川口市 給付金 遅い。 10万円給付金いつ入金される?遅いのは自分だけ?全国最速等の事例から分かる自分の早さ

特別定額給付金事業(一律10万円給付)/川口市ホームページ

川口市 給付金 遅い

埼玉県(補助金・助成金・融資情報) 新型コロナウィルス関連情報 埼玉県(補助金・助成金・融資情報)• 埼玉県の補助金・助成金・融資の情報をまとめています。 埼玉県• さいたま市• 2020年5月18日更新• 熊谷市• 川口市• 2020年3月3日更新• 所沢市• 加須市• 東松山市• 狭山市• 鴻巣市• 深谷市• 2020年5月22日更新 「テイクアウト等支援金」は7月31日までに実施した取組の経費、「商店街等応援支援金」は令和3年3月31日までに実施した取り組みの経費が対象• 越谷市• 入間市• 2020年6月30日更新 申請期限12月25日 金 桶川市• 久喜市• 富士見市• 代替えとして7月8日 水 及び7月22日 水 に相談を実施• 白岡市• 伊奈町• 皆野町• 小鹿野町• 東秩父村• 美里町•

次の

【横浜】10万円給付の申請はいつから?振り込みは7月になるの?

川口市 給付金 遅い

特別定額給付金新着情報• 2020年7月13日• 2020年7月13日• 2020年7月10日• 2020年6月23日• 2020年6月10日• 2020年6月10日 申請書の発送に伴い、ダウンロード版の申請書の掲載は終了しました。 2020年6月4日• 2020年5月8日• 2020年5月8日• 2020年5月7日• 2020年5月1日 掲載情報一覧(目次) 1• 2 3 4• 5 6 7 8 9 10 特別定額給付金関連のコールセンター等 戸田市特別定額給付金コールセンター 戸田市特別定額給付金コールセンター 電話:048-446-7271 受付日時:午前8時30分~午後5時15分(土曜、日曜、祝日を除く) 総務省コールセンター 特別定額給付金の概要など、詳しくは特別定額給付金コールセンターにお問い合わせください。 【特別定額給付金コールセンター】 電話:0120-260020 受付時間:午前9時から午後6時30分 制度の詳細についてはをご確認ください。 マイナンバー総合フリーダイヤル オンライン申請に伴うマイナポータルに関するお問い合わせは、「」へお問い合わせください。 マイナンバー総合フリーダイヤル 電話:0120-95-0178 受付時間:平日 午前9時30分から午後8時まで。 土日祝日 午前9時30分から午後5時30分まで。 新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力ください。 窓口では、原則として申請書の配布や受付は行っていません。 (新型コロナウイルス感染拡大防止のため) 来庁されないよう皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。 特別定額給付金について 2020年(令和2年)4月20日、「新型コロナウイルス感染症対策緊急経済対策」が閣議決定され、感染拡大に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金を実施することとなりました。 戸田市でも下記のとおり給付を行います。 特別定額給付金概要 給付対象者 基準日(2020年(令和2年)4月27日)において戸田市の住民基本台帳に記録されている者 配偶者からの暴力を理由に避難されている方 配偶者からの暴力を理由に戸田市に避難している方で、戸田市に住民登録がないなど、特別定額給付金の受給に関してご不安がある方は、戸田市役所までお問い合せください。 【戸田市役所お問い合せ先】 電話:048-441-1800(内線501) 給付対象者かどうか判別しにくい方(例) 給付対象者(例)• 2020年(令和2年)4月27日までに生まれ、戸田市の住民基本台帳に記録されている方• 2020年(令和2年)4月27日に戸田市の住民基本台帳に記録されている者で、2020年(令和2年)4月27日以降に亡くなられた方 (注釈)なお、単身世帯の方など世帯全員が、給付金の申請をされる前に亡くなられた場合は受給することができませんので、ご了承ください。 非給付対象者(例)• 2020年(令和2年)4月28日以降に生まれた方• 2020年(令和2年)4月26日までに亡くなられた方 給付額 給付対象者1人につき10 万円 受給権者 住民基本台帳に記録されている者の属する世帯の世帯主 (注釈)世帯主の方が世帯全員分の給付額をまとめて受給する形となります。 申請方法 申請方法は「申請書類の郵送」と「マイナンバーカードを活用して行うオンライン申請」の2種類があります。 マイナンバーカードをお持ちでない方、郵送での申請を希望される方はをご覧ください。 マイナンバーカード(通知カード不可)をお持ちの方で、オンライン申請を希望される方はをご覧ください。 申請書類の郵送による申請方法• 戸田市から対象となる世帯の世帯主に、「申請書」、「申請書の手引き」、「返信用封筒」を郵送します。 「申請書の手引き」に沿って、申請書を記入していただきます。 「本人確認書類の写し」「振込先金融機関口座確認書類の写し」など必要書類を添付していただきます。 「申請書」を「返信用封筒」にいれて、お近くのポストに投函してください。 申請の締切は、2020年(令和2年)9月7日(月曜)(当日消印有効)です。 (注釈1)現在、申請書を順次発送しています。 到着まで今しばらくお待ちください。 (注釈2)申請書に不備があると給付金を支給できませんのでご注意ください。 マイナンバーカードを活用して行うオンライン申請方法(2020年(令和2年)5月1日から受付開始) (注釈)オンライン申請には、暗証番号(署名用電子証明書4桁・利用者証明用電子証明書6桁以上の英数字)が必要です。 パソコンを利用する場合• パソコンを利用する場合は、「パソコン」、「カードリーダー」、「マイナンバーカード(通知カードは不可)」を用意していただきます。 カードリーダーをパソコンに繋ぎます。 カードリーダーにマイナンバーカードを挿入します。 パソコンでを開きます。 「お住いの地域」を選択します。 検索方法で「特別定額給付金」を選択します。 「制度内容」で要件等を確認します。 「申請する」を押下します。 手順に沿って必要事項を入力し、「申請書」を作成します。 必要書類(口座情報が分かる書類の写し)を登録してください。 マイナンバーカードによる電子署名を付与して、送信します。 スマートフォンを利用する場合• スマートフォンを利用する場合は、「対応可能なスマートフォン」、「マイナンバーカード(通知カードは不可)」を用意していただきます。 スマートフォンでを開きます。 「お住いの市区町村」を選択します。 「特別定額給付金」を選択します。 「お住いの地域」を選択します。 検索方法で「特別定額給付金」を選択します。 「制度内容」で要件等を確認します。 「申請する」を押下します。 手順に沿って必要事項を入力し、「申請書」を作成します。 必要書類(口座情報が分かる書類の写し)を登録してください。 マイナンバーカードによる電子署名を付与して、送信します。 (注釈)スマートフォンの場合は、対応していない機種もありますので、ご注意ください。 詳しくは、をご覧ください。 受取方法 給付金は、原則として申請者の本人名義の銀行口座へ振込みます。 (注釈)申請をいただいてから、口座に給付されるまでは通常、数週間程度お時間がかかります。 申請書に不備等がありますと、さらにお時間がかかる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 決定通知書(お振込み内容等のお知らせ)について これからの給付については、お振込みを優先し、決定通知書(お振込み内容等のお知らせ)はお振込み後に郵送いたします。 あらかじめご了承ください。 現在の受付・給付状況 (注釈)現在、申請が大変込み合っております。 申請から給付まで1か月以上かかる場合がございますので、ご了承ください。 受付状況(2020年7月13日時点) 受付状況 申請方法 件数 オンライン申請 3,872件 郵送申請 56,927件 合計 60,799件 給付スケジュール(予定分も含みます。 ) 給付スケジュール(予定分も含む) 給付日 件数 2020年6月4日までの給付件数 7,725件 2020年6月12日の給付件数 2,036件 2020年6月19日の給付件数 977件 2020年6月29日の給付件数 2,037件 2020年6月30日の給付件数 19件 2020年7月3日の給付件数 9,279件 2020年7月10日の給付件数 35,487件 2020年7月17日の給付件数(予定) 1,687件 受付・給付状況の詳細(2020年7月13日時点) 給付金を装った詐欺にご注意ください。 特別定額給付金を装った詐欺が発生していますので、十分ご注意ください。 特に、「個人情報」「通帳、キャッシュカード」「暗証番号」の詐取にお気をつけください。 特別定額給付金に関して市町村や総務省は下記のことは絶対に行いません。 市町村や総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは、絶対にありません。 市町村や総務省などが「特別定額給付金」の給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。 市町村や総務省などがメールを送り、URLをクリックして申請手続きを求めることは、絶対にありません。 戸田市がお電話で口座情報をお聞きすることは絶対にありません。 (郵送では確認させていただきます。 ) 戸田市ホームページを模倣した偽のWebサイトにご注意ください。 特別定額給付金を利用した、戸田市ホームページを模倣した偽のWebサイトにご注意ください。 正規のWebサイトを複製し、正規のWebサイトとURL以外見分けがつかないものが存在している可能性があります。 こうした偽サイトに利用者がアクセスすることにより、利用者の個人情報を窃取するなどの被害が懸念されます。 東日本大震災により戸田市へ避難されている方へ 東日本大震災による避難者の方で、今後各市区町村からの支給開始が見込まれる特別定額給付金について、「給付金の申請書が届かない」といった場合には、住民票所在の(住民基本台帳に記録されている)市区町村までご確認ください。 また、福島県では、福島県等から避難されている方々の生活再建に向けた相談窓口を全国26か所に設置しています。 新型コロナウイルス感染症の拡大による不安も含め、生活面でのお困りごとなどがあれば、お近くの生活再建支援拠点に電話またはメールでご相談ください。 ご覧ください。

次の

埼玉県中小企業・個人事業主支援金、埼玉県業種別組合等応援補助金

川口市 給付金 遅い

(1)は、申請世帯全体への給付を「正確に」「早く」行うための方針だ。 基本的には郵送とオンラインで申請を受け付け、システムや事業者の力も借りながら手続きを進めていく。 煩雑な手作業を減らすことでミスを防ぎ、職員の「密」も回避しやすい一方、「準備行為などの初動やシステム事業者との調整に時間がかかるため、申請書の郵送や給付の開始日が他の方針より遅くなります」という。 (2)は、臨時窓口の設置など、郵送・オンライン以外による申請も受け付ける。 申請書の印刷や封入といった作業も職員が担当し、給付スピードを早められる利点がある。 最短での給付が可能だが、「人口が極めて少ない自治体でしか採用できない」とする。 四條畷市では、(1)の全体最適型の対応を進めている。 郵送による申請手続きの流れ 四條畷市では、郵送と、マイナンバーカードを用いたオンラインでの申請を受け付ける。 郵送では、はじめに全世帯に送付する申請書のフォーマットを決める。 「一部最速型」では、「総務省の雛形を用いて市町村独自に様式を定めることで、雛形の提示直後から次の手順へと進めます」 一方、全体最適型では、住民基本台帳システムを構築した事業者が「全国の自治体において適用できる統一様式を調整・作成」するため、自治体に申請書が届くのに時間がかかる。 とステップを踏まなければならない。 オンライン申請では不備も目立つといい、東氏はその理由を次のように述べる。 「マイナポータルでは打ち間違いなどに対してエラーは出ず、何を書いても申請できる仕様となっています」 「口座情報などの添付書類についても、どんな画像データでもアップロード可能です」 「同じ人が何度でも申請可能な仕様になっており、もっと言えば、世帯人員に何人でも書くことができます」 そのため、対象者に電話や郵送で再申請をお願い(マイナポータル上では連絡不可)するケースもあり、給付は「郵送より遅くなる可能性があります」という。 実際、香川県高松市は19日、マイナポータルのシステム上の問題や誤入力などにより給付が遅れているとして、24日からオンライン申請を中止し、郵送に一本化すると発表した。 東氏は「何より、こうした仕様であることは自治体には事前にまったく知らされていないため、対応策等を練る時間もなく申請受付を開始した経緯があります」と不満を漏らし、「(マイナンバーカードの暗証番号の)再設定は役所まで来ていただかないとできない仕様になっています(中略)さらに、再設定の際には役所のシステムから国のシステムへとアクセスする必要があるのですが、国のシステムへのアクセスが殺到したことで数時間待ちになり、役所に行列ができる自治体が出てくる事態となっています」と制度設計の不備により実害も出ているとした。 振り込み作業でも一苦労 郵送とオンラインによる申請を紙媒体に一元化したら、ひたすら住民基本台帳と見比べて精査(全体最適型は短縮可)し、不備がなければシステム上で金融機関に振込を依頼する。 紙に記載された口座情報などをシステムに「手入力」していく。 目視での照合作業は非効率的に思えるが、東氏は「マイナポータルのシステムと住民基本台帳システムがすぐには連動できないことに起因しています。 なぜなら、マイナポータルは国主導のシステムである一方、住民基本台帳システムは各自治体ごとに異なる事業者に委託して構築されているからです」「加えて、住民基本台帳を扱う基幹系システムは通常の行政情報を扱うネットワークとは切り離されて構築されており、情報を容易に移動させることができません」と事情を明かす。 精査の段階でも、オンライン申請特有の問題が出てくる。 「郵送による申請では、住民基本台帳に記載された情報を申請書に印字している関係上、世帯構成の記載などに間違いが生じることはありません。 一方で、マイナンバーカードはあくまで『個人』を対象とした制度であるため、世帯構成に関する情報はカード上に保有されておらず、ご自身で入力いただくことになります。 そのため、オンライン申請では、申請情報と住民基本台帳に記載されている情報に齟齬が生じる可能性が出てきます」 国会議員の方々は精神論ではなく... 東氏は最後に、「全体への給付が1日でも早く実現できるように、職員一同、全力で対応にあたっていることは重ねてお伝えしたい」とした上で、「ここまで記事を読んでいただければ、いったいどこに不具合があるのかは明白かと思います」と投げかけ、 「国会議員の方々が、『なぜもっと急がないんだ』という精神論を唱えるのではなく、自治体から上がる無数の声に耳を傾け、それらを分析し、今後に向けた正しい判断をされるであろうと、私は信じています」 と国に要望した。 このnoteを執筆した東氏は1988年生まれ。 京都大学大学院工学研究科出身で、外務省などを経て、2017年に四條畷市長に初当選したという経歴の持ち主だ。 noteは広く拡散し、「想像はしてたけど、やはり大変な作業量だよな... 」「この仕事、絶対やりたくないわ...... 担当者様、本当にお疲れ様です」と職員への労いや、「ひどいわ。 オンライン申請で、する方もされる方も省力化でハッピーと思っていたのに」「オンラインで申請しても印刷して郵送と同じ状態にしてるのか... 」など驚きの声があがっている。

次の