スノーボード ff7。 オリジナル版FF7 ストーリー攻略チャート ボーンビレッジ~竜巻の迷宮

ミニゲーム/【スノーゲーム】

スノーボード ff7

少し進むとイベント。 サンゴの谷洞窟の方へ。 階段状になっている白い建物を上がっていく。 次は崖の隙間を上がっていく。 先へ進むとワールドマップへ。 雪のある方へ進んでいくと山の上にアイシクルロッジが見える。 雪だるまのある民家の壁に大氷河の地図があるので取る。 機械がたくさんある家はガスト博士の家だった場所。 ビデオを再生するとウェポンなどの情報を得られる。 村の奥に進んで男と話し「それでも行く」を選ぶとイリーナが現れる。 中央の民家の子供に話すとネコがどき、 スノーボードを取れる。 再び村の奥へ。 スノーボードでは分かれ道があり、どう進んだかで大氷河での到着地点が変わる。 絶壁の外壁を登っていく。 26度まで下がるとホルゾフの小屋に戻される。 絶壁内部では、Aの氷の玉を落として障害物となっている氷の柱を壊して進む。 絶壁内部の最初のエリアでは、2Fの右の壁に隠し通路がありリボンが取れる。 また絶壁の外壁を登る。 今度は分かれ道になっていて、行き止まりもあるが、基本的に上に進んでいればいい。 セーブポイントのある場所を過ぎてそのまま進んでいくと巨大なつららが四つあるフロアに出る。 つららを全て落としたら一旦部屋を出てから再び入り、飛び降りる。 Bの新しく出来た道を伝って進む。 再び外壁を登る。 左側を通っていけばいい。 セーブポイントのある場所に着く。 セーブポイントの隣には回復の泉が。 さらに進むと ツインヘッドとの闘い。 先に進んで絶壁を登り、竜巻の迷宮へ。 クレーターに下りた所で、パーティにティファがいない場合ティファが追ってきて強制的にパーティに入る。 セーブポイント付近に「バハムート改」のマテリアが落ちている。 先に進むと気流の壁がある。 タイミングよく渡る。 失敗してはじかれるとウィンドウィングとの戦闘に。 黒マントの男に話すとハイポーションとエーテルを入手できる。 再び気流を避けて先に進むとイベント。 ジェノバ・DEATHと戦闘。 撃破後、黒マテリア入手。 黒マテリアをレッド13かバレットに預け ここで預けたキャラがイベントの途中に現れる 、先に進むとイベントへ。 イベント後、クラウドがパーティから抜ける。 武器は外す必要はないがいい防具は必ず最深部に行く前に外しておこう。 イベント後、バレットを操作してティファの後を追っていく。 この闘いは逃げることも可能。 ウェポン襲来のイベントの後、バレットを操作してケット・シーに話す。 部屋を出て右に進むとキャノン砲の下でユフィと合流 仲間にしていた場合。 エアポートに上がって飛空挺の方へ行くとイベント。 ティファの処刑室でのミニゲームになる。 その後イスの奥のスイッチを押してガスを止め、扉を調べる。 天井に割れ目ができ、外に出て下に降りていく。 この時、神羅兵に追いつかれることはない。 下に降りたらキャノン砲の銃身の方へ。 スカーレットとのビンタ対決になる 勝っても負けても何も変化はない。 その後ハイウインドが助けに来て脱出。 甲板を降りて通路を渡って操縦室へ。 仲間と話した後パイロットに話しかけ、オペレーションルームへ。 男に話してパーティ編成をして再び操縦室に戻ってパイロットと話せばハイウインドを操作できる。 北コレルから魔晄炉を目指す。 10分のカウントダウンが始まる。 列車のレバーを交互に引いてスピードアップさせる。 あわてないでテンポよくやろう。 追いついたら列車に飛び乗り、先頭車両を目指す。 10分の制限時間はあまり余裕はない。 演出の長い召喚獣を使うのは厳禁。 1両目でガスダクターと戦闘。 3両目でウルフラマイターと戦闘。 4両目でイーグルガンと戦闘。 先頭車両で親衛隊員と戦闘。 最後にレバーを引いて列車を止める作業があるが、どう引いても加速してしまい、ヤケクソになったシドがレバーを引いて止まる。 ここで、列車を止めたか、列車に追いついたが止められなかったか、列車に追いつきもしなかったかでもらえるアイテムが変わる。 ヒュージマテリア、アルテマ共に非常に貴重なものなので必ずイベントを成功させたい。 イベント後、下の方に進むと住民に話しかけられ、この時にアルテマ入手。 線路沿いのボロ小屋にいる女性に話しかけるとバレットの究極リミット技「カタストロフィー」入手。 アンダージュノンの奥のエレベーターに10ギル払って乗る。 ジュノンに来たら港の方へ進む。 兵士達が隊列の練習をしている場所に進み、エレベーターに乗る。 先に進んでエレベーターに乗り海底魔晄炉へ。 海底に着いたら直進してエレベーターへ。 エレベーターを降りたら後はずっと道なりに進む。 ボス戦が控えているのでセーブを忘れずに。 途中、兵士と強制戦闘が二回ある。 一回目は、動いている兵士を最初に片付けないとはさみうちを食らう。 ヒュージマテリアが潜水艦に積まれたところを見て、レノに近づくとイベントになり キャリーアーマーと戦闘。 その前に、三つある宝箱は必ず全て取っておこう。 その後、操縦室に進むと隊長と兵士がいる。 選択で捕虜にするか戦うか選べる。 どちらでも進行に影響はない。 潜水艦のミニゲームを行う。 開始直後に目標の赤い潜水艦がいるので、他は無視して集中攻撃していけばクリアはたやすい。 赤い潜水艦を撃破すれば潜水艦を入手。 ヒュージマテリア回収は後回しにしてジュノンの空港へ。 ジュノンの空港に行くと一足遅くヒュージマテリアを運ばれてしまう。 ロケット村へ。 ロケットの方へ行く。 この後、シドがパーティにいなかった場合強制的に加入する。 ロケットの中で上級戦闘員と戦う。 その後操縦室でイベントが起き、ロケットが発射される。 はしごを上り、ヒュージマテリアの元へ。 パスコードを入力する。 一度失敗すると3分のカウントダウンが始まる。 一発で当てるとシドにほめられる。 操縦室の手前の扉から進んではしごを降りてボンベの前を通り過ぎるとボンベが爆発。 イベント後、地上へ戻る。 ハイウィンドへ場面が移る。 コスモキャニオンへ。 古代種のカギを持ってブーゲンハーゲンの元へ。 イベントが起きる。 外に出て飛空挺に乗ろうとするとダイヤウェポンが出現。 ゆっくりミッドガルに向かって進んでいく。 上陸したダイヤウェポンに接触するとイベント。 大空洞を見に行く。 イベント後、飛空挺で直接ミッドガルへ。 パラシュートで乗り込み、ケット・シーの後を追う。 かなり広い空間に出る。 最初まず通路を進んでエリクサー、ラストエリクサー、エイジスの腕輪を取る。 次は戻って下のはしごを降りる。 降りた先で左に進むと足場が折れて下に落ちる。 こうなると上に上がることはできない。 左のはしごを上り、ダクトへ。 階段を登るとセーブポイントが。 道はこちらが正解だが、アイテムを取りたいならはしごを降りた先のダクトにも入ろう。 セーブポイント先のダクトを通ると螺旋トンネルに出て、 レノ、 ルード、 イリーナが現れる。 「やめておこう」を選べば戦闘を回避できる。 貴重なアイテムが多く存在するのでできれば探索したほうがいい。 螺旋トンネルは8番分岐点を左に進むのが正解だが、ずっと手前に進むとステータスアップ系アイテムやマテリア「Wアイテム」を入手できる。 8番街に出て少し進むと プラウド・クラッドと戦闘。 この先、バレットがパーティにいる時のみ階段の途中にミッシングスコアの宝箱がある。 必ずパーティに入れるように。 先に進むと 宝条、ヘレティック宝条、極限生命体宝条NAと連戦。 宝条を倒した後、一度パーティが解散。 クラウドとティファのイベントが始まる。 イベント終了後、disc2終了。

次の

【FF7ストーリー】ネタバレ注意! エンディングの意味や続きは?

スノーボード ff7

スコアアタックモードとタイムアタックモードが搭載されており、ミニゲームと侮れないほど本格的。 これだけで一つのゲームが出来てしまいそうなほどよく出来ている。 難易度の点でも。 スコアアタックモードではテクニック、タイム、バルーンの3項目が100点満点で採点され、 成績に応じて前人未到、合格、がんばれ、喝の4段階の評価をもらえる。 INT版のみ?上級コースで100点を叩き出すと、前人未到ではなく変人未到という評価をもらえる(要検証) タイムアタックモードではモグスキー(モグソリ)が自身のコースレコードを再現してくれる他、 ゴール後にタイムに応じて変、神、驚、絶、優、上、並、下、喝の9段階の評価をもらえる。 コースは難易度順にA~Cの3種類用意されており、スコアアタックモードで70PTS. 以上を取得すれば一つ上の段階のコースが開放される。 最後のコースであるCコースで70PTS. 以上を取得すれば、ゲーム開始地点近くに黄色い風船が出現し、 これを取得すればタイムアタックモードに突入できる。 また、タイムアタックで「上」以上の高評価を出したコースのスタート地点には加速度を上げる白い風船が出現する。 スコアアタックモードで初めて90PTS. 報酬を全て手に入れた後も、本編そっちのけではまり込むプレイヤーはかなり多かったに違いない。 ・「R」を思い出すな… しかしスノボ中にを喰らうとは思わなかった。 チョコボレースと同じように、とがやらせてくれと言うことがある。 しかし、チョコボレースとは違い、キャラクターによって微妙に性能が違う。 具体的には、クラウドに比べてティファはエッジが効きにくく、 シドはエッジが効きやすいが、スピンしやすい。 90ポイント以上取る場合のコツはブレーキを使ってでもなるべく風船を取り逃さないこと。 タイムのポイントは意外とラインが緩く、ブレーキを多用しても十分なポイントを確保できたりする。 逆にタイムに拘って速度を上げて風船を取り逃すとそれだけ90ポイントは遠くなる。 しかしそれに慣れてスコアアタックモードの要領でタイムアタックモードもプレイしてしまうと大抵並以下の評価となる。 タイムアタックもするつもりなら、ノーブレーキで最適のライン取りができるコツをスコアアタックの段階で練習しておいた方がよい。 ゴールドソーサーでのスノーゲームはが流れる。 こちらをやりこんでいると、BGMの無い本編のミニゲームが寂しく感じられるかも。 本編の天然コースでは、終始寒風が吹きすさんで、背景にも遥か遠くまで雪山が見える。 大自然の山の上を滑っているという臨場感もさることながら、 ゴールドソーサーのものよりも長い時間を一度に滑ることができるのも特徴。 本編の方もコースはいいのだが、いちいち内に飛ばされるので戻るのが面倒ではある。 リフトかゴンドラが欲しい…。 アイシクルロッジ前でセーブして滑り終わるたびにロードすればいい話では。

次の

【FF7ストーリー】ネタバレ注意! エンディングの意味や続きは?

スノーボード ff7

スコアアタックモードとタイムアタックモードが搭載されており、ミニゲームと侮れないほど本格的。 これだけで一つのゲームが出来てしまいそうなほどよく出来ている。 難易度の点でも。 スコアアタックモードではテクニック、タイム、バルーンの3項目が100点満点で採点され、 成績に応じて前人未到、合格、がんばれ、喝の4段階の評価をもらえる。 INT版のみ?上級コースで100点を叩き出すと、前人未到ではなく変人未到という評価をもらえる(要検証) タイムアタックモードではモグスキー(モグソリ)が自身のコースレコードを再現してくれる他、 ゴール後にタイムに応じて変、神、驚、絶、優、上、並、下、喝の9段階の評価をもらえる。 コースは難易度順にA~Cの3種類用意されており、スコアアタックモードで70PTS. 以上を取得すれば一つ上の段階のコースが開放される。 最後のコースであるCコースで70PTS. 以上を取得すれば、ゲーム開始地点近くに黄色い風船が出現し、 これを取得すればタイムアタックモードに突入できる。 また、タイムアタックで「上」以上の高評価を出したコースのスタート地点には加速度を上げる白い風船が出現する。 スコアアタックモードで初めて90PTS. 報酬を全て手に入れた後も、本編そっちのけではまり込むプレイヤーはかなり多かったに違いない。 ・「R」を思い出すな… しかしスノボ中にを喰らうとは思わなかった。 チョコボレースと同じように、とがやらせてくれと言うことがある。 しかし、チョコボレースとは違い、キャラクターによって微妙に性能が違う。 具体的には、クラウドに比べてティファはエッジが効きにくく、 シドはエッジが効きやすいが、スピンしやすい。 90ポイント以上取る場合のコツはブレーキを使ってでもなるべく風船を取り逃さないこと。 タイムのポイントは意外とラインが緩く、ブレーキを多用しても十分なポイントを確保できたりする。 逆にタイムに拘って速度を上げて風船を取り逃すとそれだけ90ポイントは遠くなる。 しかしそれに慣れてスコアアタックモードの要領でタイムアタックモードもプレイしてしまうと大抵並以下の評価となる。 タイムアタックもするつもりなら、ノーブレーキで最適のライン取りができるコツをスコアアタックの段階で練習しておいた方がよい。 ゴールドソーサーでのスノーゲームはが流れる。 こちらをやりこんでいると、BGMの無い本編のミニゲームが寂しく感じられるかも。 本編の天然コースでは、終始寒風が吹きすさんで、背景にも遥か遠くまで雪山が見える。 大自然の山の上を滑っているという臨場感もさることながら、 ゴールドソーサーのものよりも長い時間を一度に滑ることができるのも特徴。 本編の方もコースはいいのだが、いちいち内に飛ばされるので戻るのが面倒ではある。 リフトかゴンドラが欲しい…。 アイシクルロッジ前でセーブして滑り終わるたびにロードすればいい話では。

次の