地震予知soe。 地震予知ミシェルさん南海トラフ巨大地震を予知している…

地震前兆と予想

地震予知soe

地震予知SOEとは? 地震の前兆は? 早速ですが 「SOE」とは 地震予知サイトです。 名前の由来は Song of Earth の略だと言われています。 地球の歌?? 意味は分かりませんが… 訳さなければいい響きですね 笑 「SOE」の中身はというと 堅苦しいサイトではなく 地震そのものが予測されている、 といった感じではありません。 どちらかといえば 地震の際に活用できる、 といった感じでしょうか。 地震に関しては 近くで起きたりすると どうしても 「次はあるかも」なんて 心配になりますよね… そんな時に役に立ちそうな サイトです。 書き込みサイトとも いえますでしょうか。 そして 地震の前兆には どういったものが あるのでしょうか。 身近な前兆の知り方には雲がありますね。 こちらの記事で地震雲を写真付きで 解説しています。 生物の異常 ペットが吠える、走り回るなど 明らかにおかしな動きをします。 鳥が鳴く 鳥が夜中に泣き騒ぐなどは 前兆といわれています。 ミミズの大量発生 地下活動の変化でミミズが 地面に出てくるといわれています。 クジラやイルカの変化 クジラやイルカが浅瀬に乗り上げてきます。 超音波で会話する為、地磁気の変化で 方向が分からなくなるといわれています。 気象現象 地震雲は有名ですね。 地磁気の変化で珍しい雲が 多くみられるようです。 地鳴り 地震前になるとゴォーっと 地鳴りがするといわれています。 人体変化 耳鳴りを感じる方がいます。 地鳴りに似たような耳鳴りだそうです。 頭痛 敏感な方ですと地磁気の変化で 頭痛を感じる方がいるようです。 圧迫感・吐き気 地震の前兆を感じて胸の圧迫や 吐き気を感じる方がいるようです。 無意識にストレスを 感じているものだそうです。 どれも科学的には 証明されてはいませんが 参考に覚えておくのはいいと思います。 あくまで参考として、 意識しすぎず 過ごしてもらえたらと思います。 地震予知グラグラは当たるのか!? SOEの他に 地震予知グラグラという サイトがあるのは ご存知でしょうか? サイトに限らずTwitterでも 情報発信してますよね。 皆さんの反応は いかがなものでしょうか。 色々見てみると賛否両論… 全く当たらないやデタラメ、 M6以下の小さな地震を対象にしている 下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる的な 感じだとかいわれています。 残念ながら私の知る限りで 当たるという話は 見受けられませんでした… しかし東日本大震災から 「何か出来ることはないか」と データ予測をもとに 地震予知情報を発信してくれています。 当たる、当たらないは別として 参考にはなりそうですね。 ミッヒーのTweetBlog 「透視ビジョン」で 色んな予言を的中させる主婦。 地震を「体感予知」できると 知られています。 頭痛で地震を体感するようです。 具体的に示す事が多くて、 実際にも予知に近い所で 地震が発生する事も 少なくないそうです。 最近では「霊さん」 といわれる年配女性の霊が 地震を教えてくれるんだそう。 ロシア・ヴォスコフ博士の地震予知サイト ロシアの地球物理学者 ヴォスコフが毎日発信している。 地図上にプロットした 画像のみの情報なので 分かりやすいようです。 日本の地震リスク 米国で日本の各都市の 地震発生確率を パーセントで示し、 日ごとに発信している。 気温の変化や電波、海水温、 月の位相や衛星画像での雲などの データを元に予測しているようです。 色んなサイトやブログ、 Twitterでさまざまな媒体を用いて、 情報発信してくれているようです。 多数ありますので 皆さんに合ったところで、 皆さんの何かの参考になると いいなと思います。 スポンサードリンク まとめ 話題にもなっている方は たくさんいらっしゃいます。 地震を予測してはいますが、 科学的要因がある訳でなく 体感や情報をもとにあくまで 「予測」ですから 参考までにしてもらえたら と思います。 中にはつぶやいた事が 当たる方もいらっしゃいますので 気になる方を見つけてみて下さいね。 個人的にですが… さまざまな方が地震と向き合って、 予測してくれていますが 当たればいいですが、 間違えば叩かれるこの時代… そんな中、毎日地震のデータや 体感と向き合い 更新してくれている方々に 私は感謝します。 参考にしかならなくても、 参考にさせてもらえる 記事がある事を有難く思います。 私の地域では 南海トラフ巨大地震がくれば 大惨事になるでしょう… 参考にしているものもあります。 なので今後も色んな事をもとに 発信していってもらいたいと思います。

次の

地震前兆と予想

地震予知soe

例えば「(時)一年以内に、(場所)日本の内陸部で、(大きさ)マグニチュード5の地震が起こる」というようなあいまいな予測や、毎日起きているマグニチュード4程度以下の小さな地震を予測するような場合はたいてい当たりますが、それに情報としての価値はあまりないと考えます。 少なくとも「(時)一週間以内に、(場所)東京直下で、(大きさ)マグニチュード6~7の地震が発生する」というように限定されている必要がありますが、現在の科学的知見からは、そのような確度の高い地震の予測は難しいと考えられています。 以上により、一般に、日時と場所を特定した地震を予知する情報はデマと考えられます。 お聞きになった情報で心配される必要はありませんが、日本は地震国であり、地震が起こらない場所はないと言っても過言ではありません。 日ごろから地震に対する備えをお願いいたします。 南海トラフ地震の発生は予測できるのですか? 南海トラフ地震は、おおむね100~150年間隔で繰り返し発生していることが分かっていますが、その発生間隔にはばらつきがあり、震源域の広がり方には多様性があることが知られています。 また、地震の発生時期や場所・規模を確度高く予測することは困難であると考えられています。 一方で、南海トラフ沿いで発生した大規模地震の直近の2事例では、東側の領域で大規模地震(1854年の安政東海地震、1944年の昭和東南海地震)が発生した後、それぞれ32時間後、2年後に残る西側の領域で大規模地震(1854年の安政南海地震、1946年の昭和南海地震)が続けて発生しています。 そのため、今後南海トラフ沿いで大規模地震が発生した場合、残りの領域での地震発生の可能性が平常時に比べて相対的に高まっているとの評価が可能と考えられています。 また、南海トラフ沿いの大規模地震の想定震源域の周辺では、平時からプレート境界面で「ゆっくりすべり」という現象が観測されています。 この現象はプレート境界の固着状況の変化を知る手がかりとなる現象と考えられています。 この「ゆっくりすべり」が通常とは異なる場所や発生様式(変化速度が大きいなど)で起きている場合には、定性的には南海トラフ地震発生の可能性が平常時に比べて相対的に高まっているとの評価が可能と考えられています。 関連リンク• 8以上の地震が発生した場合や東海地域に設置されたひずみ計に有意な変化を観測した場合などを想定しています。 関連リンク• 南海トラフ地震が発生する前には、必ず「南海トラフ地震臨時情報」が発表されるのですか? 南海トラフ地震の発生前に、必ずしも異常な現象が観測されるとは限らないため、「南海トラフ地震臨時情報」を発表していなくても、南海トラフ地震が発生することもあります。 地震発生の可能性が相対的に高まっているという評価を行う「南海トラフ地震に関連する情報」と、これまでの東海地震予知情報との違いは何ですか? これまでの東海地震予知情報は、2~3日以内に想定される東海地震が発生するおそれがあるという確度の高い情報です。 しかしながら、現在の科学的知見からは、こういった確度の高い地震の予測は難しいと考えられています。 一方、「南海トラフ地震に関連する情報」は、南海トラフ沿いで異常な現象が観測され、その現象が南海トラフ沿いの大規模な地震と関連するかどうか調査を開始した場合、または調査を継続している場合、あるいは観測された現象を調査した結果、南海トラフ沿いの大規模な地震発生の可能性が平常時と比べて相対的に高まっていると評価された場合などに発表する情報です。 関連リンク• 動物や植物は地震を予知できるのですか? 動植物には、音、電気、電磁波、匂いなどに対する感知力が人間などに比べ格段に優れているものがあることは知られています。 一方、地震は、地中の広い範囲で、固い岩盤同士が、破壊し合い、ずれ合う大きなエネルギーの集中や解放を伴うため、徐々に岩盤が変形し始めたり、地下水位が変動したりして、地震の発生前から非常に微弱で特異な音、電気、電磁波、匂いなどが周辺の地面や大気などに現れ、それを動植物が感じ取る可能性もあるのかもしれません。 しかし、動植物は地震以外の理由によって通常と異なる行動・反応をすることがあり、また、動植物自体についてまだわかっていないことも多く、ましてや地震の前兆現象も解明できていない部分が多いことから、地震の前にそうした異常行動・反応をする理由について科学的に説明できていない状況です。 地震雲はあるのですか? 雲は大気の現象であり、地震は大地の現象で、両者は全く別の現象です。 大気は地形の影響を受けますが、地震の影響を受ける科学的なメカニズムは説明できていません。 「地震雲」が無いと言いきるのは難しいですが、仮に「地震雲」があるとしても、「地震雲」とはどのような雲で、地震とどのような関係で現れるのか、科学的な説明がなされていない状態です。 日本における震度1以上を観測した地震(以下、有感地震)数は、概ね年間2,000回程度あり、平均すれば日本で一日あたり5回程度の有感地震が発生していることとなります。 このように地震はいつもどこかで発生している現象です。 雲は上空の気流や太陽光などにより珍しい形や色に見える場合がありますし、夜間は正確な形状を確認することができません。 形の変わった雲と地震の発生は、一定頻度で発生する全く関連のない二つの現象が、見かけ上そのように結びつけられることがあるという程度のことであり、現時点では科学的な扱いは出来ていません。

次の

地震前兆と予想

地震予知soe

東日本大震災の概要 東日本大震災は、2011年3月11日14時46分頃に発生しました。 三陸沖の宮城県牡鹿半島の東南東130km付近で、深さ約24kmを震源とする地震でした。 マグニチュードは、1952年に発生したカムチャッカ地震と同じ9. 0を記録。 これは、 日本国内観測市場最大規模、アメリカ地質調査所 UGSS の情報によれば1900年以降、世界でも4番目の規模の地震でした。 そして、この地震の特出すべき点は、岩手県・宮城県・福島県を中心に襲った未曾有の大津波です。 各地を襲った津波の高さは、福島県相馬では9. 3m以上、岩手県宮古市で8. 5m以上、岩手県大船渡市で8. 0m以上を観測しました。 また、宮城県女川漁港では14. 8mの津波痕跡も確認されています。 遡上高 陸地の斜面を駆け上がった津波の高さ では、全国津波合同グループによると、 国内観測史上最大となる40. 5mが観測されました。 非常に大きな地震に加え、巨大津波による被害が発生したために、死者約1万5千人を超えるほどの大災害となったのです。 (出典:内閣府 公式ホームページ 防災情報のページ) 東日本大震災の前兆として挙げられた事象 電通大の研究グループが、東日本大震災発生の5〜6日前には太平洋上の電離層の異常を観測したと発表しました。 期間は3月5日〜6日にかけて。 調布、春日井 愛知県 、高知の3カ所の受信局で、電波の夜間の平均振幅が極端に低くなるという 「明瞭な前兆」が現れたと話しています。 地震の前兆については多くの地質学者が懐疑的な見方を示す一方で、同大学の早川正士名誉教授は「地震のメカニズム研究と地震予知は全くの別物」と反論しており、独自の方法で予知の実現を目指し研究に取り組んでいます。 (出典:日本経済新聞 掲載記事) 各地で報告されている地震前の異変 この項目では、地震発生前に各地で報告された異変について、いくつか取り上げます。• 陸前高田市では震災の約1ヶ月前から、朝夕にカラスの群れが空を覆っていたが、震災の数日前から突然姿を消した。 3月4日夜、茨城県鹿嶋市でクジラ50頭が浜に打ち上げられた• 3月11日の朝、宮城県塩釜市の神社では、いつもはサビなどで赤褐色に濁っている鉄製の「神釜」の水が普段と異なり澄んでいた。 (出典:毎日新聞掲載記事)• 3月11日の深夜、宮城県石巻市湊地区の公園でカラス50羽ほどが騒いでいた。 3月11日の午前10字ごろ、宮城県石巻市湊地区でトンビが数十羽騒ぎながら飛んでいた。 (出典:読売新聞掲載記事) しかし、 これらの前兆も科学的根拠がある訳ではありません。 地震の前兆については科学的根拠が示せない 地震の直前予知については 多くの地震学者が懐疑的な姿勢を見せており、1998年には、文部省 当時 の測地学審議会は直前予知の困難さを認める報告もまとめられています。 また、地震の前兆として取り上げられることが多い「地震雲」について、気象庁は科学的な関連は見いだせていないとの見解を示しています。 地震雲に対する気象庁の見解 地震雲については、気象庁が公式ホームページで見解を発表しています。 その内容として、まず 雲と地震の現象は全く違うメカニズムで動いていること。 雲を形成する大気は地形の影響を受けますが、地震の影響を受ける科学的メカニズムは説明できていません。 また、雲は上空の気流や太陽光などによって珍しい形や色に見える場合もあり、 正確な形状は認識する人によって個人差が存在します。 あくまで気象庁の結論としては、「形の変わった雲と地震の発生は、一定頻度で発生する全く関連のない2つの現象が、 見かけ上そのように結びつけられることがある程度のことであり、現地点では科学的な扱いはできていない」と発表しています。 地震雲の存在は否定していませんが、科学的な関連は見い出せていないのです。 また、「地震の予知はできますか?」という質問に対しても気象庁が回答。 結論としては「現在の科学的知見からは、いつ・どこで・どれくらいの大きさの地震が発生するかの予測は難しい」と発表しています。 (出典:気象庁 公式ホームページ 「地震予知について」 地震が来たら本震の可能性に警戒を 地震の前兆に関しては多くの証言があるものの科学的な解明はできていません。 現地点では怪異的な現象を地震と結びつけることはできませんが、地震の被害を減らし、一人でも多くの命を守るために、 地震を予知するための研究や活動は様々な機関が行っています。 「緊急地震速報」も命を守るための取り組みの一つです。 地震の発生直後に各地での強い揺れの到達時刻や震度を予想し、私たちへ可能な限り素早く通達されます。 これにより、強い揺れがくる前に自らの身を守ったり、列車のスピードを落としたり、工場等で機械制御を行うなどの対応が可能になります。 地震はいつ・どこで起こるかわかりません。 地震が起きたときの対応を知り、緊急避難袋や家の備蓄などを準備しておくことが大切です。

次の