ロッキー ライズ 比較。 「ロッキー&ライズ」の欠点・弱点5選~おすすめなクルマだからこそ気になる点

【ライズ、ロッキー 違い】価格差、装備、グレード、デザイン、カラーなど、違いを比較!

ロッキー ライズ 比較

ロッキーとライズの違いをあらゆる面からチェック! 期待の新型小型クロスオーバーSUVとして2019年11月5日にデビューしたダイハツ・ロッキーとトヨタ・ライズ。 ダイハツの「ロッキー」という車名は1990年から2002年まで販売されていたクロカンモデルにもつけられていたため、厳密には2代目になります。 ライズはロッキーのOEM車種であり、この2モデルは姉妹車の関係となります。 ダイハツ・ロッキーとトヨタ・ライズは一見ほぼ同じような車にも見えますが、実は異なる点がいくつかあります。 ロッキーとライズの違いについて、エクステリアやインテリア、グレード構成、価格、安全装備、純正アクセサリーのラインナップなどを中心にまとめていきます! ロッキーとライズのパワートレインに違いはなく共通している ダイハツ・ロッキーとトヨタ・ライズのパワートレインは、どちらにも初代ロッキーのエンジンをダウンサイジング化した1KR-VET型1. 0L直列3気筒ターボエンジンを採用。 トランスミッションには、ダイハツが開発したベルト+ギア駆動の「D-CVT」を組み合わせます。 新開発のパワートレインの採用により静かで力強い走りを実現しつつも、2WDで18. トヨタ・ライズの価格表 グレード 駆動方式 価格 X 2WD(FF) 1,679,000円 4WD 1,918,800円 X S 2WD(FF) 1,745,000円 4WD 1,984,800円 G 2WD(FF) 1,895,000円 4WD 2,133,700円 Z 2WD(FF) 2,060,000円 4WD 2,282,200円 ロッキーの価格設定はエントリーグレードの「L」で1,705,000円から、上級グレード「Premium」で2,200,000円からとなります。 ライズの場合は最廉価グレード「X」が1,679,000円、最上級グレードの「Z」が2,060,000円からとなっていて、ロッキーと比べると比較的リーズナブルな価格設定であることがわかります。 ロッキーとライズはボディサイズは同じだがフロントマスクやボディカラーの設定に違いがある ロッキーのフロントマスク ライズのフロントマスク ロッキーとライズの大きな違いとして挙げられるのがエクステリアデザインです。 ロッキーは六角形のグリルをセンターに搭載し、キュッと引き締まったフロントマスクとなっています。 それに対し、ライズはトヨタのSUV特有のロワグリルをフロントマスクに携え、先進性を感じさせるデザイン。 2019年4月に復活したトヨタ・RAV4のミニサイズ版のような風貌です。 また、ボディカラーのラインナップにも一部違いがあります。 それぞれモノトーンカラーと2トーンカラー含め全11色が設定されていますが、ロッキーは「コンパーノレッド」を、ライズは「ターコイズブルーマイカメタリック」をラインナップしています。 「コンパーノレッド」はダイハツがかつて販売していたコンパーノからインスパイアされたカラー。 ライズの専用色として新規開発された「ターコイズブルーマイカメタリック」は、イメージカラーなだけあって人気色となることが予想されます。 ロッキーとライズはグレードによってホイールデザインが異なる 上級グレードにはブラックポリッシュアルミ、中間グレードにはシルバー塗装アルミ、エントリーグレードにはスチールホイールが用意される ロッキーとライズはグレードによってホイールの設定が異なります。 ロッキーは「Premium」と「G」に17インチの切削アルミホイール、「X」に16インチアルミホイール、「L」に16インチフルホイールキャップが装着されます。 ライズは「Z」に切削光輝+ブラック塗装の17インチアルミホイール、「G」に16インチアルミホイール、「X"S"」「X」に樹脂フルキャップのスチールホイールを設定します。 ロッキーの「Premium」「G」とライズの「Z」、ロッキーの「X」とライズの「G」、ロッキーの「L」とライズの「X"S"」「X」はそれぞれ共通のホイールデザインとなります。 ロッキーとライズのインテリアはロッキーのPremium以外はほぼ共通 ロッキーのPremiumのみに設定されるインテリア レッドアクセントを取り入れたインテリア エントリーグレードのブラックインテリア ロッキーのインテリアは全3種類です。 それに対し、ライズのインテリアは2種類のデザインが用意されています。 ロッキーとライズはどちらも次世代スマートアシストを装備する ライズとロッキーはそれぞれ最新のスマートアシストを装備 ロッキーとライズには安全装備として次世代スマートアシストを搭載しますが、ライズの「X」のみ未装着となります。 ロッキーの「Premium」「G」やライズの「G」「Z」などの上級グレードにはさらにLKC(レーンキープコントロール)や全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズ コントロール)、サイドビューランプなどが標準装備されるほか、メーカーオプション扱いで駐車支援システム「スマートパノラマパーキングアシスト」なども用意されます(2WD車のみ)。 ロッキーとライズは純正アクセサリーのラインナップにも大きな違いが! ロッキーの「エレガンススタイル」 ロッキーの「パワフルスタイル」 ロッキーの「スポーティースタイル」 ロッキーとライズは用意されている純正のカスタムパーツも異なります。 ロッキーは「エレガンススタイル」「パワフルスタイル」「スポーティースタイル」など3つのスタイルに合わせたアクセサリーをラインナップ。 ライズの「モデリスタ アドバンスブラストスタイル」 「モデリスタ エレガントアイススタイル」 ライズの「TRDアグレッシブスタイル」 ライズは「プレミアムスタイル」「パワフルスタイル」「スポーティースタイル」に加えて、「モデリスタ アドバンスブラストスタイル」「モデリスタ エレガントアイススタイル」「TRDアグレッシブスタイル」など、より多彩なスタイルをセレクトすることが可能です。 その他、TRDパーツやモデリスタセレクションなどのエクステリア・インテリアパーツも豊富に用意されているため、カスタマイズの幅広さで選ぶならトヨタ・ライズがおすすめと言えるでしょう。 買うならどっち?ロッキーとライズの違いを理解して後悔のない車選びを! ダイハツ・ロッキーとトヨタ・ライズは、パワートレインなどの基本性能については違いがありません。 しかしエクステリアデザインやボディカラー設定、値段、インテリアの質感などに注目すると、意外と異なる点が多いことがわかります。 ロッキーとライズのどちらを購入するかお悩み中の方は、価格やデザインの好みはもちろんですが、装備の有無やアクセサリーパーツのラインナップなど、さまざまなポイントを比較して選ぶとよいでしょう。

次の

【ライズ、ロッキー 違い】価格差、装備、グレード、デザイン、カラーなど、違いを比較!

ロッキー ライズ 比較

車体価格からデザイン、スペックなどを比較し、ライズとロッキーのどっちがあなたに適した車なのかを見ていきましょう。 ・ライズとロッキーの車体価格比較 ライズとロッキーのグレード別の車体価格は下記の通りです。 ただし、装備内容は若干異なるので、値段が高いからといってロッキーが絶対に良いということも言い切れません。 とはいえ全体的にそういえるわけではなくあくまで一部の装備や価格を比較した場合に限ります。 また、それぞれの車の比較対象グレードはこんな感じです。 ライズ「なし」=ロッキー「Premium」• ライズ「Z」=ロッキー「G」• ライズ「G」=ロッキー「X」• こうして比較してみると、価格差もあまりないですよね。 ライズとロッキーのグレード比較をする際は、上記の比較対象を参考にしてみてください。 ・ライズとロッキーのデザイン比較 続いてライズとロッキーのデザインについててですが、意外にも見た目には違いがあります。 それぞれのエクステリアとインテリアを比較してどっちが質感が高いかも見ていきます。 まずはライズから見ていきましょう。 グリルやフォグランプ周りはまるでエアロパーツを付けているかのようなスポーティな見た目が特徴です。 LEDのイルミネーションランプはフォグランプの上部に流れるように付いていますね。 若者から年配の方まで好まれるような若々しい今風のデザインが魅力です。 そしてインテリアですが、こちらもグレードにより質感は若干異なります。 シートのデザインはアウトドアを意識したようなアクティブなデザインで、インテリアは所々にオレンジのラインが施されています。 エアコンリングやシフトノブ、ハンドル部分はシルバーのパネルが付いておりチープさが軽減されています。 けして高級感があるとは言い難いですが、価格相応の質感といった感じで、十分な内装だと思います。 続いてロッキーのデザインを見ていきます。 daihatsu. ライズよりもSUVのアクティブさが表現されているような、角張ったデザインが特徴です。 冒険心が掻き立てられ、つい出かけたくなってしまうような見た目をしていますね。 ライズとは違い LEDのイルミネーションランプは縦に付いていて、ホイールのデザインも異ります。 リアに関してはライズとロッキーはほとんど同じですので、社外のパーツも共通という場合が多いです。 ロッキーのインテリアも見てみましょう。 daihatsu. その他の部分では大きな違いは無いので、Premium以外のグレードに関してはライズとほとんど変わりません。 ・ライズとロッキーのスペック比較 そして最後に、ライズとロッキーの燃費や装備内容といったスペックを比較します。 まずはそれぞれの燃費ですが、 どちらも車重や車体サイズに違いはないので燃費性能は変わりません。 軽自動車やハイブリッド車のような燃費性能は備わっていないのが残念なところですね。 走行性能はどちらも1. 0Lのターボ車ということで、 1. 5Lに相当するパワーが備わっているのが特徴です。 コンパクトなボディからは想像できないほどのパワフルさがあり、長時間の運転や長旅でも十分に利用できます。 前輪駆動と四輪駆動の状態を自動制御する機能で、車の状態に合わせて最適なトルクを配分します。 これにより カーブや滑りやすい路面等でも安定した走りを実現してくれます。 SUVらしくアウトドアシーンにも活躍できるような走行性能はとても魅力的だと思います。 ですが、どっちが良いか迷った時はこれから紹介することを少しでも参考にしていただきたいです。 逆のパターンもしかりなのですが、下記のことをポイントとして押さえておきましょう。 どっちのデザインが好みか• 値引き額はどっちが良いか 主にこの2点を比較していただければいいのではないでしょうか。 1のデザインについてですが、比較したように ライズとロッキーはフロントのデザインとインテリアが異なります。 更に、ボディカラーにも違いがあります。 フロントデザインとボディカラーを重視して選ぶのもいいでしょう。 2の値引き額についてですが、 ライズとロッキーはどっちも人気車種ということで値引き額も期待ができます。 とはいえディーラーや選択するグレードやオプションなどにも左右されますので、どっちが値引き交渉がしやすいということはありません。 値段の安さだけでどっちにするか決めたい!という場合は、両車種の見積もりを取って交渉してみましょう。 購入まであと一歩キッカケが欲しい方は、 デザインと値引きを重視してみてはいかがでしょうか。 兄弟車であるということでそれほど大きな違いはありませんが、よく見てみるとそれぞれに特徴があることがわかりましたね。 今回紹介した価格やデザイン、スペックを参考に、どっちがいいか決めかねている方の参考になれば幸いです。 高いお買い物にはなりますので、後悔のない車選びをしてくださいね。

次の

ロッキーとライズはちらがお買い得か?

ロッキー ライズ 比較

近年、グローバルで共通したクルマを販売する必要から、国内でも登録車の大型化が進み、5ナンバーサイズであったクルマが、3ナンバーサイズとなって登場することも多くなっています。 この大型化によって国内では使い難いクルマが増えることとなり、5ナンバ-サイズの良さを改めて実感するユーザーも多く、それを敏感に感じ取っているのがスズキです。 スズキは他社にないサイズで隙間クラスのクルマを市場に投入し、そのなかでも車種の展開が少ないコンパクトSUVに、イグニスとクロスビーをもっています。 この両モデルは取り回しの良さが一つの魅力でもあり、大き過ぎないことが評価され底堅い人気をもつクルマです。 そしてこのクラスに満を持して参入して来たのがライバルであるダイハツです。 ダイハツでは新しいプラットホームとCVTを搭載した、コンパクトSUVロッキーを発売し、スタイルはトヨタRAV4に似て、直線的なラインのワイルドな外観をまとっています。 今回は国内ジャストサイズともいえるコンパクトSUV、ダイハツロッキーとスズキクロスビーを比較してみます ロッキーとクロスビーのスタイル ロッキーは張り出したフロントフェンダーから、緩やかなカーブを描くサイドパネルへとつなげ、シンプルさが強調される面構成です。 ホイールアーチを強調するようなクロスビーは、スプラッシュガードを設け、サイドでSUVらしい雰囲気と強さを作り出します。 直線的なラインで構成するロッキーのフロントは、大型のバンパーが強さを表現しSUVらしいゴツイ表情を作り出しています。 クロスビーは丸形のヘッドライトが象徴するように、柔和な印象の顔つきが特徴的で、角を丸めた優しいラインが目立ちます。 しかし、フェンダーの膨らみのは大きく、ワイドで安定感のあるフロントです。 ロッキーはAピーラーを傾斜させスポーティーなカッコ良さも追求するスタイルです。 クロスビーは直立に近い角度のAピラーで、バン的な雰囲気を作り出し、箱型のもつ逞しさがあります。 クロスビーのタイヤハウスの大きな隙間は、いかにも悪路走行も行けますと、アピールする部分でSUVの雰囲気作りに上手く貢献しています。 フロントと同様に直線的なラインと大型バンパーで、リアスタイルを構成するロッキーは、台形で安定感のあるカタチです。 クロスビーは独自性の高いリアスタイルが特徴的で、縦型のリアコンビネーションランプを配置し、ゆるキャラに通じるようなデザインです。 後方から見るとロッキーのウェストラインは、リアに向かい高くなる緩やかなウェッジシェイプで、クロスビーは水平なラインが最後になって跳ね上がるデザインです。 リアゲートの傾斜はロッキーが強くつけられ、クロスビーは緩やかな角度で立ち上がっています。 ロッキーとクロスビーのサイズ ロッキーPremium クロスビーMZ 全長(mm) 3,995 3,760 全幅(mm) 1,695 1,670 全高(mm) 1,620 1,705 スペックではクロスビーの全長と全幅は、ロッキーより小さいのですが、全高が高いためにそれほどの違いは感じられず、クロスビーの全長がやや短いかなと感じられる程度です。 スタイルは両車ともにそれぞれの特徴をもち、ロッキーは都市型のSUVながらも、直線的なラインでワイルドな雰囲気を漂わせ、クロスビーは柔和さと逞しさを合わせもつ、バンスタイルのSUVに仕上げています。 外観の分かり易さではカッコ良さも意識した、スポーティテイストのロッキーが一般受けすると思われますが、クロスビーの独特のスタイルも、個性を出すには面白い選択だと思えます。 明確に方向性の違いをみせるインテリア ロッキーのインパネはセンターが運転席側に傾けられ、コックピット感を演出するスポーティなデザインです。 先進的な機能や目を引くような加飾もなく、インテリアはシンプルでスタンダードに仕上げられていますが、クラス相応の良い雰囲気は備えており、無理に背伸びをしなかったことが好印象の室内を作り上げています。 クロスビーはハスラーに習い鮮やかなカラーのインパネが特徴的で、スズキの遊び心を感じさせるデザインです。 水平なラインを基調にした造形は収納を意識し、助手席前の深いトレイも実用的で、ドリンクホルダーも角型の容器に対応しています。 やや、メーターナセル上部の厚みが気になるのですが、機能的に使うことを目指したインパネは、バン的で無骨な印象も与える仕上がりです。 メーターはロッキーがタコメーターなどの表示方法を、切り替えられるフル液晶のインフォメーションメーターを採用し、クロスビーは0指針が真下を指すレーシーな、スピードメーターとタコメーターを備えています。 表示面はロッキーが広いため表示方法にゆとりがあり、見易く読み取りやすいように感じられ、クロスビーは狭い中に様々な表示を詰め込んだ感があり、0指針のメーターも市街地の走行では、下側の位置を指すことが多く見辛い印象です。 センターコンソールにATシフトノブを備えるロッキーと、インパネシフトを採用するクロスビーはクルマの方向性が良く表れています。 スポーティテイストでシーケンシャルシフトのロッキーは、積極的にシフト操作を行うことを前提として考え、パーキングブレーキもレバー式です。 クロスビーはセンターコンソールも廃し、パーキングブレーキも足踏み式として広さを求めた配置です。 パドルシフトを採用しているためハンドルから手を放さずに、素早いギアのアップダウンが可能です。 ロッキーはファブリックとソフトレザー調の、ホワイトステッチを入れたシートでスポーティな仕上げです。 クロスビーのシートはカラフルなカラーのパイピングを使い、鮮やかな印象をもたせるデザインです。 さらにMZのシートには撥水加工が施され、アウトドアの使用でも気兼ねなく使える仕様です。 ロッキー、クロスビーともにリアシート足元の広さは十分にあり、大人でも不満の出ない余裕ある空間を確保しています。 また、クロスビーはリアシート用のパーソナルテーブルも備わり(MZのみ)、アメニティにも気が配られています。 しかし、ロッキーのリアシートは固定式で広さが変わらないのですが、クロスビーは移動式のため、リアシートの位置によって荷室のラゲッジスペースが変わります。 そのため、足元を広げると積める荷物が少なくなり、荷物を多く積むとリアシートが窮屈になってしまいます。 さらに、ロッキーのリアシートは6:4分割で背もたれが倒れますが、クロスビーは5:5となっていて、真ん中に座る人の乗り心地がクロスビーは悪くなります。 ロッキーとクロスビーの室内の広さ ロッキーPremium クロスビーMZ 室内 長さ(mm) 1,955 2,175 幅(mm) 1,420 1,355 高さ(mm) 1,250 1,280 室内は両車の違いを象徴するように明確に分かれていて、ロッキーは都市で使うための、スポーティーさを強調するインテリアで仕上げ、クロスビーはアウトドアのアクティブなシーンも想定した、機能的で使える室内を目指しています。 どちらも変な高級感は追求せず(コストの兼ね合いでできなかった?)、方向性がハッキリとしたインテリアは、コンパクトクラスと割り切った好感がもてます。 室内の長さはスペックでクロスビーが上回っているのですが、実際にはそれほどの違いがなく、リアシートはロッキーに余裕が感じられます。 これは全長の長さが235mm短いクロスビーが、移動式リアシートで足元の広さを作り出しているためで、その広さは荷室とのトレードオフの関係にあります。 そのため乗員の快適性か荷物を多く載せるかの選択を迫られます。 幅に関してはロッキーがクロスビーをスペックでは上回りますが、クロスビーは全高が高く室内の頭上空間にも余裕があるため、実際には違いがあるほどの差は感じられません。 荷室はロッキーが広いがクロスビーは防汚フロアでアピール 荷室はロッキーが369L(VDA法)クロスビーは非公表です。 クロスビーはリアシートがスライド式のため、容量の調整が可能ですが絶対的な広さは、ロッキーがクロスビーを上回っています。 クロスビーはハードな防汚フロアをもつところが、ロッキーよりも有利な部分で、汚れたものや濡れたものを気にすることなく積める仕様です。 荷室フロア下の容量はロッキー80L、クロスビー81Lと互角の大きさです。 積む荷物にもよりますが使い勝手は、ロッキーの形状が多くの荷物に対応すると感じます。 ロッキー、クロスビーともにリアシートを倒すとフラットになるのですが、クロスビーはよりフルフラットなフロアを実現させ使い易くなっています。 シーケンシャルタイプのターンランプや、シャークフィンタイプのアンテナなど、外装を飾るアイテムをしっかりと取り入れ、室内には必需となりつつあるUSBソケットを装備します。 クロスビーは2WDでもヒーテッドドアミラーが備わり、室内のでアメニティ用にリアシートパーソナルテーブルが装備されます。 また、アクティブな使い方に対応するシートの撥水加工や、荷室の防汚フロアをもつのが特徴となっています。 ロッキーは高速道路の渋滞時に重宝する、全車速追随型のアダブティブクルーズコントロールや、車線逸脱時のステアリングアシスト、誤発進抑制機能に前・後進とものブレーキアシストなどを備え、Premiumにはブラインドスポットモニター、リヤクロストラフィックアラートも標準装備です。 スペックを見るとクロスビーのエンジンが、低回転域からパワーを発揮する仕様で、モーターもアシストすることから、ロッキーをリードすると思われますが、実際のフィーリングはロッキの出足が速く、クロスビーを上回る加速性能を感じます。 これまでダイハツ車の発進加速は明らかにスズキ車に負けており、低速域でのドライバビリティは、圧倒的にスズキのクルマが勝っていました。 しかし、DNGAによる改革はこの弱点を払拭し、新たなCVTはアクセルの踏み込みに応じ、素早くロッキーを加速させスタートダッシュが始まります。 クロスビーの発進加速が決して遅いわけではありませんが、ロッキーの出足は想像以上に鋭く、敏感に右足に反応する感覚が非常に楽しく感じられます。 さらに、Dassistを使いパワーモードに入れると、やんちゃな性格が表れ1Lターボとは思えないほどの、痛快で胸のすく走りをみせます。 クロスビーはホイールベースの短さによる、落ち着きのなさを嫌ったためか、徹底して直進安定性を高める方向へと走りを振っています。 そのため真っ直ぐに走るにはしっかりとした手応えがあり、コンパクトクラスを感じさせない安心感があるのですが、カーブでは曲がり難くキビキビとした小気味いい走りは苦手としています。 また、カーブでの安定性も直進時に比べると、不安定に感じさせる場面があり、パドルシフトを使っても、走りのリズムに乗れないもどかしさを感じます。 タイヤサイズがクロスビーはロッキーより1サイズ小さく、安定性では不利と思われますが、カーブでの落ち着きはもう少し欲しいところです。 0 4. 8 22. 0 なお、JC08モードの燃費性能では マイルドハイブリッドのクロスビーより、ロッキーが優れており、最低地上高も高く悪路での走行も有利となっています。 クロスビーはホイールベースの短さを活かした、小さな最小回転半径が特徴で、小回り性能ではロッキーを上回っています。 走りの質を求めるならロッキー ワクワクの楽しさならクロスビー ロッキーとクロスビーは同じコンパクトクラスのSUVですが、それぞれにコンセプトの違いは、車造りにハッキリと表れています。 ロッキーは都市型のSUVを目指し、その基本のマインドはスポーティーであることです。 外観はワイルドな雰囲気をもちながらも、無骨な印象のないスマートなスタイルが特徴で、室内も走る気分を盛り上げるインテリアです。 また、走りのパワフルさも大きな魅力で、コンパクトクラスとは思えないほどの動力性能です。 クロスビーは走りを追求するのではなく、アウトドアで楽しくクルマを使うことを目指し造られています。 アクティブなシーンに対応するため、撥水加工のシート、荷室の防汚フロア、リアシートパーソナルテーブルなど使うための装備が整えられいます。 エクステリアもバン的な雰囲気をもつSUVに仕上げられており、オンロードよりもオフロードが似合うスタイルです。 このことから走りの質を求めるならロッキーが良く、ドライバー支援の機能も充実しています。 クロスビーはアウトドアライフを楽しむのに向いており、出かけたくなるようなワクワクする仕掛けを用意しています。 ロッキーPremium クロスビー(2トーンカラー・3トーンコーディネート仕様) メーカー希望小売価格 2,200,000円 2,084,500円 ただし、ロッキーは豊富な装備と予防安全機能が車両価格を引き上げていて、価格はクロスビーより高く、2トーンカラーのみの仕様となるPremiumは、選ぶカラーによりさらに費用が必要です。 クロスビーは2トーンカラー・3トーンコーディネートでも、カラーにより金額の違いがなくお得に思える設定となっています。

次の