リメンバーミー 歌詞。 『リメンバー・ミー』英語版主題歌歌詞(和訳)の意味(解釈)とは?

「リメンバー・ミー」主題歌の歌詞を日本語・和訳で紹介【ピクサー映画】

リメンバーミー 歌詞

リメンバーミーの歌一覧と歌手の日本語吹き替え声優をまとめてみました。 映画「リメンバーミー」で歌の日本語吹き替えを歌うのは、キャラクターの日本語吹き替え声優です。 こちらでは、映画「リメンバーミー」で歌を歌う日本語吹き替え版のミゲル声優、ヘクター声優、デラクルス声優、ひいひいおばあちゃんイメルダ声優、ひいおばあちゃんママココ声優を紹介します。 そして、映画「リメンバーミー」でミゲル、ヘクター、デラクルス、イメルダが歌った歌を一覧にして紹介します。 映画「リメンバーミー」で最も多く歌われている曲名は、「リメンバーミー」。 曲名「リメンバーミー」は映画のエンディング曲としても歌われ、非常に話題になった曲です。 映画「リメンバーミー」のエンディング曲を日本語に吹き替えて歌っている歌手は、シシドカフカさんです。 そのほか、映画「リメンバーミー」で最後のシーンで歌っていた曲も人気がありました。 映画「リメンバーミー」で最後のシーンで歌っていた曲名は「ミゲルの歌一覧」で紹介しますね。 映画「リメンバーミー」の歌一覧が非常に気になるところですが、まずは映画「リメンバーミー」ついて簡単にお伝えします。 映画「リメンバーミー」は、2018年3月に日本で公開されたアニメ映画です。 原作は「Coco ココ 」で、アメリカでは2017年11月に公開されいてます。 制作はピクサー・アニメーションスタジオ。 配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。 キャッチコピーは「それは、時を超えて一家族をつなぐ、奇跡の歌」。 映画「リメンバーミー」はゴールデン・グローブ賞で作品賞を受賞、アニー賞では11部門を受賞。 先ほどもお伝えしましたが、映画「リメンバーミー」は主題歌賞を受賞するほどで、主人公ミゲルが音楽好きの男の子とういこともあり、映画「リメンバーミー」では挿入歌なども非常に話題になっています。 映画「リメンバーミー」の劇中で歌を歌っているのは、ミゲルだけではなく、他のキャラクターも歌っています。 歌を歌っているのはキャラクターの吹き替え声優です。 日本語吹き替え声優の歌声も非常に素晴らしかったので、誰が歌っているのか気になった方も多いのではないでしょうか。 こちらでは、ミゲル、ヘクター、デラクルス、イメルダひいひいおばあちゃんが歌っていた歌を一覧にして、動画を交えて紹介します。 そして、そのあとに歌を歌っていた日本語吹き替え声優についても紹介しますね。 (ママココもミゲルと一緒に歌を歌っていたので、ママココの日本語吹き替え声優も紹介します。 ) まずは、映画「リメンバーミー」で最も気になっている人が多かった、映画「リメンバーミー」のエンドソングの曲名とエンドソングを歌った歌手から紹介します。 映画「リメンバーミー」の最後のシーンの曲は、「ミゲルの歌一覧」でお伝えしています。 リメンバーミー地上波テレビ放送歴 ・2020年2月21日 日本テレビにて地上波初テレビ放送「金曜ロードSHOW!」 リメンバーミー歌一覧!エンディング曲吹き替え声優日本語キャスト編 映画「リメンバーミー」で最も気になっている人が多かった曲は、映画「リメンバーミー」のエンディング曲(主題歌)だったようです。 ですので、初めに映画「リメンバーミー」のエンディング曲の曲名をお伝えしますね。 映画「リメンバー・ミー」のエンディングの曲名は『リメンバー・ミー』です。 映画の日本語タイトルと同じです。 日本で公開された映画「リメンバーミー」の日本語吹き替え版は、エンディング曲も日本語で歌われています。 じつは、日本語に吹き替えられた曲名「リメンバーミー」はアレンジされていて、アレンジしたのは東京スカパラオーケストラさんとシシドカフカさん。 シシドカフカさんは曲名「リメンバーミー」の日本語吹き替え版を歌い、演奏しているのは東京スカパラダイスオーケストラさんです。 シシドカフカさんがリメンバーミーを日本語に吹き替えて歌っている動画がありましたので紹介しますね。 映画「リメンバーミー」を観た方なら、ご存知だと思いますが、曲名「リメンバーミー」はエンディングだけではなく、劇中にたびたび登場します。 リメンバーミーを歌っているキャラクターは、ミゲル、デラクルス、ヘクター。 そして、ママココもミゲルと一緒に歌っています。 ミゲルやデラクルス、ヘクターがリメンバーミを歌っている日本語吹き替え声優は後ほど紹介しますね。 そのまえに、じつはリメンバーミーのエンディング曲を歌った歌手のシシドカフカさんが、映画「リメンバーミー」で日本語吹き替え声優に初挑戦しているんですよ。 つぎは、シシドカフカさんが映画「リメンバーミー」で日本語吹き替え声優に挑戦したキャラクターなど、シシドカフカさんについてをお伝えします。 デザイナーのロベルタ・パオルッチと パオロ・ジャコメッリ そして縁を結んで下さった H. FRANCEの皆さん そして私 みんなの想いの詰まった素敵なアクセサリーです. シシドカフカさんの生年月日は1985年6月23日、メキシコ生まれです。 シシドカフカさんが映画「リメンバーミー」のエンディング曲の歌手に選ばれた理由の1つには、シシドカフカさんがメキシコ生まれであったことも関係しているのだとか。 映画「リメンバーミー」の物語の舞台はメキシコです。 メキシコでは実際に死者の日の祝祭が11月に盛大に行われているんですよ。 もちろん歌唱力も抜群のシシドカフカさんですので、リメンバーミーのエンディング曲の日本語吹き替え歌手はシシドカフカさんがピッタリでしたよね。 じつは、シシドカフカさんは映画「リメンバーミー」で日本語吹き替え声優に初挑戦しているんですよ。 シシドカフカさんが日本語吹き替え声優に初挑戦したキャラクターは、ミゲルが死者の国で出会ったロス・チャチャコラスのメンバー(女性)です。 なんとロスチャチャコラスのメンバーで、東京スカパラダイスオーケストラのメンバーである茂木欣一さんも日本語吹き替え声優に初挑戦してるんですよ。 ですので、日本語吹き替え歌手ではありませんが、ロスチャチャコラスメンバー&エンディング曲つながりで茂木欣一さんを紹介しますね。 リメンバーミーでチャチャコラス声優の日本語吹き替えは茂木欣一!スカパラ スカパラ、Mステ出演終了しました!!「銀河と迷路」は初披露から約17年経ってるけど、今でもこの曲を歌うたび新鮮な気持ちになります。 茂木欣一さんは1967年生まれ、東京都出身。 茂木欣一さんは映画「リメンバーミー」のエンディング曲をアレンジした東京スカパラダイスオーケストラのメンバーで、東京スカパラダイスオーケストラでは、おもにボーカルを担当しています。 東京スカパラダイスオーケストラの現在のメンバーは9名。 メンバーは、茂木欣一さん、北原雅彦さん、GAMOさん、大森はじめさん、沖祐市さん、谷中敦さん、川上つよしさん、NARGOさん、加藤隆志さん、です。 じつは、東京スカパラダイスオーケストラが映画「リメンバーミー」で曲をアレンジをするきっかけとなった理由の1つに、東京スカパラダイスオーケストラさんが中南米でのツアーも精力的こなっていたからだそうですよ。 東京スカパラダイスオーケストラさんとシシドカフカさんはメキシコつながりで初タッグを組むことになったようですね。 では、映画「リメンバーミー」の日本語吹き替え歌手の話に戻しますね。 つぎは、映画「リメンバーミー」でミゲルが歌を歌った曲名一覧とミゲルの日本語吹き替え声優を紹介します。 曲名はミゲルが歌っている歌の動画を交えながら紹介しますね。 リメンバーミー歌一覧!ミゲル声優の日本語吹き替えキャスト編 リメンバーミーの主人公はミゲルです。 ミゲルは歌が大好きな男の子で、映画「リメンバーミー」の中でミゲルが最も多く歌を歌っています。 こちらでは「リメンバーミー歌一覧!ミゲル声優日本語吹き替えキャスト編」として、ミゲルが歌っている歌の曲名を紹介します。 まずは、ミゲルが歌っている曲名を簡単にまとめてお伝えしますね。 リメンバーミーでミゲルが歌っている曲名一覧• リメンバー・ミー• ウン・ポコ・ロコ• 音楽がぼくの家族• 音楽はいつまでも 曲名だけでは分かりずらいので、映画「リメンバーミー」でミゲルが歌っている曲の動画を交えながら、もう少し詳しくお伝えしますね。 その後に、ミゲルの歌を吹き替えた声優を紹介します。 リメンバーミー 曲名 :歌手ミゲル&ママココ(ひいおばあちゃん)Ver ネタバレ注意:こちらの動画は感動的なシーンのネタバレになる可能性があります。 まだ映画を観ていない方はご注意ください。 こちらの動画は映画「リメンバーミー」でミゲルが感動的なシーンで歌っている曲です。 歌の曲名は「リメンバーミー」 このシーンでは泣く人が続出するほど、本当に感動的なシーンでした。 映画「リメンバーミー」の感動的なシーンでミゲルが歌うリメンバーミーは、ママココ(ひいおばあちゃん)も一緒に歌っていましたよね。 ひいおばあちゃんのココは高齢で、話すこともほとんどなくなり、記憶も失いかけていたのですが、リメンバーミーの歌をきっかけに、とても大切なことを思い出しまします。 のちほど、ミゲルの日本語吹き替え歌手と一緒にママココ(ひいおばあちゃん)の日本語吹き替え声優についても、お伝えしますね。 リメンバーミーの歌で曲名ウンポコロコ:歌手ミゲル&ヘクター ネタバレ注意:こちらの動画も映画「リメンバーミー」のネタバレになる可能性がありますのでご注意ください。 映画「リメンバーミー」で最後のシーンで流れる歌の曲名は「音楽はいつまでも」です。 動画は曲名「音楽はいつまでも」をミゲルの日本語吹き替え声優が歌っていて、歌の日本語歌詞つきです。 「音楽はいつまでも」の曲は、ヘクターが死者の国を家族のガイコツと共に出るときに流れていた曲です。 ミゲルが最後のシーンで死者の日に家でギターを弾いて歌っていた曲。 映画「リメンバーミー」で最後のシーンでミゲルが『みんなの思い出と共に生き続けるいつまでも』と歌う歌詞がとても印象的でした。 映画「リメンバーミー」でデラクルスに会うためにパーティー会場に行き、ステージでミゲルが歌っていた曲です。 ミゲルはステージから歩きだし、歌を歌いながらプールに落ちてしまいましたが、結果的にはデラクルスに助けられ、デラクルスと会うことに成功した時に歌っていた曲です。 ミゲルがステージで歌っていた曲名は「音楽がぼくの家族」です。 「音楽がぼくの家族」も明るく陽気な曲でテンションが上がりそうですよね。 残念ながらミゲルの日本語吹き替え歌手のものはありませんでしたが、英語版がありました。 英語版でも曲の確認はできるので、良かったら聞いてみてくださいね。 つぎは、ミゲルの日本語吹き替え声優とリメンバーミーを一緒に歌っていたママココの日本語吹き替え声優を紹介しますね。 映画「リメンバーミー」では、キャラクターの日本語吹き替え声優が日本語の歌も吹き替えています。 ですので、日本語吹き替え声優と日本語吹き替え歌手は同じキャストです。 まずは、ミゲル声優の日本語吹き替えキャストから紹介します。 ミゲル声優の日本語吹き替えは、石橋陽彩(いしばし ひいろ)さんです。 ミゲルの歌の日本語吹き替えも石橋陽彩さんが担当しています。 ミゲル声優のアメリカ吹き替え版は、アンソニー・ゴンザレスさん。 石橋陽彩さんは2004年8月24日生まれ、千葉県出身。 石橋陽彩さんが日本語声優を務めたのは、音楽が大好きで歌が上手な男の子の役です。 石橋陽彩さんは奇跡の歌声と噂されるほどですので、初めて石橋陽彩さんの歌を聞いた人はあまりにも歌が上手いので、石橋陽彩さんの歌声に驚いた人も多いのではないでしょうか。 じつは、石橋陽彩さんは4歳頃から音楽スクールに通っていて、小学校高学年になると演技も学びはじめ、なんと小学校6年生でミュージカルにも出演している実力派なんですよ。 そして、なんと声優初挑戦となったのが、映画「リメンバーミー」の主人公ミゲル役。 オーデションを受けたのは、石橋陽彩さんが12歳だったそうです。 映画「リメンバーミー」で曲を歌う時にはスタッフから、小学校4~5年生くらいの歌声と依頼されていたそうで、変声期に差しかかっていた石橋陽彩さんは子供らしさを残しながら高音で歌うのに苦戦したのだとか。 現在は変声期にはいり、19年3月より声が安定するまで歌手活動は中止しています。 現在の石橋陽彩さんは声がだいぶ低くなり、リメンバーミーを同じキーでは歌えなくなっているとのことですが、ツイッターなどを確認すると低くなった声もとても素敵でしたよ。 ママココの歌の日本語吹き替えも大方斐紗子さんです。 アメリカ版の吹き替え声優は、アナ・オフェリア・ムルギアさん。 大方斐紗子さんは1939年3月9日生まれ、福島県出身。 大方斐紗子さんは劇団俳優座付属養成所で本格的に演技を学び、女優や声優としてもベテランです。 そんな大方斐紗子さんでも、リメンバーミーでママココとして歌を歌ったときは大変苦労したそうです。 大方斐紗子さんが日本語吹き替え声優を担当したのは100歳近くになる、おばあちゃん役。 ですが当時の大方斐紗子さんは70代でした。 大方斐紗子さんは「70歳の声ではなく90歳の声で歌ってください」と依頼されたそうで、90代の歌声にするのに厳しく指導されたそうですよ。 実際にママココが日本語吹き替えで歌っているのを聞くと、70代の歌声には聞こえず100歳になるおばあちゃんの歌声に聞こえ、とても素晴らしかったですよね。 ママココがミゲルと一緒に歌っているシーンは私が映画「リメンバーミー」で一番大好きなシーンです。 ココがママココと呼ばれている理由 ミゲルがココをママココって呼ぶのが気になり調べてみました。 どうやら、メキシコでは母親だけではなく、おばあちゃん、ひいおばあちゃん達もママをつけて呼ぶようです。 ですので、ミゲルはひいおばあちゃんのココだけではなく、ひいひいおばあちゃんのイメルダにもママをつけて、ママ・イメルダと呼んでいます。 同様におじいちゃんたちにはパパをつけて呼ぶそうです。 リメンバーミー歌一覧、ヘクター声優の日本語吹き替えキャスト編 映画「リメンバーミー」の主人公・ミゲルの相棒はヘクターでしたね。 ヘクターは陽気だけれども心に傷を抱えている死者の国に暮らすガイコツ。 映画「リメンバーミー」で、ヘクターが歌う曲も重要な役割がありましたね。 こちらでは、「リメンバーミー歌一覧、ヘクター声優の日本語吹き替えキャスト編」として、ヘクターが歌っている歌を紹介します。 まずは、ヘクターが歌っている曲名を簡単にまとめてお伝えしますね リメンバーミーでヘクターが歌っている曲名一覧• リメンバー・ミー• ウン・ポコ・ロコ• あこがれのファニータ 曲名一覧だけでは分かりずらいので、もう少し詳しくお伝えしますね。 ヘクター声優が日本語に吹き替えて歌っている動画が見つかったものについては動画を交えて紹介します。 ヘクターが歌っている動画が見つからなかったものについては、曲を歌っているシーンをお伝えしますね。 曲名:リメンバーミー ミゲル&ヘクターVer 1:45頃から藤木直人さんが歌っています。 曲名「リメンバーミー」はヘクターがまだ生存していた頃に、ヘクターの娘にリメンバーミーを歌っていた曲です。 残念ながらヘクターが歌っている動画を見つけることができませんでしたが、ヘクターの日本語吹き替えを務めている藤木直人さんが曲名「リメンバーミー」を少しだけ歌っている動画がありましたので、そちらを紹介しますね。 「リメンバーミー歌一覧!ミゲル声優の日本語吹き替えキャスト編」でも紹介している曲です。 曲名:あこがれのファニータ 曲名「あこがれのファニータ」がヘクターが死者の国で一人ぼっちで生活している時に、寂しそうに歌っている曲です。 (残念ながら動画を見つけることができませんでした。 ヘクターの歌の日本語吹き替えも藤木直人さんです。 アメリカ版吹き替え声優は、ガエル・ガルシア・ベルナルさん。 藤木直人さんは1972年7月19日生まれ、岡山県倉敷市出身。 藤木直人さんは俳優が中心ではありますが、声優経験もあります。 ですが、映画「リメンバーミー」でヘクターを演じるのはとても大変だったそうです。 ヘクターの日本語吹き替えは、キャラクターの口に合わせてセリフを言わなければならず、しかも歌は原作の声優に合わせたキーだったそうで、藤木直人さんにはキーがとても低く感じて歌いづらかったのだとか。 しかし、映画「リメンバーミー」を観た人からの評判はとても良く、「ヘクター役の藤木直人さんイケボ」「ヘクターの声優ハマり役」などと絶賛の声が多くよせられています。 リメンバーミー歌一覧!デラクルス声優の日本語吹き替えキャスト編 映画「リメンバーミー」でミゲルが憧れていた歌手はデラクルスでした。 デラクルスは生前も死者の国でも知らない人はいない偉大な歌手で、映画「リメンバーミー」の劇中で数曲歌っています。 こちらでは「リメンバーミー歌一覧!デラクルス声優の日本語吹き替えキャスト編」として、デラクルスの歌っている歌を紹介します。 デラクラスが歌っていた曲名を簡単にまとめてみました。 リメンバーミーでデラクルスの歌っている曲名一覧• リメンバーミー• 哀しきジョローナ• つのる想い 曲名だけでは、分かりずらいのでもう少し詳しくお伝えします。 曲名「リメンバーミー」はデラクルスの日本語吹き替え声優が歌っている動画がありましたので、紹介しますね。 その他の曲は動画がありませんでしたので、歌っているシーンをお伝えします。 エンディング曲や、ミゲルが歌っている曲とはまた違ったイメージで、デラクルスのリメンバーミーも素敵でした。 曲名:つのる想い 曲名「つのる想い」はミゲルが家で家族に隠れてこっそり見ているビデオでデラクルスが歌っている曲です。 曲名:哀しきジョローナ 曲名「哀しきジョローナ」はデラクルスが死者の国でイメルダと一緒にステージで歌っている曲です。 哀しきジョローナは、のちほど紹介する「イメルダの歌っている曲名一覧」で英語版の動画をご覧いただけます。 (イメルダが歌っているのは1曲のみです。 ) リメンバーミーでデラクルス声優日本語の歌手は橋本さとし!悪役 あ、そして明日21日21時から金曜ロードショーで、 デイズニーピクサー『リメンバーミー』が放送されるそうです。 私、デラクルスの声やってますんで。 あまり似合いませんが、1回飲んでみたかったんです。 満足です。 — 橋本さとし 3104shHoney デラクルス声優の日本語吹き替えは、橋本さとし(はしもと さとし)さんでした。 デラクルスの歌の日本語吹き替えも橋本さとしさんです。 アメリカ版の吹き替え声優は、ベンジャミン・ブラットさん。 橋本さとしさんは1966年4月26日生まれ、大阪府枚方市出身。 ですので、演技はもちろんですが、歌も非常に上手です。 歌が上手で伝説の歌手というデラクレスのキャラクターに、橋本さとしさんはピッタリでしたね。 じつは、橋本さとしさんは役柄で悪役を演じることが多いそうで、デラクルスも悪役でした。 ですが、橋本さとしさん自身は明るく素敵な方のようですよ。 タピオカミルクティーを飲む橋本さとしさん、とてもカワイイですよね。 リメンバーミー歌一覧,イメルダ声優の日本語吹き替えキャスト編! イメルダはミゲルのひいひいおばあちゃん。 ミゲルのおばあちゃんがエレナ、ひいおばあちゃんがママココですので、イメルダはママココの母親です。 イメルダは家族に音楽禁止令をだした人物で、死者の国で暮らしているガイコツ。 ですが、イメルダも歌は大好きで素晴らしい歌声で歌を歌ってます。 イメルダが歌を歌っているのは1曲。 イメルダが歌っていた曲名は「哀しきジョローナ」 イメルダがステージでデラクルスと歌っていた曲です。 イメルダがステージで歌っていた動画はありませんでしたが、ミゲルを追いかけている時に少しだけイメルダの日本語吹き替え声優が歌っている動画がありましたので紹介しますね。 イメルダの歌の日本語吹き替えも松雪泰子さんです。 イメルダのアメリカ版吹き替え声優は、アラナ・ユーバックさん。 松雪泰子さんは1972年11月28日生まれ、佐賀県鳥栖市出身。 松雪泰子さんが日本語吹き替えをしたイメルダ(ひいひいおばあちゃん)は芯の強さをもった強い女性で、素晴らしい歌声を持っている女性でした。 松雪泰子さんに歌を歌うイメージがありませんが、松雪泰子さんはミュージカルにも出演している実力派女優です。 しかし、哀しきジョローナの音階で歌うのは初めてだったそうで、抑揚をとらえるのに苦戦したそうです。 松雪泰子さんは映画「リメンバーミー」が日本語吹き替え声優初挑戦だったそうですが、芯が強く家族を守ろうとするイメルダの演技は素晴らしく、初挑戦のようには全く思えませんでした。 イメルダの歌声もダイナミックなのに、どこか哀愁がある感じも素晴らしかったと思います。 こちらの記事では映画「リメンバーミー」の吹き替え声優をたくさん紹介しています。 曲名「リメンバーミー」の作詞作曲を手がけたのは、映画「アナと雪の女王」の主題歌『レットイットゴー』のロバート・ロペスさんとクリステン・ロバート・アンダーソンさん夫妻。 曲のタイトルはリー・アンクリッチ監督から「リメンバーミー」と依頼されていたそうです。 そのほか、監督は2人に曲はテンポや音調で違う曲に聞こえるもの。 歌詞は異なる解釈ができるものと依頼していたのだとか。 ロバート夫妻は曲を作り始める前にたくさん話し合い、「リメンバーミー」はメキシコが舞台になっているので、メキシコ音楽などについてもたくさん情報を集めていたそうです。 すると、突然にロバート・アンダーソンさんに曲がふっと降りてきたそうで、自宅にいたロバート・アンダーソンさんはピアノまで急いで行き、一気に仕上げてしまったそうですよ。 歌詞については、クリステン・ロバート・アンダーソンさんが地下鉄に乗っていた時に、なんと45分で仕上げてしまったのだとか。 2人が手掛けたリメンバーミーは、映画「リメンバーミー」にピッタリな歌で、1度聴くと心の奥底に響き渡り、誰もが忘れらないような曲になったと思います。 これからはリメンバーミーを聴きながら、大切な家族を思い出す時間を作りたいと思います。

次の

リメンバー・ミー主題歌の日本語歌詞の意味内容は?CD発売日はいつ?

リメンバーミー 歌詞

この歌詞は日本語吹き替え版の本編動画から耳コピーで歌詞を起こしたものです。 空の色は アイ・ミ・アモール アイ・ミ・アモール 赤色と言う アイ・ミ・アモール アイ・ミ・アモール 靴を置くのは アイ・ミ・アモール アイ・ミ・アモール 頭のてっぺんと言う アイ・ミ・アモール アイ・ミ・アモール 君はねウン・ポコ・ロコ ちょこっとね 変なの 君が言うとね なぜか信じちゃう 素敵なことさ ぼくだってウン・ポコ・ロコ そうロコな君が ぼくをおかしくする 訳が分からず 気ままで自由 頭ぐるぐる 君はウン・ポコ・ロコ 日本語吹き替え版で歌っているのは、 ミゲル:石橋陽彩(いしばし ひいろ)さん、 ヘクター:藤木直人(ふじき なおひと)さんです。 リメンバーミーウンポコロコの歌詞・英語編 それでは英語バージョンの歌詞はどうなっているのでしょうか? What color is the sky Ay, mi amor! Ay, mi amor! Ay, mi amor! 君は赤だという、アイ・ミ・アモーレ Where should I put my shoes Ay, mi amor! Ay, mi amor! どこに靴を置けばいいかな?アイ・ミ・アモーレ You say put them on your head Ay, mi amor! Ay, mi amor! 君に夢中なのさ! 英語版を歌っているのは、 ミゲル:アンソニー・ゴンザレスさん、 ヘクター:ガエル・ガルシア・ベルナルさんです。 スポンサーリンク リメンバーミーウンポコロコの歌詞の意味を考察! リメンバーミーウンポコロコの歌詞の意味は?【英語編】 リメンバーミーのウンポコロコの歌詞の意味を考察してみたいと思います。 まず 初めにリメンバーミーの原作の方の英語によるウンポコロコの歌詞を和訳して意味を考察してみたいと思います。 What color is the sky Ay, mi amor! Ay, mi amor! 空の色は何色?アイ・ミ・アモーレ アイ・ミ・アモーレとは、 「あぁ、私の愛する人」と言う意味です。 ですから、私の愛する人に「空は何色に見えるかい?」と聞いています。 Ay, mi amor! 君は赤だという、アイ・ミ・アモーレ 愛する人は空の色を赤色だと言っています。 愛する人は夕焼けの空が好きだったのでしょうか? Where should I put my shoes Ay, mi amor! Ay, mi amor! どこに靴を置けばいいかな?アイ・ミ・アモーレ 愛する人に靴の置き場所を訪ねています。 愛する人の家にあそびに行ったのでしょうか? You say put them on your head Ay, mi amor! Ay, mi amor! 頭の上でどう?と君は言う、アイ・ミ・アモーレ 愛する人は「頭の上でどう?」と言いました。 愛する人はジョークが好きな人なのでしょう。 この一言でその場がなごんだに違いありません。 You make me Un poco loco 君は僕を普通じゃなくさせる 「Un poco loco」とは、少しおかしいという意味です。 ですから、なぜか君は僕をおかしくさせてしまう。 Un poquititito loco The way you keep me guessing おかしいね、僕はいつも予想外な君のことに振り回される poquitititoはpocoよりももっと少ない「ちょっとだけ」という意味です。 愛する人だから、たとえ変な答えが返ってきても、どういう意味なのか考えてしまうよ。 The loco that you make me It is just un poco crazy 君は僕をおかしくする それは少しクレージーなくらいだ 君は僕をおかしくさせるけど、人に迷惑をかけるほどではないよ。 でも、君のことが好きだから仕方ないんだ。 You are just Un poco loco 君は常識でははかれない 君のことは常識じゃわからないよ。 Un poquititi-ti-ti-ti-ti-ti-ti-ti-ti-ti-ti-ti-to loco! 君に夢中なのさ! 僕は君に夢中なのさ! この歌は 「君のことが好きで、おかしくなってしまったんだよ!」と盛大に歌い上げられる曲です。 初恋の歌にもとれますが、ここでいう「愛しい人」っていうのは「親友」という意味にもとれるのではないでしょうか? つまりこの歌は、『ミゲルとヘクターの友情』を描いた歌なのではないかと私は思いますが、いかがでしょうか? リメンバーミーウンポコロコの歌詞の意味は?【吹き替え日本語編】 この曲の中に出てくる 「ウンポコロコ」というフレーズは、 スペイン語で「ちょっとおかしい(クレイジー)」という意味です。 「ポコ」は少しとかちょっとと言う意味で、この言葉を使うことによって「少し」というところをかわいらしいイメージに変えてくれています。 君への気持ちで自分が少しおかしくなってしまったことも表現しています。 この曲のなかでとっても特徴的で気持ちが引き込まれるフレーズです。 誰かに恋するときの気持ちは、まさにウンポコロコな気持ちなのです。 それでは英語版とも比較しながら日本語版の歌詞の意味を考察していきましょう。 空の色は アイ・ミ・アモール アイ・ミ・アモール アイ・ミ・アモーレとは、「あぁ、私の愛する人」と言う意味です。 ですから、私の愛する人に「空は何色に見えるかい?」と聞いています。 (意味は英語版と同じ) 赤色と言う アイ・ミ・アモール アイ・ミ・アモール 愛する人は空の色を赤色だと言っています。 愛する人は夕焼けの空が好きだったのでしょうか? (意味は英語版と同じ) 靴を置くのは アイ・ミ・アモール アイ・ミ・アモール 愛する人に靴の置き場所を訪ねています。 愛する人の家にあそびに行ったのでしょうか? (意味は英語版と同じ) 頭のてっぺんと言う アイ・ミ・アモール アイ・ミ・アモール 愛する人は「頭の上でどう?」と言いました。 愛する人はジョークが好きな人なのでしょう。 この一言でその場がなごんだに違いありません。 (意味は英語版と同じ) 君はねウン・ポコ・ロコ ちょこっとね 変なの 君はちょっとおかしい ちょこっと変なの (英語版とちょっと違う表現) (英語版)なぜか君は僕をおかしくさせてしまう。 君が言うとね なぜか信じちゃう 君が言うとなぜか信じてしまうんだ。 (英語版とちょっと違う表現) (英語版)愛する人だから、たとえ変な答えが返ってきても、どういう意味なのか考えてしまうよ。 素敵なことさ ぼくだってウン・ポコ・ロコ 素敵なことさ、僕だってすこしおかしい。 (英語版とちょっと違う表現) (英語版)それは僕がただ少し変になっているだけさ。 そうロコな君が ぼくをおかしくする そう、少し変な君が僕をおかしくする。 (英語版とちょっと違う表現) (英語版)君は僕をおかしくさせるけど、人に迷惑をかけるほどではないよ。 訳が分からず 気ままで自由 訳が分からず、気ままで自由な君 (英語版とちょっと違う表現) (英語版) 僕は君に振り回されているのかもしれないね。 でも、君のことが好きだから仕方ないんだ。 頭ぐるぐる 君はウン・ポコ・ロコ 僕の頭がぐるぐるしちゃうよ、やっぱり君は変わっているよ。 (英語版とちょっと違う表現) (英語版)君のことは常識じゃわからないよ。 英語版と日本語版で表現が違うところがかなりありましたね。 調べてみた私も日本語版の歌詞が、英語版の直訳じゃないことにびっくりしました。 スポンサーリンク リメンバーミーウンポコロコのヘクターのセリフの言葉は? 日本語版のリメンバーミーの動画でミゲルとヘクターが『ウンポコロコ』を歌って最後のあたりで向かい合ったときに、ヘクターが何かセリフのようなものを言っていますが、何と言っているのでしょうか?(日本語版動画の1:17~) 歌詞でいうと曲の最後のあたりの「頭ぐるぐる 君はウン・ポコ・ロコ~」の後です。 これ、何度聞いてもなかなか聞き取れないですよね? 調べてみたら スペイン語で「Numero uno, Miguelito! 」(ヌメロ・ウノ・ミゲリート)と言っています。 意味は「お前はちょっとイカレてるよ~」っていう意味だそうです。 まとめ 今回は「リメンバーミーウンポコロコの歌詞の意味を考察!ヘクターのセリフの言葉は?」ということでお伝えしていきました。 リメンバーミーの「ウンポコロコ」の日本語版と英語版の歌詞の意味をそれぞれ考察して行きました。 また、日本語版の「ウンポコロコ」の歌詞の意味を考察するときに英語版との比較もしていきました。 比較してみて分かったのですが、英語版の歌詞と日本語版の歌詞ではずいぶんニュアンスに違いがあるところがありました。 イメージとしては日本語版のほうがコミカルさが強く表現されていたような印象です。 これから時間があれば、英語版の歌詞をまず見てから日本語版の歌詞を見ると、原曲の意味合いが日本語版にどう反映されているか良くわかるのでそうしようと思います。

次の

¥ê¥á¥ó¥Ð¡¼¡¦¥ß¡¼(¥¨¥ó¥É¥½¥ó¥°) ¥·¥·¥É¡¦¥«¥Õ¥« feat.Åìµþ¥¹¥«¥Ñ¥é¥À¥¤¥¹¥ª¡¼¥±¥¹¥È¥é ²Î»ì¾ðÊó

リメンバーミー 歌詞

リメンバー・ミー お別れだけど リメンバー・ミー 忘れないで たとえ離れても心ひとつ おまえを想い唄うこの歌 リメンバー・ミー 遠く聞こえる リメンバー・ミー ギターの音色は 優しく見守り 包み込む また抱きしめるまで リメンバー・ミー 目を閉じて聞こうよ メロディー 永遠に続くよ この愛 目を閉じて聞こうよ メロディー 永遠に続くよ リメンバー・ミー 忘れはしない リメンバー・ミー 夢の中で 離れていても いつでも会える 二人を繋ぐ特別な歌 リメンバー・ミー 寂しい夜は リメンバー・ミー 心寄り添わせ また会える日がやって来ることを信じ続けよう リメンバー・ミー 目を閉じて聞こうよ メロディー 永遠に続くよ この愛 目を閉じて聞こうよ メロディー 永遠に続くよ この愛 目を閉じて聞こうよ メロディー 永遠に続くよ この愛 リメンバー・ミー 会えない時も リメンバー・ミー 愛に支えられ いつまでも見守り包み込む また抱きしめるまで リメンバ・ミー (公開されている部分のみです。 ) PR シシド・カフカfeat. しかし、歌を歌うから忘れないでと言っています。 また抱きしめるまでは、この歌を聴いていて欲しいのです。 とても素敵な歌です。 愛が多ければ多いほど、離れていてもその人の愛で支えられるのです。 歌は思い出の証になるのかも知れません。 もしも大切な人と別れることがあるとしたら、一緒に曲を作ってYouTubeなどに保存すると思い出になるかも知れません。 映画「リメンバー・ミー」 「リメンバー・ミー」は「トイ・ストーリー」「モンスターズ・インク」のチームが送る新作映画です。 新年明けましておめでとうございます。 本年こそ音楽まみれ 何卒宜しくお願い致します。 これからのご活躍をお祈りしています。 天才少年・石橋陽彩 すごく歌の上手い石橋陽彩君が歌っているVer. もとても良いです。 こちらも合わせてお聞き下さい。

次の