かいわれ 大根 栽培。 ダイコン(大根)の栽培方法・育て方のコツ

かいわれ大根の栽培記録 | お腹がブログを書いている

かいわれ 大根 栽培

夏休みが始まったそうですね。 学生以外には辛いワードになってしまいますね。 夏休みといえば夏休みの宿題。 夏休みの宿題といえば植物の観察日記ですね。 学生に負けぬよう農園を充実させていきたいと思いますよ。 インコ農園の栽培シリーズ一覧はこちらです。 赤リーフレタス かいわれ大根栽培日記 種植え そんなわけで前から買い置きされていたかいわれ大根の栽培も始めたいと思います。 こちらがそのかいわれ大根です。 10日ぐらいで収穫できるそうです。 豆苗みたいですね。 ニュージーランド産です。 15%は発芽しないんですね。 プランターはこれでいきます。 おかしの箱ですね。 ペットボトルの底部分とかでも大丈夫なのでこれでも大丈夫でしょう。 こちらがキッチンペーパーです。 これが土の変わりです。 これでプランターの出来上がり。 てきとうな感じがでてますね。 すいませんね。 これがかいわれ大根のタネです。 皮がペリッと剥けたりします。 これでだいたい半分ぐらい。 全部だと多いので半分にしときましょう。 パラパラっと。 ホントはもっといい感じに撒いたんですよ。 でも動かしたらゴロゴロと転がってこんな感じになったんですよ。 あとは霧吹きで水をやって暗くしておけば完了です。

次の

かいわれ大根の育て方で気を付ける5つのこと

かいわれ 大根 栽培

大根は地中海沿岸が原産の根菜で、日本では生産量・消費量ともに世界のトップであるほど親しまれています。 スーパーマーケットでも必ずおいてある、定番野菜です。 地中海原産ですから難しい感じがするかもしれませんが、日本の気候でも問題なく栽培ができる野菜なのです。 大根は一般的に冷涼な気候を好む暑さには弱い野菜になるのですが、種類を選べば日本では ほぼ一年中栽培ができます。 また、大根を栽培すると間引き菜や、大根葉を食べることができるので、普段では味わえない大根の魅力を再発見できるのです。 初心者でも失敗しない大根の栽培方法を紹介していきます。 成功する方法とコツを分かりやすく伝えますので、是非チャレンジしてみてください。 もくじ• この際、石やゴミを取り除いて40cmほどの深さによく耕し、やわらかい畑を作ります。 種をまく直前に幅60cm、高さ10センチの畝を作り表面を整えましょう。 種まきの時期は 8月末~9月上旬がおすすめ 主な種類は青首大根で、おすすめの8月末~9月上旬にまく秋まきでは次の3つの種類が適しています。 耐病総太り• YRくらま• 献夏37号 春まきは3月末~4月下旬、秋まきは8月末~9月下旬です。 最初は、 秋まきで始めるのがおすすめです。 なぜ秋まきが良いかというと、大根は暑さが苦手という点にあります。 また寒い時期が収穫になるので、煮物などおいしい料理の幅も広いです。 種まき 種は畝に株間30cmでくぼみをつけておき、1か所に5粒程度の点まきをしていきます。 種まき後は、土をかぶせて軽くおさえておきましょう。 種まき後の空袋は、収穫時期を知るためにとっておくと便利です。 おおよその収穫時期が書いてあるので、だいたいの時期が分かります。 種をまいた日付を記入しておくと良いでしょう。 水やりの量とタイミング 種まき直後から発芽するまでは、たっぷりと水をやります。 土が乾燥しないように水やりをするのがコツです。 発芽してからは、土が乾いてきたらたっぷり水をあげましょう。 水が不足すると大根が辛くなってしまいます。 トマトなどと違って水を控えれば甘くなることはありません。 間引き・土寄せ(1回目)~苗を3本に厳選する~ 種まきから約7日で発芽して本葉が1~2枚になると、最初の間引きをします。 なるべく元気な苗を3本残し、残りは引いてしまうのです。 間引いた後は、指で軽く土を寄せておきます。 (倒れにくくしておきます) おでん大根を栽培して成功させよう 大根の種類で面白い名前のものがあります。 おでん大根という名前の通り、おでん用の種類なのです。 秋まきで初心者向けな上、収穫時期におでんの具材として楽しめるので面白いと思います。 おいしく食べるところまでいって成功といえるのです。 栽培のしやすさはもちろん、使用する料理で種類を選んでみるのもモチベーションが上がって楽しくなってしまいます。 栽培記録をつける 大根の栽培は決して難しくはないのですが、手順がいくつかあります。 畑作りから種まき、そして間引きや追肥から収穫まであるのです。 一つ一つの手順を記した日付を栽培記録として書いておくと、失敗はまずありません。 次にどの手順がくるのか計画も立てやすい上、忘れることもなくなります。 春大根に挑戦する場合の注意点 春まきに適した種類の種として有名なのは、次の3つの種類になります。 おはる• おしん• 天宝 同じ大根の種のような気がしますが秋まきの種を残しておいて使うよりも、その 時期に合った種をまくと育てやすいです。 秋まきの残りの種を使用する事が向かない理由として、「とう立ち」してうまく育たなくなってしまいます。 きちんと春まきに適した種をまくと上手に育てられるのでしっかり選んでみましょう。 ミニ大根であれば、プランターで栽培することも可能です。 お家に畑がなかったり、広い庭がなくてもプランターを使ったミニ大根の家庭菜園が楽しめます。 使用するプランターはできるだけ深めの物を用意してください。 深さが40cmあればミニ大根を栽培することができます。 このとき畑で栽培するような 大きな種類は難しいので、しっかりと小さな種類の種を選ぶようにしてください。 次に、小さなミニ大根でプランター栽培に適した種類を紹介します。 ビタミン大根 ビタミン大根は、あまり根っこが下へ伸びないタイプのミニ大根になります。 あまり地中へ伸びず太陽に当たる部分が多いため、見た感じが緑色っぽい大根です。 その緑色の見た目と豊富な栄養からビタミン大根という名前になりました。 育て方は、他の大根と同じで初心者でも簡単です。 大根栽培のまとめ.

次の

かいわれ大根の育て方で気を付ける5つのこと

かいわれ 大根 栽培

かいわれ大根の育て方解説!6つの栽培のコツとステップ 1)かいわれ大根の紹介 (1)かいわれ大根とは かいわれ大根とは、名前の通り大根の発芽直後のものでシャキシャキとした食感とピリッとした辛味が持ち味の発芽野菜です。 最近ではかいわれ大根のようなスプラウト(発芽野菜)が、ミネラル、ビタミンが豊富に含まれることからガンの予防にも効果があると 言われています。 栽培期間も短く、土や広い場所も不要で室内で簡単に管理できます。 (2)科目・原産地 アブラナ科で、原産地は地中海沿岸、中央アジア。 (3)草丈 10~12cm (4)名前の由来 双葉の状態が2枚貝が開いた姿に似ている事から名付けられました。 (5)栽培の難易度・栽培適温 育て方はとても簡単で自分で栽培する人が増えていて、初心者でも失敗は少ないでしょう。 20度前後が栽培適温になります。 (6)簡単な効能 ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれており、抗酸化力にも優れています。 ビタミンを多く含むことから、老化防止に優れ、アンチエイジング効果の高い野菜です。 2)かいわれ大根の2つの種類と特徴 (1)ルビーかいわれ大根 茎の部分が赤みを帯びた感じになるのが特徴。 栄養価は通常のかいわれ大根と同じです。 (2)サンゴかいわれ大根 全体的に紫色になるのが特徴。 ホームセンターではなかなか販売していないのでネット通販で探すと良いでしょう。 3)かいわれ大根を育てるのに用意するグッズ (1)スプラウト専用の水耕容器 スプラウト専用の水耕容器を使用すると、種床が不要でとても衛生的です。 キッチンペーパーなど紙で種床を敷く必要が ないので便利です。 使う場合は、発芽して根が伸びるまでの間、水位が下がって種が乾燥しないように注意しましょう。 園芸店などで購入できます。 (2)脱脂綿やキッチンペーパー かいわれ大根は自宅にある物でも簡単に栽培できるのが特徴です。 トレイを用意し、水に浸した脱脂綿やキッチンペーパーを 種床にできます。 栽培中のカビの発生には注意が必要です。 ホームセンターや100円ショップなどで購入できます。 4)かいわれ大根の4つの栽培ステップ・スケジュール 今回は、キッチンペーパーなどを使った方法をご紹介します。 (1)種まき 容器の底にスポンジやキッチンペーパーを敷き、しっかり濡れるまで水を入れ、その上に重ならないように種をまきます。 (2)発芽 暗い場所に置き、種子がしっとりと濡れるまで霧吹きなどで水をかけましょう。 根が張った後は、直接容器に水を注ぎましょう。 毎日水は取り替えます。 (3)日光に当てる 5~6cmに伸びたら、日当たりのよい場所に移動し、日光を当てて緑化させましょう。 日光を当てることで栄養価がアップします。 (4)収穫 1週間~10日ほどで収穫できます。 葉が緑色になったらハサミなどで切り取り、種皮は取り除きましょう。 5)かいわれ大根を効果的に育てる6つのコツ (1)日常手入れのコツ 梅雨時や夏の湿気の多い時期は、使っている栽培容器にカビが生える可能性があります。 こまめにチェックすることで防げます。 その時期に栽培を始める場合には注意が必要です。 (2)日当たり・置き場のコツ 基本的に日陰でも問題なく成長し収穫できます。 暗い場所で初期成長を促し茎を伸ばすので、5~6cmになるまでは光に当てないようにしましょう。 5~6cmになったら日当たりの良い窓際に置き、日光に当てて緑化させます。 日光の当てすぎは葉焼けの原因になるので注意しましょう。 (3)水やりのコツ 水耕栽培のため水やりは必要ありませんが、スポンジや脱脂綿が乾燥しないように常に湿っている状態にしましょう。 (4)増やし方のコツ 栽培後は全て食用になるので、種の分しか栽培はできません。 蒔いた種が全て発芽するわけではないので 発芽率の良い種を購入すると良いでしょう。 (5)虫対策・健康的に育てるコツ 栽培期間が短いので害虫や病気にかかることはありません。 栽培中、使用しているコットンやスポンジや根の集中している部分にカビが発生することがあります。 カビが発生しやすい時期に栽培する場合は、霧吹きだけでなくたまに流水につけましょう。 (6)収穫のコツ 収穫は使う分だけ収穫して、茎などについた種皮は水で洗い落としましょう。 6)かいわれ大根の収穫後の効果的な用途とは (1)色々な料理に かいわれ大根は調理しなくても添えるだけで彩が豊かになります。 野菜炒めの上に散らしたり、サラダにまぜたり するとピリッとした辛味がアクセントになりますよ。 色々な料理に使ってみて下さい! (2)栄養満点 かいわれ大根の栄養価はとても高く、様々な場所で高い評価を得ています。 低カロリーなのに酵素が豊富で、 ビタミンやミネラル、フィトケミカルもたくさん入っています。 これらは消化促進や疲労回復などに効果がある上、 美肌効果もあるので女性には特におすすめの野菜です。 7)かいわれ大根を保存する2つのポイント (1)野菜室で保存 かいわれ大根などにスプラウトは冷蔵庫の野菜室で保存します。 根本が乾燥しないように注意し2.3日以内で 使いきりましょう。 (2)乾燥に注意 根本をカットしたものは、カットした部分が乾燥しないようにラップで包んで野菜室で保存しましょう。 8)かいわれ大根を育てる魅力とは (1)睡眠ホルモン かいわれ大根にも含まれる「メラトニン」は、別名「睡眠ホルモン」と呼ばれています。 かいわれ大根にも豊富に含まれているので、最近眠りが浅いな・・という方にはお勧めです! (2)ヘルシーなのに嬉しい効果 かいわれ大根のカロリーは100グラムで21キロカロリーと、とってもヘルシー。 お安く手に入り、自宅でも手軽に栽培できるのに美容や健康効果がたくさんあるとっても優秀な野菜なんです。 ガンの予防やアンチエイジングなどなど期待できる効果も盛りだくさんなので、是非毎日の食卓に取り入れてみてはいかがでしょう。 今回のまとめ 1)かいわれ大根の紹介 2)かいわれ大根の2つの種類と特徴 3)かいわれ大根を育てるのに用意するグッズ 4)かいわれ大根の4つの栽培ステップ・スケジュール 5)かいわれ大根を効果的に育てる6つのコツ 6)かいわれ大根の収穫後の効果的な用途とは 7)かいわれ大根を保存する場合の2つのポイント 8)かいわれ大根を育てる魅力とは.

次の