大西 小児科。 《口コミ3件》 大西小児科(船橋市

専門医名簿検索|公益社団法人 日本小児科学会 JAPAN PEDIATRIC SOCIETY

大西 小児科

12 サイトリニューアルしました。 1 嶋緑倫医師が奈良県立医科大学理事(教育・研究担当)・副学長・医学部長に就任しました。 竹田洋子医師、秋定直宏医師、秋定博子後期研修医、池田衣里後期研修医、長谷川菜摘後期研修医、政木明子後期研修医、清水ー貴後期研修医が小児科に、山口侑加後期研修医、大西将央後期研修医、佐々木彩後期研修医、高田晃司後期研修医がNICUに着任しました。 堀内薫ラボテクニシャンが小児科研究室に着任しました。 31 嶋緑倫教授が退官しました。 大久保天進医師、柳野智医師、吉川侑子医師が異動しました。 渡壁麻依医師が退職し、埼玉県立小児医療センター血液・腫瘍科へ留学しました。 H31. 29 辻井信之診療助教が日米小児科学会Fellow Exchange Program Awardに選出されました。 H31. 1 辰巳公平医師、小田朗永特任助教が入局しました。 石川智朗医師が医局長に就任しました。 越智聡史医師が病院助教に就任しました。 渡壁麻依医師、北野泰斗医師が小児科医員に就任しました。 大久保天進後期研修医、柳野智後期研修医、山口侑加後期研修医、吉川侑子後期研修医が小児科に就任しました。 住川秘書が入職しました。 川口達也医員、青木宏諭後期研修医、伊藤陽子後期研修医、齋藤瞬後期研修医、水町邦義後期研修医が異動しました。 H31. 31 志田泰明助教が退職しました。 越智聡史医師が大学院を卒業しました。 早藤秘書が退職しました。 H31. H30. H30. H30. H30. H30. H30. H30. 6 辻井信之診療助教が2018年 日本小児循環器学会Young Investigator's Award YIA を受賞しました。 H30. H30. H30. H30. H30. H30. H30. H30. 1 坂田飛鳥博士研究員が入局しました。 H30. 1 寄附講座および 共同講座を開設しました。 矢田弘史医師が血友病教育学講座助教に、 古川晶子医師が血栓止血分子病態学講座助教に、 坂田飛鳥博士研究員が血栓止血医薬生物学共同研究講座助教に就任しました。 H30. 1 大前隆志医師が地域医療学講座特任助教に就任しました。 川口達也医師が小児科医員に就任しました。 青木宏諭後期研修医、伊藤陽子後期研修医、北野泰斗後期研修医、齋藤瞬後期研修医、 水町邦義後期研修医が小児科に就任しました。 秋定直宏医員、西川有希医員、芳田龍太医員が異動しました。 渡壁麻依後期研修医が新生児集中治療部に異動しました。 H30. 31 平成30年度奈良医大小児科研修プログラムの募集は終了しました。 5人の専攻医が4月より小児科研修を開始します。 H30. 31 松本智子特任助教が退職しました。 矢追博章大学院生が卒業しました。 H30. H30. H29. H29. H29. H29. H29. 1 武山雅博助教が講師に昇任しました。 佐伯しのぶ後期研修医, 青木宏諭後期研修医が異動しました。 水町邦義後期研修医が新生児集中治療部に就任しました。 H29. H29. H29. 5 志田泰明助教、荻原建一助教、矢田弘史特任助教、松本智子特任助教が 日本血栓止血学会評議員に就任しました。 H29. H29. 30 辻井信之診療助教が日本小児科学会指導医を取得しました。 H29. H29. 1 志田泰明助教が日本血液学会指導医の資格を取得しました。 H29. 1 武山雅博助教が日本小児感染症学会暫定指導医を取得しました。 H29. 10 亀岡 万愉医局秘書が退職しました。 H29. 1 秋定直宏後期研修医、川口達也後期研修医、佐伯しのぶ後期研修医、西川有希後期研修医、 渡壁麻依後期研修医が小児科に就任しました。 青木宏諭後期研修医、志野陽子後期研修医、芳田龍太後期研修医が新生児集中治療部に就任しました。 下西成人医師、中島由翔医師が大学院医学研究科に入学しました。 平川里奈医局秘書、野田ゆかり研究室秘書が就任しました。 H29. 31 杉本充彦血栓制御医学教授が退官しました。 野村明孝医員が退職しました。 梶本昂宏小児科後期研修医、小林遼平小児科後期研修医、友松典子小児科後期研修医が異動しました。 田仲陽子研究室秘書が退職しました。 H29. 21 平成29年度奈良医大小児科研修プログラムの募集は終了しました。 3人の専攻医が4月より小児科研修を開始します。 H29. H29. 1 石原 卓 助教が日本血液学会指導医の資格を取得しました。 H29. 21 辻井信之診療助教が日本小児循環器学会専門医を取得しました。 H28. 1 中川隆志助教が日本周産期・新生児医学会周産期専門医 新生児 を取得しました。 H28. H28. 1 武山雅博助教が平成28年度 第35回 先進医薬研究振興財団 血液医学分野 一般研究助成金を獲得しました。 H28. 30 古川晶子大学院生が大学院博士課程を修了しました。 H28. H28. H28. H28. 2 松本智子特任助教が平成28年度 日本臨床検査医学会学会賞 検査・技術賞を受賞しました。 H28. 1 2017年度の奈良医大小児科後期研修を希望される方へ ~後期研修プログラムの掲載と募集要項について~• H28. 27 志田泰明助教がBayer Hemophilia Award Special Project Award を受賞しました。 H28. 5 矢田弘史特任助教が第23回奈良県立医科大学 中島佐一学術研究奨励賞を受賞しました。 H28. H28. H28. H28. H28. 1 石川智朗助教が日本腎臓病学会専門医を取得しました。 石原卓助教が日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医を取得しました。 H28. 1 野村明孝医員、大前隆志医員、梶本昂宏小児科後期研修医、友松典子小児科後期研修医、中島由翔小児科後期研修医が小児科に就任しました。 谷 有貴医員、川口達也後期研修医、下西成人後期研修医が新生児集中治療部に就任しました。 H28. 31 高橋幸博教授が退官しました。 竹下泰史助教、渡邉昭雄後期研修医、西川宏樹後期研修、高木久美子後期研修医、芳田龍太後期研修医が異動しました。 H28. 15 南 博明 大学院生が大学院博士課程を修了、神谷 尚 大学院生が医学修士号を取得しました。 H28. H28. 31 高橋幸博教授、嶋 緑倫教授、西久保敏也准教授、内田優美子助教、武山雅博助教、釜本智之助教、 志田泰明助教、石川智朗助教、石原 卓助教、榊原崇文助教、長谷川真理診療助教が小児科学会認定小児科指導医を 取得しました。 H28. 27 矢追博章大学院生が第8回バクスアルタ凝固関連研究基金を受賞しました。 H28. H27. H27. 28 矢田弘史特任助教が平成27年度奈良県医師会学術奨励賞を受賞しました。 H27. 27 内田優美子助教が医学博士号を取得しました。 H27. 1 西本瑛里医員が助教に昇任しました。 H27. H27. 1 西川宏樹医員が小児科に就任しました。 木村安津美研究室秘書が退職しました。 H27. H27. 1 岸本 美枝子医員が異動しました。 H27. 1 林 環助教が退職し、海外留学しました。 H27. H27. 31 小林 久美 ラボテクニシャンが退職しました。 H27. H27. H27. 6 竹中亜利沙ラボテクニシャンが就任しました。 H27. H27. H27. 1 辻井信之診療助教が就任しました。 利根川仁医員が助教に昇任しました。 越智聡史医員が大学院医学研究科に入学しました。 岸本美枝子医員、渡邊昭雄医員、高木久美子医員、芳田龍太医員が小児科に就任しました。 中島由翔医員、友松典子医員が総合周産期母子医療センター新生児集中治療部門に就任しました。 近藤由佳医員、下西成人医員、薮本仁美医員、大塚敬太医員が異動しました。 亀岡万愉医局秘書が就任しました。 H27. H27. H27. 21 石原 卓助教が小児血液・がん専門医を取得しました。 H27. 1 武山雅博助教、大西智子診療助教がICD(インフェクションコントロールドクター)を取得しました。 H26. 22 総合周産期母子医療センター新生児集中治療部門のご案内を更新しました。 H26. 30 米濱 純恵 医局秘書が退職しました• H26. H26. 1 大塚敬太医員、濱中瑛里医員が総合周産期母子医療センター新生児集中治療部門に就任しました。 H26. 30 本田晃生医員、大仲雅之医員が総合周産期母子医療センター新生児集中治療部門から異動しました。 H26. 30 辻本 佳世 医局秘書が退職しました• H26. H26. 16 矢田弘史特任助教が臨床研修指導医を取得しました。 H26. H26. H26. 6 志田泰明助教が厚生労働省 臨床研修指導医および日本小児科学会 指導医講習会受講証を取得しました。 H26. H26. 30 松本智子博士研究員が第49回 小島三郎記念技術賞を受賞しました。 H26. 22 武山雅博助教が第21回 奈良県立医科大学 中島佐一学術研究奨励賞を受賞しました。 H26. H26. 7 米濱 純恵 医局秘書が就任しました。 H26. H26. 14 木村 安津美 研究室秘書が就任しました• H26. 10 診療グループの紹介にを追加しました。 H26. H26. 1 嶋 緑倫教授が奈良県立医科大学研究部長に就任しました。 長谷川真理診療助教、越智聡史医員、近藤由佳医員、下西成人医員、薮本仁美医員が小児科に就任しました。 本田晃生医員、大仲雅之医員、利根川 仁医員が総合周産期母子医療センター新生児集中治療部門に就任しました。 矢追博章先生、神谷 尚さんが大学院医学研究科に入学しました。 スタッフ紹介、外来担当表を変更しました。 H26. 31 新居育世助教、箕浦啓宣医員、本田晃生医員、大仲雅之医員、田口真輝医員、谷 有貴医員が異動しました。 菊川舞子医局秘書が退職しました。 H26. H26. H26. 31 吉澤弘行助教が日本小児循環器学会専門医を取得しました。 H26. 12 武山雅博助教が厚生労働省 臨床研修指導医および日本小児科学会 指導医講習会受講証を取得しました。 H26. 1 辻本佳世が医局秘書に就任しました。 H25. 15 榊原崇文助教が日本小児神経学会認定小児神経専門医を取得しました。 H25,9,11• H25,8,1 志田泰明助教が就任しました。 H25,7,31 荻原建一助教が退職し、Queen's University(カナダ)に留学しました。 H25,7,24• H25,6,25• H25,6,25• H25,4,1 武山雅博診療助教が助教に昇任しました。 石原 卓助教、中川隆志助教が就任しました。 中川智子医員が診療助教に昇任しました。 箕浦啓宜医員、本田晃生医員、大仲雅之医員、田口真輝医員、谷 有貴医員が就任しました。 外来担当医が変更になりました。 H25,3,31 西屋克己講師、山田佳世助教が退職しました。 矢追博章医員、大塚敬太医員、利根川仁医員、濱中瑛里医員が異動しました。 土井政明先生が大学院を修了されました。 H22,4,1 ホームページを更新しました。 H21,1,1 嶋 緑倫が小児科教授に就任いたしました。 H20,9,30 奈良医大小児科が日本小児循環器学会専門医修練施設群に認定されました。 H20,2,26 小児科 交流会(卒後2年目ローテータ対象)の開催が決定いたしました。

次の

滋賀県大津市/小児科

大西 小児科

小児科の診療は大きく外来部門と入院部門に分かれます。 外来は午前中の一般外来、主として午後からの専門外来及び時間外診療があります。 午前の一般外来は1診、2診の診療体制で一日平均30~40名の受診があります。 専門外来は小児神経、小児循環器、小児内分泌・代謝、小児血液・腫瘍、小児腎臓、小児感染免疫、新生児、小児呼吸器・アレルギーなど各分野を網羅しており、各分野の専門医が診療にあたっています。 診療曜日は分野により異なりますので、ご確認ください。 入院は様々な疾患に対応できるように、すみれいろの丘、ぶどういろの丘、あおいろの丘の一般小児3病棟、総合周産期母子医療センターのNICU、GCU、および小児集中治療室 PICU に分かれています。 時間外の救急診療は24時間体制で行っています。 休日・準夜帯は2名、深夜帯は1名の小児科医で診療しています。 主要な疾患について 一般病棟には年間約2,500名の新入院があります。 入院患者の約半数は時間外の救急患者であり、急性疾患の多くはウイルス性及び細菌性の気道感染症、ウイルス性の 胃腸炎(嘔吐下痢症)などです。 急性疾患以外には、小児神経疾患(てんかん、脳炎脳症など)、循環器疾患(先天性心疾患など)、血液・腫瘍疾患(小児がんなど)、川崎病、腎疾患、膠原病、糖尿病などの専門的疾患の入院があります。 香川県小児救命救急センターと幅広い分野の専門医を擁することから、三次救急・専門的疾患は香川県だけでなく、広く四国4県から患者さんを受け入れています。 40年の歴史をもつ新生児部門(NICU・GCU)は、四国で最初に総合周産期母子医療センターの指定を受けており、母体搬送、新生児搬送で超低出生体重児や新生児外科疾患など幅広い新生児疾患に対応しています。

次の

スタッフ紹介

大西 小児科

小児科の診療は大きく外来部門と入院部門に分かれます。 外来は午前中の一般外来、主として午後からの専門外来及び時間外診療があります。 午前の一般外来は1診、2診の診療体制で一日平均30~40名の受診があります。 専門外来は小児神経、小児循環器、小児内分泌・代謝、小児血液・腫瘍、小児腎臓、小児感染免疫、新生児、小児呼吸器・アレルギーなど各分野を網羅しており、各分野の専門医が診療にあたっています。 診療曜日は分野により異なりますので、ご確認ください。 入院は様々な疾患に対応できるように、すみれいろの丘、ぶどういろの丘、あおいろの丘の一般小児3病棟、総合周産期母子医療センターのNICU、GCU、および小児集中治療室 PICU に分かれています。 時間外の救急診療は24時間体制で行っています。 休日・準夜帯は2名、深夜帯は1名の小児科医で診療しています。 主要な疾患について 一般病棟には年間約2,500名の新入院があります。 入院患者の約半数は時間外の救急患者であり、急性疾患の多くはウイルス性及び細菌性の気道感染症、ウイルス性の 胃腸炎(嘔吐下痢症)などです。 急性疾患以外には、小児神経疾患(てんかん、脳炎脳症など)、循環器疾患(先天性心疾患など)、血液・腫瘍疾患(小児がんなど)、川崎病、腎疾患、膠原病、糖尿病などの専門的疾患の入院があります。 香川県小児救命救急センターと幅広い分野の専門医を擁することから、三次救急・専門的疾患は香川県だけでなく、広く四国4県から患者さんを受け入れています。 40年の歴史をもつ新生児部門(NICU・GCU)は、四国で最初に総合周産期母子医療センターの指定を受けており、母体搬送、新生児搬送で超低出生体重児や新生児外科疾患など幅広い新生児疾患に対応しています。

次の