サラブレッド クラブ ライオン。 ライオンレースホース

サラブレッドクラブライオンの募集馬の血統診断

サラブレッド クラブ ライオン

概要 [ ] 愛馬会法人「株式会社サラブレッドクラブライオン」より契約に基づくのを受けて、などのに出走させている。 かつてはの傘下で日信レースホース、後にジョイ・レースホース、そしてセゾンレースホースと呼ばれていた。 3月、(系列)と業務提携を行い、募集馬の選定から所属馬の育成調教までコスモヴューファームが携わっていたが、2009年半ばから提携関係を解消した。 現在は千代田牧場と提携している。 クラブ法人代表者 [ ]• 田畑マヤ 歴史 [ ]• 9月、設立。 2006年、が買収。 に、自動車ディーラーのG-LIONグループがセゾンレースホースを買収したことにより現社名に変更した。 [ ] 黄、黒山形二本輪、白袖赤一本輪 設立当初は桃、黒縦縞。 その後JCBのカラーに因んだ白、赤縦縞、青袖赤一本輪に変更され、セゾンレースホースになるまでこの服色だった。 その後、セゾンレースホース時代は黒、黄星散、黄袖黒一本輪であった。 [ ] 現法人名になってから「ライオン」を冠名に使用する所有馬がある。 セゾンレースホース運営時代 牡馬は「ドリーム」、牝馬は「サマー」 日信レースホース、ジョイ・レースホースが運営していた当初は特に冠名は用いていなかった。 セゾンが買収したときのクラブ代表馬だったに因んで牡馬には「ドリーム」を用いるようになっていた。 主な所有馬 [ ] 現役馬 [ ]• ドリームドルチェ - 2020年 引退馬 [ ]• ザゴールド - 、 札幌日刊スポーツ杯• - 、• 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の

【永久保存版】1口馬主クラブ総比較!!〜全22クラブの特徴・勝ち上がり率〜2019年ver

サラブレッド クラブ ライオン

概要 [ ] 愛馬会法人「株式会社サラブレッドクラブライオン」より契約に基づくのを受けて、などのに出走させている。 かつてはの傘下で日信レースホース、後にジョイ・レースホース、そしてセゾンレースホースと呼ばれていた。 3月、(系列)と業務提携を行い、募集馬の選定から所属馬の育成調教までコスモヴューファームが携わっていたが、2009年半ばから提携関係を解消した。 現在は千代田牧場と提携している。 クラブ法人代表者 [ ]• 田畑マヤ 歴史 [ ]• 9月、設立。 2006年、が買収。 に、自動車ディーラーのG-LIONグループがセゾンレースホースを買収したことにより現社名に変更した。 [ ] 黄、黒山形二本輪、白袖赤一本輪 設立当初は桃、黒縦縞。 その後JCBのカラーに因んだ白、赤縦縞、青袖赤一本輪に変更され、セゾンレースホースになるまでこの服色だった。 その後、セゾンレースホース時代は黒、黄星散、黄袖黒一本輪であった。 [ ] 現法人名になってから「ライオン」を冠名に使用する所有馬がある。 セゾンレースホース運営時代 牡馬は「ドリーム」、牝馬は「サマー」 日信レースホース、ジョイ・レースホースが運営していた当初は特に冠名は用いていなかった。 セゾンが買収したときのクラブ代表馬だったに因んで牡馬には「ドリーム」を用いるようになっていた。 主な所有馬 [ ] 現役馬 [ ]• ドリームドルチェ - 2020年 引退馬 [ ]• ザゴールド - 、 札幌日刊スポーツ杯• - 、• 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の

ブレイブライオン近況~2020.05.07~

サラブレッド クラブ ライオン

サラブレッドクラブライオンは、セゾンホースクラブの後継でもあります。 過去にはドリームバレンチノなどの活躍馬を輩出しましたが、現在では運営母体が変わっています。 サラブレッドクラブライオンの特徴は、外国馬です。 セリで落札した高額な外国馬がラインナップに並んでいます。 特に今年は2億円で募集された馬もおり、血統的な魅力は高いと言えるでしょう。 世界的な良血馬が欲しいと考える方は、興味を持てるのではないでしょうか。 また、2017年度募集ではザサンデーフサイチやフサイチセブンなど、レースで大きな結果は残せなかったものの良血馬として知られる種牡馬もラインナップされています。 種付料は安めですが、ポテンシャルの高さは期待できそうです。 では、2018-2019デビューの注目馬を見ていきましょう。 クーザ 牡 厩舎:(美浦)根本康広 父:ザサンデーフサイチ 母:クールグレース 生産者:shallFarm ザサンデーフサイチはせりでの高額落札で注目を集めましたが、レースではそれほどの成績を残せていません。 しかしエアグルーヴ産駒でもあり血統的にはかなりの評価を受けています。 母のクールグレイスの産駒には新馬勝ちを収めた馬や障害レースで勝利した馬などがおり、中央での成績も十分です。 芝ダートどちらに出るかが分かりませんが、血統的なポテンシャルは高そうです。 グランディール 牡 厩舎:(美浦)大竹正博 父:ルーラーシップ 母:タイキポーラ 生産者:スガタ牧場 タイキポーラはマーメイドステークスを勝利しており、産駒にも勝ち上がり馬が複数います。 ルーラーシップ産駒は芝レースで良い成績を残しており、母の中距離適性も相まって距離にも融通がききそうです。 マイル〜中距離路線に進んでくれるのではないでしょうか。 サンピラーアイ 牝 厩舎:(栗東)西村真幸 父:ディープブリランテ 母:ケルヴィテッセ 生産者:栄進牧場 0. 0 2017年北海道セレクションセールで取引され、1296万円の値がついています。 セレクションセールでは比較的高額な部類ですが、ディープブリランテ産駒は順調に結果を残しており、期待も持てそうです。 母の成績や産駒にこれといった活躍馬はいませんが、栄進牧場ゆかりの血統です。 スミレヴィオレッタ 牝 厩舎:(美浦)青木孝文 父:フサイチセブン 母:ビートローズ 生産者:モトスファーム 父のフサイチセブンはダート路線で活躍し、重賞も勝利しています。 セリで高額落札されたことからも血統的な魅力は大きい馬です。 母の産駒にはまだこれといった活躍馬は出ていませんが、地方競馬で堅実に走る産駒もおりダート路線での活躍期待できそうです。 入厩まで進んでいるため、デビューも近いのではないでしょうか。 チェルシーライオン 牡 厩舎:(栗東)矢作芳人 父:Malibu Moon 母:Tashzara 生産者:Spendthrift Farm LLC すでにデビューを迎え、新馬戦では芝1200mを走って7着でした。 募集価格は4000万円と、外国馬としては比較的落ち着いています。 初戦は目一杯の仕上げではなかったようで、これからの成長や仕上がりにも期待がかかります。 Malibu Moon産駒は日本にも輸入されることが増えており、今後の活躍が期待される種牡馬です。 矢作厩舎ということもあり、出走回数の多さやコンスタントな稼ぎは期待できるのではないでしょうか。 種付料も高騰しており、産駒が高額取引されていることが特徴です。 産駒は外国のG1戦線で活躍しています。 クラブでの募集価格は1億2000万円と高額ですが、母の父はヨーロッパで活躍したガリレオと世界的に見ても良血です。 パワーのありそうな血統でもあり、日本の馬場に適応できるかがポイントではないでしょうか。 フローズンナイト 牝 厩舎:(美浦)伊藤大士 父:ノヴェリスト 母:エリモフィナーレ 生産者:三嶋牧場 ノヴェリストからはまだ大物が出ていませんが、ヨーロッパでは名馬として知られています。 エリモフィナーレの産駒には同じノヴェリスト産駒のメイショウロセツもおり、勝ち上がりを果たしました。 調整は順調に進んでいるようで、全兄の成績からも勝ち上がりが十分期待できるのではないでしょうか。 ブリングハピネス 牡 厩舎:(美浦)畠山吉宏 父:クロフネ 母:サマーハピネス 生産者:秋場牧場 母は中央線で1勝、地方交流戦で1勝とダート路線で適正を見せましたが、芝のレースでも入着するなどオールマイティに走りました。 クロフネ産駒も芝、ダートを問わず走っており、どちらの適正が出るか楽しみな馬でもあります。 母のサマーハピネスはサラブレッドクラブライオンの前身であるセゾンホースクラブの募集馬で、産駒の活躍も期待です。 ユニコーンライオン 牡 厩舎:(栗東)矢作芳人 父:No Nay Never 母:Muravka 生産者:Desert Stad クラブでは最高価格の2億円募集です。 400口募集とは言え1口50万円で、他のクラブと比較してもかなりの高価格帯募集です。 父のNo Nay Neverは2歳時無敗で早期に引退していますが、注目の種牡馬と言えるのではないでしょうか。 父の能力を受け継いで、早めから始動できれば大きなところも狙えそうです。 No Nay Never産駒の日本実績はありませんが、その分未知の魅力があります。 まとめ サラブレッドクラブライオンはセゾンホースクラブを引き継いだ形ですが、比較的新しいクラブです。 傾向がはっきりしており、外国馬に主軸を置いています。 2018年のセールでも高額馬を落札しており、募集が気になるところですね。 2018-2019デビュー馬にもかなり期待が持てる外国馬もいるため注目しましょう。

次の