俺ガイル ss 八幡 不死身。 #4 歳をとれなくなった不死の彼女と俺 前編

【八雪・俺ガイルSS】八幡「雪ノ下に突然プロポーズされた。」

俺ガイル ss 八幡 不死身

陽乃「ひ〜きが〜やくんっ!お姉さんとデートしよっ?」 八幡「嫌です」 陽乃「いつになっても釣れないなぁ比企谷君は」 八幡「それより雪ノ下さん、なんで総武校にいるんすか?」 陽乃「比企谷君に会いたかったから?」 八幡「そういうの勘違いするんでやめてください」 陽乃「え?別に勘違いしちゃっても良いんだよ?」 八幡「はぁ……相変わらずですね陽乃さん」 陽乃「むぅ…」 八幡 何この可愛い生物……あ、そっぽむいた何それ可愛い 八幡「で雪ノ下さんは本当は何をしに来たんですか?」 陽乃「まぁ雪乃ちゃんにママから伝言預かっててね。 あ、比企谷君に会いに来たのはホントだよ?」 八幡「はいはい、でも雪ノ下は今日は部活来ませんよ。 なんか用事があるとかなんとか」 陽乃「え?そうなの?なんだつまんないのー」 八幡 ん?何かつまらなくなる要素あった? 陽乃「じゃ、いいや。 比企谷君デーt」 八幡「嫌ですキリッ」 陽乃「まだ最後まで言ってないのにぃ〜」 八幡 やだ何可愛いんだけど昔の俺だったら即惚れして告白して振られちゃう……俺振られんのよかよ! 陽乃「じゃあさ、お姉さんとゲームしない?どうせ暇でしょ?」 八幡「まぁ暇って言ったら暇ですね……ゲームって何するんですか?」 陽乃「愛してるゲーム?」 八幡「何ですかその如何にもリア充がやってそうなゲームやりませんてかリア充爆ぜろ」 陽乃「うわぁ……」 八幡「や、ちょっその「コイツ何言ってんの〇ね」みたいな顔でこっち見ないでください泣きそうです」 陽乃「じゃあ……しよ?」 八幡「……仕方ないやりますか、でもどんなゲームか分からんので教えて下さい」 陽乃「おっけい!じゃあまずは私の真正面に座って?」 八幡「は?」 陽乃「え?私なんか変な事言った?」 八幡「いや、空耳なら良いんですけどなんか今真正面に座れと言われたような……」 陽乃「うん、そう言ったよ?」 八幡「無理です」 陽乃「もしかしてこんな美人のお姉さんの前に座るのが恥ずかしいの?ニヤニヤ」 八幡「いや、ただ座りたくないだけです」 陽乃「むぅ……早く座って!」 八幡「くっ……分かりましたよ座ればいいんでしょ座れば」 陽乃「よし!んじゃ私が愛してるって言うから比企谷君は私を見つめてて?」 八幡「それはさすがに無r」 陽乃「見ろ」 八幡「……はい 今なにかおぞましいものを見た気がする…… 」 陽乃「んじゃいくよ?」 八幡「……うっす」 陽乃「愛してる」 八幡「……」 面と向かってこんなことを言われるとは嘘でも嬉しい……というかなんかこそばゆい感じがする。 陽乃「愛してるよ」 八幡「……」 俺の心臓が通常の1. 5倍速で動いている。 ドッドッドっと拍動し、しっかりと自分でも感じることが出来る。 この音漏れてないだろうか? 陽乃「比企谷八幡君、愛してるよ」 八幡「っ……!」 今のは卑怯じゃないか!?まずいかおが紅潮してきた……汗も出てきた…… 八幡「そろそろやめませんか?」 陽乃「あと1回だけ!……ね?」 八幡「……分かりましたよ、あと1回だけですからね」 陽乃「うん!じゃあ……いくよ!」 あと1回だけ耐えればこの壁を超えられる!耐えろ比企谷八幡!耐えるんだ! 陽乃「八幡愛してる……大好き」 八幡「ドキッ!! 」 なんだ今のは!ドキってした!八幡の心臓ドキってした!何これヤバイ無理楽しい 八幡「ちょっ雪ノ下さん最後のは卑怯ですよ!」 陽乃「えへへっ」 可愛すぎる……くっ……屈するな八幡!! 八幡「じゃ、じゃあ次俺言います!」 おいおい何言ってんだ俺!? 陽乃「ふぅん、良いよ?」 八幡「そ、そんじゃいきます!」 陽乃「きて……」 八幡「愛してるよ……陽乃」 陽乃「キュンッ」 バタンッ その時何が起こったかは分からなかった。 だが少ししてその声を聞いた時分かった。 陽乃「比企谷君……好きっ……大好きっ……」 「チュッ」 八幡「!?ゆ、雪ノ下さn」 再び彼女は唇を重ねてきた。 しかも一回目とは違い長く、そして後半は陽乃さんの舌が俺の口の中に侵入してきた。 陽乃「はぅ……ん……んむっ……」 八幡「んっ……ふぅ……」 ようやく解放されて雪ノ下さんの顔を見ると彼女は照れていて、それでもしっかりとこちらを見据えながら耳元に囁いた。 陽乃「八幡……今の……私の初めてだから……ね?」 続く.

次の

俺が不老不死なのはやはり正しいのかもしれない。

俺ガイル ss 八幡 不死身

第2章 二話 昨日俺はフレイヤという美の神に誘われて彼女のファミリアに入ることにした。 今日はファルナを刻んでもらうために彼女の部屋に向かっている。 しっかしここ広すぎない? なんなの俺を迷わせたいの? そうしてなんとかフレイヤの部屋にたどり着いた。 俺が扉をノックすると中からフレイヤが「どうぞ」と言ったので入った。 その部屋はフレイヤ様がソファーに座りワインを飲んでいるとこだった。 そせてもう一人誰かいた フレイヤ「あら、八幡ファルナを刻んでもらいたくて来たの?」 八幡「はい、そうですけどそちらの方はいいんですか?」 フレイヤ「あぁ、彼はあなたの先輩でここオラリオで先週、数少ないレベル6になったのよ。 私の自慢の子よ。 」 八幡「そうなんですね。 」 フレイヤ「それじゃあ、まず彼と戦ってみて」 八幡「はぁ…はぁぁ!フレイヤ様何言ってるんですか!俺がレベル6には勝てるわけないってわかってますよね。 」 本当マジで何言ってんのファルナをもらってない俺がレベル6に勝てるわけないだろ。 レベル4までならまだしも。 フレイヤ「レベル6には?」 八幡「あっ」 フレイヤ「ふーん。 レベル6には勝てないけどどれくらいのレベルなら勝てるのかしら?言っておくけど神に嘘は通じないわよ。 」 やらかした。 俺は観念して本当のことを言った 八幡「…レベル4までなら…勝てます」 それを聞いたフレイヤはやっぱりと言うような笑顔し、対してオッタルさんは驚いていた。 フレイヤ「そう、八幡あなたを私のファミリアに誘って正解だったわ。 」フフフ やられたわ、この人、いやこの神結構勘が鋭いな。 フレイヤ「そう睨まないで八幡。 私はあなたの敵じゃないわ。 それにこれからは家族なんだから。 」 八幡「わかった。 でもこれからはこんな事はしないでくれ。 」 フレイヤ「そうねぇ。 考えておくわ」 それ絶対やめないやつじゃん フレイヤ「さぁ八幡ファルナを貴方に授けるわよ」 八幡「あぁ。 」 フレイヤ「それじゃぁそこで横になって、あっそれから上の服わ脱いで。 」 俺は上に着てたTシャツを脱いで背中を上にベッドの上に寝転んだ。 フレイヤ「これはっ」 オッタル「すごいな。 」 フレイヤ「八幡貴方やっぱりいいわ。 フレイヤな方を見てみると、とても難しい顔をしていた あっ、やっぱダメですよねー フレイヤ「ねぇ八幡、あなたって人間よね?」 八幡「たぶん、そうですけど」 嘘はついていない フレイヤ「そう…」 フレイヤ「八幡、このスキルの理由はわかるかしら?」 八幡「思い当たることはあります…」 フレイヤ「無理に話すことはないわ。 でも、いつかは話してくれるかしら?」 八幡「はい、その時は」 フレイヤ「そう、ならいいわ。 それでもう一つ質問があるのだけど… あなたいったい外で何してたの?」 オッタルさんも聞きたそうにしている 話して大丈夫かわからんけど まぁ大丈夫だろう 八幡「外では師匠と一緒に戦争に乱入して暴れてました…」 フレイヤは納得した後何か思い当たったことでもあるのか俺をまじまじと見つめていた。 八幡「あの、フレイヤ様あまり見つめないでください、その」 フレイヤ「あら、ごめんなさいね」 八幡「い、いえ」 フレイヤ「八幡、この噂あなた知ってるかしら。 少し前までここで有名だった噂よ。 有名な詩人が歌ってたのよ 戦場で黒いフードをかぶった男を見たら死んだと思え そいつは死神、連れのカラスと一緒にやってくる 見たものすべてに死を与える化け物だ、 にげれるなどと思わぬように 1度目をつけられれば死は確定 彼らを侮るべからず カラスとて侮るな あの死んだ目のカラスがお前らの目をくり抜くぞ にげても無駄だ彼らは地の果てまでやってくる これってあなた達のことじゃない?」 えっ、何その歌俺知らないんですけど ってか噂になってたのね 後、俺の目のことはどうでもいいだろうが 八幡「多分、俺と師匠のことですね。 」 フレイヤ「なら納得できるわねあなたのステイタスの異常さも。 それで、その師匠って人は?」 あっ、やっぱ異常なんだ俺のステイタス 八幡「彼は死にました。 」 フレイヤ「無遠慮に聞いてごめんなさい」 八幡「いえ、もう大丈夫ですから。 それにまだ俺にはこいつがいますから。 」 カマクラ「ニャァゴ!」フンス フレイヤ「そう見たいね、フフフ じゃあ、よろしくね八幡、それにカマクラちゃん」 八幡「はい、フレイヤ様、それにオッタルさんも」 カマクラ「ニャン」 オッタル「あぁ、よろしく」 原作開始まであと3年.

次の

俺ガイルSS 比企谷八幡×雪ノ下陽乃

俺ガイル ss 八幡 不死身

95 ID:xJe4QpPv0 八幡「なんにせよ、マジで話しかけすぎだぞ。 そのせいでなんかクラスでも変に目立ちつつあるし…」 葉山「別に俺の力じゃなくても、プロムの件で結構目立ってるよ」 八幡「え、そうなの?」 葉山「比企谷主導のイベントだって認識は結構しっかりあるみたいだね。 いろはがなんか言ったのかもしれない」 八幡「げぇー…最後の1年ぐらい静かに生きたいっつうのに…」 葉山「それに、雪ノ下さんの件もね…」 八幡「え!?嘘だろ!?基本誰にも言ってないぞ!?」 葉山「まぁ、プロムを手伝ってくれた連中はなんだかんだ察してるみたいだしな。 32 ID:xJe4QpPv0 姫菜「うっ………!!」 八幡「おい…」 葉山「すまん…」 八幡「だいたいお前はほんとどうしちゃったわけ?前みたいにゴロゴロと取り巻きも作んないし学級委員みたいなお前好みの偉そうな役職も断るし」 葉山「言い方……まぁ、思うところがあってね。 もうちょっとわがままな自分になってみようかなと」 八幡「はぁ?」 葉山「雪乃ちゃんも取られちゃったし」 八幡「馬鹿言ってんじゃねぇよ、お前が好きだったのはアイツじゃなくては……」 葉山「その先は言わなくていい」 八幡「……俺に対する態度が似すぎなんだよ。 97 ID:xJe4QpPv0 葉山「もちろん。 っていうか大きなお世話だよ。 そっちこそ最近どうなんだ?雪ノ下さんと」 八幡「うっせー、お前こそ余計なお世話だよ…」 葉山「彼女が恋愛に現を抜かすっていうのが初めてだしね。 普通にどうなるのか興味あるんだよ」 八幡「お前にはぜってーなんも言わねぇ…」 葉山「おやおや?いいのかな?腐っても幼馴染だし、色々助言できることはあると思うけど?」 八幡「なんだそれ腹立つ……結構です、自分でなんとかできますぅ~」 葉山「2人の間のことは確かにね。 33 ID:xJe4QpPv0 葉山「この先避けては通れないところだと思うよ。 君が選んだのはそういう、めんどくさい女の子なんだから」 八幡「ぐぅ……なんかあったら頼む……」 葉山「もちろん、タダでとは言わないよな?」 八幡「……金なら無いぞ」 葉山「ははは、わかってるよ、そんなもの要求する訳ないだろ?ただ、色々話してくれって事だよ」 八幡「わかったよ、きもちわるいな…あ、そういや最近三浦がよく部室に来てるぞ。 お前の文句を言いに……」 葉山「みたいだね」 八幡「いやいや、みたいだねってお前…ちゃんとケアしとけよ、去年あんだけ都合良く使っといて…これもわがままな自分ってやつの一環か?」 葉山「言い方が悪いな…比企谷には分からないと思うけど、俺にとっても優美子は結構大事な存在なんだよ。 どういう感情かはともかくね。 54 ID:xJe4QpPv0 八幡「はぁ~?なにそれカッコつけちゃってわけわかんなぁ~い?」 葉山「何キャラなんだそれは…というかお前は他の女の子を気にしてる場合じゃないだろ?自分のことだけ気にしてればいいんだよ」 八幡「三浦に刺されて死んじゃえばいいのに…ほれ、そろそろ席戻れ」 葉山「お、もうこんな時間か。 20 ID:xJe4QpPv0 おしまいボンバー コメント一覧 8• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月02日 18:47• 海老名さんが滾ってそうwww• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月02日 19:32• イメケン葉山と総受けメインヒロイン八幡がくっつくのは時間の問題だったはずなのに• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月02日 19:51• また、ささきさんの海老名が聞けるのが嬉しい• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月03日 23:17• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月04日 00:53• 結婚しろ• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月04日 04:50• 八幡をお嫁さんにする同人誌狂おしいほど好き• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月04日 05:28• このクラスの女子が全員腐るのはもはや時間の問題だなあ…• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月09日 10:11• ほんとにあーしさんに刺されて……ねばいいのに 物語全般を通してみると、何気にあーしさんがキーウーマンだったなあ.

次の