メリー バッドエンド ま ふま ふ。 イザナワレトラベラー / After the Rain

メリーバッドエンド 歌詞「まふまふ(After the Rain)」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

メリー バッドエンド ま ふま ふ

メリーバッドエンドとは、や観客側の解釈と劇中の登場人物側の解釈によって幸福とが入れ替わるの形式をす言葉。 は「メリバ」。 上で生まれた言葉であり、広まるにつれて解釈が変化しつつあるようで意味合いは曖昧かもしれない。 概要 発祥元における狭義では「相互を描いたの悲劇的な結末」という意味で、 側から見るといわゆるであるが、登場人物達からすると(幸福的な結末)であること。 もしくはその逆の結末のことである。 世間的な物の見方をするか、の登場人物の一人になって見るかの違いだろう。 傍から見ればだけど当事者達にとっては、みたいな。 起源と定義 メリーバッドエンド(通称メリバ):過度の相互によって発生する悲劇のこと。 に、本人達だけがに感じて終わり、周りから見たらそれはとても見ていられないようなやるせない気持ちになる悲劇をす。 逆に、本人たちのが結果だけを見たときに世間的にであればそれもメリバ。 この言葉と解釈は独自のもので、に上である人物が発案した言葉である。 なお、に発売されたの2枚の「メリバ」で扱われた「本人や周囲の人にしか分からない(結末)」というを元にした造であるという内容の文章(同年発売の雑誌の)もあるようだが、上記でしたの発言やの書き込みからわかるように、それ以前からこの言葉は上で使われている。 ただ、メリバという言葉が広まるきっかけになったとも考えられるかもしれない。 較的最近に作られた言葉でありながらも、この呼び方と解釈は上のを中心に定着しつつあるようで、・のひとつとして扱われることは多い。 狭義では「相互を描いた」が該当し、散見されるでも基本的にはそのように紹介されていることが多いが、本記事のの書き込みでも伺えるように言葉が広まるにつれて解釈の仕方も変化しているようで、登場人物やの内容に限定されず、単に「解釈が変化する結末」がこのように呼ばれていることもあるようだ。 なお、解釈が変化する結末というの形式は一般的に「」や「-ed」という呼び方が以前から使われている。 (ややこしいことになっているが、の解釈や説明をメリーバッドエンドとして紹介しているも散見される) 関連静画 関連項目• ようこそテナのへ.

次の

VOCALOID(ボカロ),UTAU曲 最高音まとめ:とむっきぃのブロマガ

メリー バッドエンド ま ふま ふ

作詞・作曲:まふまふ まふまふさんの「メリーバッドエンド」は女子高生の闇を暴いたそんな作品になっているんじゃないかと思います。 結構よく考えたらかなり暗い歌詞なんだと思いますが、まふまふさんのユニークな含ませた表現によって、独特の狂った世界観になっているんじゃないかと感じます。 また、自作の「ハローディストピア」でもイラストを担当しているのが"寺田てら"さんなのですが 寺田てらさんのポップで可愛いキャラクターが歌詞とは対照的ですがなぜかズゴく馴染んでいるように感じます。 まふまふさんと寺田てらさんの組み合わせがかなり好きです。 「メリーバッドエンド」歌詞 メリーバッドエンド/まふまふ feat. 初音ミク 「メリーバッドエンド」歌詞解釈 "メリーバットエンド"の意味は? 「メリーバッドエンド」の"メリー merry "は陽気なことや笑いさざめいている様子を意味します。 それに対して"バッドエンド bad end "は悪い終わり、不幸な結末を意味します。 対照的な意味のタイトルですが、その意味が示す意味は解釈をしていくといずれわかると思います。 またイントロの際にMVに「大嫌いな私」「裏でこそこそ笑っている」「自己否定」の文字が一瞬出てきます。 裏でこそこそ笑っているは"陰口"を意味するんじゃないかと推測します。 そしてMVに出てくる少女たちは制服を着ています。 そこから「メリーバッドエンド」は、女子高校生によくある仲良しグループの闇なんじゃないかと思います。 上っ面では仲良くするけど裏では陰口をしているそんな自分たちの関係に主人公は飽き飽きしているそんな物語だと解釈します。 対照的な心 「嫌いを100と40字 カギ付きの心 言葉のナイフ」 これはTwitterにおけるツイートの投稿文字数が140字であることからTwitterを意味しています。 また鍵付きの心はただ感情に鍵をかけているだけではなくて、鍵アカウントを意味していると推測できます。 鍵アカウントでは仲間を傷つけるような発言をして、学校のみんなに見られる公開アカウントでは自分のことを取り繕って同情を得たりしているます。 その様子を「泣き言で着飾って お化粧は大層綺麗だろうな」と表していると解釈できます。 MVを見ていても少女が現実ではみんなに囲まれているけど、その一方で少女が顔写真の首のところを抑えている様子が描かれています。 傷つけ合い 「赤い糸」は人と人を結ぶなど良い意味で使われます。 そして「ピアノの線」は、炭素鋼で作られていて細いけれど非常に堅く強いため切れます。 そこから、その赤い糸で友達同士であやとりで遊んでいる様子が表面的には見えますが、その裏にはピアノの線が隠されている。 すなわち「お互いに傷つけ合っている」ことが歌詞に表現されているんじゃないかと思います。 しかしここで「共犯者」のフレーズが歌詞にあることから、その遊びの中で自分たちだけではなく周りも傷つけていると解釈できます。 他人の不幸は蜜の味 そんな傷つけ合って売り合っている状況で、誰かの噂が内緒話だと広がっていく様子を表しているんじゃないかと推測できます。 愛も不確かなユートピア ユートピアは理想郷を意味します。 仲良しグループは表面的には理想郷に見えるけど、その中身は傷つけ合っているグロテスクな物になっている。 だから、愛も不確かなユートピアと表現しているんだと解釈できます。 「鬼遊び」は鬼ごっこを意味します。 「ポエット」は作る人を意味することから、クラスの中心人物がポエットとなってみんなが集まる宿り木を形成していることを意味しているんじゃないかと思います。 そして、噂話して誰かを省いていくような関係になってしまいます。 そんな関係の上に成り立つみんなの笑顔なんて意味ないと少女は言っているんじゃないかと解釈できます。 MVに関しても、少女が仲良し集団を意味した植物に呑まれていくような描写がされています。 "メリーバッドエンド"は続く そして、その仲良し集団から省かれないように少女が、リーダーが標的にした子を自分も輪になって嫌うんじゃないかと解釈できます。 「排他 排斥」をして的になった誰かが撃ち抜かれて面白くなくなったら、次はまた誰かに標的が移されます。 「メリーバッドエンド」 終わらない連鎖が続くことから何度も続く「バッドエンド」として表現されているんじゃないでしょうか。 ゲームにおいて「バッドエンド」は正しくない結末なので、プレイヤーは正しいハッピーエンドにいくために何度もゲームを続けます。 そして「お茶会のパスワード」は誰かをターゲットにしようというリーダーからのメッセージ DM を意味するんじゃないかと推測します。 そして、みんな自分が標的にされることを恐れて同調する返事やイイネしかできないんだと思います。 スクールカーストの鬩ぎ合い 背中についたレッテル マーク は、「スクールカースト」を意味します。 そして、カーストと自分にとって利用価値があるかないかで誰を次の標的にするか決定します。 「あれ」と「これ」は及第点 OK だけど、「それ」は駄目だから標的に決定するんだと思います。 可愛いあの子は中指へ 「とまれ とまれ このゆびとまれ」はよく遊びをするときに仲間を集めるのに使うセリフですよね。 だから「このゆびとまれ」は仲間を集めていると解釈できますが、 「なかゆびとまれ」に関しては、中指を立てていることから侮蔑表現であると解釈できます。 だから、憎い可愛いあの子は中指に止まれと表現しているんじゃないでしょうか。 聞イテ 聞イテ アノ子ノ噂 そして、次の標的になったクラスの可愛い子の悪い噂がどんどん広がっていく様子がこの歌詞に現れていると解釈できます。 繰り返される嘘 そして、そんなことを繰り返していくうちに嘘に嘘が固められ、自己防衛のために媚びを売って自分を偽って過ごす毎日に嫌気がさしてきたんだと思います。 そして、涙も笑い方も忘れてしまったんだと解釈できます。 そして、少女の壊れていく様子がMVにある顔が陶器のように崩れて行っていく描写に現れています。 メリーバッドエンド 自分を守るために嘘を付いていたはずなのに「幸せが心の隙間」からどんどんこぼれ落ちて無くなっていくことに少女は気づきます。 そして、少女はそうした仲良しゴッコから抜け出すんじゃないかと思います。 そして関係を崩したから、少女の周りには誰もいなくなります。 主人公の心てきにはメリー=嬉しいことではあるけれど、端から見たら周りに誰もいなくなった少女の結末はバッドエンドだと解釈できます。 だから「メリーバッドエンド」なんじゃないかと推測します。 まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございます! あくまで僕の解釈でまふまふさんの"メリーバッドエンド"解釈してみました!.

次の

イザナワレトラベラー / After the Rain

メリー バッドエンド ま ふま ふ

作詞・作曲:まふまふ まふまふさんの「メリーバッドエンド」は女子高生の闇を暴いたそんな作品になっているんじゃないかと思います。 結構よく考えたらかなり暗い歌詞なんだと思いますが、まふまふさんのユニークな含ませた表現によって、独特の狂った世界観になっているんじゃないかと感じます。 また、自作の「ハローディストピア」でもイラストを担当しているのが"寺田てら"さんなのですが 寺田てらさんのポップで可愛いキャラクターが歌詞とは対照的ですがなぜかズゴく馴染んでいるように感じます。 まふまふさんと寺田てらさんの組み合わせがかなり好きです。 「メリーバッドエンド」歌詞 メリーバッドエンド/まふまふ feat. 初音ミク 「メリーバッドエンド」歌詞解釈 "メリーバットエンド"の意味は? 「メリーバッドエンド」の"メリー merry "は陽気なことや笑いさざめいている様子を意味します。 それに対して"バッドエンド bad end "は悪い終わり、不幸な結末を意味します。 対照的な意味のタイトルですが、その意味が示す意味は解釈をしていくといずれわかると思います。 またイントロの際にMVに「大嫌いな私」「裏でこそこそ笑っている」「自己否定」の文字が一瞬出てきます。 裏でこそこそ笑っているは"陰口"を意味するんじゃないかと推測します。 そしてMVに出てくる少女たちは制服を着ています。 そこから「メリーバッドエンド」は、女子高校生によくある仲良しグループの闇なんじゃないかと思います。 上っ面では仲良くするけど裏では陰口をしているそんな自分たちの関係に主人公は飽き飽きしているそんな物語だと解釈します。 対照的な心 「嫌いを100と40字 カギ付きの心 言葉のナイフ」 これはTwitterにおけるツイートの投稿文字数が140字であることからTwitterを意味しています。 また鍵付きの心はただ感情に鍵をかけているだけではなくて、鍵アカウントを意味していると推測できます。 鍵アカウントでは仲間を傷つけるような発言をして、学校のみんなに見られる公開アカウントでは自分のことを取り繕って同情を得たりしているます。 その様子を「泣き言で着飾って お化粧は大層綺麗だろうな」と表していると解釈できます。 MVを見ていても少女が現実ではみんなに囲まれているけど、その一方で少女が顔写真の首のところを抑えている様子が描かれています。 傷つけ合い 「赤い糸」は人と人を結ぶなど良い意味で使われます。 そして「ピアノの線」は、炭素鋼で作られていて細いけれど非常に堅く強いため切れます。 そこから、その赤い糸で友達同士であやとりで遊んでいる様子が表面的には見えますが、その裏にはピアノの線が隠されている。 すなわち「お互いに傷つけ合っている」ことが歌詞に表現されているんじゃないかと思います。 しかしここで「共犯者」のフレーズが歌詞にあることから、その遊びの中で自分たちだけではなく周りも傷つけていると解釈できます。 他人の不幸は蜜の味 そんな傷つけ合って売り合っている状況で、誰かの噂が内緒話だと広がっていく様子を表しているんじゃないかと推測できます。 愛も不確かなユートピア ユートピアは理想郷を意味します。 仲良しグループは表面的には理想郷に見えるけど、その中身は傷つけ合っているグロテスクな物になっている。 だから、愛も不確かなユートピアと表現しているんだと解釈できます。 「鬼遊び」は鬼ごっこを意味します。 「ポエット」は作る人を意味することから、クラスの中心人物がポエットとなってみんなが集まる宿り木を形成していることを意味しているんじゃないかと思います。 そして、噂話して誰かを省いていくような関係になってしまいます。 そんな関係の上に成り立つみんなの笑顔なんて意味ないと少女は言っているんじゃないかと解釈できます。 MVに関しても、少女が仲良し集団を意味した植物に呑まれていくような描写がされています。 "メリーバッドエンド"は続く そして、その仲良し集団から省かれないように少女が、リーダーが標的にした子を自分も輪になって嫌うんじゃないかと解釈できます。 「排他 排斥」をして的になった誰かが撃ち抜かれて面白くなくなったら、次はまた誰かに標的が移されます。 「メリーバッドエンド」 終わらない連鎖が続くことから何度も続く「バッドエンド」として表現されているんじゃないでしょうか。 ゲームにおいて「バッドエンド」は正しくない結末なので、プレイヤーは正しいハッピーエンドにいくために何度もゲームを続けます。 そして「お茶会のパスワード」は誰かをターゲットにしようというリーダーからのメッセージ DM を意味するんじゃないかと推測します。 そして、みんな自分が標的にされることを恐れて同調する返事やイイネしかできないんだと思います。 スクールカーストの鬩ぎ合い 背中についたレッテル マーク は、「スクールカースト」を意味します。 そして、カーストと自分にとって利用価値があるかないかで誰を次の標的にするか決定します。 「あれ」と「これ」は及第点 OK だけど、「それ」は駄目だから標的に決定するんだと思います。 可愛いあの子は中指へ 「とまれ とまれ このゆびとまれ」はよく遊びをするときに仲間を集めるのに使うセリフですよね。 だから「このゆびとまれ」は仲間を集めていると解釈できますが、 「なかゆびとまれ」に関しては、中指を立てていることから侮蔑表現であると解釈できます。 だから、憎い可愛いあの子は中指に止まれと表現しているんじゃないでしょうか。 聞イテ 聞イテ アノ子ノ噂 そして、次の標的になったクラスの可愛い子の悪い噂がどんどん広がっていく様子がこの歌詞に現れていると解釈できます。 繰り返される嘘 そして、そんなことを繰り返していくうちに嘘に嘘が固められ、自己防衛のために媚びを売って自分を偽って過ごす毎日に嫌気がさしてきたんだと思います。 そして、涙も笑い方も忘れてしまったんだと解釈できます。 そして、少女の壊れていく様子がMVにある顔が陶器のように崩れて行っていく描写に現れています。 メリーバッドエンド 自分を守るために嘘を付いていたはずなのに「幸せが心の隙間」からどんどんこぼれ落ちて無くなっていくことに少女は気づきます。 そして、少女はそうした仲良しゴッコから抜け出すんじゃないかと思います。 そして関係を崩したから、少女の周りには誰もいなくなります。 主人公の心てきにはメリー=嬉しいことではあるけれど、端から見たら周りに誰もいなくなった少女の結末はバッドエンドだと解釈できます。 だから「メリーバッドエンド」なんじゃないかと推測します。 まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございます! あくまで僕の解釈でまふまふさんの"メリーバッドエンド"解釈してみました!.

次の