三井住友プリペイド。 プリペイドカードなら三井住友VISAカード

FAQ詳細

三井住友プリペイド

ここではネット専用でカードレスの「三井住友VISAプリペイドe」について説明しましょう~。 「 三井住友VISAプリペイドe」は、IDを発行してもらい、それに銀行やクレジットカードやコンビニ支払いでチャージして、ネット決済で使います。 クレジットカードでは面倒な審査も、三井住友VISAプリペイドeならばありませんし、18歳以上の方でしたら誰でも購入可能です。 三井住友VISAプリペイドeはチャージしてから使うので金額に制限もかけられるし、万全のセキュリティが施されていますので、ネットショッピングに不安を持っている方でも安心して使えます。 会員専用マイページから三井住友VISAプリペイドeをクレジットカードや銀行振込 インターネットバンキング)で購入することもできます。 三井住友VISAプリペイドeのおトクな使い方、活用法 三井住友VISAプリペイドeを利用する際には、 VISAカードが使えるサイトで、クレジットカードでのお支払いと同様の手続きで決済可能です。 三井住友VISAプリペイドeは、1つのIDにつき最大で5枚、1枚につき5万円を上限として利用可能ですので、家族で分け合って使うことも可能です。 その際、誰がどのカードを使ったか分からなくなる恐れもありますが、三井住友VISAプリペイドeではIDごとに好きなカラーを6種類から選べて表示されるので、家族の一人一人に色を変えれば間違えることもありません。 また、三井住友VISAプリペイドeにはポイントプログラムもあり、月間2000円の利用ごとに1ポイントが貯まり、貯まったポイントは1ポイント=5円のレートで三井住友VISAプリペイドeの購入やチャージにも利用できます。 そして、三井住友VSAカードで決済すれば、プリペイドの購入やチャージで通常かかる手数料がかかりません。 三井住友VISAカードなら、購入、チャージ無料! 三井住友VISAプリペイドeの購入(発行)手数料は、200円(税込)~250円(税込)かかります。 カード型の「三井住友VISAプリペイド」の購入手数料は、発送手数料も入れて640円(税込)です。 チャージするときも、200円(税込)かかります。 これは、結構な出費! しかし 三井住友VISAカードや三井住友トラストカード、全国銀行系VJAカードなどのVJ協会加盟会社・オムニカード協会加盟会社の、visa、MasterCardのクレジットカードだと購入手数料やチャージが、無料になります。 「三井住友VISAプリペイドe」「三井住友VISAプリペイド」を使う人は、やはり、これらのクレジットカードを持っておくべき。 smbc-card. jsp 大手銀行の三井住友銀行が発行している、インターネット専用のプリペイド「三井住友VISAプリペイドe」ですが、実際にこのプリペイドを使っている方からは、以下のような口コミが寄せられています。 これから三井住友VISAプリペイドeを作ろうか検討している方は必見ですよ!! ・ネット決済専用ながら、2,000円毎に1ポイント付与されるので、大きな買い物をすると知らずにポイントが貯まって便 ・便利なネット決済でも、後日カードの提示が必要な場合 航空チケットや高速バスなど になると使えないのがデメリットです。

次の

クレカを使ったらすぐに通知、家族でプリペイド金額を共有できる「かぞくのおさいふ」も 三井住友カード

三井住友プリペイド

Contents• 申込みはインターネットで まずはカードの申し込みをしなければ話になりません。 三井住友VISAプリペイドカードは、 インターネットでのみ申し込むことができます。 コンビニで購入したり三井住友銀行の窓口で申込むことはできません。 LINE Pay カードのような「すぐ買える・すぐ使える」という手軽さはありませんね。 まずは、へ。 ページ上部の「お申込みの流れ」から「マイページ新規登録(無料)」というボタンをクリック。 「ご利用規約」の画面になりますので、メールアドレスを登録して「規約に同意して申し込む」をクリック。 すると、登録したアドレスにメールが届きます。 そのメールに記載されている「本登録用URL」から登録手続きを進めます。 メール記載の「本登録用URL」から会員情報の入力画面に移ります。 会員IDとパスワードを決めて、氏名・住所などなどの情報を入力していきます。 すべて入力したら「入力内容を確認する」をクリック。 先ほどの画面で入力した内容に間違いがないかを確認したら、一番下の「登録する」をクリック。 これで、「会員登録」の手続きが完了です。 これで三井住友VISAプリペイドの「マイページ」にログインすることができるようになります。 この画面でカードの購入、カードへのチャージ(本人確認書類を提出後)、履歴の確認などができます。 さっそく左の「プリペイドカードの購入」をクリックして、カード購入手続きを行います。 「カード新規購入」画面に移ります。 ノーマルタイプとポケモンデザインから選びましょう。 とりあえず、私はノーマルで。 最初のカード購入金額を設定し、支払い方法とカードの色を選んで画面下の「次へ」ボタンをクリック。 支払い方法は、クレジットカード払いかインターネットバンキングによる銀行口座払いの2択です。 クレジットカードがない人は、インターネットバンキングで支払いをしましょう。 今回私は3,000円分購入しました。 ここで注意したいのは、三井住友VISAプリペイドカードの発行には、発行(購入)手数料200円と発送手数料(郵送なので)440円が別途かかります。 ですので、3,000円(チャージ分)+640円(手数料)=3,640円を支払う必要があるのです。 手数料はけっこう大きいですね(汗) 金額に間違いがなければ、一番下の「実行する」ボタンをクリック。 私はカード購入の支払いをインターネットバンキングにしたので、次の画面で「金融機関のお支払い画面へ」ボタンから自分の金融機関を選んでインターネットバンキングの手続きをします。 クレジットカードでの支払いにした場合には、カード情報などを入力します。 これでカード購入の手続きが完了します。 「マイページ」に戻ると、購入したカードの情報が更新されています。 ただ、この時点ではまだカードは手元にありませんので、使うことはできません。 購入手続きをしてからちょうど10日後、簡易書留でカードが届きました。 これでやっと買い物ができますね…! 三井住友VISAプリペイドカードで買い物してみる VISAの提携店であれば、クレジットカードと同じ方法で支払いをすることができます。 もちろん、実店舗でもネットショップでもちゃんと使えます(一部、高速道路・ガソリンスタンド・月額や継続料金の支払いなどには使えません。 詳しくは)。 まずは楽天とAmazonに三井住友VISAプリペイドカードを登録して利用してみることにしました。 楽天の場合 まずは楽天にログインします。 左上の「会員情報管理」から「登録内容の確認・変更」を選びます。 次に「楽天会員情報管理」の画面から「クレジットカード情報の確認・変更・追加・削除」を選択します。 「新規カード情報の追加」をクリックして、三井住友VISAプリペイドカードの情報を登録します。 あとは楽天で買い物をして決済をする際、支払い方法で利用カードに VISA(登録した三井住友VISAプリペイドカード)を選択して、 支払い回数を「一括払い」にすればOK。 Amazonの場合 ログインして「アカウントサービス」から「クレジットカードの追加」を選択します。 「お支払い方法を選択」で登録した三井住友VISAプリペイドカードを選べばOK。 これで、Amazonでの買い物に三井住友VISAプリペイドカードを使うことができます。 実際の店舗で使う場合 三井住友VISAプリペイドカードは、 実際の店舗でもVISAのクレジットカード代わりに使うことができます。 コンビニで使ってみたのですが、何の問題もなくVISA一括払いで無事処理されました。 VISAの加盟店であれば、国内外問わず使えます。 特に海外ではVISAの加盟店が圧倒的に多いので、利用しやすいのではないでしょうか。 ただし、 海外での利用には3%の手数料がかかります。 三井住友VISAプリペイドカードのデメリット VISAのプリペイドカードなので、使える範囲が広いというメリットはありますが、逆に注意したいデメリットもあります。 盗難・紛失の際の補償がない カードを盗難されたり紛失されたりして不正に利用された場合に、補償がありません。 不正に利用された分は、諦めるしかないのです。 なので、もし紛失や盗難に気付いたらその時点ですぐに「マイページ」から該当のカードに 「ロック」をかけて使えないようにしましょう。 これは自分でやるしかありません。 紛失や盗難にあわないように徹底して管理するか、「最悪なくなっても仕方がない」というくらいの金額でチャージしておく方がいいでしょうね。 *ノーマルタイプの三井住友VISAプリペイドカードのチャージ上限金額は50,000円ですがANAと提携しているVISAプリペイドカードは、チャージ上限が30万円と高額の入金ができる設定になっているので、特に細心の注意が必要です。 コンビニでチャージできない カードへのチャージは、インターネットの 「マイページ」からクレジットカード払いかネットバンキングで行います(確認書類をアップロード・郵送して本人認証を行った場合のみ)。 コンビニで気軽にチャージすることはできません。 実際使ってみて、これはけっこう不便かも…と感じました。 手数料がいちいちかかる 「」でクレジットカードによるチャージをする場合は手数料はかかりませんが、その他のVisa・MasterCardでのチャージや、インターネットバンキングでのチャージには手数料が200円(税込み)かかります。 カードを作るときにも、発行手数料200円、発送手数料440円がかかります(「」で購入する場合は、発行手数料は無料になって発送手数料の440円のみ)。 チャージできる上限は50,000円だが、1回にチャージできるのは29,000円まで ノーマルタイプの場合、50,000円が1枚のカードにチャージできる上限ですが、1回のチャージでは29,000円までしか入金できません。 つまり、カードの残高を50,000円にしたい場合、29,000円と21,000円のように2回に分けてチャージしなければなりません。 「VISAブランドのカードを持つ」以上の価値はあまりない!? 一通り使ってみて、発行手続き、使いやすさ、手数料などをトータルで検証してみると、個人的には「なくてもいいかな…」というのが本音です。 盗難・紛失の補償がない チャージが簡単にできない カードの発行やチャージに手数料がかかる というデメリットは、実際に使ってみるとかなり大きな心理的&物理的な負担になると感じました。 これなら、同じ 三井住友系列のクレジットカードを1枚作った方が断然安心で使いやすいです。 三井住友VISAカードがどうして安心して使えるのかはこちらの記事で詳しく紹介しています。 が、チャージが手軽にできないとか手数料がかかるという不便さは覚悟して使ってくださいね。

次の

クレカを使ったらすぐに通知、家族でプリペイド金額を共有できる「かぞくのおさいふ」も 三井住友カード

三井住友プリペイド

1電話料金(ドコモの携帯電話料金を含む)・飲料自動販売機・ガソリンスタンド等、一部ご利用いただけない店舗や商品・サービスがございます。 詳細は。 2金券、電子マネーチャージ、その他加盟店によって対象外の商品・サービスがございます。 3加盟店によってポイント進呈率は異なります。 4お酒・タバコ・公共料金のお支払い等、一部対象外の商品・サービスがございます。 1回ごとのお買い物金額(税抜)の3%分(1円未満は切り捨て)が利用の翌月中旬にチャージされます。 詳細は。 本プリペイドカードの発行会社は「三井住友カード株式会社」となります。 また、発行会社の判断によりプリペイドカードを発行できない場合がございます。 レジの前で小銭を数えたり、大量のポイントカードからお目当ての1枚を探し出すのはけっこう大変。 dカード プリペイドなら、サッと出すだけで「支払う」「ポイントをためる」が済んでしまいます。 あまり行かないお店のポイントは、半端になってムダになりがち。 支払いでためるポイントをdポイントひとつに決めてしまえば、効率よくポイントをためられます。 カード類のゴチャつきも解消! クレジットカードは便利だけれど、つかう金額を前もって決められるdカード プリペイドなら、さらに手堅く利用可能。 お金の管理もしやすくなります。

次の