乳がん セルフ チェック。 セルフチェックで

乳がんに気づいたきっかけ第一位は“セルフチェック” ~早期発見者の半数以上が、乳がん発覚前、2年に1回以上の頻度で検診を受診~

乳がん セルフ チェック

初期の乳がんはほとんどが無症状ですが、セルフチェックを行うことで乳がんに対する意識を高く持つことができます。 この考え方は、適切な日本語の訳はまだない状況ですが、英語ではBreast awareness(ブレスト・アウェアネス)と言います。 Breast awarenessの一部分であるセルフチェックは自分で乳房を触ってしこりなどの異常がないかを確かめるものです。 セルフチェックを毎月の習慣にすることで、小さなしこりや乳房のちょっとした変化にも気付くことができるようになります。 乳がんは早期発見と適切な治療により生存率が約95%とされており、治療における乳房切除の可能性も早期発見によって低くすることができます。 進行させてしまう前にセルフチェックで乳房の変化を見つけられるようにしましょう。 「しこり」は、乳がん発見のきっかけ 乳がんが発見されるきっかけの90%以上は「しこり」だとされています。 乳房のしこりは80~90%が乳腺症や線維腺腫などの良性腫瘍ですが、乳がんだった場合は早期の適切な治療につながります。 セルフチェックで小さなしこりや乳房のちょっとした変化が見つかった場合には、できるだけ早く乳腺クリニックを受診してください。 毎年の検診と普段のセルフチェック 次の検診までの間に異常が乳房に起こってもセルフチェックをしていれば気付くことができます。 検診とセルフチェックはどちらか片方だけでなく、両方を行っていくことで効果的な乳がんの早期発見につながります。 乳がんは外側上方を特に念入りにチェック! 乳がんのできる部位は、外側上方に47. 6%発生し、内側上方に23. 乳腺の多い外側の上方に乳がんができやすいため、この部分は特に念入りに確認してください。 セルフチェックのポイント タイミング 生理がはじまって1週間経過したあたりのタイミングでセルフチェックを行うようにしてください。 なお、閉経している場合には、日を決めて毎月行うようにします。 最初は鏡で見た目のチェック 鏡の前に立って、乳房や乳首の大きさや形の左右差、表面のえくぼ・でっぱり・引きつれ・変色の有無、赤みや腫れなどの異常がないかを確かめます。 組んだままの両手を頭の上に持っていき、上半身をひねって乳房を観察します。 次に腕を耳に当てた状態で上にぴんと伸ばし、上半身を左右にひねりながら観察します。 さらに、両手を腰に当てて腕に力を入れ、鎖骨下、脇、乳房の横を張らせるようにして観察します。 バスタイムを活用 ボディソープなどが付いた状態でセルフチェックすると指のすべりがよく、小さなしこりを発見しやすいと言われています。 乳房が大きい人は横になってチェック 乳房が大きいと立ったまま触ってもしこりがわかりにくい場合があります。 そうした場合には仰向けに寝てセルフチェックを行います。 背中にたたんだバスタオルや枕を入れて胸を上に反らせるような体勢になります。 右の乳房をチェックする場合は、右腕を上げて乳房を張り、左手でしこりがないか触っていきます。 しこりチェック 右乳房をチェックする時には、右腕を上に上げ、チェックは左手で行います。 基本は親指以外の指をそろえて、4本の指の腹全体で触っていく感じで行ってください。 胸を指でつまむとしこりがあるように錯覚しやすい傾向がありますので、つままずに触れることを心がけてください。 チェックは片方ずつ行い、最初に右を行ったら、右のチェックをすべて終えてから左をチェックするようにしてください。 親指以外の4本の指をそろえて、指の腹全体で触れてください。 しこりチェック1 乳房全体を満遍なくチェック 乳房の上部分をくまなく触れていきます。 次に、乳房の外側から内側に寄せるように触れていきます。 しこりチェック2 乳房の中央をチェック 指の腹に肋骨の存在が感じられる程度の強さで、乳房の中央部分を触れていきます。 外側から内側に向かって触れていってください。 なにか触れたように感じたら、回すようにぐりぐり触れてしこりがないか確認してください。 しこりチェック3 乳房の下部分 脂肪が分厚く、しこりがわかりにくい部分ですから、念入りに確認してください。 下から乳頭に向かって持ち上げるように寄せ、指の腹に肋骨の存在が感じられる程度の強さで触れていきます。 しこりチェック4 鎖骨から乳房の上 右手を下ろして腰に当て、左手で右鎖骨から指の腹全体で触れていきます。 肋骨に添うような向きで外側から内側に寄せるように触れていき、順次下の部分も確認していきます。 しこりチェック5 脇と乳房横.

次の

ススメ:中京テレビ

乳がん セルフ チェック

しこりとは「硬いもの」という意味です。 皮膚の下にある場合、その上から触った時に、硬いものを感じることがあります。 この硬いものをしこりと言います。 本来ないものを皮膚の上から感じると、「悪いもの=がん」ではないかと思ってドキッとするかもしれません。 しかし、しこりの全てががんではありません。 がん以外にもしこりとして触れるものがあります。 がんとは? がんは 悪性腫瘍(あくせいしゅよう)とも言います。 悪性腫瘍と対になる言葉が 良性腫瘍です。 腫瘍は良性腫瘍と悪性腫瘍に分類されます。 腫瘍というのは「できもの」というイメージで理解しておけばおおむね問題ありません(血液系の腫瘍などはややイメージが違いますがここでは省きます)。 では 良性と悪性の違いとは何でしょうか。 典型的な特徴を表にまとめます。 【良性腫瘍と悪性腫瘍の性質の違い】 良性腫瘍 悪性腫瘍(がん) 大きくなるスピードが緩やか 大きくなるスピードが速い 周囲の組織を破壊しにくい 周囲の組織を破壊しやすい 転移しない 進行すると転移する 上の特徴は典型的な場合に限ります。 例外はたくさんあります。 しかし、乳房にできる良性腫瘍と乳がんの対比としては多くの場合で成り立ちます。 乳がんのしこりの特徴は? 乳房にしこりがある場合は乳がんが疑われます。 その一方で、乳がん以外でも乳房にしこりを作ることがあります。 たとえば、や乳腺症、乳腺線維症などでも乳房にしこりができます。 乳房を触っただけでは乳がんとほかの病気を区別することは簡単ではありません。 あくまで目安としてですが、乳がんのしこりにはいくつか特徴があり、診断の参考とされる場合もあります。 続いて上方の内側、下方の外側、下方の内側の順です。 乳がんは上方外側にできる傾向はありますが、それ以外の部分にできたしこりが乳がんでないとは言えません。 乳房に明らかなしこりがあるときは医療機関を受診してください。 乳がんに触ってわかる特徴はある? しこりに触った感触で乳がんなのかそれ以外なのかを区別することは簡単ではありません。 専門的には乳がんには次の特徴が現れやすいとされています。 表面が凸凹といびつである• 周囲の組織にへばりついてなかなか動かない• 周囲の組織との境界が分かりにくい こうした特徴は、日頃から乳がんの診療をしている医師であれば判別可能な場合もありますが、自己診断するのはほとんど無理です。 どれかに当てはまるかもしれないと思ったら、迷わず乳腺外科などで相談してください。 上の特徴について、乳がんの性質の理解のために解説します。 がんは無秩序に増殖していびつな形態になる傾向があります。 また、周囲の組織に入り込んでいく(浸潤する)性質を有しています。 浸潤があると周囲の組織とずらそうとしても動かないことがあります。 また良性腫瘍は周りの組織との境界がはっきりとしているのに対して、がんは周囲の組織に浸潤して境界がわかりにくい場合があります。 これらの特徴は触った人の感覚によっても変わってきますし、特徴に当てはまらないからと言ってがんではないという保証はありません。 乳がんのセルフチェックの方法 自分で乳房に触って乳がんを探す方法があります。 乳がんは自覚症状で発見される人が半数以上です。 乳がんをチェックする時のポイントは「いつもと違うものはないか」です。 見た目・手触りの変化や違和感が気付くきっかけになります。 乳がんは以下の特徴を現すことがあります。 乳房のしこり• 乳頭からの分泌• 乳房のへこみ• 乳頭のただれ• 乳房の皮膚の変色• 乳房の皮膚のガサつき• 脇のしこり• つっぱっているような感覚• 痛み セルフチェックの手順に沿って説明します。 乳房の見た目を観察する 乳房をまんべんなく触ってチェックする前に、まずは乳房をしっかりと見ます。 上から胸を見て観察するのでは乳房の下側が見えにくいので、鏡を使うと乳房の全体が見やすくなります。 乳房をくまなく触る 次に乳房を触ります。 全体をまんべんなく触ります。 触る時の体勢は、立って触ったり座って触ったりするのではなく、仰向けに寝て触ります。 仰向けになると乳房が均一に広がり、触れやすくなります。 また背中の下に座布団やタオルを敷くと胸を張った姿勢になってさらに触りやすくなります。 乳首をつまんで分泌物が出てこないかを確認します。 乳がんがあると本来は出てこない分泌物が出てくることがあります。 親指以外の指を使って乳房の外側も内側も圧迫しながら触っていきます。 乳房がたるむ感じになると触りにくくなりますので、うまく反対の手も使いながらまんべんなく触ります。 セルフチェックの動作は何回かやってみるうちに慣れてきます。 うまくできるか自信がなくてもまずはやってみてください。 乳房のあとは脇も触る 乳房を触ったあとは脇の下に指を入れて、脇の奥にしこりがないかを確認します。 乳がんが進行すると リンパ節転移を起こします。 リンパ節転移が起こると リンパ節は大きく固くなります。 乳がんのリンパ節転移は脇のリンパ節にできやすいことがわかっています。 脇のリンパ節を触ることはリンパ節転移を探す狙いがあります。 セルフチェックを行うタイミング 月経(生理)の周期によって乳房は変化します。 月経のあとは女性 ホルモンの影響を受けて乳腺が発達して乳房が張り、しこりが隠れやすくなります。 月経が終わって数日したくらいの時期は胸の張りが治まってチェックしやすくなります。 セルフチェックは毎日やる必要はありません。 乳がんは数日で急に大きくなることはないので、月に1回か2回で十分と考えられます。 授乳中でも乳がんチェックはできる? 授乳中は乳房が張っているため、授乳中に乳がんチェックをすることは簡単ではありません。 乳房の奥まで触ることが難しくなります。 授乳中には乳がんではないのに乳房にしこりを感じることがあります。 この現象は乳汁の分泌が盛んな時期にはたびたび起こります。 授乳中にしこりを感じても、乳がんによるものではない場合が多いと言えます。 しかし授乳中に乳がんが見つかることもないとは言えません。 乳房に違和感があった場合は一度医療機関で診てもらうといいでしょう。 パートナーはチェックにどうやって協力する? 乳がんのチェックにはパートナーが協力することができます。 乳房をパートナーにくまなく調べられることに抵抗感のある人もいるでしょう。 自分で調べればいいと思われるなら、無理にパートナーに頼むことはありませんが、パートナーのチェックは自分自身よりも客観的です。 また、ちょっとした見た目の変化やわずかな感触の変化は見逃してしまうことも少なくないと思われますが、自分以外の人とダブルチェックすると見逃しを少なくすることも期待できます。 しこりがあったら検査に行くべき? 乳房のしこりは乳がん以外でも生じます。 乳房にしこりができる病気として以下のものがあります。 乳腺症• 乳腺線維症• 線維腺腫• 乳がん また、授乳中には特に異常がなくてもしこりを感じることがあります。 乳房にしこりがある人はみな乳がんがあるというわけではありません。 しこりを感じても乳がんである人は一部だけです。 詳しくは「」で説明しています。 検査に行く目安として、しこりが消えない場合には受診したほうが良いと考えられます。 乳がんの初期症状はしこり? 乳がんは乳房のしこりとして感じ取れる場合があります。 しかし、乳がんが乳房の中にできて間もない時には、しこりを感じないことがほとんどです。 乳がんは初期症状を感じることがほとんどありません。 ある程度がんが成長してから症状が感じられるようになってきます。 しこりのない乳がんはあるのか? 乳がんでしこりを感じられないことはあります。 がんの状態によってはしこりができにくいこともありますし、がんができた位置によってはしこりが分かりにくいこともあります。 また、初期の乳がんは多くの場合しこりを感じられないことにも注意が必要です。 しこり以外に乳がんの症状はあるのか? 乳がんの症状は乳房のしこり以外にもあります。 症状の例を挙げます。 脇の下のしこり• 乳房の皮膚の変色• 乳房の皮膚のただれ• 乳房の皮膚の凹みや突出• 乳頭からの分泌物 また乳がんがかなり進行すると骨の痛みや食欲低下や体重減少、全身衰弱などを起こすことがあります。 これらの症状を自覚した場合は、医療機関で一度検査をしてもらうことが望ましいです。 たとえ乳がんではなかったとしても深刻な病気による症状の可能性が高いからです。

次の

乳がんセルフチェック|春日井市公式ホームページ

乳がん セルフ チェック

2017年現在、は、女性が罹るがんのなかで最も罹患率の高いがんです。 しこりなど、気になることがあれば早めに乳腺外科を受診することが大切です。 今回は記事1に引き続き、国立病院機構 大阪南医療センター 乳腺外科医長の田中覚先生に乳がんの初期症状やセルフチェックについてお話を伺いました。 乳がんの初期症状は? 第一に挙げられるのがしこり、変形 の初期症状として、第一にあげられるのがしこりです。 がんによるしこりは石のように硬く、大きさはその度合いによってさまざまです。 また、しこりのできる位置が乳頭の下などですと、乳頭が陥没、変形してくることで明らかになることもありますし、皮膚に近い位置にできると、皮膚がえくぼのように陥没することもあります。 乳がんができる場所は? 半数近くが外側上部 は胸の外側上部にできることが最も多いといわれています。 以後は内側上部から下部と続き、乳頭乳輪の真下に発生することもあります。 セルフチェックを行う際にはぜひ参考にしてみてください。 痛みのある乳がん、ない乳がんがある 基本的には痛みがないものが多い は、実は痛みのないものがほとんどです。 胸や脇の周りに痛みを感じて乳がんを疑い乳腺外科を受診された方でも、痛みが乳がんによるものではなく、月経に伴う痛みや、、などと考えられることもしばしばあります。 その一方で、炎症性乳がんや神経に浸潤した乳がんなど特殊な乳がんの場合には、痛みを生じることがあります。 炎症性乳癌 左側 田中先生よりご提供 乳がん、その他の症状 リンパの腫れ は、リンパの腫れを引き起こすこともあります。 しかし、胸の周りのリンパは単なる炎症でも腫れることがあるため、必ずしも乳がんによるものとは限りません。 また、リンパの腫れの原因が乳がんである場合には、進行したがんであることも考えられます。 骨転移など乳がんの転移について まれに転移の症状から発覚することも が進行した場合に、転移しやすい場所として挙げられるのは肺・肝臓・骨です。 頻度としては低いのですが、転移の症状がきっかけで病院を受診し、乳がんが発覚するケースもあります。 たとえば、ただ歩いているだけでしてしまった方を、単なる骨折としてではなく、何らかの病気によって骨がもろくなったことによると診断し、詳しく調べたところ、その原因として乳がんがわかったというケースもあります。 まずはセルフチェックを セルフチェックの行い方 の多くは、セルフチェックによって発見されます。 ここでは基本的なセルフチェックの行い方についてご説明いたします。 乳がんのセルフチェックは主に3つの観点から行います。 目で見る• 手で触る 目で見てわかること 乳がんの症状として目で見てわかることは、乳房の変形・変色やただれ、左右の大きさに差がないかどうかです。 起立した状態で、鏡をみてチェックするとよいでしょう。 手で触ってわかること 入浴時に石鹸の泡などをつけ、手の滑りをよくした状態で乳房全体から脇の下あたりを触り異変がないかを確かめます。 また、乳頭を軽くつまみ、分泌物や出血がないかどうか確認することも大切です。 さらに、就寝時など仰向けになり乳房を触ることで異変に気づくこともあります。 しこりを探すのではなく、月に1回異変がないかを確認する 乳がんは他のがん同様、早期に発見することができればそれだけ効果的な治療を行うことができます。 検診へ足を運ぶことももちろん大切ですが、セルフチェックを行うことも必要です。 実際当院へ受診される患者さんも、ご自身でしこりに気づき受診される方が多いです。 「しこりを探そう」という意識でセルフチェックを行うと、一般の方ですとなかなか判別しにくいこともあると思いますが、月に一度自己触診を行い、先月と違ったことはないかどうか、確認することが大切です。 少しでも気になることがあれば、ぜひお近くの乳腺外科を受診してください。 増加する高齢の乳がん患者さんをどのように治療するか 患者さん1人1人に合わせた治療が大切 当院は、地域にご高齢の方が多くお住いということもあり、高齢のの患者さんも多く受診されています。 ご高齢の患者さんの場合、乳がんの他にもいくつかの病気を持たれていたり、体力が落ちていたりと、乳がん治療を行う際に注意が必要となるケースも多々あります。 また患者さんご本人が「乳がんを治したい」というよりも、「痛み、辛さを取り除いてほしい」などと望まれることもあります。 患者さんそれぞれの病状、ご希望に応じて、1人1人に合わせた治療を行うことが求められるでしょう。 大阪南医療センター• 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科• 大阪府河内長野市木戸東町2-1• 南海高野線「千代田駅」 コミュニティバス モックル 北行を利用可 徒歩10分 近鉄長野線「河内長野駅」 南海バス 15系統、特15系統 木戸東行 大阪南医療センター玄関口下車 汐ノ宮駅からは徒歩15分だが、坂が多いため河内長野駅からのバス利用を推奨 バス15分• 0721-53-5761.

次の