笠井アナ余命 ブログ。 笠井アナ謝罪 マスク動画公開し森公美子に批判集中

乳がん“ステージ4”の妻を支える家族の絆。不安を払拭するために夫が率先してやったこととは…

笠井アナ余命 ブログ

目次 「笠井信輔アナウンサーのがん(悪性リンパ腫)の症状は? 悪性リンパ腫は発生場所によっては自覚症状が分かりづらいと言われていますが、笠井アナウンサーは悪性リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)が見つかる前から、体調不良を感じていたそうです。 悪性リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)の主な症状は以下の通りです。 典型的な全身症状は、発熱、寝汗、体重減少。 中枢神経系(脳)原発の場合は感覚障害や麻痺(まひ)などがみられ、胃原発の場合は出血や潰瘍(かいよう)性病変がみられることがあります。 引用: 笠井アナが感じていた体調不良は、 頻尿、腰痛、急激な体重減少(-3kg)だったようです。 頻尿は前立腺肥大症が原因と思われますが、腰痛や体重減少は悪性リンパ腫の症状でしょう。 現在はがんが全身に広がっている状態ということで、日常生活の中でも肩や腰に強い痛みを感じていると話しています。 現在は市販薬の中でも一番効くという鎮痛剤を飲みながら仕事をしているようで、痛みが緩和される時間は平均4時間、調子が良いと6時間持続するとのことです。 痛み止めが切れるとかなりの激痛が肩と腰を襲うそうなので、早めに治療に入って欲しいなと感じました。 また、12月7日に放送された『 鉄道沿線ひたすら歩き旅6』では、40km以上歩いた後に肩の強い痛みを訴えています。 撮影されたのが10月下旬だったそうなのですが、笠井アナは「たくさん歩いて疲れたからだと思っていたが、思い返してみればあれが悪性リンパ腫の予兆だったのかもしれない」と話していました。 スポンサーリンク 笠井信輔アナウンサーががん(悪性リンパ腫)になった原因は? 笠井アナウンサーが悪性リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)というがんになってしまった原因は何なのでしょうか。 健康な状態であればリンパ球の中にがんが生まれてしまっても、自身の免疫細胞が排除してくれるので、がんにはなりません。 しかし、免疫力が低下していると免疫細胞が勝つことが出来ずに、がん細胞が過剰に増殖してしまうのです。 笠井アナウンサーも 多忙で免疫力が落ちていたところにタイミング悪くがんが発生して増殖してしまったのかもしれませんね。 また、がん専門サイト「がん治療. com」には、悪性リンパ腫(非ホジキンリンパ腫)の原因が以下のように記載されています。 【免疫不全】 先天性及び後天性の免疫不全の罹患者または、免疫不全を引き起こす薬剤の治療を受けた場合、非ホジキンリンパ腫のリスクが増大することが報告されています。 【細菌感染】 日本では胃に発生する悪性リンパ腫が多く、ヘリコバクター・ピロリ菌と非ホジキンリンパ腫の感染の関係性が報告されています。 【ウイルス感染】 ヒトT細胞白血病ウイルス(HTLV-Iウィルス)の感染や、C型肝炎ウイルスの感染が非ホジキンリンパ腫の感染と関係していることが報告されています。 【農薬および化学物質の暴露】 除草剤、害虫駆除剤、肥料を職業的に扱っている作業者と非ホジキンリンパ腫の発生との関係が明らかになっています。 また、有機溶剤、有機塩素系殺虫剤、ポリ塩化ビフェニールも非ホジキンリンパ腫の原因になり得るという報告があります。 【ダイエットや生活習慣】 動物性たんぱく質の摂取や脂肪の摂取が非ホジキンリンパ腫の原因になり得るとの報告があります。 引用: これらはあくまでも原因として考えられる、報告されているというレベルですが、遺伝性のものというよりは私たち自身の生活習慣が元で発生する可能性があるということでしょうか。 悪性リンパ腫は1万人に1人がかかるがんと言われていますが、原因を見ると誰が発症してもおかしくないと感じます。 悪性リンパ腫を予防する方法は? 悪性リンパ腫を予防する方法としてはがん専門サイトに明確な記述はありませんでした。 上記で挙げた「悪性リンパ腫の原因と考えられることを習慣にしない」ことが大切なのではと思います。 免疫力を高める• 除草剤・害虫駆除剤の使用時には十分注意する• 動物性タンパク質の過剰摂取に気をつける など、私たちの生活の中で気をつけられることは多くありそうです。 スポンサーリンク 笠井信輔アナウンサーのように悪性リンパ腫を早期発見する方法はあるの? 笠井アナは9月のフジテレビ退職後に頻尿や腰痛に悩まされ、体重が3kg減少したことも「多忙のため」と思っていたそうです。 しかし、あまりに続く体調不良に病院で検査をしたところ前立腺肥大だったことが分かり、その際に肩と腰が病巣の悪性リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)が見つかっています。 ということは、 「多忙が原因だ」「加齢が原因だ」と自己判断して検査を受けに行っていなかったら病状は悪化していたに違いありませんね。 体調不良での早期受診や定期的ながん検診がいかに大切なものかを思い知らされます。 特に自覚症状が出づらい病気は発見が遅れることも多いようです。 乳がんで亡くなった小林麻央さんもそうでしたよね。 悪性リンパ腫を早期発見するためには、.

次の

笠井アナ「とくダネ」の担当ディレクターも悪性リンパ腫で闘病 大村アナ明かす/芸能/デイリースポーツ online

笠井アナ余命 ブログ

妊娠中に乳がん発覚。 生まれた息子はダウン症 今年で結婚11年目を迎えた夫婦がいる。 結婚11年目は「鋼鉄婚式」。 ということで、毎年恒例の夫からのプレゼントは、ペアのステンレス製のタンブラーとアイスキューブだった。 ペアのタンブラー(pumiyさんのブログより) 妻は3年前に最初の乳がんを患った。 「pumiy」と名乗るブログで、日々の闘病生活を赤裸々に発信する「アメーバブログ」の人気ブロガーの一人。 pumiyさんは、1976年生まれの2児の母。 2014年に長女を出産後、1回目の乳がんが発覚し左右両胸を全摘、再建手術を行った。 その後は順調に回復し、待望の第2子を妊娠、仕事にも復帰した。 しかし、全摘手術からわずか1年半後の2017年8月、再び胸骨にシコリを発見。 検査の結果、新たな乳がんが見付かり、さらに肝臓にも転移。 まさかの乳がんステージ4の宣告を受けた。 すでに妊娠8か月。 胎児に影響が及ばない抗がん剤治療をすぐに開始した。 そして、10月には無事長男を出産したが、生後間もなくダウン症とわかった。 (詳しくは ちょうど小林麻央さんのこともあったし…涙が溢れた 最初のがんが発覚してから丸3年… pumiyさんのブログにたびたび登場する、前向きに妻と家族をサポートする『 夫ちゃん』に話を聞いた。 pumiyさん夫婦(pumiyさんのブログより) 「去年の夏ごろかな、口に出しては言わなかったけど、死んじゃう可能性もあるのかなと漠然と思って、一人で道歩いていて気付いたら涙が溢れてきた。 ちょうど小林麻央さんのこともあったし…」 pumiyさんが乳がんを再発し、闘病生活が始まってからは、何かと理由をつくって早くに帰宅、今年3月からは時短勤務で娘の保育園の送り迎えをほとんど担当しているという夫ちゃん。 「会社で憔悴していたつもりはないけれど、ぼーっとしていたのかな。 本当に会社にも迷惑をかけました。 時短はそれを見かねた会社からの提案でした。 時短で給料は減ったけど、少しでも妻の助けになりたい、一緒にいたい、そんな気持ちでした」 その結果、毎日家族全員で晩ご飯を食べ、子供が保育園での出来事などたわいもない話をしてくれることで、病気を忘れさせてくれたこともあったという。 子供を寝かしつけた後に持ち帰った仕事をすることも多かったが、起きている間はずっと子供と一緒。 妻へのサポートとは別に、幼少期の子供と毎日向き合えるという特別な時間となった。 「病気のおかげというと大げさですが、家族一緒の時間が増えたのは『キャンサーズギフトだね』と妻とは話していました」 こう語る夫にpumiyさんは、 「 時短にしてくれて気持ちも家族もハッピーになった。 変化に対応できる人で良かった」と話す。 子供2人と夫ちゃん(pumiyさんのブログより) さらに、pumiyさんを勇気づけてくれたことがあった。 抗がん剤治療を始めれば、髪が抜ける。 母親の変化に娘はどう反応するか… 心配するpumiyさんの様子を見て夫ちゃんはある日、先手を打った。 僕が先行して坊主に 「先に僕が坊主にしちゃおうかと思った。 娘のことを心配していたので、僕が先行して切ってしまえば3歳児はそう言うものだと思うのかなと思って」 「先に僕が坊主に」夫ちゃん(pumiyさんのブログより) pumiyさんは当時のブログでこう綴っている。 『8月の再発確認から毛がなくなる前に、ある日突然夫ちゃんが坊主にして美容院から帰ってきました。 私の髪の毛がなくなる前に、坊主に慣れさせるために、夫ちゃんが先に坊主になってくれたのです。 涙 娘は始め「パパ怖ーい」と言っていましたが、いつのまにか慣れた頃に、私も坊主に。 それもあったからか、私の坊主を怖いと思わなかったのかもしれません。 ほんとに感謝です。 』 すべての縁がつながって今この状態なのでは 病気と闘う妻をどう支えるか。 「妻はがんの再発がわかったとき自分自身をとても責めた。 ちょっとしたシコリがあることに気づいたときに、僕はすぐに診てもらいなさいと言ったけど、定期検診が2~3か月後にあるからと行かなかった。 それを悔やんでいた。 僕は、なってしまったものの要因を探しても意味がないと思っていて、なってしまった以上これから何ができるかを考えよう。 あの時すぐに検査に行ったとしてもわからなかったかもしれないし、逆にわかっていたらお腹にいた長男を諦めようという結論に至ってしまったかもしれない。 わかったときは妊娠後期だったので子供も生む。 並行してできる治療もやるという状況だった。 すべての縁がつながって今この状態なのではないかと思う」 長男はダウン症…生まれて3日後ぐらいに示唆された (pumiyさんのブログより) 治療開始から2か月弱が経ち、長男が生まれた。 体が小さく、筋肉も柔らかく、検査の結果、ダウン症候群とわかった。 「僕がまず示唆された。 生まれて3日後ぐらいに検査受けませんか?と先生から言われた。 僕はダウンちゃんのことはあまり分かってなくて、治るものなんですか?と聞いて、『いいえ治りません』と言われた。 『抗がん剤が影響したことは当然ありません』という話だったが、万が一、妻がそれを気にしたら本当につらいなと思った。 ちょうど友達が病室に来てお祝いしてもらっている最中だったので、この話はしばらくできないと思い、検査を受ける予定日のギリギリまで待って『可能性があるから検査を受けなくちゃいけない』と伝えた」 お腹の中にいる胎児が病気をもっているかどうかを詳しく予測、もしくは診断する「 出生前診断」については、長女妊娠の際に夫婦で話し合ったという。 「今回はバタバタしていて記憶にないが、長女の時はそう言う話があった。 初めて意見の食い違いがあって『検査を受けない』と決めた。 検査を受ける受けないという争点よりも、『分かったときどうする?』という話で、彼女は分かっても生みたい、僕は検査受けて分かったのなら諦めようと言った。 彼女は僕の反応が意外だったようだ。 ハンディを持って生まれてきて順番的に僕たちのほうが先に死んだとして、その子供はどうなる。 それを考えると出産前であれば諦めざるを得ないという考えだった。 人それぞれの考えがあると思うが。 だから逆にわからないで良い、もしそうだったら全力で育てようと思った。 だから検査も受けなかった」 4人家族が僕らの家族。 誰一人ピースとして欠けてはいけない (pumiyさんのブログより) 「 長男がいてくれているおかげで妻も生かされていると思うし、家族が成り立っていると思う。 今の4人家族が僕らの家族なんだなと。 誰一人ピースとして欠けてはいけない。 娘は太陽のような明るい子。 妻は病気に負けていないし、息子は少し個性のある子だけど最強です!」 4人で挑んだがんとの闘い。 願いは叶い、肝臓への転移は消え、12月14日に原発のがんを無事摘出した。 「ステージ4と聞いたときは、子供をどう育てようという発想よりも、妻の居ない寂しさ、妻の居ない僕の人生ってつまらないなと思った。 常に空がどんよりしていた。 ここ1年半ぐらいは常に怖さとの表裏一体だったけど、どこかで大丈夫という気持ちもあって、自分に言い聞かせていたのかもしれない。 医学的には『根治、完治』という言葉は使わないと先生から言われたけど、我が家では一旦『完治』で良いんじゃないかな。 油断しちゃいけないけど、お疲れ様、おめでとう、乾杯!でいいんじゃないかと、妻には伝えたい」 pumiyさん一家(pumiyさんのブログより) 今後はホルモン治療を続けるというpumiyさん。 ブログに綴ることで多くの人から応援メッセージを受け取り、それが心の支えとなり、家族は勇気付けられたという。 これからもその感謝の気持ちを込めて、育児に奮闘する様子などを発信し続け、『夫ちゃん』との結婚記念日をたくさん重ねていきたい、と笑顔で語った。 Pumiyさんのブログ.

次の

【笠井アナ】がん(悪性リンパ腫)で激やせ!?「顔が変わった」を画像で検証してみた

笠井アナ余命 ブログ

目次 「笠井信輔アナウンサーのがん(悪性リンパ腫)の症状は? 悪性リンパ腫は発生場所によっては自覚症状が分かりづらいと言われていますが、笠井アナウンサーは悪性リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)が見つかる前から、体調不良を感じていたそうです。 悪性リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)の主な症状は以下の通りです。 典型的な全身症状は、発熱、寝汗、体重減少。 中枢神経系(脳)原発の場合は感覚障害や麻痺(まひ)などがみられ、胃原発の場合は出血や潰瘍(かいよう)性病変がみられることがあります。 引用: 笠井アナが感じていた体調不良は、 頻尿、腰痛、急激な体重減少(-3kg)だったようです。 頻尿は前立腺肥大症が原因と思われますが、腰痛や体重減少は悪性リンパ腫の症状でしょう。 現在はがんが全身に広がっている状態ということで、日常生活の中でも肩や腰に強い痛みを感じていると話しています。 現在は市販薬の中でも一番効くという鎮痛剤を飲みながら仕事をしているようで、痛みが緩和される時間は平均4時間、調子が良いと6時間持続するとのことです。 痛み止めが切れるとかなりの激痛が肩と腰を襲うそうなので、早めに治療に入って欲しいなと感じました。 また、12月7日に放送された『 鉄道沿線ひたすら歩き旅6』では、40km以上歩いた後に肩の強い痛みを訴えています。 撮影されたのが10月下旬だったそうなのですが、笠井アナは「たくさん歩いて疲れたからだと思っていたが、思い返してみればあれが悪性リンパ腫の予兆だったのかもしれない」と話していました。 スポンサーリンク 笠井信輔アナウンサーががん(悪性リンパ腫)になった原因は? 笠井アナウンサーが悪性リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)というがんになってしまった原因は何なのでしょうか。 健康な状態であればリンパ球の中にがんが生まれてしまっても、自身の免疫細胞が排除してくれるので、がんにはなりません。 しかし、免疫力が低下していると免疫細胞が勝つことが出来ずに、がん細胞が過剰に増殖してしまうのです。 笠井アナウンサーも 多忙で免疫力が落ちていたところにタイミング悪くがんが発生して増殖してしまったのかもしれませんね。 また、がん専門サイト「がん治療. com」には、悪性リンパ腫(非ホジキンリンパ腫)の原因が以下のように記載されています。 【免疫不全】 先天性及び後天性の免疫不全の罹患者または、免疫不全を引き起こす薬剤の治療を受けた場合、非ホジキンリンパ腫のリスクが増大することが報告されています。 【細菌感染】 日本では胃に発生する悪性リンパ腫が多く、ヘリコバクター・ピロリ菌と非ホジキンリンパ腫の感染の関係性が報告されています。 【ウイルス感染】 ヒトT細胞白血病ウイルス(HTLV-Iウィルス)の感染や、C型肝炎ウイルスの感染が非ホジキンリンパ腫の感染と関係していることが報告されています。 【農薬および化学物質の暴露】 除草剤、害虫駆除剤、肥料を職業的に扱っている作業者と非ホジキンリンパ腫の発生との関係が明らかになっています。 また、有機溶剤、有機塩素系殺虫剤、ポリ塩化ビフェニールも非ホジキンリンパ腫の原因になり得るという報告があります。 【ダイエットや生活習慣】 動物性たんぱく質の摂取や脂肪の摂取が非ホジキンリンパ腫の原因になり得るとの報告があります。 引用: これらはあくまでも原因として考えられる、報告されているというレベルですが、遺伝性のものというよりは私たち自身の生活習慣が元で発生する可能性があるということでしょうか。 悪性リンパ腫は1万人に1人がかかるがんと言われていますが、原因を見ると誰が発症してもおかしくないと感じます。 悪性リンパ腫を予防する方法は? 悪性リンパ腫を予防する方法としてはがん専門サイトに明確な記述はありませんでした。 上記で挙げた「悪性リンパ腫の原因と考えられることを習慣にしない」ことが大切なのではと思います。 免疫力を高める• 除草剤・害虫駆除剤の使用時には十分注意する• 動物性タンパク質の過剰摂取に気をつける など、私たちの生活の中で気をつけられることは多くありそうです。 スポンサーリンク 笠井信輔アナウンサーのように悪性リンパ腫を早期発見する方法はあるの? 笠井アナは9月のフジテレビ退職後に頻尿や腰痛に悩まされ、体重が3kg減少したことも「多忙のため」と思っていたそうです。 しかし、あまりに続く体調不良に病院で検査をしたところ前立腺肥大だったことが分かり、その際に肩と腰が病巣の悪性リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)が見つかっています。 ということは、 「多忙が原因だ」「加齢が原因だ」と自己判断して検査を受けに行っていなかったら病状は悪化していたに違いありませんね。 体調不良での早期受診や定期的ながん検診がいかに大切なものかを思い知らされます。 特に自覚症状が出づらい病気は発見が遅れることも多いようです。 乳がんで亡くなった小林麻央さんもそうでしたよね。 悪性リンパ腫を早期発見するためには、.

次の