです。 最終回はOVA「過去編」に収録されている テレビ二期の最終回は、新年を迎えるために赴いた年神(としがみ)の社で、幼くして母親を失った奈々生の辛い過去を巴衛が目の当たりにし、奈々生を愛おしく思うことを再認識するかたちでエンディングを迎えたため、「三期があるの?」「本当にハッピーエンドになるの?」と気になった方も多いのではないでしょうか? 気になるアニメ版の最終回は二期の放送にあわせて発売された単行本のDVD付き初回限定版『神様はじめました ~過去編~(全5話)』に収録されているので、この過去編を見れば『神様はじめました』も完結と言う扱いになっています。 つまり、アニメ版の完全な最終回を見たいのであればOVAを見ればいいわけですね。 ちなみに、この過去編では巴衛が500年前に愛した雪路との出会いや、巴衛を死に追いやろうとする堕神(おちがみ)との呪われた契約など、巴衛・雪路・奈々生を取り巻く過去と未来が描かれていますので必見ですよ。 雪路と奈々生の関係 まず、この「神様はじめました」を語る上で押さえておきたい人物は巴衛が恋をした雪路と言う女性です。 C 鈴木ジュリエッタ/白泉社・神様はじめました製作委員会2015 竜王の目を飲んだことにより一命を取りとめる雪路。 一方、現代では竜王に囚われた巴衛を救うために奈々生は自分の体内にあった竜王の目を取り出し竜王に返しに行きます。 ここでピンと来た方も多いと思いますが、実は奈々生は雪路の子孫にあたるため竜王の目が受け継がれていたんですね。 500年前、巴衛は自分を討伐する戦神(いくさがみ)によって大きな怪我を負わされ身動きが取れない状態になりますが、奈々生に救われ雪路の邸宅で看病されることに… 怪我で意識がもうろうとする巴衛は、自分を必死に看病してくれる奈々生を気にとめるようになりますが巴衛は奈々生の名前を雪路と思い込んでしまいます。 一方、奈々生も「過去に変化を加えてはいけない」という忠告を意識し、自分のことを雪路と呼ぶ巴衛に正体を明かすことはありませんでした。 つまり、500年前に巴衛が最初に愛した女性は時廻りの香炉で500年前にタイムスリップした奈々生であり、過去に変化を加えてはいけないと忠告されていたにもかかわらず、結果的には「巴衛を救い、巴衛が奈々生を愛してしまった」と、過去に変化を加えていたわけです。 (タイムトラベル的には「時廻りした(=過去に行った)奈々生の行動は織り込まれているので、過去に変化は加わっていない。 」と言う概念だったのでしょう。 ) その後、巴衛は「人となって雪路と添い遂げる(=結婚する)」と言う契約を結びますが人間である雪路は病に倒れ、結局、人にもなれず添い遂げることもできなかった巴衛は契約によって苦しめられることになります。 しかし、奈々生の奮闘もあり最終的には雪路の魂が宿った奈々生と結ばれることによって契約が破棄されます。 少々、頭を使いますが、500年の時を超えて結ばれることによって堕神との呪いから解放されたわけですね。 巴衛、人間になる さて、過去編の最終回では土地神を返上して巴衛と結婚式を挙げる様子、そして、人間になった巴衛と赤ちゃんを抱いていると思われる奈々生の姿が描かれ幕を下ろします。 C 鈴木ジュリエッタ/白泉社・神様はじめました製作委員会2015 一見、ハッピーエンドのようですが、土地神を返上してミカゲ社を出るなど少し寂しい印象をアニメ版では与えています。 しかし、単行本での最終巻では、10年後に巴衛とともにミカゲ社に戻る様子まで描かれていますので、アニメ版ではちょっと寂しい部分もありますが、原作ではホッとさせてくれます。 巴衛と奈々生はお互いを大切に思っているにも関わらず、なかなか恋愛に発展しないところが切なくてもどかしい部分もありましたが、最終回(OVA)を見終えるとスッキリできる作品ですよ。

次の

神様はじめました 25巻 オリジナルアニメDVD付限定版 (花とゆめコミックス)

神様 はじめ まし た ova

父親の借金がもとで帰る家を失った桃園奈々生(ももぞのななみ)。 ある日、奈々生は「よかったら私の家を譲りますよ」とミカゲと言う男性から神社を譲られるものの一緒に神様(土地神)の仕事も受け継いでしまうことに!? しかも、譲られた神社に行くと妖狐巴衛(ともえ)の姿が… そんなイントロダクションではじまる鈴木ジュリエッタ作『神様はじめました』 2012年10月からの第一期、2015年1月からの第二期と二期に渡って放送された恋愛系アニメですが、二期の最終回では三期があるような雰囲気で終わっていましたら「巴衛と奈々生のその後」が気になる方も多いはず。 そこで今回は、気になる「最終回はどうなったのか?」をアニメベースで解説していこうと思います。 もちろん、ほとんどネタバレです。 最終回はOVA「過去編」に収録されている テレビ二期の最終回は、新年を迎えるために赴いた年神(としがみ)の社で、幼くして母親を失った奈々生の辛い過去を巴衛が目の当たりにし、奈々生を愛おしく思うことを再認識するかたちでエンディングを迎えたため、「三期があるの?」「本当にハッピーエンドになるの?」と気になった方も多いのではないでしょうか? 気になるアニメ版の最終回は二期の放送にあわせて発売された単行本のDVD付き初回限定版『神様はじめました ~過去編~(全5話)』に収録されているので、この過去編を見れば『神様はじめました』も完結と言う扱いになっています。 つまり、アニメ版の完全な最終回を見たいのであればOVAを見ればいいわけですね。 ちなみに、この過去編では巴衛が500年前に愛した雪路との出会いや、巴衛を死に追いやろうとする堕神(おちがみ)との呪われた契約など、巴衛・雪路・奈々生を取り巻く過去と未来が描かれていますので必見ですよ。 雪路と奈々生の関係 まず、この「神様はじめました」を語る上で押さえておきたい人物は巴衛が恋をした雪路と言う女性です。 C 鈴木ジュリエッタ/白泉社・神様はじめました製作委員会2015 竜王の目を飲んだことにより一命を取りとめる雪路。 一方、現代では竜王に囚われた巴衛を救うために奈々生は自分の体内にあった竜王の目を取り出し竜王に返しに行きます。 ここでピンと来た方も多いと思いますが、実は奈々生は雪路の子孫にあたるため竜王の目が受け継がれていたんですね。 500年前、巴衛は自分を討伐する戦神(いくさがみ)によって大きな怪我を負わされ身動きが取れない状態になりますが、奈々生に救われ雪路の邸宅で看病されることに… 怪我で意識がもうろうとする巴衛は、自分を必死に看病してくれる奈々生を気にとめるようになりますが巴衛は奈々生の名前を雪路と思い込んでしまいます。 一方、奈々生も「過去に変化を加えてはいけない」という忠告を意識し、自分のことを雪路と呼ぶ巴衛に正体を明かすことはありませんでした。 つまり、500年前に巴衛が最初に愛した女性は時廻りの香炉で500年前にタイムスリップした奈々生であり、過去に変化を加えてはいけないと忠告されていたにもかかわらず、結果的には「巴衛を救い、巴衛が奈々生を愛してしまった」と、過去に変化を加えていたわけです。 (タイムトラベル的には「時廻りした(=過去に行った)奈々生の行動は織り込まれているので、過去に変化は加わっていない。 」と言う概念だったのでしょう。 ) その後、巴衛は「人となって雪路と添い遂げる(=結婚する)」と言う契約を結びますが人間である雪路は病に倒れ、結局、人にもなれず添い遂げることもできなかった巴衛は契約によって苦しめられることになります。 しかし、奈々生の奮闘もあり最終的には雪路の魂が宿った奈々生と結ばれることによって契約が破棄されます。 少々、頭を使いますが、500年の時を超えて結ばれることによって堕神との呪いから解放されたわけですね。 巴衛、人間になる さて、過去編の最終回では土地神を返上して巴衛と結婚式を挙げる様子、そして、人間になった巴衛と赤ちゃんを抱いていると思われる奈々生の姿が描かれ幕を下ろします。 C 鈴木ジュリエッタ/白泉社・神様はじめました製作委員会2015 一見、ハッピーエンドのようですが、土地神を返上してミカゲ社を出るなど少し寂しい印象をアニメ版では与えています。 しかし、単行本での最終巻では、10年後に巴衛とともにミカゲ社に戻る様子まで描かれていますので、アニメ版ではちょっと寂しい部分もありますが、原作ではホッとさせてくれます。 巴衛と奈々生はお互いを大切に思っているにも関わらず、なかなか恋愛に発展しないところが切なくてもどかしい部分もありましたが、最終回(OVA)を見終えるとスッキリできる作品ですよ。

次の

神様はじめましたアニメ・OVAを見る順番は?無料視聴の方法も解説

神様 はじめ まし た ova

この作品の主題歌については「」をご覧ください。 『』()にて6号から20号まで連載された。 単行本は全25巻が刊行されている。 10月から12月までが放送。 2014年8月にテレビアニメ第2期が発表され、2015年1月より3月まで放送された。 2015年3月21日から29日まで東京芸術劇場プレイハウスにて舞台が公演。 あらすじ 桃園奈々生はギャンブル好きの父親が借金を残したまま蒸発し、取り立て人に家を追い出され、途方に暮れていた。 そんなとき、犬に追われている優男 ミカゲを助けたことをきっかけに、互いに打ち解ける。 ミカゲは「家を譲る」と言い残して立ち去り、奈々生は半信半疑のまま教えられた場所に行くと、そこは廃れたが存在し、神使の 巴衛、鬼火童子の 鬼切・ 虎徹が住んでいた。 ミカゲは神社のであり、奈々生は神社を家として与えられたと共に、ミカゲが20年以上放棄していた土地神の責務も譲渡されたのであった。 こうして神使達との共同生活を始めて、当初は冷たい態度を示す巴衛と反発しあっていた菜々生であったが、彼の忠誠心や性格を知るうちに恋をするようになっていく。 一方で、奈々生は巴衛に助けられながら任務をこなし、様々な神との出会や困難に立ち向かい、神様として成長していく。 登場キャラクター 「声」はテレビアニメの、「演」は舞台の配役(2人以上いる場合はWキャスト)。 活発で陽気な少女。 宇治上高校2年生。 幼い頃に母親とは死別し、その後、博打好きの父親が借金を残したまま蒸発し、家を借金のカタに取り上げられてホームレス状態になるが、途方に暮れているときにミカゲと出会う。 その後、巴衛との出会いを経て普通の女子高生としての生活を続ける傍ら、としての生活を始めた。 ミカゲから預かることとなったミカゲ社は縁結びの神社であり、奈々生自身も主に縁結びとに神力を発揮するものの、その腕はまだ未熟。 出会った当初は、巴衛の傍若無人な振る舞いにより衝突することも多かったが、彼の時折見せる優しさに触れ、次第に惹かれていく。 その後、告白するもあっさり失恋してしまうが、それでも一途に巴衛を思い続けている。 巴衛が雪路に飲ませた龍王の右目(後述)が奈々生に受け継がれたのは、彼女が雪路の遠い子孫であるため。 護(まもる) 声 - (式神時)、(人型時) 子猿の姿をした奈々生ので、彼女の神としての能力を補助する存在。 人間の子供の姿を取ることもできるが、奈々生の神力を発揮するには子猿の姿になる必要があるらしい。 もともとは。 でつっけんどん。 が好物。 元は先代の土地神であるミカゲに仕える神使であり、彼が家出してからは留守を預かっていた。 奈々生がミカゲ社の新しい土地神となってからは、彼女の神使となる。 口が悪く喧嘩腰のときも多いが、奈々生の神使となった際に荒れていた寝所を彼女が寝ている間に整えたりするなど、さりげない優しさも持ち合わせている。 また、炊事や洗濯などの家事全般もそつなくこなす。 500年以上前の当時は悪羅王と共に非道の限りを尽くしていたが、人間の女性・雪路(過去に行った奈々生)と恋に落ち、本物の雪路の病を癒すためにから右目を奪った。 人間になろうとして神落ちと契約するが、人間になれなかったうえに雪路が死んだため(奈々生の時廻りの香炉の時間切れのため)、契約違反の代償として死に至る呪いを身に刻まれた。 死に場所を求めて彷徨っているところをミカゲに保護され、忘却の術で雪路の記憶と死に至る呪いを封じられた。 その後、ミカゲに代用として起用された当初は、触れられることさえ嫌うほどの極度の人間嫌いだったが、神使として過ごすうちに和らいでいった模様。 また、神使となった際にはそれまで長かった髪を短く切った。 奈々生が鳴神姫に土地神の印を奪われた際には野狐に戻るが、奈々生が幼児化した自分を元の姿に戻したことに感謝し、神使の再契約を行った。 また、奈々生がの国に落ちた際にも内での小槌で野狐に戻るが、奈々生のことをずっと考えていることに気付き、彼女への好意を自覚した。 なお、奈々生の過去に行った際には幼い彼女に求婚している。 奈々生が瑞希に婚姻の印を付けられたことがきっかけとなり、奈々生の護衛として「 御景巴衛(みかげ ともえ)」という名で奈々生のクラスに転入する。 それ以降、人間として振る舞う際には、「変化の術」で耳としっぽを隠している。 雪路のことを思い出した際、封じられていた呪いが再び発現したために瀕死となっていたが、奈々生の奮闘により呪いは無効化された。 奈々生の通う学校に転入し、彼女から土地神の印を奪って土地神になろうとしたこともあった。 紆余曲折を経た後、奈々生に対して好意的になる。 ぶっ飛んだ性格だが、その内に優しい一面もある。 本名は真寿郎。 ダム湖に沈み、がいなくなったヨノモリ社を護持していた。 本来の姿は。 奈々生を拉致してヨノモリ社の新しい祭神に仕立て上げようとしたり、時廻りの香炉を使って奈々生に巴衛の過去を見せたりもしたが、現在は奈々生の神使としてミカゲ社に住んでいる。 身寄りと家を失った奈々生に自分の住まいである神社を与えたが、その代償として土地神の職務も譲る。 土地神でありながら、狛犬さえも受け付けない犬嫌いであるため、野狐の巴衛を狛犬の代用としていた。 のお面を常に着けている。 のお面を常に着けている。 妖怪 沼皇女(ぬまの ひめみこ)、姫美子 声 - ミカゲの代からミカゲ社に縁がある「多々良沼の主(たたらぬまのぬし)」である高等妖怪。 元はの化身。 人間時は姫美子と呼ばれる。 奈々生が小太郎との縁を結び直したことから、友神として今も友好関係にある。 歯をガチッとならして返事する癖がある。 小太郎と2人でいるところを竜鯉錦に襲われた際、小太郎との仲が一時決裂して錦の求婚を受け入れたが、現在は正体を明かしたうえで小太郎と両思いとなり、デートを重ねている。 青竹(あおたけ) 声 - 沼皇女の側近。 気が短く、気に入らないことがあるとすぐに刀を振り回す癖がある。 竜鯉錦(りょうり にしき) 犬鳴沼の皇子。 上に立つ者として、幼い頃よりを教え込まれたため、尊大な態度の持ち主だったが、奈々生と接するうちに性格が丸くなった。 将来は沼皇女と結婚すると幼い頃より教えられて育ち、求婚していたが、結婚式の最中に小太郎が乱入したことで、破談となった。 不知火(しらぬい) 錦の養育係。 犬鳴沼で錦の次に偉い。 瓦魔子(がまこ) 犬鳴き沼の岩場の管理人で、元の姿は老。 不知火の命令で、奈々生の身体を乗っ取り、結婚式が終わるまで土地神を務める予定だったが、式が途中で中止となったため、巴衛とともに陸へ逃走しようとした。 しかし、それを巴衛に見破られ、半ば逃げるような形で奈々生の身体から出て行った。 ・宿儺(りゅうおう すくな) 声 - に住む高等妖怪。 お共に2個体の、家来に妖怪がいる。 かつて、巴衛に右目を盗られたことから巴衛を恨み、貝の中に巴衛を閉じ込めるも失敗。 この右目は、雪路の体内に入れられ、奈々生に受け継がれていた。 奈々生の体内から取り出された右目は削れてパチンコ玉のように小さくなっていたうえ、干からびてしまっていた。 紆余曲折を経て、今は奈々生たちと友好的になっている。 (かめひめ) 声 - 龍王の奥方。 龍王にとっては頭の上がらない存在で、怒るととてつもなく恐ろしい。 裁縫が得意で、刺繍の腕はなかなかのもの。 夜鳥(やとり) 声 - 、(ドラマCD) 悪羅王に仕えていた下等妖怪の 毛玉(けだま)が、人間の 助六(すけろく)の体内へ入り込んだことで生まれた高等妖怪。 現代では霧仁に仕えている。 霧仁と黄泉入りした際に塵化しなかったため、高等妖怪だと判明した。 狡猾な性格と口調で立ち回る。 (いそひめ) 声 - いたるところでインチキ商売をする妖怪。 の両目を持ち、土地神である奈々生の魂を奪おうとしたが、瑞希に阻止される。 俊足の持ち主。 「土地神の肉を食べたら千年は長生きできるかも…」と思い、奈々生を食べようとしたが、巴衛に阻止される。 水玉(みずたま) 声 - の妖で、妖の世界におけるの遊女。 600年前に水玉が遊女見習いをしていた店が悪羅王に襲撃され、命からがら店から逃げ出した際、遅れて来た巴衛と店の前で出会い、見逃してもらった借りがある。 その後、500年以上経ってから巴衛と再会した。 現在勤めている店では巴衛は馴染み客である。 現在は老婆だが、客の相手をする際は妖術で若い姿になる。 巴衛に好意を持っている。 天に社を持つ神。 自分に仕える狛犬の扱いが荒く、何回も代替りさせているため「狛犬潰し」と呼ばれている。 前々から巴衛を欲しがっていながらミカゲに断られており、最近になって奈々生がミカゲ社を引き継いだことを知って巴衛を打出の小槌で幼児化させ奈々生から土地神の印を奪う。 しかし奈々生と巴衛の絆に気付き、奈々生に印を返して神社を後にした。 鳴神姫の社に憑いている狛犬の 小竹と 小梅を従えている。 乙比古(おとひこ) 声 -。 夢の中で奈々生を神としてふさわしいか判定したことがあり、奈々生の成績に「目が潰れちゃう! 」と嘆いた。 見た目は男だが心は女で、女には興味がない。 奈々生からは「おじさんおばさんおじさん」と呼ばれるが、本人はその呼び方を嫌っている。 500年以上前に悪羅王と巴衛を討伐の際には、巴衛を斬りつけたことがあったが、取り逃がした。 現代では、黄泉の入口である(よもつひらさか)で巴衛と戦った際には頭を割られて負けているが、麻毛理神(まもりのがみ)所有の万能薬である桃丹で治癒した。 血の気が多いのと歌が下手なのが欠点。 風紀委員を務めている。 (おおくにぬし) 声 - のであり、神議り(かむはかり)の主宰でもある。 美形で。 黄泉国(よみのくに)の黄泉津大神(よもつおおかみ)・の孫。 鞍馬山 真寿郎(しんじゅろう) 声 - 鞍馬の本名。 僧正坊の息子。 を参照。 牡丹丸(ぼたんまる) 声 - 、(ドラマCD) の小天狗。 同い年の天狗よりも少し成長が遅いためにまだ飛べず、かつて同じ境遇だった真寿郎に強い憧れを抱いている。 可愛らしい外見とは裏腹に、芯の通った強い心の持ち主。 瘴気に覆われた御山を救うために掟を破って下界へ飛び出し、真寿郎を探していたところ、奈々生に助けられる。 翠郎(すいろう) 声 - 、(ドラマCD) 鞍馬を育てた兄。 優しい心と美しい外見の持ち主。 女人の扱いに慣れていないため、奈々生の目を見て話せない。 17年前、真寿郎を庇って雷獣の雷に打たれたことで翼を失い、飛べなくなってしまったが、彼のことは恨んでいない。 今は天狗の里の離れで暮らしており、17年振りに御山へ帰還した真寿郎を優しく迎え入れた。 二郎(じろう) 声 - 、(少年時代) 自分にも他者にも厳格で、強さを第一に求める天狗。 逞しい身体の持ち主。 夜鳥に半ばそそのかされる形で天狗の里の次期頭領を狙っていたが、紆余曲折の末に改心した。 奈々生にはその最中に一目惚れしており、彼女が雷獣に襲われそうになった際には身を挺して助けたことで大怪我を負ったが、奈々生が持っていた桃丹のおかげで全快した。 僧正坊(そうじょうぼう) 声 - 、(ドラマCD) 鞍馬の父であり、天狗里である鞍馬山を治める長。 里の天狗全員を「家族」と呼んでおり、父親的存在として寛容な心で全てを受け入れている。 その立場から、実子の真寿郎とはあえて一線を引いていたが、彼のことは本当に気遣っていた。 夜鳥に騙され、真寿郎から預かってきたと渡された偽の文と羽根を受け取って涙した際、夜鳥に魂を抜かれて石化したことで鞍馬山は瘴気に包まれてしまうが、奈々生たちの奮闘のおかげで元に戻ることができた。 黄泉国(よみのくに) 声 - 黄泉国の黄泉津大神(よもつおおかみ)。 実体は目に見える形で残っていないので、会う者の心の中にある人物の姿を借りて現れる。 奈々生と霧仁が黄泉国へ行った際は香夜子の姿を借りて現れた(アニメ版で登場した際は顔は御簾で隠れて描かれた)。 再び、奈々生らが黄泉国へ行った際には、あみの姿を借りていた。 緋王(ひおう) イザナミ付神使。 語尾に「にゃん」を使う。 イザナミの神殿から奈々生と霧仁が逃げた際には、イザナミの命令で二人を捕らえようと黄泉の森に火を放ったが、奈々生を助けに来た巴衛に阻まれ失敗。 人間 毛利霧仁(もうり きりひと) 声 - 元の霧仁 声 - 雪崩に巻き込まれて死亡したことで精神体となり、成仏する前に悪羅王の魂に出会う。 心残りであった母への謝罪の言葉を伝えてもらうため、悪羅王に身体を譲った。 今の霧仁と違い、見るからに好青年。 今の霧仁 現在は黄泉にある自分(悪羅王)の身体を取り戻すために黄泉に入るも失敗したが、諦めていない。 菊一と 紋次郎という2人の式神を従えている。 奈々生とは度々遭遇し、人神である彼女を利用する。 死者の身体に憑依しているため、無理が祟って度々体調が悪化していたが、奈々生から精気をかなり吸い取ってからは体調が良い。 奈々生の人柄にふれるうち、異性として気になりかけている。 柊香夜子(ひいらぎ かやこ) 京都で現人神と呼ばれている少女であるが、実は性格が悪い。 出雲で行われる神々の会議に出席するのにふさわしいのはどちらか、という名目で奈々生と勝負を行った。 霧仁の身体の中に人外の何者かの魂が入っていることを承知の上で、彼のことが好き。 霧仁の中身が何者かなのかは知らず、元の霧仁とは面識がない。 奈々生とは紆余曲折の末、友人になった。 裏嶋小太郎(うらしま こたろう) 声 - 沼皇女の恋人。 普通の人間だが幼い頃、沼皇女に見初められた。 奈々生が沼皇女に協力し、沼皇女と交際するようになった。 パズルキューブ()が得意で、そればかりやっている傾向にある。 パズルキューブをやっている間は精神が安定する。 性格や容姿は目立たないタイプ。 猫田あみ(ねこた あみ) 声 - 奈々生のクラスメイト。 多少の霊感があり、無意識だが妖怪の気配も感じとることができる。 妖怪に襲われかけたところをKURAMAに助けられて以来、彼に好意を持つ。 当初はケイと2人で仲良しだったが、今では奈々生とケイとの3人で仲良し。 上島ケイ(うえしま ケイ) 声 - 奈々生のクラスメイト。 男運が悪く、彼氏ができては別れるを繰り返している。 当初はあみと2人で仲良しだったが、今では奈々生とあみとの3人で仲良し。 強引な性格だが、友達思いな一面も持ち合わせている。 磯辺(いそべ) 声 - 奈々生のクラスメイト。 奈々生のことを「生活苦」と呼び、事あるごとにからかってくる。 小比類巻(こひるいまき) 声 - 合コンに来たメンバーの1人。 言葉尻の後に舌を出して笑う癖がある。 空気を読めない軽薄な性格で、論点のずれた発言をする。 奈々生と2人きりになった時に迫るが、間一髪のところで巴衛に阻止される。 奈々生が過去で出会った人物 雪路(ゆきじ) 声 - 奈々生が巴衛の過去に行った際に出会った人間の女性。 戦国大名と結婚し、柊という女の赤ちゃんを出産後まもなく、短命の一族であったために病で死去し、夫も悪羅王に殺されてしまう。 巴衛と深い関わりがあることが示唆されており、実は奈々生の先祖である。 柊 雪路が出産した女児。 この人物の子供が結婚し、奈々生の代までつながったとミカゲが発言している。 夜ノ森 水波姫(ヨノモリ ミツハノヒメ) 声 - ヨノモリ社の女神。 奈々生が過去で出会った際はまだ駆け出し女神だった。 後に、瑞希の主となった。 巴衛 悪の限りを尽くしていたが、重傷を負ったところを未来から来た奈々生に救われ、彼女に恋心を抱く。 しかし、奈々生が正体を隠していたため、雪路に助けられたことになっている。 その後、都へ行く途中だった本物の雪路を助ける。 悪羅王(あくらおう) 声 - 大昔、見境なく暴れまわっていた不死身の鬼の高等妖怪。 大昔は巴衛と兄弟分の仲だった。 現代では、死者となった霧仁の身体に憑依した。 奈々生が過去へ行った際、都を静かに見物するという名目で一日だけ奈々生と行動を共にしたことがある(その時は奈々生は霧仁の中身が悪羅王だとは知らなかった)。 助六 声 - 奈々生が過去に行った際に奈々生を妖怪だと勘違いし、拘束した一味の一人。 その一味を抜けてからは雪路の養父の家に仕えたり、それから数年後はどこにも仕えず、自由に行動していた。 周囲の人々からは助(すけ)と呼ばれ、語尾に「ス」をつけて話していた。 後に夜鳥となった。 を参照。 黒麿 声 - 巴と契約した神落ち。 用語 夜切車 ミカゲの愛車。 闇を切って進むが、その性質上、夜しか動かない。 時廻りの香炉 香をかぐことで過去に行くことができる。 行く場所と時間も詳細に設定できる。 魂だけを過去へ飛ばす場合と実体のまま過去へ飛ばす場合に分けられる。 前者の場合は、他者の体を借りることになり、後者の場合は、実体に負担がかかるため長時間はもたない。 いつも瑞希が持ち歩いている。 書誌情報 単行本• 2013年8月20日発売の第16巻オリジナルアニメDVD付き初回限定版は6月24日まで受付の完全受注生産である。 巻数 発売日 ISBNコード 10桁 ISBNコード 13桁 備考 1 2008年9月19日 2 2009年1月19日 3 2009年5月19日 4 2009年9月18日 5 2010年1月19日 6 2010年5月19日 7 2010年9月17日 8 2010年12月17日 9 2011年5月19日 10 2011年9月20日 11 2012年1月20日 12 2012年4月20日 13 2012年9月20日 ドラマCD付き 初回限定版 13. 5 公式ファンブック 14 2012年10月19日 15 2013年2月20日 16 2013年8月20日 オリジナルアニメDVD付初回限定版 17 2014年1月20日 18 2014年5月20日 19 2014年9月19日 20 2014年12月19日 21 2015年4月20日 巴衛と瑞希のお月見ラバーストラップ2個付き特装版 22 2015年8月20日 オリジナルアニメDVD付限定版 23 2015年12月18日 オリジナルアニメDVD付限定版 24 2016年4月20日 オリジナルアニメDVD付限定版 25 2016年8月19日 オリジナルアニメDVD付限定版 25. 5 2016年12月20日 公式ファンブック 公式ファンブック アニメDVD同梱版 小説• はるか・ 著『小説 神様はじめました 鞍馬山夜話』 白泉社〈花とゆめCOMICSスペシャル花とゆめノベルズ〉、全1巻• 2015年2月20日発売 TVアニメ ファンブック• 『TVアニメ神様はじめました スペシャルファンブック〜ミカゲ社豊作絵巻〜』〈ぽにきゃんBOOKS〉、全1巻• 2013年6月20日発売• 『TVアニメ神様はじめました スペシャルファンブック〜ミカゲ社満開絵巻〜』ポニーキャニオン〈ぽにきゃんBOOKS〉、全1巻• 2015年6月24日発売 テレビアニメ 2012年10月から12月まで、ほかにて放送された。 が講釈師としてナレーションを務める。 また、「はじめました」つながりで・のがCMに出演した。 2013年8月20日発売の単行本第16巻オリジナルアニメDVD付き初回限定版(完全受注生産)にOVAが付属された。 スタッフ・キャスト・主題歌はテレビアニメ版と同様である。 単行本第22巻(2015年8月発売)から4巻連続(最終巻となる25巻まで)で、オリジナルアニメDVD付き初回限定版に『 神様はじめました 〜過去編〜』が収録。 が舞台のモデルとされている。 スタッフ• 原作 - (「」連載)• 監督 -• キャラクターデザイン・総作画監督 -• 美術監督 - 青井孝• 色彩設計 -• 撮影監督 - 佐々木明美• 編集 - 藤田育代• 音楽 -• 音響監督 -• 音響効果 -• アニメーションプロデューサー - 石山桂一• 毎週水曜配信。 パーソナリティは(巴衛 役)、(瑞希 役)。 ゲスト• 第4回(2012年10月10日) - (原作者)• プレ放送が2014年12月12日、12月26日に配信。 本放送は2015年1月9日より開始、毎週金曜更新。 パーソナリティは立花慎之介(巴衛 役)、(護 役)。 パーソナリティは立花慎之介(巴衛 役)、岸尾だいすけ(鞍馬 役)。 5月22日に終了。 ゲスト• 第2回(2015年1月16日) - (乙比古 役)• 第10回(2015年3月13日) - (巴衛 役)、(鞍馬 役)• 第13回(2015年4月3日) - (桃園奈々生 役)• 第17回(2015年5月22日) - 山下大輝(護 役) ゲーム• 『 』に参加しており、2013年3月に巴衛、2013年5月に瑞希、2013年8月に鞍馬が配信された。 『 神様はじめました〜ドキドキあやかしLOVE〜』は、2013年7月よりから配信中のゲーム。 2015年9月サービス終了。 ノベル型恋愛ゲームで、奈々生に代わってプレイヤー自身が主人公、妖の巴衛・瑞希・鞍馬が攻略対象となっている。 テレビアニメ版のキャラクターデザイン・総作画監督を務めた山中純子が、本作のために描き下ろしたスチルを多数収録。 TVアニメ同様の声優による録り下ろしボイスも収録されている。 全13公演。 脚本・演出は。 単行本第2巻までの舞台化であり、巴衛が奈々生の神使になるまでを描く。 主なキャストは、を参照。 スタッフ(舞台第1作)• 原作 - (「」連載)• 脚本・演出 -• プロデューサー - 千葉英樹、吉松枝里• キャスティング - 忍足晃則• 企画協力 - 久良知舞、西田見和子、林郁美• 音楽 - 、• 舞台監督 - 杣谷昌洋• 技術監督 - 寅川英司• 照明 - 島田昌明• 映像 - 清水隆司• 音響 - TAISHI• 美術 - 青木拓也• 小道具 - 畠山直子• 衣装 - ふくすけ• ヘアメイク - 松前詠美子• 殺陣 - 横山一敏• 振付 - 平山由延• 制作 - 田井利可子• 宣伝写真 - 渡辺慎一• ビジュアルデザイン - 佐々木和徳• コラボ企画など アニメ第2期の放送に合わせ、2015年2月14日から5月31日までの予定で1編成をヘッドマークやラッピングを施した特別編成で運行する。 アニメ第2期の放送終了に合わせ、2015年4月1日から5月10日までの予定でオリジナルグッズ販売、原画展示、フォトスポットなどが開催されていた。 脚注 注釈• アニメイトTV. 2014年9月28日閲覧。 『』2015年1号、、2014年12月5日。 県政ニュース. 埼玉県. 2013年12月7日時点のよりアーカイブ。 2012年11月5日閲覧。 コミックナタリー. 2012年9月5日閲覧。 コミックナタリー. 2013年9月5日閲覧。 コミックナタリー. 2014年1月20日閲覧。 4gamer. net. 2013年7月18日. 2016年3月17日閲覧。 シアターガイド. 2014年12月9日. 2014年12月10日閲覧。 「神様はじめました THE MUSICAL」台本決定稿(劇場配布グッズ)• 叡山電車. 叡山電鉄 2015年2月5日. 2015年3月16日時点のよりアーカイブ。 2015年9月19日閲覧。 東映太秦映画村. 2015年4月27日時点のよりアーカイブ。 2015年4月21日閲覧。 外部リンク• mikagesha -• - (2015年9月9日アーカイブ分)• - (2016年10月3日アーカイブ分)• - プレイリスト 前番組 番組名 次番組• (1995年)• (1996年 - 1998年)• (1998年)• シリーズ(1998年、2014年)• (1998年 - 現在)• シリーズ(1999年、2004年)• (1999年 - 2000年)• (2000年)• 美少女生活(2001年 - 2002年)• (2001年)• (2002年、第5話まで)• (2004年 - 2005年)• シリーズ(2005年 - 2006年、2008年、2010年)• (2006年)• (2009年)• (2009年 - 2011年)• (2010年、第4話)• (2012年)• シリーズ(2012年、2015年)• シリーズ(2013年、2015年)• (2016年)• シリーズ(2016年 - 2018年)• (2019年、第1話)• (2019年) OVA.

次の