使い捨てマスク 洗濯機。 不織布の使い捨てマスクは洗濯できる?再利用する洗い方と注意点!

無印良品「繰り返し使える2枚組・三層マスク」無印マスクは使い捨てマスクの完コピ?アベノマスクとも比べてみた

使い捨てマスク 洗濯機

新型コロナウイルス感染症 COVID-19 の感染拡大の懸念から、日本中で 不織布(ふしょくふ)の使い捨てマスクの品切れ状態が続いています。 マスクをする効果は、罹患している人がさらに感染を広げないことにあるといわれますが、人混みなど飛沫(ひまつ)を浴びる危険性に対し 「着けないより着けた方がいい」との思いや、その行為は決して間違いでないと思います。 不織布で作られたマスクは、本来「使い捨て」を前提に販売されているものですし、パッケージにも 「衛生面・機能面から1日1枚のご使用をおすすめします」と書かれているように、 本来は洗濯して再利用することは望ましくはありません。 しかし、どうしても買えないこの状況下では、 目次• 不織布とは? 「不織布の使い捨てマスクは洗濯できるのか?」を前に、不織布とはどういうものかを知る必要があります。 一般に布となるものは、細い繊維を織って作られているのに対して、 不織布とは文字通り「織らずに作られた布」です。 繊維を一定方向またはランダムな形で集積させ、熱や機械的・化学的な作用で絡まさせたり接着することで布状になっています。 不織布は、細かな繊維をそのままシート状の素材にできるので糸を紡ぐ「紡糸」を必要としないので、織物や編み物と比較して低いコストで布に類似した製品を作ることができるのです。 不織布の使い捨てマスクは洗うと機能は低下する?! 不織布の使い捨てマスクは洗濯できるのか?、洗って再利用できるのか?、その答えのヒントが、から2020年3月4日に公開された「マスクの再利用について」という指針に現れています。 「洗って繰り返し使える表記の無いタイプは、洗うと機能が落ちるのでお勧めできません」 全国マスク業界として安全を重視すれば、当然このようになります。 その一方、「どうしても洗って再利用をご希望の場合」として洗い方が紹介されているように、決して「絶対ダメ」なわけではないのも事実です。 実際、入浴時にお風呂洗い用の「バスマジックリン」で洗うのもアリだと思います。 大事なことは、この洗い方はあくまで「咳エチケット」や「濃厚接触」となる機会を少しでも減らすためであって、どうしても再利用する必要がある場合と割り切れるかにあります。 不織布の使い捨てマスクを台所用漂白剤を使って除菌する方法! 不織布の使い捨てマスクを再利用するなら、洗うだけでなく 除菌することで安心感が少し高まるかもしれません。 準備するものは、キッチンにある 「台所用漂白剤」だけ。 中性洗剤で洗って台所用漂白剤で除菌! 除菌の前の洗い方は、先の 「不織布の使い捨てマスクの洗い方!」で紹介したとおり、中性洗剤を使ってやさしく押し洗いしてあげればOK。 洗剤が残らないように、一度よくすすぎます。 その後、 台所用漂白剤を適量入れた容器に30分ほどマスクを浸けおきします。 完全にはキレイにはならないかもしれませんが、ファンデーションや口紅なども一緒に落としてくれる効果があります。 最後に、よくすすいで十分に乾燥させましょう。 スポンサーリンク 不織布の使い捨てマスクは洗濯機で洗える? 不織布の使い捨てマスクも、洗濯機で洗うことはできます。 みなさんは、洋服のポケットに使い捨てマスクを入れ忘れたまま、洗濯機で洗ってしまった経験ありませんか?。 気づかずに干されて乾いたマスクは、どんな状態だったでしょう?。 くしゃくしゃになっても、とりあえず破けることなく原形をとどめていたと思います。 そう、 使い捨てマスクに使われる不織布は、結構丈夫な素材なので十分洗濯機で洗えるのです。 間違えてティッシュを入れたまま洗ってしまったときのような、悲惨な状態にはなりません。 型崩れを防ぐなら、 洗濯ネットに入れて洗うことをおすすめします。 不織布の使い捨てマスクを洗濯する注意点! 不織布は意外と丈夫な素材とはいえ、洗濯や乾燥にはいくつか注意点があります。 これは使い捨てマスクに限りません。 不織布で作られたバッグや衣類などをきれいに長持ちさせるための注意点になります。 不織布の洗濯は基本「手洗い」がベスト! たしかに「間違って」洋服と一緒にマスクを洗濯してしまった経験からも、不織布は洗濯機で洗うこともできるのですが、 ・型崩れ ・不織布の表面が毛羽立つ だけでなく、「一緒に洗濯した衣類の汚れが移るのでは?」といった不安もよぎります。 マスクだけでなく不織布で作られたバッグや衣類などを繰り返し洗濯するなら、やはり手洗いの方が安心ですし何より長持ちします。 干すときはシワを伸ばす! 不織布は、一度シワができると元に戻すは難しい素材です。 干すときは、まだ濡れている段階で「パンパン」叩いたり、ある程度シワを伸ばして干すことを意識しましょう。 もしも洗濯機で脱水するなら、短時間に調整するのがベターです。 なぜなら、不織布は水気が多い状態でシワを伸ばすなど形成して干した方がシワができにくいからです。 不織布は乾きやすい素材でもあります。 まだ水分を感じる程度の状態からシワを伸ばして干すようにしましょう。 洗濯バサミは使わない! 不織布を洗濯ばさみで挟んで干すと、挟んだ部分の跡がくっきり残ってしまいます。 使い捨てマスクに限っていえば、跡など気にならないかもしれませんが、バッグや衣類の場合は注意したい点です。 不織布にアイロン掛けてはダメ! 不織布のマスクを洗濯したあと、シワをよく伸ばして干したとしてもパリッとした新品同様にはなりません。 不織布のマスクを洗って再利用する場合、その点は仕方ないと割り切りましょう。 シワを伸ばそうと、 不織布にアイロンを掛けてはダメです。 なぜなら、細かな繊維と繊維を熱を使ってつなぎ合わせて作られた不織布は、再び高温に晒されると繊維がほどけるように溶けてしまうのです。

次の

マスクの洗い方は? 「使い捨てマスク」を洗濯機で洗う方法(写真付きで解説)

使い捨てマスク 洗濯機

なぜ、サージカルマスクは使い捨てが原則なのか? マスクの表面に菌やウイルスが付着するから 同じマスクを使い続けていると、口や顔にウイルスや細菌が付着するのを防ぐ分、マスクの表面にウイルスや菌が蓄積してきます。 表面にウイルスや細菌が大量についたマスクを使い続けるのは、衛生上問題です。 また、無意識にマスクの表面を触ってしまい、その手で口や目を触るとマスクをしていても感染の確率が上がってしまいます。 洗うとマスクの性能が低下するから もうひとつの理由は、洗うとサージカルマスクの性能が落ちてしまうからです。 静電フィルターの性能低下 サージカルマスクには、静電気を帯びたフィルター(静電フィルター)が内蔵されていて、花粉や細菌、ウイルスなどの微粒子をフィルターで捕捉しやすいようになっています。 しかし、静電フィルターは水が付着すると静電気が失われ、微粒子を吸着する性能が低下します。 特に洗剤や柔軟剤などに含まれる界面活性剤や帯電防止剤は、静電気を除去する働きが強く、静電フィルター表面に吸着して長時間残り続けます。 なので、洗剤(特に柔軟剤入り)で洗濯をすると静電フィルターの性能が大きく低下するおそれがあります。 不織布の水はじき性低下 サージカルマスク表面の不織布や内部の静電フィルターは、水をはじきやすい性質があります。 この性質のおかげで、くしゃみや咳による唾液のしぶき(飛沫)がはじかれ、マスクのフィルターを通りにくくなっています。 洗剤(界面活性剤)には水をはじく性質を弱める働きがあり、不織布表面に吸着して長時間残り続けます。 では、できるだけ性能を落とさない方法はあるか? 性能が落ちない洗濯方法は残念ながらありませんが、 性能の低下を幾分か抑える方法はあると思います。 性能低下をできるだけ防ぎたいのであれば、前述の界面活性剤や柔軟剤が入った洗剤で洗濯するのはやめて、 水やぬるま湯の流水で洗うことです(それでも静電フィルターの性能低下は避けられないですが、マスクが無いよりマシです、、、)。 水やぬるま湯だけではウイルスが十分流しきれず残っている可能性があるので、 消毒液を併用します。 消毒液は、できるだけマスクの性能が落ちにくいように、 界面活性剤等が入っていない次亜塩素酸水やアルコール(エタノールやイソプロパノールなどの低級アルコール)を使います。 具体的なマスクの洗浄方法 具体的にはこんな感じです。 マスクの取り扱いはゴム手袋等を使用し、マスクのゴム部分を持って、 マスク表面に触れないようにします。 使用済のマスクは、(マスクが顔や口にウイルスが付着するのを防いでくれる分)マスク表面にウイルスがべっとりと付着している可能性があるので、まず次亜塩素酸水や次亜塩素酸ナトリウム水溶液、アルコールなどの消毒液をマスク表面にスプレーし除菌します。 その後、流水(温水)で洗います。 除菌の観点からは熱湯が望ましいのですが、温度が高すぎると静電フィルターや不織布が変質します。 また取り扱い時にやけどする恐れもあり危険です。 流水洗浄後、水気を切ってから再度消毒します。 消毒液としては、次亜塩素酸水や、消毒用エタノールを用いています。 今回は次亜塩素酸水に浸漬しています。

次の

マスクの洗い方で不織布は洗濯機でOKって本当?中性洗剤のおすすめも調査!

使い捨てマスク 洗濯機

この情報の発信者は、製紙会社で不織布の研究を続け、繊維部門の国家資格「技術士」を持つ奥恭行氏。 不織布マスクは素材が3層になっているものが多く、層の中央の繊維が帯電(電気を帯びること)されていて、そこでウィルスをキャッチする仕組みですが、この帯電効果は水や洗剤によって効果が減少。 90%以上のフィルタ捕集効果をうたうマスクを洗った場合、70%程度に効果は落ちるものの、奥氏の経験上、「それ以上は低下しなかった」そうです。 布マスクがもともと40%程度の捕集率しかないことを考えると、「布マスクよりは洗った不織布マスクのほうがベター」。 ガーゼマスクに比べて耐久性はないものの、「不織布を破壊するような強い力でなければ、手洗い可能」なのだと言います。 そこで、奥氏のオススメする方法で不織布マスクを洗ってみました。 使い捨てマスクの正しい洗い方 使う洗剤は、「家庭用洗剤、食器用洗剤、手洗い洗剤なんでも可能」とのことですが、今回は顔につけるマスクを洗うので、肌に優しい洗濯用の中性洗剤を選びました。 さて、一方で気になるのは、政府から配られた通称・アベノマスク。 使い捨てマスクが洗って再利用できるくらいですから、布マスクも当然手洗いすることはできます。 大手日用品メーカーの花王が公表している洗い方を見ると、使い捨てマスクの洗い方と同じですね。 ちなみに洗濯時の注意点としては、炊事用手袋を使うこと、複数のマスクを一度に洗わないこと、洗濯液の飛沫に触れないよう密閉できる金属以外の容器で処理すること、洗濯後は十分に手を洗うことだそう。 花王以外に国からも布マスクの洗い方が動画で紹介されていたりします。 【参考】厚生労働省・経済産業省 布製マスクの洗い方 コロナ禍の一日も早い終息を願うばかり まだまだ先が見えないこの状況で、みなさん「コロナ疲れ」も感じられているときだと思いますが、ここで油断してしまうとさらに状況が悪化する可能性が。 日頃から3密(密閉、密集、密接)は避け、外出自粛を心掛けながら、どうしても外出が必要な場合はマスクをし、外出から戻ったら手洗いを徹底するしかありませんね。 あともう少しの辛抱と信じ、みんなで頑張りましょう! 取材・文/JUNKO.

次の