エネオス パス。 「スピードパスプラスからエネオスnanacoへ🔑⛽️」pikamatsuのブログ | pikamatsu のページ♪

スピードパスからエネキーへの切り替え方法!その後は使えなくなる?利点はあるの?

エネオス パス

管理人はパソコンからでしたので、メールアドレスを入力する方法を選択し、ヤフーメールで登録しました。 メールアドレスを入力したら『メールアドレス登録』をクリックします。 ちなみにスピードパス番号はスピードパス本体に記載されていますが、とても小さくて薄いので老眼の管理人にはほぼ判読不可能でした。 子供に見てもらってようやく判読できましたが、スマホで写真を撮るとハッキリ見えることがわかりました。 申込書番号XXXXXXXXXX』というページに切り替わります。 スポンサーリンク EneKey自体は7月から順次発送されるようなので、実際に使えるのは7月になってからということになります。 そして管理人が考えるEneKeyの最大のメリットは… EneKeyさえあれば、クレジットカードや現金が無くてもガソリンが入れられる ということに尽きます。 EneKeyはキーホルダー型なので、車の鍵と一緒にしておけば忘れることもありませんし、鍵を無くさない限り無くすこともありませんね。 Enekey(エネキー)の使い方 スピードパスからEnekey(エネキー)への切り替え申請をしてから2週間、ようやくEnekeyが届きました。 クレジットカードと連携しているため、簡易書留の封筒に入った状態で郵便局が来て、印鑑を押して受け取ります。 封筒の中には、Enekey本体とEnekeyの利用方法のリーフレットが入っています。 リーフレットには利用方法の他、Enekeyの魅力とQ&Aが掲載されています。 Enekeyは本体とキーホルダー部分が別々になっていますので、取り出したらEnekey本体をキーホルダーに取り付けます。 Enekey本体は思ったよりも小さくて軽いものでした。 キーホルダー取り付け後のEnekeyの大きさは次の画像をご覧ください。 早速、車の鍵のキーホルダーに取り付けてみました。 Enekeyで初めての給油をするためにエネオスに行きました。 給油機のタッチパネルに『Enekey』という項目がありますのでタッチします。 Enekeyをかざす場所には『Enekey』のシールが貼ってありましたので、迷うことなくかざすことができます。 これだけで支払いが完了しますので、そのまま給油します。 エネオスカードの種類がと連携しているので、レシートには『Enekey』の表示と共にエネオスカードの種類が記載されていて、きちんと会員価格で給油できました。 Enekey(エネキー)のTポイント登録について EnekeyのメリットのひとつにTポイントと連携できるということがありましたので、調べてみたところ、ネットではできず、店頭で連携の手続きをしなければいけないようです。 またEnekeyと紐づけたクレジットカードがエネオスカードの場合は、残念ながらTポイントとの連携はできません。 エネオスカード以外にもTポイントと連携できないクレジットカードにはさまざまな種類がありますので、詳しくはで確認してください。 まとめ ガソリンスタンドの統合が進んでいますが、現時点でエネオスは店舗数が最も多いガソリンスタンドとなっていますので、手軽に決済できるEnekeyは軽貨物運送業を営んでいる方はもちろん、車を運転する方にはおすすめしたいキャッシュレス決済ツールです。

次の

エネオスでもキーホルダー型クイックペイのスピードパスプラスが利用できると思いきや…

エネオス パス

相性の良い電子マネー EneKey 独自のポストペイタイプの電子マネー機能がついたキーホルダー、EneKeyが発行されている。 おすすめクレジットカード 、などの特別提携カード エネオスを中心に考えるなら(ガソリン代を結構使う方は)エネオスカードを作るのはオススメ。 楽天カードは特別提携カードなのでポイント1. ブランドプリペイド 使えない 基本的に使えない。 NFC決済 タッチ決済 使えない QRコード決済 使えない デビットカード 各店舗ごとに違う ポイントカード Tポイントカード エネオスカードや特別提携カードとの併用は不可。 貯まりやすいポイント Tポイント、JALマイル、ANAマイル 現金いらず得点 4. 9点(5点満点中) 現金いらずで支払いが出来て、独自のクレカも発行しており、Tポイントも貯まる、と嬉しい事だらけ。 ガソリンが高騰している今だからこそ徹底的に活用していきたいところ。 公式HP 概要• ENEOSで使える電子マネー ENEOS(エネオス)では基本的に電子マネーのnanaco、楽天Edy、SuicaやPASMOなどの各種交通系電子マネー、iD、QUICPayが使えます。 独自の決済ツールであるEneKeyも利用可能です(下記詳細)。 2018年9月以前からENEOSだった店舗は以前はプリペイドタイプの電子マネーは使えませんでしたが、2019年7月からエッソ・モービル・ゼネラルと統合したことでプリペイドタイプの電子マネーも利用可能になっています(以前からエッソなどからの転換店では使えましたが)。 au PAY プリペイドカード、LINE Payカード、ソフトバンクカードなどのブランドプリペイドカードは使えると思われがちですが、現在のところエネオスでは「使えない」のでご注意ください。 ENEOSで使えるクレジットカード ENEOSではセルフタイプでもフルサービスステーションでもVISA、Mastercard、JCB、American Express、Dinersといった各種クレジットカードが使えます。 ENEOSの発行しているクレジットカード 独自のクレジットカードであるENEOSカードも発行されています。 タイプは3種類で、ガソリンで値引きされるタイプ、ポイントで還元されるタイプ、年会費が年に1回の利用で無料になるタイプがあります。 例えばCカードでは月々の使用額によってガソリンの割引率が変わってきます。 最大でリッターあたり7円の割引になります。 付帯カード(もしくは一体型)としてQUICPayを付けることも出来ます。 ENEOSとの特別提携カード ENEOSは、その他のカードと提携したキャンペーンも多く行っています。 ポイント1. 5倍・・・楽天カード、dカード、TS CUBIC CARD、セブンカード、レクサスカード• ポイント2倍・・・ビューカード• マイル2倍・・・JALカード(ショッピングマイルプレミアム加入なら100円で2マイル、未加入なら200円で2マイル)• 100円で1マイル追加・・・ANAカード(100円で1マイル積算。 エネオスはApple Pay、Google PayでのiD、QUICPayもANAカードマイルプラス対象となる(ANAアメリカン・エキスプレス・カードのQUICPayは対象外)) これらのエネオスカード、特別提携カードは独自の特典がついている分、Tポイントカードと併用はできませんのでご注意ください。 お得な提携クレジットカードがたくさん用意されているのでご自身に合ったカードを選んで使うのがポイントです。 ENEOSセルフで使える独自の決済ツール、EneKey ENEOSでは2019年7月から決済もできるキーホルダーのEneKeyが発行されています。 クレジットカード情報を登録して、そのクレジットカードから支払う形です(QUICPayやiDと同じようなポストペイタイプの電子マネー)。 1回あたり15,000円未満、1日4回の利用が上限です。 登録出来るカードはENEOSカード、もしくは特別提携カードのJALカード、ANAカード、楽天カードなどだけではなく、VISA、Mastercard、JCB、American Express、Dinersの各種クレジットカード(一般提携カード)が登録可能です。 一般提携カードを登録の場合、 Tカード会員番号を登録することができて、タッチして決済をすれば、同時にTポイントも付与されるので楽です。 ただし、上記の エネオスカードや特別提携カードはTカードと紐付けることはできない(ポイントがお得な分、Tポイントは別途貯まらない)のでご注意ください。 以前、エッソ・モービル・ゼネラルで提供されていたキーホルダータイプの電子マネー、スピードパスの機能を引き継ぎながら、Tポイント機能が追加された形になります。 現在のところ、EneKeyにはスピードパスのようにQUICPayやnanaco機能が付帯したものは確認されていないのは残念です。 また、かつてのスピードパス(QUICPayやnanaco機能がついていないもの)はエネオスでは利用不可なので、EneKeyに移行しましょう。 ENEOSで使えるQRコード決済 ENEOSではPayPayやLINE Pay、楽天ペイなどのQRコード決済は導入されていません。 ENEOSで使える商品券・ギフトカード ENEOSではエネオスプリカという独自のプリペイドカードが発行されています。 その他、一部店舗ではクオカードも使えます。 使えないお店もありますので、お使いのENEOSをで調べてみてください。 クレジットカード会社が発行するJCBギフトカード、VISAのVJAギフトカードなどの各種ギフトカードは使えません。 ENEOSで貯まるポイント エネオスはTポイントと提携しており、 Tポイントが200円に付き1ポイント貯まります。 貯まったTポイントは1ポイント1円で使えます。 ただし全ての店舗で使えるわけではないので上記の公式サイトからお使いのSSを検索して調べてみてください。 Tポイントが貯まるサービスステーションでも、 ENEOSカード、シナジーカード、及び、楽天カード、JALカード、ANAカードなどの特別提携カードと、Tポイントカード(もしくはTポイント機能付きクレジットカード)を併用することは出来ませんのでご注意ください(ポイントが2重取りになるのを防止するため)。 エネオスカードでガソリンの値引きや特別提携カードでJALマイルやANAマイル、楽天スーパーポイントなどを貯めるなどの恩恵を得るか(1)、もしくは、 普段使っているクレジットカードのポイント+Tポイントを貯めるか(2)、の2択となるでしょう。 特に車通勤をされているような方は毎月かかる安くはない固定費なので、ポイントが貯まるようなお得なクレジットカード払いで支払って、出来る限り出費は抑えていきましょう。 現金払いとは雲泥の差が生まれます。 電子マネーもエッソなどと統合することで楽天EdyやSuicaなどのプリペイドタイプのものも対応してくれてスキがなくなりました。

次の

スピードパス|カード情報|ENEOS

エネオス パス

エネオスがスタートした「EneKey(エネキー)」を持てば、もう給油時にお財布からお金を探す手間、またはカードケースからクレカを探す手間とサヨナラです! クレジットカード情報が登録されたEneKeyを、 専用端末にかざすだけで支払いは完了。 後から出てくるのはレシートだけですのでお釣りの取り忘れもありません。 その上「キーホルダー型端末」のため、嵩張ることもありません。 こんな便利なEneKey、作り方は難しいのでは?実は発行手数料や年会費を取られるのでは?と言った不安や疑問が出てくるでしょう。 そこで、EneKeyの仕組みや特徴、更に作り方やスピードパス所有者の切り替え方法を紹介します。 エネオスがEneKeyを発表!Enekeyの仕組みは?割引はある? エネオスでタッチするだけ!EneKeyは財布やカードもいらずに給油できます エネオスが発表したEneKeyとは、キーホルダー型端末だけで エネオス(セルフ)のガソリン料金を決済できる画期的なサービスです。 EneKey登録時にクレジットカードと紐付することで、たとえお財布やクレジットカードが入ったカードケースを忘れても、EneKeyがあればエネオス(セルフ)で支払えます。 嬉しいことに、 登録料や年会費は全て無料であり、仮に紛失や盗難にあっても 問い合わせ日より3日~60日前まで遡り「60万円」まで不正利用分を補償します。 1回に購入できる金額が「15,000円」1日の利用が「4回まで」の制限はあるものの、小銭探しやクレジットカードを出す手間から解放されます。 EneKeyが使用できるのは セルフのみ。 EneKeyでクレジットポイント&Tポイントが貯まる EneKeyのもう1つの魅力が、 登録したクレジットカードのガソリン割引やポイント還元を受けられることです。 例えば「」を利用して10,000円分のガソリン料金を決済した場合、1%の還元率のため「100dポイント」更に特約店のため「50dポイント」貯まり合計150dポイントも貯まります。 更に!Tポイントカードの情報をEneKeyに登録すれば、クレジットカードのポイントや割引の他に「Tポイント」も一緒に貯められます。 現金払いでは、割引もなくポイントも全く貯まりませんが、EneKeyと組み合わせたクレジットカードによってガソリン割引やポイント還元を受けられますよ。 EneKeyに割引はある?店舗独自の特典が狙い目 EneKey自体に、残念ながらガソリン料金の割引はありません。 その分、クレジットカードによるガソリン割引やポイント還元、キャッシュバック等のサービスや、Tポイント還元を受けられるのです。 とは言え見逃せないのが、エネオス各店舗で用意する特典達です。 店舗ごとに内容は異なりますが、日用品のプレゼントやガソリンが更に割引になるクーポン等、独自のプレゼントが期待できます。 EneKeyの発行は簡単?難しい?スマートキーからの乗り換えは可能? EneKeyは最寄りのエネオス(セルフ)で作成可能|申込時に必要なアイテムは? EneKeyを作るなら、最寄りのエネオス(セルフ)に足を運びましょう。 その際 「運転免許証」「EneKeyに登録するクレジットカード」「Tポイントカード(紐付する場合)」を忘れずに! 後はエネオスのスタッフに、EneKeyを作りにきたことを伝え、店頭のタブレットで会員情報を入力して本登録すればOKです。 もちろん、入会金や年会費はかかりません! 混雑状況にもよりますが、早ければ数分でEneKeyが作成でき、作ったその日にエネオスで決済できます。 新規で WEBからは作れませんので必ず、最寄りのエネオス(セルフ)でEneKeyを作りましょう。 スピードパスからEneKeyへ乗り換えできる?乗換方法は? エッソやモービル、ゼネラルで使っていた「スピードパス」は、エネオスに統合されたあとも、一部の店舗で利用できます。 しかし、 今後は使えなくなる可能性もありますので、早めにEneKeyへの乗り換えをおすすめします。 乗換方法は「店頭申込」と「WEB申込」の2種類があるので、それぞれの方法を紹介します。 スピードパスを店頭でEneKeyに乗り換える場合• まず 「クレジットカード(スピードパス登録のクレカ)」「運転免許証」「Tポイントカード(紐付を行いたい場合)」を忘れずに用意しましょう• エネオス(セルフ)に到着したらスタッフに乗り換え手続きを依頼します• 乗り換えが完了したEneKeyは即日利用でき、スピードパスは乗り換えると即利用停止になります スピードパスをWEBでEneKeyに乗り換える場合• 切替え専用Webサイトにアクセスして、空メールを送信しましょう。 返信されたメールに記載されたURLにアクセスします。 そこで「スピードパス番号」「クレジットカード番号(下4桁)」「生年月日」を入力しましょう。 後日、スピードパスに登録されている住所へEneKeyが届きます。 もしTポイントカードの紐付を行いたい場合、最寄りのエネオス(セルフ)で行いましょう。 スピードパスヘルプデスク 0120-838-395 03-6634-7882 EneKeyは数分で給油&支払いができる!?使い方を徹底解説 EneKeyを作成したら早速、エネオス(セルフ)に足を運んで給油しましょう。 使い方は至って簡単ですので、一緒に使い方を見ていきましょう。 選択後、画面が変更されますので専用端末にEneKeyをかざしましょう• かざした際「EneKey」と言う音声が流れれば読み込み完了ですので、給油に移りましょう 最初は戸惑うと思いますが、慣れれば数分で決済~給油完了まで行えます。 EneKeyに慣れれば、もう鞄やバッグからお財布やカードケースを取り出す手間もありませんので、スピーディに決済が完了しますよ。 EneKeyに最適のクレジットカード3枚紹介 【ENEOSカード】ガソリン割引&ポイントが選べる|エネオスにピッタリのクレジットカード ENEOSの割引、またはENEOS利用時のポイント還元率に特化したクレジットカードを探しているなら「」がおすすめです。 なんと3種類のENEOSカードを用意しており、それぞれ特徴を持っています。 ENEOSカードC 毎月のENEOSカードCの利用金額により、ガソリンが割引されます。 このように、ガソリンの割引重視なら「ENEOSカードC」ポイント派でしたら「ENEOSカードP」と言ったように、好みのクレジットカードが選べます。 もちろん、EneKeyにも対応しますのでENEOSをいつも利用するなら発行しましょう。 ENEOSだけでなく、セブン&アイHDでも活躍するクレジットカードのため、いつもセブンイレブンやイトーヨーカドー等を利用しているならおすすめですよ。 仮に1ヶ月、15,000円分のガソリン料金をJALカードで支払うと「150JALマイル」貯まりますね?すると1年間で「1,800JALマイル」も貯まります! またガソリン料金と別に、食費や日用品の購入、公共料金の支払いで1ヶ月、10万円支払うと「500JALマイル」1年間で「6,000JALマイル」獲得です。 6,000JALマイル貯まれば、A区間の片道航空券が手に入りますし、先ほどのガソリン料金で貯めた1,800JALマイルを加えればB区間の片道航空券も無料で入手できます。 日々の支払いやエネオスのガソリン料金の支払いでJALマイルを貯めれば、国内旅行や海外旅行も夢ではありませんよ。

次の