なり そこ ない の オーラント。 読んで楽しむデモンズソウル

ファンタジー好きにはたまらない、「オーリエラントの魔道師」をおススメする!

なり そこ ない の オーラント

26日は、イタリアのかかと、サレント半島の東海岸にあるオートラント Otranto を訪ねた。 前日に引き続いてSud-Est 南東鉄道 鉄道の利用である。 この分ならば、Sud-Est鉄道の全線乗りつくしも夢ではない。 前日は、ガッリーポリの帰りに、欲張ってナルド Nardo' までまわったものだから、レッチェに帰ったらもう真っ暗。 そこで、この日の遠出はオートラント1つに絞って、残りの時間はレッチェの町歩きに当てることにした。 朝は、前日と同じ時刻の列車で出たにもかかわらず、終点までそれなりに乗客がいたガッリーポリとは打って変わって、オートラント駅で降りたのは私一人。 駅も町外れにあった。 ここは、漁師町というよりも観光の比重が高そうな町である。 ホテルの所在を示す看板も多く、狭い旧市街には土産物屋がひしめいていた。 とはいえ、その分だけ季節外れ感も強く、営業している店は数えるほど。 どこか寂しげな印象ではあった。 そんななか、私以外にも、観光にやってきている物好きなドイツ人とイタリア人を数人見かけた。 ご苦労なことである。

次の

ギリシャ神話の神々①(FGO伝記)

なり そこ ない の オーラント

「黄色のデモンズソウル」を宿す、文字通り黄色い布を纏った老人。 象牙の塔の国ラトリアをおぞましい監獄に変えた張本人。 かつてラトリアから追放されたが、黄衣纏いデーモンを連れて戻ったとされるものの、そこへ至るまでの経緯は不明。 実はデーモンの本体は老人に張り付く黄色の布…黄衣であり、老人は黄衣に見捨てられてあっという間にこと切れる。 ボスとして立ちはだかるのは、老人により召喚された他の世界の住人。 すなわち、うんこターバン……もとい「黄衣の頭冠」を頂く赤ファントムである。 オンラインプレイだと侵入した他のプレイヤーがボスになることがある。 侵入してきたボスは体力にブーストがかかり、魔法による援護があるので最強のデーモンになることは確実……と思いきや案外あっさり勝てる場合も。 どうしても勝てない時は一時的にオフラインにする手も……。 デーモンになったプレイヤーは、勝つと黄衣の頭冠が手に入る。 何度戦っても、相変わらず怖い。 -- 名無しさん 2014-02-16 11:30:02• 記憶を消して何度でも遊びたいと思えるゲーム。 PS3が壊れるまで何年も遊んでた。 またやりたいなぁ -- 名無しさん 2016-08-26 01:34:41• 後のシリーズのデーモン以外でデーモンと呼ばれるのって犬のデーモンくらいじゃないか? -- 名無しさん 2016-08-26 09:38:27• -- 名無しさん 2016-08-26 11:24:45• 装備と草とプレイヤーの集中力が充実していれば死なない程度の良いバランス。 ただダクソシリーズと比べると不親切で道中のショートカットもあんま無いので死ぬリスクが高め。 -- 名無しさん 2017-12-19 12:08:21• システムはよくなってるけどボスの多様性に関してはデモンズがぶっちぎりだな シリーズが進むにつれ多様性が減っていく -- 名無しさん 2020-03-10 20:17:04.

次の

PBW企画「見習い魔法師の学園日誌」/カ行家門/オーキス・クアドラントのあれこれ

なり そこ ない の オーラント

彼女の知識欲はまだ収まらない。 今のメインは学術書だ。 特に、数学系のものが多い。 感情が薄い反動か、 元々論理的思考力が高い傾向はあったが、 ある時、質問しに来た彼女に「質問の前に自分で考えてみるといい」と言ってから、 学術書をよく読むようになった。 数学などは、覚えるものより考えればわかるものが多いからだろう。 逆に、物語は読まなくなった。 あれは、ある質問に「そういうものだ」と答えてからだったか。 あれは失敗だった。 私の一言が、彼女の興味を失わせたとのだから。 何かもっといい答えがあったのだろうか。 何とかして、学術書以外にも興味を持たせなければ。 実年齢にしろ、見た目の年齢にしろ、この年でそんな経験ばかりしているのは流石に普通の人間とかけ離れている。 オーキス、君の向かうべき道はそちらではないと思うのだが……。 最後に補足説明として、私の所属する領地の現状を説明する。 領主はインフラ整備をおろそかにしており、領内総生産は年々減少している。 さらに、領地の浄化もおろそかにしているため、混沌災害の発生率も高い。 加えて、軍備を増強しているため、徴税額はむしろ増加している。 軍備の増強がたまたま混沌災害の発生率の高さを補っているが、 軍備の増強の理由は混沌災害への対応の為ではなく、 領民の弾圧および周辺領への威嚇、そしてそれらの隠蔽の為である。 少ない収入と多額の税により領民は疲弊しており、あと数年で限界が来るが、 領主はその前に他領に侵攻して今度はその土地を食いつぶす気である。 まるで地球の東洋のイナゴだ。 中央はその事を把握していない。 というのも、報告書が改ざんされているうえ、 報告書とうわさがあまりにも違うために派遣された調査団も、 一部が買収され、残りは殺害されているため、 中央には一切正しい情報が入っていないのだ。 私も中央へ行って直訴することを考えたが、 その時には既に監視の目があったので、断念した。 流石にこの状態が長く続けば隠しきれなくなるだろうが、 もはやそれを待ってはいられない。 私は、行動を起こす。 プランAHの裏事情.

次の