エギング とは。 エギングロッドを使う時の3つのコツと5つのテクニックとは?

エギングセットおすすめ7選!入門者に最適なセットと選ぶポイントとは|TSURI HACK[釣りハック]

エギング とは

Sponsored Links エギとは エギとは漢字で餌木と書きます。 日本に昔からある釣具の一種で、漁師さんが海に浮いている木にイカが抱きついている様子を見て考案されたと言われています。 頭の先端にある金具を 「ラインアイ」と呼び、ココにリーダーを直接結んだり、スナップを引っ掛けます。 また、オモリをここに引っ掛けることで、エギを早く沈めることも可能です。 お尻にある針のことを 「カンナ」と呼びます。 通常、釣具の針は返しという針が中々抜けない構造をしているのですが、エギに付いているカンナは返しがなく、引っ掛けてもすぐに抜けます。 顔の下側にあるオモリを 「シンカー」と呼びます。 この重りの重さによってエギの沈むスピードが異なります。 エギの種類 エギングがブームになり、釣具のメーカーから多くの種類のエギが発売されています。 シンプルなエギ、巻くだけで釣れるエギ、よく飛ぶエギ、音がなるエギなどメーカーによって様々です。 エギの重さもノーマルタイプ、シャロータイプ、シンキングタイプ、ヘビーシンキングタイプとあり、シャロータイプはゆっくり沈んでいきますので浅場で使います。 シンキングタイプは早く沈むので深場や潮の流れが早い所で使用します。 エギのサイズ 3. 5号を基準として3. 0号~4. 0号の間のエギを使用するのが一般的です。 基本的には小さいエギは小さい子イカ用、大きいエギは大きい親イカ用として使用します。 重さに関しては0,5号あたり3gですので、3. 5号になると約20gです。 長さに関しては1号あたり3cmですので、3. 5号になると約10cmとなります。 メーカーやエギの種類によって異なりますので目安としてお考え下さい。 Sponsored Links エギのカラー エギのカラーもバリエーションが豊富です。 エギのカラーはベースカラーとボディーカラーの2つから構成されています。 エギは本体をベースカラーで覆い、その上を布地のボディーカラーで覆うという2重構造で構成されています。 ベースカラーとはエギの下地に当たる色のことです。 下地ですので、エギの下半分の色ではないので、勘違いしないようにしてください。 ボディーカラーはベースカラーを包む布地のカラーのことを指します。 布地ですので布の網目の隙間からベースカラーが見えます。 カラーに関しては明るい色をアピール系、海に近い色をナチュラル系、暗い色をダーク系と呼びます。 その日の天候や海の状況、時間帯に合わせてエギのカラーを選択することがエギングの醍醐味でもあります。 エギの選び方については「」をご参照ください。 エギの値段 エギの値段はメーカーによってバラバラです。 500円くらいの物から1000円をこえるエギもあります。 値段が高いからよく釣れる。 安いから釣れないというわけではありません。 私の考えですが、エギに求める条件は1つです。 それは、エギが沈んでいく時にまっすぐキレイに落ちていくかどうかです。 安物のエギは、まっすぐキレイに落ちずにブレたりします。 最近は100円ショップでもエギが売っていますが、私には合いませんでした。 ですが、100円ショップのエギでも釣れたという話はよく聞きますので、悪いエギではないのだと思います。 「」で、このサイトを御覧頂いている皆様にアンケートを取ったページがあります。 エギ王やエメラルダスなどのメーカーのエギもあれば、100円ショップのエギも結構良い順位をつけてますので、100円の物でも案外いけるのかもしれないですね。

次の

エギングとは?⇒『エギ』でイカを狙う釣り方です!【初期費用も解説】

エギング とは

『エギング』とは? タイトルにある通り、エギングは『エギ』と言われる日本古来のルアー(疑似餌)を使用してイカ類を狙う釣り方です。 エギで釣れたアオリイカ 写真は神奈川県の横浜某所で釣れたアオリイカ。 意外にも都市近郊の身近な場所にもイカは潜んでいます。 日本全国の至る所でイカは狙うことは可能。 エギングには技術的な要素はもちろんあります。 ですが、基本の釣り方さえ押さえてしまえば、初心者の方でもハードルが低い釣りです。 エギングで釣れるイカの種類 エギングで釣れるイカの種類はすっごく抱負。 日本では、 アオリイカ、ヒイカ、ヤリイカ、スルメイカ、ケンサキイカ、コウイカといった種類のイカを狙うことができます。 と、言ってもピンときませんよね・・・。 地域によって狙えるイカの種類は微妙に異なりますが、陸から狙う場合、もっともポピュラーなのが アオリイカです。 どのイカも食味は抜群。 新鮮なイカを食べることができるのは釣り人の特権ですね。 写真はコウイカ(スミイカ)。 色んな種類のイカが狙える。 エギングに必要な釣具(道具) エギングに必要な釣具(道具)をご紹介します。 結論から言うと、 ・クーラーボックス ・ジップロック的なイカを入れる袋 ・ギャフ(イカを引っ掛けて陸に上げる道具) ・エギを入れるケース イカを食べる人はクーラーボックス必須 基本的にエギングをやる方は、イカを持ち帰って食べるのが前提なのではないでしょうか?なので、クーラーボックスや氷は必須かもしれません。 イカは軟体生物なので、そこまで大きなクーラーボックスでなくても、押し込めば何とか入ります(笑)。 僕は小さなイカのシーズンしかエギングをやらないので、クーラーボックスは小型の8Lで十分です。 MAXで5杯の小型イカまでは詰め込んだことがあります。 「デカいイカしか狙わない」という方は15Lくらいを目安にクーラーボックスを選んでみてください。 ちなみに15Lくらいになると、電車での移動はややキツイです。 冬場は保冷力が問題なく効きますが、夏場の3時間以上の釣りになると、氷はドロドロに溶けちゃいます。 僕の場合、「美味しいイカを食べる」というのも楽しみの1つなのでクーラーには10,000円ほど出す価値があると思ってます。 ギャフに関しては、最初はあんまりこだわりを持つ必要はないです。 確かに高価なギャフは錆びにくくて丈夫なのですが、それはエギングを長く続けよう!と思ってから購入すればOK。 最初は5,000円以下の安いギャフでもOKです。 エギングの魅力は何といっても、「釣れるイカが旨い!」ということ。 周囲を海に囲まれた日本の釣り人にとって、最高に贅沢な時間を過ごすことができます。 ただ、イカを食べるだけならスーパーで買えば良い話。 釣りの醍醐味でもある「自然の中で遊ぶ」「朝焼けや夕やけを見ながらノンビリと時間を過ごす」といった何モノにも代えがたいところに本質的なエギングの魅力があると思います。 (エギングに限った話ではないですけどね) 特に近くに海がある方にはすっごくオススメの釣りです。 社会人生活を釣りに極振りしてきた誇り高き戦士。 海・川・山どこにでもいく雑食系アングラー。 釣り歴は10年ちょい。 関連する記事• 2020. 19 みなさんこんにちは、ぶんぶんです。 今回は初心者の方にもわかりやすく「アジング・メバリング」について解説します。 何を隠そう、僕自身も初めてチャレンジ[…]• 2020. 19 みなさんこんにちは、ぶんぶんです。 という疑問に答えます。 渓流釣りにオススメの釣具(タックル)一式を紹介します。 「とりあえずこれを買えば、渓流釣りは[…]• 2020. 15 みなさんこんにちは、ぶんぶんです。 今回は、 という疑問に答えます。 こんな「美形」の渓魚たちに出逢うための、タックル選びを解説していきます。 ちなみ[…].

次の

エギングとジギングの違いは何なのでしょうか釣りの初心者ですお...

エギング とは

エギングのタックル エギングでは主に 7~9ft(メートルに換算すれば約2. 1~2. 7m)のルアーロッドが使用されます。 バスロッドやシーバスロッドでもできないことはないのですが、シャクリを多用するエギングに合わせて造られた胴に張りのある専用ロッドを使用するのが最もオススメです。 5号とかのエギを使ってヒイカなどの小型のイカを狙う場合にはメバリングロッド、アジングロッドが使用されることもあります。 アウトガイドとインナーガイド エギング用のリール エギングでは主に 2000~3000番のスピニングリールが使用されます。 専用のリールも発売されていますが、使えそうなリールを既に持っているなら流用しても大丈夫です。 エギング用のリールには止めた時にハンドルが回らい等の理由からダブルハンドルのものも多いですが、シングルハンドルでも特に問題はありません。 使いたいラインが100~150m程巻けるリールを選びますが、PEラインは細いので浅溝スプールでないと巻き終わっても余計なスペースが残ってしまうことがあります。 その場合は際にいないラインは下巻きしておくとよいでしょう。 シャクルときに負担にならない軽くて丈夫なリールを選びましょう。 PEラインとはポリエチレンの繊維を編んで作ったラインのことで、ナイロンラインやフロロカーボンラインよりも強度が高いためより細い号数を使うことが可能になります。 細い号数を使うことで空気抵抗を減らして飛距離を稼ぎやすくなりますし、ライン浮き、延びがほとんどないため緩急をつけたアクションを必要とするエギングでは圧倒的に有利となります。 しかしPEラインは摩擦に弱いという弱点があるため、先端に1. 5mほどフロロカーボンラインをショックリーダーとしてFGノット、ノーネームノットなどで接続します。 釣れているイカのサイズに合わせて ラインは0. 4~1. 2号、リーダーは1. 5~3号を使用します。 5号ぐらいまでのサイズがあり、アオリイカの場合主に2. 5~4号が使用されます。 5号が最も標準的な大きさで、要は釣れているイカのサイズにあわせればオーケーです。 エギの形にはストレート系の大分型、くねくねした山川型などがあり、カラーや模様も多様です。 どの色や形がいいかは、晴れてるのか曇ってるのか、昼の釣りなのか夜釣りなのか、ベイトはなにかなどにより違ってくるため一概には言えません。 ですので最低数種類のエギを持っていって色々試してみるのがよいと思います。 中にはアワビシートと呼ばれるキラキラしたシールをエギに貼るったり自分好みに改造する人もいます。 また、エギには沈みやすさに応じてシャロータイプ、ディープタイプなど用意されていることが多いので、釣り場の水深やイカへの活性などを考慮して選びます。 スナップ アオリイカ釣りのシーズン アオリイカは夏に生まれて、次の年の春から初夏にかけて産卵を終えると基本的には死んでしまいます。 そのため釣れるイカのサイズも季節によって全く変わってくることになります。 夏に生まれたイカが釣れだすのが秋口で、この時期はまだサイズが小さい代わりに数釣りが楽しめます。 冬になると深場に移動して余り釣れなくなりますが、春には産卵のため浅瀬にやってきます。 この頃には大きいものだとキロを超えるサイズまで成長おり、スリリングなやり取りが楽しめます。 ポイントと時間帯 磯でも堤防でも狙えますが、アオリイカは海藻に卵を産みつけるので、ある程度水深があって、海藻の生い茂っているところが好ポイントとなります。 時間帯は昔は夜釣りのイメージが強かったですが、最近は昼間に狙う人も多く、それなりの釣果があがっています。 昼間の釣りの場合は水中の様子を窺い知ることのできる偏光グラスがあると便利です。 アクション エギングの基本的なアクション シャクリ&フォール アオリイカは目がよく好奇心が旺盛で派手な動きに翌反応します。 しかし、その反面エサをとるのはあまり上手ではありません。 そこでロッドを大きくシャクる(ジャークする)ことでエギを跳ね上がらせてイカにアピールしておいて、ゆらゆらとフォールさせている間にイカにエギを抱かせようというのがエギングでもっともよく使われる戦略となります。 またシャクった後一瞬とめてから再びシャクる2段シャクリもよくつかわれます。 ダート 上下左右に小刻みにロッドを揺らしながらリトリーブすることでエギに左右への不規則な動き(ダート)を起こさせることができます。 特に食欲旺盛な秋イカに有効とされるテクニックです。 棒引き シャクリのイメージが強いエギングですがただ巻きでも以外とイカは釣れるます。 イカが喰いつくタイミングを与えるために時々止めてやるのがよいでしょう。 カーブフォール これはシャクるところまでは上記と同じですが、フォールさせる際にラインにテンションをかけておくことでエギをカーブさせながら沈めていくテクニックです。 取り込み.

次の