笠井 信輔 余命。 笠井信輔アナが悪性リンパ腫を公表…「立ち向かっていかなければ」

笠井信輔アナはなぜこの年齢でフリーに?2019年9月でフジテレビ退社で小倉智昭と同事務所へ【とくダネ卒業】

笠井 信輔 余命

12月上旬に告知…小倉智昭キャスターが経緯語る フリーランスとして活躍していた笠井信輔アナウンサー 56 が、血液のがんである「悪性リンパ腫」にかかっていたことを公表した。 2019年9月、フジテレビを退社した笠井アナウンサー。 在籍していた20年間、担当番組の「とくダネ!」では、キャスターとしてたびたび現場に出動し、ニュースの最前線に立ち続けてきた。 10月からはフリーアナウンサー転身。 さらなる活躍を前にして病魔が襲うこととなった。 笠井アナウンサーが、担当医から告知を受けたのは12月上旬。 12月18日放送の「とくダネ!」では、番組で長年タッグを組み、現在は同じ事務所に所属する小倉智昭キャスターが経緯を明かした。 小倉智昭キャスター: 9月いっぱいでフジテレビを辞める時に、いろいろ荷物を動かしたり、重い荷物を運んだりということで 腰が若干痛かったようなんですね。 仕事をしているうちに体重もちょっと減ってきて、「なんなんだろうな」と気にはなっていたんだそうですが。 小倉智昭キャスター: ただ、彼には以前から排尿困難があってね。 前立腺の心配があって、前立腺肥大を調べてもらったんですよ。 精密検査をしたら悪性リンパ腫であることがわかりました。 また、小倉キャスターは、笠井アナウンサーから送られてきたという決意に満ちたメッセージを紹介した。 「 改めて新聞で『悪性リンパ腫』という文字を見ると、自分はがんだということを再確認して、これに立ち向かっていかなければいけないと思っています」 笠井アナウンサーのメッセージより 笠井アナウンサーを襲った「悪性リンパ腫」とは? 悪性リンパ腫とは、白血球の一つであるリンパ球ががん化して増殖し、リンパ節内で腫瘍を作る病気。 笠井アナウンサーの場合、腰と肩のリンパ節に腫瘍が見つかったという。 笠井アナウンサーは、担当医から「奇跡的に早く見つかった」と言われたという。 悪性リンパ腫は早期に発見されれば、治癒する確率がその分高くなる。 その治療方法とは? がん・感染症センター 都立駒込病院 下山達腫瘍内科医長: 悪性リンパ腫は抗がん剤が効く代表的な病気です。 中には完治が難しいリンパ腫もあるのですが、日常生活を送りながら病気と付き合っていくことを目標とすることもできます。 12月13日、笠井アナウンサーはフジテレビの番組「ノンストップ!」に出演。 笠井信輔アナウンサー: 確実に世代交代が来てるなっていうのはひしひしと感じるんですね。 「自分はもっとしゃべっていたい」となると、会社を辞めるしかなくて。 どこか しゃべりの新天地があるんじゃないかと。 別所哲也さん「前向きな方、絶対に克服してくれる」 加藤綾子キャスター: 本当に驚きました。 つい最近お会いした時も変わった様子はなかったので、全く気づくこともなかったんですけれども。 別所さん、早期の発見というのが救いですよね。 別所哲也さん: 僕も「とくダネ!」でもご一緒させていただきましたし、僕の舞台を見に来てくれたり、ミュージカルも。 それから映画祭のことも心配して、ソーシャルメディアでつながっていますから。 年齢も近いので。 本当に情熱的だし前向きな方なので、絶対に克服してくれると応援したいと思います。 加藤綾子キャスター: 局アナの時はもちろんですけれども、フリーになられてからも本当にお忙しい日々を過ごされていて。 でも、その中で少し異変を感じて病院に行った。 やっぱりこれ大事ですよね。 フジテレビ風間晋解説委員: 自分の体調の変化には普段から繊細でいること。 そして異変があれば、面倒くさがらずに医者に行くこと。 僕らの世代はもうみんなそうです。 難しいけれど、そうしなければいけませんね。 笠井アナウンサーは近く入院し、4カ月に及ぶ抗がん剤治療を受ける予定で、その後、自宅療養を経て、 早ければ2020年6月の復帰を目指すとしている。 また 19日には、自ら病状などを報告する予定。 Live News it! 12月18日放送分より.

次の

笠井信輔アナはなぜこの年齢でフリーに?2019年9月でフジテレビ退社で小倉智昭と同事務所へ【とくダネ卒業】

笠井 信輔 余命

悪性リンパ腫とは白血病、多発性骨髄腫に並ぶ血液の三大悪性腫瘍の1つで、いわゆる血液のがんです。 本来免疫細胞であるリンパ球をがんにしたものであり、リンパ管やリンパ節ががん化し、腫れやしこりとなって症状が現れます。 リンパ系は身体全身を巡っていることから、悪性腫瘍は身体のどこに現れるかが決まっておらず、リンパ管やリンパ節の他、臓器にも発生する恐れもあります。 年間患者は13000人、そのうち年間9500人が死亡している病気です。 罹患率は40歳以降に高くなり、高齢になるほどその率は上がり、生存率は低くなります。 身体の免疫機能そのものに変異が起こることから大変に恐れられ、以前は不治の病と言われていましたが、現在では化学療法、放射線療法をはじめとした様々な治療法が確立され、治すことも可能になっています。 悪性リンパ腫の原因はまだよく解っておらず、現在のところはEBウイルス、ヘリコバクターウイルスや細菌などの感染、遺伝子の変異、染色体異常が関係していると考えられています。 特定の化学物質や放射線などの影響も考えられているものの科学的、医学的証明がなされているわけではないことから、原因因子から距離をおき、発症や再発予防に努めることも難しいというのが現状です。 そのため悪性リンパ腫に備えるには、日頃から健康的な生活を心がけ強い身体を維持するということ以外、なす術がありません。 規則正しい生活習慣と定期的ながん検診を心がけ、早期発見、早期治療に努めることで、もしもの時にしっかりと対処していくことができるようになることを、よく心得ておきましょう。 悪性リンパ腫はリンパ節に腫れやしこりができることから、こういった症状にもよく注意し常に自分の身体に気を配っていくことも大切です。 痛みは起きず発熱やかゆみ、倦怠感などの症状が起きるということも覚えておき、思い当たる場合にはすぐ病院で診てもらうようにしてください。 悪性リンパ腫の症状について!初期症状はあるの? 悪性リンパ腫の症状は、リンパ節の腫れやしこり、痛み、発熱、全身倦怠感、体重減少、寝汗、かゆみなどがあります。 その中でも最も多いのがリンパ節の腫れやしこりで、これには痛みが無いことも多く、そのために気付かず進行してしまうケースがしばしばあります。 参照: これらの症状は首や脇の下、股の付け根などのリンパ節に起こりやすいため、よく注意していくようにしましょう。 全身倦怠感や体重減少、また寝汗やかゆみなどの症状は、がんに変わってしまったリンパ球が全身に巡っていくことで起こる症状です。 こういった症状が起こる場合はすでに悪性リンパ腫が全身に影響を及ぼす段階になっていますから、長期間こういった症状が続く場合は原因が何なのかすぐに病院で診てもらうようにしてください。 悪性リンパ腫はこれといった初期症状、自覚症状が無いことから、これらの症状についてよく心得ておき、自ら身体の異変に気づけるよう日頃から努めていくことが大切になります。 痛みが無くとも、何だか身体の調子が悪い、身体がどことなく腫れているというような気がする場合には、これを甘く見ず病院へ行くようにしましょう。 早期発見、早期治療に努めることができれば治療はもちろん生存率の向上や再発予防にも、より有意義に取り組んでいくことができます。 悪性リンパ腫の検査と診断 悪性リンパ腫は、触診、生検、骨髄検査、腰椎穿刺、腫瘍マーカー検査、CT検査、MRI検査、超音波検査などを行い診断していきます。 検査の流れは、まずリンパ腫の腫れやしこりを視診、触診で確認し、それからリンパ節の生検を行います。 これによって確定診断が行われ、悪性リンパ腫と診断された場合は血液検査や胸部レントゲン検査、またCT検査や骨髄検査、胃の内視鏡検査を行い、がんの広がりを調べます。 それからさらに血液検査、尿検査、心電図検査、心臓超音波検査などを行い、全身状態を調べるといった流れです。 悪性リンパ腫は原因が解らず自覚症状もほとんど無いことから、状態を調べるには徹底的な検査が必要になります。 しかし、確定診断のための検査は触診と生検で行えるため、発見のハードルはそこまで高くはありません。 生検では一度の検査でがん細胞が確認できずこれを複数回行うケースもありますが、この結果によってがんの有無はもちろん悪性度から治療方針まで確認、決定していくことができるため、すみやかに治療に取りかかっていくことができます。 早期発見が非常に重要になってくる病気であり、生存率や再発予防にも大きく影響を及ぼしますから、積極的に検査を受けるようにしてください。 悪性リンパ腫の病期 ステージ と生存率 余命 一言に悪性リンパ腫と言ってもその種類は非常に様々で、細かく分類していくとその数は10以上にもなります。 日本人の悪性リンパ腫の8割は、その中のうちの非ホジキンリンパ腫で、悪性の度合いで低・中・高に分類されます。 低悪性度の場合は治療をしても効果が出にくく経過観察で様子をみることもありますが、中・高悪性度の場合、進行が早く骨髄や中枢神経へ転移するケースも少なくありません。 また、同じ血液のがんである白血病に移行することもあります。 また発見時のステージが低くとも一気に進行してしまうこともあるので、どのような段階でも安心は禁物です。 ステージ0 0期 と生存率 余命 悪性リンパ腫と認められるものの極めて初期の段階で、症状もありません。 場合によっては治療や再発予防を行わず経過観察で済ませることもあります。 5年生存率は86%で、症状もありません。 転移の原因や再発予防を考慮し化学療法などで治療に取り組んでいきます。 化学療法や放射線療法で治療、再発予防に取り組んでいきます。 化学療法、放射線療法で治療、再発予防に取り組んでいきます。 化学療法、放射線療法による治療、緩和ケア、再発予防に取り組んでいきます。 治療法 悪性リンパ腫は、放射線療法、化学療法、造血幹細胞移植などの方法で治療していきます。 高悪性度リンパ腫の場合には大量薬物療法で治療にあたっていきます。 腫瘍を形成する一般的ながんとは異なり身体を巡るリンパ球ががんに変異することから、外科手術では無く放射線療法や化学療法で治療が主体となっていきます。 しかし、特定部位の症状を和らげることを目的に、原因となる部分を手術することもあります。 悪性リンパ腫は放射線や抗がん剤による治療が効果的に行える病気であるため、これらの方法だけでも病状を抑えることが可能です。 抗がん剤だけでもホジキンリンパ腫なら7割、非ホジキンリンパ腫なら6割の患者が治療に成功しているため、治せない病気ということはありません。 化学療法に放射線療法を併せて行うことで、再発予防と共に生存率を高めていくこともできるので、治療にも前向きに取り組んでいけます。 手術 外科療法 症状を抑えることを目的として原因となっている場所の手術を行うことがありますが、悪性リンパ腫そのものの根治を目的としているわけでは無いため、補助的な治療方法として用いられます。 また、化学療法や放射線療法による治療で効果を得られない場合や悪性リンパ腫が再発した場合に、正常な血液細胞を作る機能を強めることを目的として、造血幹細胞移植を行うこともあります。 その際は併せて大量の抗がん剤や放射線の全身照射を行うことで治療、生存率の向上やさらなる再発予防に努めていくことになります。 この造血幹細胞移植については、自分の細胞を使う方法の他にドナーから提供を受けた細胞を使用することも可能です。 抗がん剤 化学療法 悪性リンパ腫において柱となる方法で、効果的な治療を行っていくことができます。 放射線療法と併せて行われることが多く、手術をしなくともこれらの方法で治していくことが可能です。 また、病状によっては抗がん剤のみで治療に取り組み治していくこともでき、その割合は患者の6~7割に達します。 副作用などの問題はあるものの、抗がん剤のみで、症状はもちろん原因そのものを根治していけるため、入院せず通院のみで治療を終えられるといったこともあります。 早期発見、治療ができる場合、生存率や再発予防についても前向きに考え治療に取り組んでいくことが可能です。 治療にはシクロフォスファミド、ビンクリスチン、アドリアマイシンなどの抗がん剤が使用されます。 免疫細胞療法 樹状細胞ワクチンなどをはじめとした様々な治療があります。 身体の持つ免疫力を高めることを目的として行われる治療方法で、がん細胞と戦う力を養うことから、病状の進行の抑制や症状の緩和などに効果が期待できます。 悪性リンパ腫の原因そのものに直接的なアプローチをするものではありませんが、化学療法と併せて行っていくことで相乗効果を発揮してくれるものです。 身体自身の力を高めることから、生存率や再発予防にも威力が期待できる治療方法です。 悪性リンパ腫の治療においては抗がん剤を使用することが多く、それによる副作用が心配されますが、免疫細胞療法は副作用が無いことから身体の負担を考えて取り組んでいけるのが大きなメリットとなります。 放射線療法 悪性リンパ腫の治療の柱となる選択肢で、抗がん剤治療と併せて行われることが多い治療方法でもあります。 悪性リンパ腫の治療において手術をすることはほとんど無く、これら2つの治療を組み合わせることで、症状の抑制や原因そのものの寛解を目指すことができます。 がんがリンパ節に留まっている場合は局所的な照射を行いますが、血液の流れにのって全身に影響が出ている場合には全身照射が行われます。 造血幹細胞を行う場合にも放射線療法を併せて行うことが多く、悪性リンパ腫の治療においては欠かすことができない選択肢と言えるでしょう。 生存率や再発予防においても及ぼす影響は大きく、積極的に治療に取り入れられていきます。 陽子線治療 原因となるがん患部にポイントを絞って照射することができる治療方法で、放射線療法よりも周辺組織や臓器に与える影響を抑えることができるといったメリットがあります。 悪性リンパ腫の治療においては放射線による治療が外せませんが、その際に被ばくが心配といった問題がおきてきます。 陽子線治療は照射の範囲が放射線治療よりも狭められるため、そういった場合に非常に有意義な選択肢となってくれます。 効果が高く、症状の抑制や生存率、再発予防にも良い結果を期待することができますが、一方で治療を受けられる施設や専門家が少ない、健康保険が適用されないことから費用が高額であるといった問題があるため、この点については良く医師と話し合い治療を決定していく必要があります。 重粒子線治療 陽子線よりもさらに範囲を絞って、悪性リンパ腫にピンポイントに照射することができる治療方法です。 被ばくの心配を最小限に抑えられることから、身体の負担を極力減らしたいといった場合に非常に有意義な選択肢となってくれます。 しかしその一方で、治療を受けられる施設が数箇所しかないという問題があり、容易に受けられる治療方法ではありません。 費用が高額であることから、立場や環境に恵まれていないとなかなか選択は難しいです。 しかしそのぶん、原因となるがん患部や症状抑制への効果は高く、生存率や再発予防など様々な点において、より良い成果を期待することができます。 身近に利用できる施設がある場合には検討する価値は充分ある治療方法です。 再発防止は?免疫力を上げて予防する! 悪性リンパ腫の再発予防に努めるためには、身体そのものの戦う力である免疫力を上げていくこと以外にできることがありません。 そもそも悪性リンパ腫は、原因が解っていない病気であるためリスクとなる因子を排除することができず、がん細胞と戦える強い身体を維持する他にこれに立ち向かう術が無いのです。 免疫は身体のあらゆる異変に立ち向かう力なので、これを高く維持することができれば再発予防はもちろん、そもそもの病気の発症のリスクも抑えていくことができます。 この力が高いかどうかで病状の進行、症状の程度、生存率なども大きく変わってきますから、充分な力を備えておけるようにしましょう。 身体の免疫力の大半は腸が担っているので、免疫力を高めるためには腸の環境や働きを改善していくことが大切になります。 善玉菌を多く含む発酵食品や食物繊維を積極的に取るようにしたり、また働きを阻害しないように睡眠不足やストレスには注意するようにしましょう。 また、サプリメントの中には免疫力を高めてくれるものもあるので、こういったものを利用するのもおすすめです。 なかなか意識して身体を労わっていられないという人にとっては、サプリメントは飲むだけで効果を得られるため、とても有意義なものとなってくれるでしょう。 血液のがんであることから病状が進行すると全身に巡るようになり、白血病に進展する可能性もある恐ろしい病気です。 そのために早期発見、早期治療に努めることが非常に大切ですが、そもそもなぜ悪性リンパ腫になるのかその原因が解っていない、初期の自覚症状がほとんどないなどといった問題もあるので、そう容易に備えていくことも難しいのが現状です。 悪性リンパ腫に備えるためには、身体に原因不明の異変が現れた際に、すぐに病院に行き診てもらうことが重要になります。 特にリンパ節に腫れやしこりが現れた場合には、痛みが無くとも診てもらうようにし、長期間その症状が続く場合には生検なども受けて悪性リンパ腫の疑いが無いかどうかを調べるようにしてください。 また、日頃から身体の持つ免疫力を高めていくことでも、悪性リンパ腫に備えていくことができます。 免疫力が高ければそれだけがん細胞と戦う力を持っているということですから、もしもの場合には病状の進行、症状の程度、生存率や再発予防など様々な部分で影響が出てきます。 日頃の健康管理が病気に負けない強い身体を養いますから、規則正しい生活習慣を心がけるようにしてください。

次の

悪性リンパ腫の笠井アナ「がん再認識」19日生出演

笠井 信輔 余命

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 笠井信輔 余命 ステージ4?生存率は?はてなブックマーク - 笠井信輔 余命 ステージ4?生存率は? プレビュー 笠井信輔 余命 ステージ4?生存率は? という4段階で腫の広がりを表してる。 は「全身にがんが散らばっている状況」と... 続きを表示 という4段階で腫の広がりを表してる。 は「全身にがんが散らばっている状況」と告げらたらそうだ4ということになり。 の率は? 4というと末期癌?って思っていが、は率は7割と宣告されたそうです。 は3割の性をかけて今後に励む事になり。 今後のには強いを間受けるとのこと。 強いなので、それに伴い強いがあるので、なんとかを乗り越えて復帰してたいですね。 、癌が全身にしてるでのあちに痛みがある中、「」に出演してとを思うと、のにかける思いが伝わってきよね。 すれば、同じ病に苦しむに大きなになると思いし、力強いになるでしょう。 の余命は? 「余命」と.

次の