静岡 が ん センター 乳腺 外科。 静岡県立静岡がんセンター イシュラン乳がん(乳癌) 病院・医師ガイド

スタッフ紹介・認定学会

静岡 が ん センター 乳腺 外科

新たな乳がん患者数(罹患率)は年間で8万人以上と増加傾向にあります。 乳房温存が可能なのは全体の60%程前後、 乳房再建率においては約10%になるという報告があります。 年齢別では30代から増加し、40代後半~50代前半がピークとなり、高齢になるほど死亡率および発症率が高いという傾向にあります。 全国の乳がんを治療の 名医・ 専門医をご紹介します。 スポンサーリンク 北海道・東北エリア 医師名 病院名 コメント 地域 日本乳がん学会乳腺専門医の認定医と評議員を務めていて、初期治療や再発防止に力を入れている名医です。 北海道 乳がんの診療と治療のスーパードクターで、乳がんの診療と治療に長けていて、特に乳がんに対してのホルモン療法が得意分野です。 北海道 乳がんに対しての温存地手術や全摘出手術の名医と言われているドクターで、多くのがん患者の生命を守っています。 北海道 北海道エリアで乳がん治療の名医として手腕を振るっていて、マスコミなどのメディアでも度々取り上げられています。 北海道 乳がん一筋に25年のキャリアのあるベテランのスーパードクターです。 患者とのコミュニケーションを大切にしているのが特徴です。 北海道 北海道で最も乳がん治療数の実績が多く、数々のメディアでも紹介されているスーパードクターです。 北海道 乳腺外科と内分泌外科の教授と科長を務めているスーパードクターで、国際的にもリーダーシップを発揮している医師です。 宮城県 常にスキルアップを心がけていて、ピンクリボン活動にも積極的な名医です。 日本乳癌学会認定乳腺専門医の指導医でもあります。 福島県 スポンサーリンク 関東甲信越エリア 医師名 病院名 コメント 地域 乳がん治療を専門医、温存手術にも長けているスーパードクターです。 新潟県 新潟県立がんセンター新潟病院の院長で、日本乳癌学会乳腺のスーパードクターです。 乳房温存手術にも長けています。 新潟県 昭和大学病院の乳腺外科の診療科長を務めているスーパードクターで、田原総一郎さんの妻の主治医として有名な医者です。 東京都 日本でも有数の乳がんの名医として知られているドクターで、温存療法や摘出手術などに長けています。 東京都 再発の正確な予測を可能にする臨終研究を進め、再発0を目指している乳がんのスーパードクターです。 東京都 癌研究会癌研究所乳腺病理部で乳腺病理研修を行っている名医で、知識や経験を活かした治療を行っています。 東京都 乳がんのセンチネルリンパ節生検を標準的な治療として日本に取り入れたスーパードクターです。 東京都 乳癌治療全般と骨転移治療を専門分野にしていて、乳がんに関する数々の書籍も出版している名医です。 東京都 外科学会の指導医で乳腺専門に治療を行っているスーパードクターです。 常勤顧問と院長特別補佐として多くの患者を守っています。 東京都 乳がん治療と、乳がんの手術を世界で最も多く執刀しているスーパードクターです。 東京都 日本癌治療学会臨床腫瘍専門医と日本がん治療認定医機構暫定教育医で、多くの本を出版している名医です。 東京都 癌研有明病院でレディースセンターにて乳腺科部長を務めているスーパードクターです。 東京都 乳がんの診察や治療、温存や摘出手術を行っているスーパードクターです。 東京都 麻木久仁子さんの乳がんに対し、温存手術と再建手術を行った名医です。 東京都 日本外科学会の指導医で、日本乳癌学会の評議員としても活躍をしている乳がんの女性スーパードクターです。 東京都 これまでに2,400名もの患者の治療と手術を行ってきた乳がん治療の名医です。 東京都 順天堂大学乳腺内分泌外科の教授に就任している名医で、乳腺外科や内科からの視点で治療を行っています。 東京都 乳がん治療の最前線で手腕を振るっているスーパードクターで、化学療法にも長けています。 東京都 乳がんと腫瘍学が専門分野で、分子標的治療にも長けているスーパードクターです。 東京都 日本乳癌学会認定の乳腺専門医で、乳房再建手術まで幅広く治療を行える名医です。 東京都 ナグモクリニック東京の院長を務めている乳腺専門医で、医者向けの書籍なども多数出版しているスーパードクターです。 東京都 乳腺疾患の診断と治療を専門に行っていて、乳がんに関する様々な著者でもある有名なスーパードクターです。 東京都 乳がんに対しての乳房再建術を専門とし、全国でもトップクラスの実績があり、テレビや雑誌でも人気の名医です。 東京都 日本がん治療認定医機構暫定教育医でもあり、一貫した乳がんの治療をしているスーパードクターです。 東京都 数多くのテレビ出演や雑誌でも取り上げられているほどの名医で、セカンドオピニオンにも対応しています。 神奈川県 乳腺外科を専門とし、検診や診察、治療などを患者の気持ちを理解した施術をしているスーパードクターです。 神奈川県 テレビでもおなじみの聖マリアンナ医科大学の乳腺、内分泌外科の教授で、治療や手術どちらも凄腕の名医と言われています。 神奈川県 スーパードクターと呼ばれている所以は、自家組織による乳房再建とマイクロサージャリーにあります。 神奈川県 乳がんを専門に治療していて、マスコミやネットでも有名なスーパードクターです。 神奈川県 超早期乳癌の診断に有効なマンモグラフィガイドのマンモトーム生検も行っている名医です。 神奈川県 乳がん治療のスーパードクターとして、国内だけではなく海外でも活躍している名医です。 千葉県 乳腺・甲状腺外科と内分泌外科を専門としていて、日本乳癌学会 乳腺専門医の指導医もこなしている名医です。 千葉県 日本乳癌学会認定の乳腺専門医で、マンモグラフィー読影認定医としてA評価を受けている名医です。 埼玉県 乳癌の診断と治療を専門分野にしていて、ハーセプチンなどの治療にも長けているスーパードクターです。 茨城県 患者の笑顔を目指して年間に200例の手術を執刀し、累積の手術数も3,000例を超えている名医です。 栃木県 乳がん診療に欠かせないマンモグラフィーのエキスパートで、数々の著書も出版している名医です。 群馬県 日本乳癌学会認定医の専門医・指導医・評議員に指定されていて、幅広い知識と経験のあるスーパードクターです。 群馬県 乳がんの治療 乳がん治療は他のがんと比べて術後の経過が良好だとされており、治療方法も日々進歩しています。 乳がん治療の基本は、 手術(外科療法)によって可能な限りがんを取り除くことです。 現在ではがん病巣をなるべく小さく切除し、乳房を残す方法( 乳房温存手術)が半数以上を占めるようになりました。 この乳房温存手術の後には微小ながん細胞が残っている可能性があるため、 放射線治療が行われます。 再発・転移部位でも放射線照射が検討されます。 抗がん剤を用いた 化学療法(全身療法)では、腫瘍を小さくしてから乳房温存術を行うなど、治療計画が立てられます。 また、手術後に女性ホルモン(エストロゲン)の働きの抑制さえ、がん細胞の増殖を阻む ホルモン療法が長期間に渡って行うこともあります。 スポンサーリンク 東海・関西・中部・北陸・四国エリア 医師名 病院名 コメント 地域 乳がん治療は診断から手術、放射線治療や薬物療法など最良の医療を提供しているスーパードクターです。 愛知県 乳腺外科医として診療や健診業務を行う事で有名で、名医が応える乳がんの本などの執筆者でもあります。 愛知県 愛知県でトップクラスの乳がん手術の実績をもっていて、中部地域ではトップと言われているほどの名医です。 愛知県 臨床研究管理センター長を務めていて、治験を中心とした臨床研究の管理もこなしているスーパードクターです。 静岡県 がん治療の臨床試験の体制と方法論に長けていて、乳房温存手術に対する名医として知られています。 静岡県 日本国内で乳房温存療法やセンチネルリンパ生検のパイオニアとしても知られている名医です。 石川県 乳房温存手術と乳房同時再建に行っている名医で、出来る限り乳房の形をそのままに執刀しているスーパードクターです。 大阪府 低侵襲治療や抗がん剤治療など各部門のエキスパートと連携して治療にあたっている乳がんの名医です。 大阪府 日本乳癌学会学術総会会長を歴任されているほどの名医で、深い知識とキャリアを活かした治療を行っています。 大阪府 乳腺外科と内分泌外科を専門分野とし、分子標的治療などに長けているスーパードクターです。 大阪府 手術療法、化学療法、内分泌療法、放射線療法など幅広く対応している乳腺診療科長を務める名医です。 大阪府 内視鏡手術やストレオガイドなどでマントーム生検を行っていて、早期乳がんの発見に長けている名医です。 大阪府 乳がん治療に対する最先端の薬物両方を行っている経験豊かなスーパードクターです。 大阪府 日本乳がんピンクリボン運動の理事長と、田中完児乳腺クリニックの院長を務める名医です。 大阪府 蛍光法を用いた乳がんにおけるセンチネルリンパ生検などの本で有名なスーパードクターです。 兵庫県 ホルモン療法、放射線療法、化学療法、分子標的療法、手術療法を、症状に合わせて最善な組み合わせをしている名医です。 京都府 きれいに治して再発を防止する乳がん手術を行っていて、神の手と称されている名医です。 滋賀県 乳がんに関する数々の本を執筆し、化学療法や摘出手術に手腕を振るっている名医です。 岡山県 乳腺と甲状腺を専門分野とし、摘出手術や術後の化学療法に長けているスーパードクターです。 岡山県 日本で温存手術や術前治療など最先端の乳がん治療を支えているスーパードクターです。 鳥取県 乳がんを専門領域とし、国際的な標準的薬物療法や新薬による治療を行っている名医です。 愛媛県 たけべ乳腺クリニックの院長で、乳癌超音波診断についてシンポジストとしても有名な名医です。 高知県 九州・沖縄エリア 医師名 病院名 コメント 地域 国立病院機構九州がんセンターの乳腺科部長を務めていて、患者の立場になった医療を提供している名医です。 福岡県 乳腺センター長を務めていて、乳癌学会より専門医・評議員として認定されているスーパードクターです。 福岡県 年間120から150の乳房再建手術を行っていて、スペシャリストと呼ばれている名医です。 福岡県 乳がん患者を中心とした医療を提供し、放射線や内分泌化など各分野のスペシャリストと治療方針を考察している名医です。 長崎県 宮崎県で手腕を振るっている名医で、乳がんを専門分野とし、一貫した治療を行っている名医です。 宮崎県 乳がんから生命と乳房を守りたいというキャッチフレーズで治療をしているスーパードクターです。 宮崎県 乳腺・内分泌外科の教授で、ホルモン剤や抗がん剤などの化学療法に長けている名医です。 熊本県 乳がん診療に35年間取組み、5,000例以上の患者を診てきた経験で的確な治療を行っている名医です。 特に連絡の必要はありません。

次の

乳がん、検診と教育訴え 美智子さま治療、静岡がんセンター医師|静岡新聞アットエス

静岡 が ん センター 乳腺 外科

原発性乳がんの年間手術件数が300例を超える豊富な治療経験をもっています。 診断には、デジタル画像処理により僅か数mmの超早期乳がんを見つけることができるデジタルマンモグラフィや超音波検査、MRI、3次元CT画像を駆使して正確な癌の浸潤範囲の術式を決めています。 また、術前化学療法によって腫瘍縮小効果が得られた場合には、乳房温存手術をお勧めすることもあります。 更にマンモグラフィ上の微小な石灰化のみで腫瘤を触れない患者さんに対しては、毎週ステレオガイド下マンモトーム生検を実施し、早期段階での診断を行っています。 検診施設や周辺他院からも多くの患者さんを紹介してもらっており、実施数は県下トップクラスです。 マンモグラフィについては2019年3月に3Dマンモグラフィ・トモシンセイシスを導入し、病変の検出能が上昇し、またマンモトーム検査の精度上昇、時間短縮で患者様の負担軽減となっております。 乳房切除術を行わなければならない場合、乳房再建術(人工物、自家組織)のできる可能性がある時は形成外科と連携しています。 また、がんそのものの治療に限らず、乳がん治療に関する精神的な悩みや問題に対しては、乳がん看護認定看護師、臨床心理士による相談やカウンセリングも行なっています。 また、あけぼの静岡の協力を得て訪問ボランティアを行っています。 また、遺伝診療科立ち上げに伴い、遺伝性乳がん卵巣がん症候群 HBOC の遺伝カウンセリングと遺伝子検査を行っています。 さらには、HBOC症例へはサーベイランスと予防的切除を行えるように体制を整えました。 進行再発乳がんに対してオラパリブ使用のためBRACAnalysis診断システムが開始され、変異陽性者へ、遺伝診療科での遺伝カウンセリング、血縁者検査の体制も整っています。 術後は、通いやすい診療所との連携を図りながらフォローをしています。

次の

乳がん治療の名医・専門医69名

静岡 が ん センター 乳腺 外科

目次を開く• 乳房悪性腫瘍手術の件数は2015年度が462件で、手術の件数だけで見ても全国でも有数、東北地方ではトップの実績となります。 乳がんは当病院外科では最も手術数が多い疾患で、乳房外科が乳がんの診療にあたり、乳がん専門の医師数名が手術や化学療法・ホルモン療法・放射線療法など多様な治療にあたっています。 乳がんでは外科手術が主な治療法となりますが、乳房を温存するかどうかという問題があります。 進行度などによっては切除法が選択されますが、この診断のためにマンモトーム(組織検査の一種)に力を入れています。 当病院では約3分の2の患者さんが、乳房を温存する方法の手術を選択されています。 また、病状により乳房を全切除する場合でも形成外科との連携によって、希望によってはシリコン製の人工乳房を再建する手術も選択することができます。 会長の相良吉厚医師は乳がん診療歴が35年を超え、5000例以上の乳がん診療実績を持ち、的確な診断と治療で名医として知られ、メディア等でも紹介されています。 相良病院は女性のための専門病院として乳がん診療にも力を入れており、全国でも例年トップクラスの治療実績を誇っています。 相良病院乳腺科での2014年の手術実績は572件で、ここ数年は500件を超える手術が毎年行われています。 手術を受ける患者のボディイメージの変容に対応できるよう、乳房温存手術も積極的に取り組まれ、6~7割の高い温存率を誇っており、乳房再建手術にも取り組んでいます。 また、乳がんの早期発見や新しい治療法の模索・再発への早期対処などにも熱心に取り組み続けている病院です。 九州では最も早い40年以上前にマンモグラフィーを取り入れ、現在も遺伝子検査や再発リスク検査やMR-PETなどを取り入れている上、治験なども行われています。 「共に在り、共に歩む」という理念のもと、乳がん患者の精神的サポートにも力を入れ、患者・家族対象の学習会や子供のケア(CLIMBプログラム)が行われています。 外来診療では乳がんを主に診療するブレストセンターがあり、グループ総勢30名を超える医師のうち約半数が女性となり、女性が診療を受けやすい雰囲気づくりが心がけられています。 特に有明病院が多く実績を上げているのが手術の分野で、年間1,000件以上の乳がん関連の手術が行われています。 乳がん手術のうち約4割が乳房温存手術ですが、残り6割の乳房切除術のうち約4割で乳房同時再建術が行われています。 形成外科との連携のもと、多くの再建手術が行われています。 また、乳房温存手術での安全性・生存率を高めるために生検などの検査により、診断の確実性を上げるべく努力がされています。 乳がんの治療は手術だけではなく、薬物療法や放射線療法も行われることがあります。 また、手術療法を主に行う乳腺外科と化学療法などを主に行う乳腺内科を備える乳腺センターがあり、放射線科医が参加し、乳がんの総合的な診療が行われています。 大野真司センター長は乳がん治療のガイドライン整備にも関わった乳がん治療の権威となり、岩瀬拓士外科部長は乳がん治療の名医としてメディア等で紹介されています。 センターの医師は総勢30名を超え、早期診断のため画像診断専門医も所属しています。 手術後のサポートのためにリハビリテーションは専門の理学療法士が行っており、また、手術後のむくみについてはリンパ浮腫外来があり、認定看護師やセラピストが対応しています。 元乳腺科部長(現・がん研究会有明病院乳腺センター大野真司センター長)が全国的な名医だったことから、その伝統を組んで現在も高い治療実績を誇っています。 手術件数は2015年が264件、例年約300件が実施されており、うち90件が乳房温存術、174件が乳房切除術になります。 乳房切除術に対しては乳房再建にも取り組んでおり、年に数件が行われています。 また、手術件数だけでなく、治療成績(5年生存率)で見ても全国より高い実績を上げているのが九州がんセンターの特徴です。 乳がんの診療に当たっている乳腺科には医師が約8名在籍しており、部長・医長とも女性医師で5名が女性医師です。 女性特有のがんである乳がんに対して患者さんを主体とした医療が心がけられており、病気や体だけでなく、心や生活・社会・家族も含めた診療が行われています。 乳腺外科では手術が主に行われ、年に500件前後の乳がん関連手術、うち乳房温存手術は6~7割になります。 当センターでは乳房再建手術が行われるようになったことから、乳房温存手術の件数は減っている傾向にあります。 また、乳腺腫瘍内科では乳がんの薬物治療(抗がん剤やホルモン剤などによる治療)の治療・研究が行われています。 乳がんでは手術療法・薬物療法・放射線治療などが組み合わせる時等には、その関連する分野の乳腺外科・乳腺腫瘍内科・放射線科との連携が取られています。 手術後のリハビリについては、リハビリ科、乳房再建術では形成外科、適切な手術範囲の診断のための臨床検査科などとも綿密な連携がとられています。 医師情報や治療情報に変更等が生じている可能性もありますのでご利用の際には必ずご確認ください。

次の