経済 産業 省 次 亜 塩素 酸 水。 【警告】新型コロナ予防で次亜塩素酸水は有効性がなく、人体の安全性も確立されていない…さらに市販は次亜塩素酸水ではない場合も

経産省、コロナ消毒で使う次亜塩素酸水に「有効性の確認なし」:【公式】データ・マックス NETIB

経済 産業 省 次 亜 塩素 酸 水

以下は、次亜塩素酸水のついての記事の部分です。 首相は、経済産業省が現在、新型コロナウイルスに対する有効性を検証中で、殺菌効果が強いとされる次亜塩素酸水を、災害時の避難所などで 噴霧活用する可能性にも言及した。 首相は「その実用化については検討している」と明かした。 次亜塩素酸水は既に経産省の検証で、A型インフルエンザウイルスに対する有効性が実証されており、中国や韓国、台湾などは日本製品を輸入して新型コロナ対策に利用している。 また、福島県いわき市など国内の多数の自治体も住民に配布するなどしている。 次亜塩素酸水は、「次亜塩塩素酸」を含む水溶液です。 次亜塩素酸水の説明によく書かれている 「弱酸性であるため、皮膚や物品にダメージを与える心配がありません。 」というのは嘘です。 次亜塩素酸(HOCl)は不安定な化合物で、分解の際、強力な酸化作用を示す発生期の酸素を放出し、塩酸に変わります。 次亜塩素酸も次亜塩素酸ナトリウムも、殺菌力の本質はタンパクなどの生体物質を酸化して分解することなのですからウイルスだけを殺してヒトに有害でないことはあり得ません。 次亜塩素酸を含むミストを吸入すれば、気道や肺のタンパク質が参加されて障害されます。 詳しくは小波秀雄氏の以下の記事をご覧ください。 恐ろしいものがいろいろと売られています。 関連記事 最近、読んだ本 関連サイト 最近の投稿• 最近のコメント• に より• に より• に より• に 山口英代 より• に より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

経済産業省が一転して認めた次亜塩素酸水!私に文句を言ったの誰だっけ?

経済 産業 省 次 亜 塩素 酸 水

次亜塩素酸水とアルコールのボトルを入れ替える職員=2日、静岡市葵区役所 新型コロナウイルス感染症の影響で、品薄が続くアルコール消毒液の代わりとして注目され、活用が進んでいた次亜塩素酸水。 経済産業省所管の独立行政法人「製品評価技術基盤機構(NITE)」が5月下旬に公表した「現時点では新型コロナウイルスに対する有効性が確認できない」とする検証試験の途中経過が、県内市町にも波紋を広げている。 静岡市は感染拡大で手に入りにくくなったアルコールの代替品として、葵、駿河、清水の各区役所の来庁者用に次亜塩素酸水のボトルを設置していた。 しかし、検証試験の途中経過公表後にただちにアルコール消毒液への交換を始めた。 市管財課の担当者は「市民の安全を第一に考えた措置」と説明する。 森町も町役場や保健福祉センターに置いている次亜塩素酸水をアルコール消毒液に切り替えた。 同町は4月中旬から町民らに次亜塩素酸水を無償配布している。 これについては今後も続ける方針という。 伊豆市は4日から市内で、市民と市内事業者に次亜塩素酸水の配布を始める。 両市町とも、細菌類など新型コロナウイルス以外の病原生物に有効とされる知見を踏まえて、住民へ提供することを決めた。 森町の担当者は「NITEの検証はまだ途中段階で、効果が否定されたわけではない。 市中に消毒用アルコールが出回るまでは、町民への配布を続ける」と話した。 県衛生課は次亜塩素酸水について「大腸菌やサルモネラ菌などに対して有効性を示す報告がある」としている。 新型コロナウイルスへの有効性は現時点で不明であるものの、衛生環境全般の向上のためには引き続き活用できそうだ。 <メモ>次亜塩素酸水 塩酸や食塩水を電気分解するなどして作られる次亜塩素酸を主成分とする水溶液。 食品添加物としては生野菜の消毒に使用される例が多い。 NITEは電気分解法で生成したものを対象に、新型コロナウイルスへの有効性評価を進めている。 静岡医療・健康・福祉の記事一覧•

次の

新型コロナウイルスに有効な界面活性剤を公表します(第二弾) (METI/経済産業省)

経済 産業 省 次 亜 塩素 酸 水

5月29日に経産省が作成・公表した次亜塩素酸水の噴霧に関するファクトシート。 各機関の見解などがまとめられている 新型コロナウイルスの消毒を目的に、学校や保育所、公共施設などに設置されていた次亜塩素酸水の噴霧器が1日から相次いで休止している。 経済産業省が5月29日、「消毒液の噴霧を推奨しない」という世界保健機関(WHO)の見解などを紹介して注意喚起したことを受けての対応だ。 「ほかの市町村でも噴霧をしていたので効果があると思い配備した」。 和歌山県串本町は全ての小中学校の玄関に加湿器を配備し、学校再開の6月1日から次亜塩素酸水を校内に噴霧する予定だった。 しかし、経産省の発表を受け、稼働を取りやめた。 今後の取り扱いは未定だという。 次亜塩素酸水は塩酸や食塩水を電気分解して得られる水溶液で、品薄のアルコール消毒液の代わりに購入する人が増えている。 物に付いたウイルスへの消毒効果は経産省が評価している最中だが、消毒液の空中への噴霧は有効性と安全性の両面から推奨されていない。 厚生労働省は「物への効果があったとしても….

次の