ショップ チャンネル マスク。 Photoshopの選択範囲・マスク・アルファチャンネルの簡単な説明

ショップチャンネル|今日のイチ押し!商品

ショップ チャンネル マスク

簡単Photoshop術!RGBのチャンネルを使って写真のコントラストを緻密にコントロールする方法 はじめに コントラストの調整というのは、方法で言うと無数にあるのですが、今回はチャンネルマスクを使用した方法をご紹介します。 説明をシンプルにするためにコントラスト調整と言っていますが、賢い方はカラーグレーディングにも応用できることにお気づきになられるかと思われます。 記事中での用法に限らず、発想の一つとして受け取っていただいて、様々な局面での応用に活かしてもらえるとよいのかなと思います。 今回使用する画像 今回のレタッチで使用する写真はこの2枚です。 コントラストをあげたい場合と、さげたい場合の二種類を用意してみました。 これら写真を、下記の通りに調整していきたいと思います。 1枚目の写真はコントラストを強く• 2枚目の写真はコントラストを低く まずは1枚目からいきましょうか。 チュートリアル工程 チャンネルマスク コントラストを調整するにあたって、調整レイヤーの中でも 明るさ・コントラストや、 トーンカーブ、 レベル補正など色々あるのですが、写真全体に適用するのではなく、一部に適用するというのが今回のポイントです。 しかし、 一部というのはどのように判断するのかという課題があります。 色域指定で一部のカラーを選択したり描画モードで選択したり、ブラシや自動選択でマスクしたり、チャンネルマスクから抜いたり、様々な方法がありますがチャンネルマスクによる情報量は他の追随を許さないレベルです。 圧倒的に緻密なマスクを作成できるので、それを使用します。 コントラストの調整には今回トーンカーブを使用します。 トーンカーブでコントラストを調整できるというのは当然なのですが、チャンネルマスクと掛け合わせることでRGB全体で調整するのではなくRGBそれぞれに対して、もしくはRGBのいずれか以外に適用することで、より緻密な調整を行うというのが今回のキーポイントです。 チャンネルマスクの利点 チャンネルというのは、RGBそれぞれのカラーのチャンネルを指しています。 RGBモードにおけるカラーは、光の三原色に則ってレッドチャンネル・グリーンチャンネル・ブルーチャンネルから構成されていて、それぞれの値を掛け合わせることですべてのカラーが表現されています。 今回はそのチャンネルマスクでRGBから特定のカラーを軸にマスクする方法。 もちろんマスクの方法は他にも色々あります。 色域指定なども機能性は高いですが、RGBのチャンネルほどの情報量はありません。 チャンネルマスクは色域指定に比べると、より精細にマスクすることができます。 RGBカラーでレタッチしよう Photoshopのカラーモードが、CMYKカラーやLabカラーの場合はRGBカラーに変更しよう。 RGBそれぞれのチャンネルを確認 チャンネルパレットより、RGBそれぞれのチャンネルを外して、それぞれのコントラストを確認します。 モノクロ表示になりますが、これはマスクと同様に白いほどそのチャンネルの色が多くて黒いほど少ないというふうに覚えていたらオーケーです。 「Command」を押しながらクリック これでチャンネルの選択範囲が作成されます。 その選択範囲をマスクに適用すればチャンネルマスクの完成です。 コントラストの低い写真にメリハリを コントラストの低い写真であれば、三つのチャンネルから 「明暗差が強いと感じるチャンネル」を選択してチャンネルマスクの選択範囲しましょう。 今回は、調整レイヤーのトーンカーブにマスクを作成します。 トーンカーブでは、コントラストの強い部分 S字カーブを作成します。 必ずしも明暗差が強いチャンネルを選ぶ必要はありませんが、低コントラストの写真内でもっとも明暗差の強いチャンネルを強調することで、自然なコントラストが表現できます。 今回は「 ブルー」のチャンネルを調整します。 逆に情報量の少ないチャンネルでコントラストをあげてしまうと、破綻してしまうこともあるので気をつけましょう。 トーンカーブの調整 「ブルー」のトーンカーブをS字カーブにしてみました。 これは、明暗差が低かった「ブルー」をトーンカーブで 「逆S字カーブ」にしました。 NG例 例えば、これを一つのトーンカーブで 「S字カーブ」で表現すると、コントラストが 濃すぎる結果になってしまいます。 トーンカーブはこんな感じです。 今回のまとめ チャンネルマスクは様々なケースで応用の効くテクニックです。 今回はコントラストを調整する方法としてご紹介しましたが、発想一つで様々な使用が可能です。 カラーグレーディングをチャンネルマスクで行うことも方法の一つです。 是非、自分にあった使い方で応用してみてください。 また、今回はコントラストを高くしたい時、 高いチャンネルを更に高くして、コントラストが低い時は 低いチャンネルを更に低くするという方針でしたが、これが必ず正解というわけではありません。 写真によってはコントラストが低いチャンネルを高くすることで全体のバランスを整えることも可能でしょう。 前述しましたが、あくまで発想の一つとして今回の例にとらわれずチャンネルマスクを活用してもらうのが良いかと思います。 それではさようなら。 「カラーグレーディング」についてはこちらも要チェック!.

次の

ショップチャンネル 2018年度最も売れた商品ランキングを発表!|ジュピターショップチャンネル株式会社のプレスリリース

ショップ チャンネル マスク

簡単Photoshop術!RGBのチャンネルを使って写真のコントラストを緻密にコントロールする方法 はじめに コントラストの調整というのは、方法で言うと無数にあるのですが、今回はチャンネルマスクを使用した方法をご紹介します。 説明をシンプルにするためにコントラスト調整と言っていますが、賢い方はカラーグレーディングにも応用できることにお気づきになられるかと思われます。 記事中での用法に限らず、発想の一つとして受け取っていただいて、様々な局面での応用に活かしてもらえるとよいのかなと思います。 今回使用する画像 今回のレタッチで使用する写真はこの2枚です。 コントラストをあげたい場合と、さげたい場合の二種類を用意してみました。 これら写真を、下記の通りに調整していきたいと思います。 1枚目の写真はコントラストを強く• 2枚目の写真はコントラストを低く まずは1枚目からいきましょうか。 チュートリアル工程 チャンネルマスク コントラストを調整するにあたって、調整レイヤーの中でも 明るさ・コントラストや、 トーンカーブ、 レベル補正など色々あるのですが、写真全体に適用するのではなく、一部に適用するというのが今回のポイントです。 しかし、 一部というのはどのように判断するのかという課題があります。 色域指定で一部のカラーを選択したり描画モードで選択したり、ブラシや自動選択でマスクしたり、チャンネルマスクから抜いたり、様々な方法がありますがチャンネルマスクによる情報量は他の追随を許さないレベルです。 圧倒的に緻密なマスクを作成できるので、それを使用します。 コントラストの調整には今回トーンカーブを使用します。 トーンカーブでコントラストを調整できるというのは当然なのですが、チャンネルマスクと掛け合わせることでRGB全体で調整するのではなくRGBそれぞれに対して、もしくはRGBのいずれか以外に適用することで、より緻密な調整を行うというのが今回のキーポイントです。 チャンネルマスクの利点 チャンネルというのは、RGBそれぞれのカラーのチャンネルを指しています。 RGBモードにおけるカラーは、光の三原色に則ってレッドチャンネル・グリーンチャンネル・ブルーチャンネルから構成されていて、それぞれの値を掛け合わせることですべてのカラーが表現されています。 今回はそのチャンネルマスクでRGBから特定のカラーを軸にマスクする方法。 もちろんマスクの方法は他にも色々あります。 色域指定なども機能性は高いですが、RGBのチャンネルほどの情報量はありません。 チャンネルマスクは色域指定に比べると、より精細にマスクすることができます。 RGBカラーでレタッチしよう Photoshopのカラーモードが、CMYKカラーやLabカラーの場合はRGBカラーに変更しよう。 RGBそれぞれのチャンネルを確認 チャンネルパレットより、RGBそれぞれのチャンネルを外して、それぞれのコントラストを確認します。 モノクロ表示になりますが、これはマスクと同様に白いほどそのチャンネルの色が多くて黒いほど少ないというふうに覚えていたらオーケーです。 「Command」を押しながらクリック これでチャンネルの選択範囲が作成されます。 その選択範囲をマスクに適用すればチャンネルマスクの完成です。 コントラストの低い写真にメリハリを コントラストの低い写真であれば、三つのチャンネルから 「明暗差が強いと感じるチャンネル」を選択してチャンネルマスクの選択範囲しましょう。 今回は、調整レイヤーのトーンカーブにマスクを作成します。 トーンカーブでは、コントラストの強い部分 S字カーブを作成します。 必ずしも明暗差が強いチャンネルを選ぶ必要はありませんが、低コントラストの写真内でもっとも明暗差の強いチャンネルを強調することで、自然なコントラストが表現できます。 今回は「 ブルー」のチャンネルを調整します。 逆に情報量の少ないチャンネルでコントラストをあげてしまうと、破綻してしまうこともあるので気をつけましょう。 トーンカーブの調整 「ブルー」のトーンカーブをS字カーブにしてみました。 これは、明暗差が低かった「ブルー」をトーンカーブで 「逆S字カーブ」にしました。 NG例 例えば、これを一つのトーンカーブで 「S字カーブ」で表現すると、コントラストが 濃すぎる結果になってしまいます。 トーンカーブはこんな感じです。 今回のまとめ チャンネルマスクは様々なケースで応用の効くテクニックです。 今回はコントラストを調整する方法としてご紹介しましたが、発想一つで様々な使用が可能です。 カラーグレーディングをチャンネルマスクで行うことも方法の一つです。 是非、自分にあった使い方で応用してみてください。 また、今回はコントラストを高くしたい時、 高いチャンネルを更に高くして、コントラストが低い時は 低いチャンネルを更に低くするという方針でしたが、これが必ず正解というわけではありません。 写真によってはコントラストが低いチャンネルを高くすることで全体のバランスを整えることも可能でしょう。 前述しましたが、あくまで発想の一つとして今回の例にとらわれずチャンネルマスクを活用してもらうのが良いかと思います。 それではさようなら。 「カラーグレーディング」についてはこちらも要チェック!.

次の

Photoshop チャンネルの基本

ショップ チャンネル マスク

効かせましょうそうしよう。 じゃこれを。 人物をもう少し明るくしてやりたい、でも背景はいじりたくない。 とします。 でも、 参考エントリの方法ではうまくいきません。 これはこれで…な気もしないでもないけど、やっぱ 下手なHDRぽくて嫌。 というわけで、マスクをきっちり編集しましょう。 方法は二つあります。 チェックを入れている時は「^」)を押して選択範囲を取り、すぐさまQでクイックマスクモードに入って、クイックマスク自体にトーンカーブをかけます。 雪にマスクの色がかからない状態までもっていったらトーンカーブを決定し、クイックマスクから抜けて、参考エントリのようにトーンカーブ調整レイヤーのマスクとして反転して使います。 (以降、このマスクを「ネガマスク」と言いますね) 一度レイヤーマスクに設定してから、トーンカーブで調整してもOKです。 難しいことはおいといて、どうなるかを見てみます。 手癖にしちゃえばいいんだし。 あと、クリッククリッククリック!している途中の結果を見たい時はQでクイックマスクモードに入れば見られますね。 作ったマスクを使おう 人物がとても暗いので、さらに過去エントリから応用きかせましょう。 ちなみに、キーボードショートカットでレイヤー描画モードを除算にする方法は、一発ではできません。 背景の雪のコントラストはそのままに、人物だけいい感じに明るくなりました。 チャンネルから取った選択範囲は、見ると抜けた部分もあったりしますが、塗りつぶさなくてもわりと自然に色調補正に使えます。 除算応用TIPs 参考エントリで「注意点」として挙げたこれ。 自販機の明るいところだけはマスクして、他を明るく持ち上げたい場合は次のようにします。 トーンカーブ1で、チャンネルから作った「明るいところをマスクした」レイヤーマスクを設定しています。 このレイヤーでシャドウを詰めます(左のトーンカーブ)このレイヤーは描画モードはいじりません。 そうすると、トーンカーブ1のマスク範囲にトーンカーブ2も従うため、除算カーブが自販機の明るいところに影響せず、シャドウもきっちり詰めることができます。 シャドウはきっちり締まっています(が、さらに色調整が必要…) 応用きかせまくりますよ! これを触りましょう。 まず全体に暗くてコントラストが強く、人物に外光が当たってシアンがかっており、また背景の室内は赤っぽくなってますね。 修正します。 まず人物、顔のみを見て、色補正します。 コントラストも顔のみ見て補正する。 ここからチャンネルマスクを作成していきます。 今回は「選択範囲に追加」を6回しました。 赤丸が、参考エントリの「レイヤー効果(ノックアウト「浅い」)」です。 これに極端なマスクをつけて、比較してみます。 つまりレイヤー効果「ノックアウト(浅い)」は、 直下のレイヤーに反転したマスクを適用しているのと同じです。 これを一枚で済ませようというわけ。 上下の調整レイヤーで、マスクした部分とそうでないところを(チャンネルから作成したのであれば、明るいところと暗いところを) 完全に別々に調整できるようになります。 直下のレイヤーの調整結果の影響を受けずに、全く別の補正ができる、というわけ。 応用すれば、ミックス光源の補正もチャンネル他から選択範囲を作ってマスクして、今までより簡単に補正できますね。 簡単といっても手間かかるんだけどね。 さっきの温泉男女で、レイヤー効果をつけなかったものが暗部が赤くなっていたのは、 先に置いたトーンカーブの結果 にさらに 上に置いたマスク付きトーンカーブの調整 を重ねているからです。 それでよい場合も多いのですが、 レイヤー効果を使えばさらにコントローラブルになるのです!! 応用技はまだまだたくさんある…! ある!あるよ!もっと知りたい! こういうのは、から生まれたものも結構あります。 何か見つけたら 深夜補正 ハッシュタグ付きでぜひ自慢してください。 HSBカラーチャート&肌色チャートがついてますよー.

次の