ナース コール 音楽。 コール音はどんなメロディー(曲)ですか?

No.708 メロディーナースコール : gya!

ナース コール 音楽

ナースコールに、メロディはありません。 ピンポーン。 ナースコールは電子音。 前の病棟では、エリーゼのために、でした。 今は「ピンポーン」とインターフォンみたいです。 ピンポーン。 今の職場はごく普通の電子コール音ですが、以前の職場にはミスチルの曲等もありました。 全病棟が同じ音なので、紛らわしいです。 それでもやはり、ナースコールが看護師の心理に与える影響は大きい。 昔ナースコールの音が近所の呼び鈴と同じ音色でした。 夜勤明けで仮眠していてもよく飛び起きたものです。 昔は「エリーゼのために」だった。 いまだに「エリーゼのために」を聞くと気分が上がらない 笑 ナースコールは、メロディがなくっちゃ! ナースコールの定番!「エリーゼのために」…なんでこの曲なんだろう? 外で他の人の着メロが「エリーゼのために」が流れると何故か体が反応します。 職業病かな??? 苦手なクラシックNo. 1です。 以前、某社の営業所の電話の待機メロディーが「エリーゼのために」で、変えてくれるようにお願いしたことがあります。 前の職場は、電子音でした。 その前は精神科だったのでコールはなかったです。 プライベートで聞くとイライラする エリーゼのためにトラウマになったことがあります…。 夢にまで出てくる…(苦笑) ポピュラーな曲だから?「メヌエット」の職場も。 かなり聞き取り辛いがたぶんメヌエット。 老朽化か、よく音が飛ぶ、勝手に鳴る、鳴動中に電源が落ちる。 意味がない上にホラー。 普通のナースコールはメヌエットですが 、トイレはブザーです。

次の

ナースコール システム『ナースエコール』|名電通株式会社

ナース コール 音楽

バックナンバー vol. 122 ( 2020年02月発行) vol. 121 ( 2019年12月発行) vol. 120 ( 2019年10月発行) vol. 119 ( 2019年08月発行) vol. 118 ( 2019年06月発行) vol. 117 ( 2019年04月発行) vol. 116 ( 2019年03月発行) vol. 115 ( 2019年02月発行) vol. 114 ( 2019年01月発行) vol. 113 ( 2018年12月発行) vol. 102 ( 2018年11月発行) vol. 111 ( 2018年11月発行) vol. 110 ( 2018年09月発行) vol. 109 ( 2018年08月発行) vol. 108 ( 2018年07月発行) vol. 107 ( 2018年06月発行) vol. 106 ( 2018年05月発行) vol. 105 ( 2018年04月発行) vol. 104 ( 2018年03月発行) vol. 103 ( 2018年02月発行) vol. 102 ( 2018年01月発行) vol. 101 ( 2017年12月発行) vol. 100 ( 2017年11月発行) vol. 99 ( 2017年08月発行) vol. 98 ( 2017年07月発行) vol. 97 ( 2017年07月発行) vol. 96 ( 2017年05月発行) vol. 95 ( 2017年04月発行) vol. 94 ( 2017年03月発行) vol. 93 ( 2017年02月発行) vol. 92 ( 2017年01月発行) vol. 91 ( 2016年12月発行) vol. 90 ( 2016年11月発行) vol. 89 ( 2016年10月発行) vol. 88 ( 2016年10月発行) vol. 87 ( 2016年08月発行) vol. 86 ( 2016年07月発行) vol. 85 ( 2016年06月発行) vol. 84 ( 2016年05月発行) vol. 83 ( 2016年05月発行) vol. 82 ( 2016年03月発行) vol. 81 ( 2016年02月発行) vol. 80 ( 2016年01月発行) vol. 79 ( 2015年12月発行) vol. 78 ( 2015年12月発行) vol. 77 ( 2015年11月発行) vol. 76 ( 2015年10月発行) vol. 75 ( 2015年08月発行) vol. 74 ( 2015年07月発行) vol. 73 ( 2015年06月発行) vol. 72 ( 2015年05月発行) vol. 71 ( 2015年05月発行) vol. 70 ( 2015年03月発行) vol. 69 ( 2015年02月発行) vol. 68 ( 2015年01月発行) vol. 67 ( 2014年12月発行) vol. 66 ( 2014年11月発行) vol. 65 ( 2014年10月発行) vol. 61 ( 2014年06月発行) vol. 60 ( 2014年05月発行) vol. 59 ( 2014年04月発行) vol. 58 ( 2014年03月発行) vol. 57 ( 2014年02月発行) vol. 56 ( 2014年01月発行) vol. 53 ( 2013年10月発行) vol. 52 ( 2013年09月発行) vol. 50 ( 2013年07月発行) vol. 49 ( 2013年06月発行) vol. 48 ( 2013年05月発行) vol. 45 ( 2013年02月発行) vol. 44 ( 2013年01月発行) vol. 43 ( 2012年12月発行) vol. 39 ( 2012年08月発行) vol. 37 ( 2012年06月発行) vol. 35 ( 2012年04月発行) vol. 33 ( 2012年02月発行) vol. 30 ( 2011年11月発行) vol. 28 ( 2011年09月発行).

次の

ラインナップ

ナース コール 音楽

たまには少し真面目な話もしようかな。 ナースコールの音楽について。 入院中の患者がベッドサイドにあるボタンを押すと鳴る、あのナースコールです。 昔はピンポンピンポン鳴るだけでしたが、近年は「メロディーナースコール」が普及しており、ナースステーションでは音楽が鳴ります。 で、この病院で採用されているメロディーの曲名がわかんねぇなぁと思い、ググったところ、おおよそ判明しました。 入院病棟は3階から5階。 それぞれ南、東、西に分かれています。 北はない、というか、北棟が「東」と「西」に分かれているんですが。 3階南・3階西・4階全て・5階南・・・メヌエット(ラバーズ・コンチェルトにも似ている) 3階東・・・ピンポン、ピンポン(未だにブザー式!) 5階東・・・Beauty and Beast(「美女と野獣」。 アレンジされすぎていてよくわからないが、たぶんこれ。 ) 5階西・・・A Whole New World(「アラジンのテーマ」) なぜかメヌエット全盛。 要は5階の東・西がなかなかわからなかったんです。 さすがグーグル先生ですねw 本当は録音してみたいところですが、なかなかそういうわけにもいかず。 他のところはどうなのでしょうかね。 「エリーゼのために」とかが有名所みたいですが、それは悲しくなりそうです…。

次の