放熱 グリス。 放熱グリスの販売特集【通販モノタロウ】

信越シリコーン|注目製品:高性能放熱シリコーングリース

放熱 グリス

発熱体 CPU等 と放熱体 CPUクーラー、ヒートシンク等 の間に塗付し、細かな凹凸 のすき間を埋め、効率よく熱を放熱体に伝えることができます。 熱伝導率が、9. シリコン系材料を使用しておりませんので、低分子シロキサンが発生せず、電気接点 障害等の問題はありません。 電子・電気機器の発熱部品の熱対策。 CPU、IC、LED等の放熱対策。 パワーICの熱対策。 パワーサプライの熱対策。 あらゆる発熱体の放熱対策。 シリコン系材料を使用しておりませんので、低分子シロキサンが発生せず電気接点障害を引き起こしません。 発熱体と放熱体の間に塗り、熱伝導の効果を高めます。 CPU、GPU、MPUの放熱に最適です。 粘度が320000Cpsと低く簡単に均一に伸ばして塗ることができます。 低い熱抵抗値で長期安定性のあるグリスです。 グリース状なので薄膜塗工が可能です。 耐熱性、耐寒性に優れ、過酷な環境下でも長期に渡り性能を発揮、維持します。 耐水性、撥水性に優れます。 腐食性はありません。 少量でも効果的です。 静電ドレイン、グラウンド、電気接続、熱放散条件と組み込む保護を含む低電力エレクトロニクス・アプリケーション。 最新のハイパワーCPUと高性能ヒートシンクの間、または水冷システムの効果的冷却。 強力なスイッチ、回路遮断器、ナイフブレード・スイッチと他のスライド金属接触の作業効率を改善するための強力な電気的用途で使われます• 電動電子部品(例えば電動トランジスター、整流器、トランジスタとトランス)からの効果的な放熱。 等 製品PR 米TIMTRONICS社が開発したSilverIce 710NSは、Non-Siliconeベースの補修可能かつ銀フィラーの入った熱伝導性・導電性のグリスです。 最も効果的な熱伝導と低い熱抵抗値を実現する為の微粒子と微粒子の接点を最大限にする為に特別の純銀粒子で設計されています。 低い粘性と優れた濡れ性によって、アプリケーションが要求する細い絆線の厚みとフィルムは温度供給の間中乾くことはありません。 真空中で使用可能か? 使用可能です。 その為、装置のワット数が100Wを超えるものにも使用できます。 高い熱伝導率により、ヒートシンクに簡単に熱移動させることができます。 マルチチップモジュールのトランジスター、ダイオード、シリコン制御製流器に使用されています。 電動電子部品(例えば電動トランジスター、整流器、トランジスタとトランス)からの効果的な放熱。 その為、高発熱のハイパワーデバイスに対応致します。 Non-Siliconeベースなので、接点障害を防ぐことができます。 接着剤ではございませんので、接着は致しません。 真空中で使用可能か? 使用可能です。 材料がもろくなり、特性劣化致します。 発熱体 CPU等 と放熱体 ヒートシンク等 の間に塗り、熱伝導の効果を高めます。 CPU、MPUの放熱に最適です。 パワートランジスタ、ICなどの半導体デバイスの放熱。 手を汚さずにグリスを塗る塗布用ヘラが付属しております。 グリース状なので、薄膜塗工が可能です。 粘度が100Pa・sと柔らかく、塗りやすいグリスです。 シリコーンオイルを基油にシリカ粉末や金属酸化物など用途に合わせたフィラーを配合した製品です。 耐熱性・耐寒性に優れ、過酷な環境下でも長期に渡り性能を発揮、維持します。 耐水性、はっ水性に優れます。 腐食性はありません。 CPU(発熱体)とヒートシンク(放熱体)の間に塗り、熱伝導の効果を高めます。 CPU、MPUの放熱に最適です。 パワートランジスタ、ICなどの半導体デバイスの放熱。 手を汚さずにグリスを塗る塗布用ヘラが付属しております。 グリース状なので、薄膜塗工が可能です。 粘度が180Pa・sと柔らかく、塗りやすいグリスです。 シリコーンオイルを基油にシリカ粉末や金属酸化物など用途に合わせたフィラーを配合した製品です。 耐熱性・耐寒性に優れ、過酷な環境下でも長期に渡り性能を発揮、維持します。 耐水性、はっ水性に優れます。 腐食性はありません。 CPU(発熱体)とヒートシンク(放熱体)の間に塗り使用します。 CPU、MPUの放熱に最適です。 ファインなフィラーを配合し、熱抵抗を下げています。 パワートランジスタ、ICなどの半導体デバイスの放熱。 手を汚さずにグリスを塗る塗布用ヘラが付属しております。 グリース状なので薄膜塗工が可能です。 008 絶縁破壊の強さ 0. CPU(発熱体)とヒートシンク(放熱体)の間に塗り使用します。 CPU、MPUの放熱に最適です。 パワートランジスタ、ICなどの半導体デバイスの放熱。 手を汚さずにグリスを塗る塗布用ヘラが付属しております。 グリース状なので薄膜塗工が可能です。 備考 比重 3. 23 外観 灰色グリース状 非硬化型コンパウンド グリス塗布用ヘラ付き 製品PR ダウコーニング製サーマルグリスの中で最も熱伝導率の高いグリスです。 電子部品、産業機器等で世界的に信頼性のあるダウコーニング製の熱伝導率4. 発熱体 CPU等 と放熱体 ヒートシンク の間に塗り使用します。 CPU、GPU,LED等の放熱に最適です。 パワートランジスタ、ICなどの半導体デバイスの放熱。 手を汚さずにグリスを塗る塗布用ヘラが付属しております。 グリース状なので薄膜塗工が可能です。

次の

放熱グリス

放熱 グリス

柔らかいグリスは拭き取るだけでOK グリスが柔らかい状態ならなどで拭き取るだけできれいになります。 普通のティッシュでも大丈夫。 でも、ふわふわとした繊維クズが出てしまうので、できればのような不織布を使うとベスト。 (右側は拭いただけのモノ。 ヒートスプレッダの表面に若干グリスの跡がありますが油などが付いていなければ基本的にこの状態で大丈夫です。 ) 固化したグリスの除去にはアルコール? 4、5年経過した冷却グリスは石膏のように固まってしまいます。 完全に硬化してしまうと石膏のようになり爪で引掻かかないと落ちません。 (グリスにもよります) 表面に硬化したグリスが残っていると表面に凹凸ができるので、CPUクーラーが密着しなくなります。 完全に硬化しています。 そんなときは「アルコール」を使うと簡単に落とせるのですが、一般に言う消毒用の無水エタノールや燃料用のメタノールは油を溶かす能力が低いため、固着したCPUグリスを溶かすほどの溶解力はありません。 実は、アルコールにもいろいろな種類があり、CPUグリスを溶かすにはと呼ばれるアルコールを使います。 こちらはメタノールよりも炭素鎖が長く、油を溶かす能力が非常に高い溶剤です。 左:IPA 右:燃料用エタノール 他のWEBサイトを見ると、「エタノール入りのウエットティッシュが役立ちます。 」などという情報を目にしますが、実はほとんど溶けていないので単にこそぎ落としているだけだったりします。 固まったグリス除去には灯油が最適 IPAはシリコンを含む油がよく溶けるのですが、一方で揮発性が高く、グリスが溶ける前に乾いてしまいます。 しかも毒性が強いのあまり使わないほうが良いです。 そこでおすすめするのが灯油。 灯油はIPA同様にシリコンを溶かす性質があるので、固まった冷却グリスを溶かしながら除去することができます。 加えて揮発性が遅いので 拭き方は必ずティッシュなどにを染み込ませて拭きます。 CPU本体に直接かけてはいけません。 臭いは気になりますが、灯油で拭くと新品同然にきれいになります。 禁止事項 CPUグリスは熱伝導性を高めるために金属を混入させているものもあります。 CPUに直接IPAや灯油をかけると、伝導性の物質が溶け出し、ヒートスプレッダの隙間から基盤に入ってしまうことがります。 すると、CPU内部でショートすることもありますから絶対にNG。 また、どこかのサイトで接点回復剤を使ってCPUグリスを掃除している方がいましたが、接点回復剤の中には導電性の物質が入っている製品もあるので、最悪CPUがショートします。 また、CRC(クレ556)はプラスチックを侵す成分(プラスチックが脆くなる)が入っているので、こうした成分が入っていると思われるクリーナーも避けるべきです。 同様の理由でパーツクリーナーも避けたほうが無難です。 ポイントまとめ ・柔らかいグリスは乾拭きでOK 必要以上にきれいにする必要は無い。 ・クリーニングに用いる溶液は灯油でOK よく分からない残留物質が残る物は避ける。 ・溶液を直接CPUにかけない 以上が大まかなポイントです。 グリスを掃除するときは是非参考にしてください。

次の

耐熱 グリス通販・販売

放熱 グリス

従来品 G-776 低粘度なので作業性が良好で、広い面積でもスクリーン印刷での薄膜塗布が可能です。 溶剤揮発後は粘度が上がり、耐離油性に優れています。 汎用製品の信頼性向上品として推奨できます。 5 10. 0 1. 6 20. 6 G-777 各種加速試験に対して物性が極めて安定しており、長期信頼性に優れています。 高熱伝導かつ比較的低粘度なので作業性に優れ、バランスが取れています。 6 1. 3 * 3. 4 7. 4 2. 9 3. 26 3. 10 0. 1 絶縁破壊の強さ 0. 25mm kV 2.

次の