念書 見本。 贈与契約書の雛形(書式)と書き方 [相続・相続税] All About

概要・概略・あらまし―示談書・覚書・念書・協定書の違い

念書 見本

通常の契約書では、当事者同士が合意した内容の書面を2通作成し、双方が署名・押印します。 これに対して、念書は1枚作成し、差し出す側のみが署名・押印します。 契約書は当事者双方が同じ内容の書面を保有しますが、念書の場合は一方のみが保有することになります。 ビジネスにおいては、ある事柄について「どのような件で」「どのような条件で」約束したのかを文書化したものが念書です。 契約書ほどの法的効力はありませんが、何かトラブルが発生した際には「このような条件で約束があった」という証拠になります。 念書には決まった書式というものはなく、比較的自由に作成することができます。 企業によっては、さまざまな約束事に対して念書のフォーマットを用意していることもあります。 退職する従業員に対して退職後に会社の機密を漏らさないように約束させるもの、ミスに対する反省を示すために書かせるもの、などがあります。 また、交通事故を起こした相手に対して書かせる念書も一般的です。 以下のような内容を盛り込んでおきましょう。 「念書」と書きます。 場合によっては個人ではなく、企業が相手になることもあります。 それ以外の場合は念書を書く人の住所を書きます。 機密を漏らさない、過失に対しての反省、借金の返済などの内容が一般的です。 約束を守るのは誰なのか、はっきり書くようにします。 上記を踏まえ、一般的な念書のフォーマットを幾つかご紹介します。

次の

「契約書」「覚書」「念書」「確認書」「協定書」「誓約書」の違い

念書 見本

念書の見本・サンプル ワードで作成した念書の書き方のテンプレートです。 これが念書の基本書式・フォーマットの雛形となります。 シンプルな内容ですので、ビジネスでも使用できるかと思います。 当サイトで人気の高いテンプレートです。 念書とは、当事者間の一方が作成し、他方に交付する形式の簡単な(契約書というほどのものではない)合意書のことをいいます。 念書と似たものに示談書、覚書などがありますが、これらの違いについては次のページを参照してください。 念書というと、実際にはあいまいな表現のものが多く、また、単に謝罪の意思を表明するために作成される場合も多いようですが、合意内容さえ明確であれば、その 効力は契約書と変わりません(単なる名称の違い)。 もちろん、約束違反を理由に即時に強制措置はできませんが、これは契約書などでも同じことです。 即時の強制措置を可能にするには、公正証書にします。 本テンプレートは、念書の書き方・形式だけといいますか、本文(内容)のない、空の文章構成だけの様式の見本・サンプルです。 具体的な文例については、たとえば次のページなどを参照してください。 では、念書の書き方の見本・サンプル・ひな形・たたき台としてご利用・ご参考にしてください。 なお、本テンプレートと同趣旨ですが、Office 2007以降のファイル形式(拡張子がdocx)で新たに作り直したバージョンが次のページにありますので、あわせてご参考にしてください。

次の

「念書」の意味とは?覚書との違いや書き方も【テンプレート付き】

念書 見本

なお、公証人によっては、下記の記載をしてくれない場合もございますので、 ご自分で本無料サイトをみて作成される方は、 公正証書を作られる場合はお気をつけ下さいませ。 乙は;丙及び丁の護者となりそれぞれが成年に達するまで、これを引き取り養育する。 に加えて、 例えば、まだ、 子供が産まれる前の 子供の特定の為の記載に関しては、 子供の出生予定日を記載することになります。 そのような場合には、就職するのを条件として、 養育費の元ご夫婦での負担割合を「0:100」と することも可能でございます。 また、ご主人の持ち家で、 離婚後、妻と子供たちがその家に 無料で住む代わりに養育費を「0円」としたい場合も上記の条文が使用可能です。 なお、利息は定めない。 口座名義人を、子供名義か、それとも子供を実際に 監護養育している者の名義にするか争いになる ことがございますが、 一般的には、実際に子供を監護養育している者の名義にしているようです。 第5条甲の丙丁に対する 面接交渉については、以下の内容とする。 面接は月に*回、*時間、場所は協議の上、決定する。 面接時は事前に甲は乙に連絡するものとする。 離婚すれば、離婚して別かれた元夫(元妻)に子供を会わせたくないという気持ちから、 面接交渉権を一切認めないという趣旨での公正証書を希望される方がいらっしゃいます。 しかし、 面接交渉権がきちんと認められている方が、 養育費を定期的に払うようになるという統計がございますので、 養育費の為には、上記の面接交渉権の定めを記載する事を お勧めいたします。 第6条 甲が、次のいずれか1つの事由に該当するときは、期限の利益を失い、 催告を要しないで直ちに残金全部を完済する。 1、各金銭債務の割賦金を*回以上怠ったとき。 2、破産、民事再生手続開始の申立がなされたとき。 3、他の債務につき差押、仮差押、仮処分又は強制執行、 担保権実行を受けたとき。 4、国税滞納処分を受けたとき。 5、本契約の条項に違反したとき 通販などで、分割払いで商品を購入されれば 必ず 契約書に記載されている規定でございます。 (一度通販などを購入したことがある人なら、確認してみてください。 ) この規定により、例えば、元ご主人に200万円の金額を請求できる権利があり、毎月4万円ずつ支払いを元ご主人がしていた場合に当該支払いを例えば一回でも怠れば、全額に対して強制執行をすることができるよ。 と定めておけば、200万円全額に対して強制執行が可能となります。 通常、公的な約束事をする場合には、定められている条項ではあるのですが、 公正証書の作成は一生に一度しかありませんので、上記条文の記載漏れなどは十分にお気をつけください。 第7条甲と乙は、本契約に定めた以外には相手方に対し、何らの 請求をしないこと及び甲乙以外の者が本件合意内容には一切干渉しないことを相互に確認した。 第8条本合意内容は甲乙それぞれが再婚した場合にも継続する。 例えば 養育費を支払う義務を負う者が、 結婚をし、その 再婚相手との間に子供ができれば、 その子供に対しても、生活費を 出さなければならなくなるため、 養育費等の金額を見直す 必要性が出てまいります。 その際は、当事者で金額を定め、再度養育費の金額のみを 公正証書若しくは 離婚協議書にします。 第9条甲は、本証書記載の金銭債務を履行しないときは、直ちに強制執行に服する旨陳述した。 この記載を 公正証書に入れることにより、 調停、審判、 裁判等をしなくとも、 義務を果たさない場合は、 金銭債務に関して、強制執行が可能となります。 当事務所でも事案によってはお付けしない場合もありますが、お付けするようにしております。 第10条本契約から発生する一切の紛争の第一審の 管轄裁判所を乙の住所地を管轄する地方裁判所とする。 当事者で予め争う裁判所を決めておくことも 可能でございます。 例えば、 離婚すれば、当事者の一方が、 他方とは異なる住所に住むようになりますが、 その際、その距離が離れた場合で、 何か離婚後でも争いが生じた場合に備えて、 保険としてお付けする条項でございます。 平成 年 月 日 (甲) 住所 氏名 (乙) 住所 氏名 *実印は捨印を考慮して必ず2箇所にしてください。

次の