左 ピッチャー。 人間の体の中身は左右対称ではない。菊池雄星が始めた「左特有の投げ方」。

サウスポー

左 ピッチャー

そんな育成が難しい大型左腕の中で、なぜ菊池は着実に成長しているのか。 そのヒントを、彼の取り組みから探りたい。 実は菊池の球速は、今も伸びている。 2年前に157kmを計測したが、26歳になった今季、自己最速を更新した。 彼が今もなお進化中であることを示す数字だ。 以前から「左と右」の感覚の違いを認識していた。 持続的な成長の陰にはピッチングコーチ・土肥義弘の存在がある。 逐一菊池の投球をチェックし、ともにフォームを作り上げる。 2人の共同作業がもたらした影響は計り知れない。 2人の信頼関係はもちろん素晴らしいものだが、同時に浮かんだのは「左腕の悩みは左腕が一番分かるのでは?」「左腕同士でしかわかりあえない悩みがあるのでは」という素朴な疑問だ。 菊池は以前から、左投手と右投手で感覚の違いがあると認識していた。 フォームひとつとっても、お手本として提示されたのが右投手であると、菊池にとってはしっくりこないこともあったという。 それが、同じ左腕だった土肥コーチの指導を受けることで整理された。 それに加えて、菊池は昨オフからコンディショニング担当の新トレーナーとも契約している。 菊池を担当する根城祐介さんは全米協会認定アスレティックトレーナー(ATC)、NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(CSCS)などの資格を持つ体の専門家だ。 またPRI(Postural Restoration Institute)理論というMLBやNBAでも採り入れられている新種のトレーニング法に精通。 指導者としての認定も受けている。 この理論が左投手と右投手の違いに頭を悩ませていた菊池にとって、積年の課題を解決するものだった。 PRI理論とは、人間は左右非対称の身体であるというところに注目し、非対称であるから使われやすい筋肉と使われにくい筋肉が存在することを認識する。 そのうえで、使いすぎている部分の抑制と使われていない部分の活性化を行う。

次の

サウスポー

左 ピッチャー

3塁牽制の目的は? 3塁牽制の目的は、こちらです。 3塁ランナーをアウトにする 3塁ランナーのリードが大きい時は積極的にアウトを狙っていきましょう。 暴投すると失点してしまうのでコントロールが重要ですが3塁牽制でアウトを取れると、試合の流れを一気に自チームに引き寄せることができます。 3塁ランナーのリードを狭める 3塁ランナーは最も失点に近いランナーなので、少しでも本塁帰還の確率を下げるためには、牽制をしてリードを狭めることは重要です。 スクイズ、内野ゴロなどではランナーのスタートが重要なので、そういった作戦が想定できるタイミングでは、必ず牽制を入れましょう。 特に左ピッチャーの場合は、ランナーが見えないということでリードを取られやすいので、注意が必要です。 3塁ランナーの動き方から相手チームの作戦を探る スクイズやホームスチールなどの作戦が考えられる状況では、相手チームがどういった作戦を仕掛けようとしているか、見込みを作ることが必要です。 そこで3塁に牽制をし、ランナーの戻り方を見るのです。 もしも虚を突かれたような戻り方をしたら、何か相手チームでサインが出ている可能性が高いです。 間を取る 試合の流れが悪い時など、あえて牽制をすることで間を作り、流れを断ち切ろうとする場合があります。 この場合は速い牽制ではなくゆっくりとした牽制になります。 牽制の種類は2パターンある 右ピッチャーの牽制には2種類あります。 右投手の1塁牽制と同じ動き方です。 軸足(左足)を外さないで投げるパターン 軸足(左足)を外さなくても右足が3塁方向に踏み出していればボークになりませんので、プレートから足を外さないで投げることもできます。 注意3塁へプレートを外さないで偽投すると、ボークになりますので注意しましょう 左ピッチャーの3塁牽制のコツは? では牽制を上手にするコツは何でしょうか?詳しく説明していきます。 速いモーションで投げる 速い球を投げることよりも速いモーションで投げることを意識しましょう。 なぜなら、速い球を投げようと意識しすぎると暴投になりやすいためです。 モーションを速くするには、手足の動きを小さくすることです。 『左足をプレートから後ろにずらす』『右足を踏み出す』『腰をひねり、左足を回転させる』という下半身の動作を小さく素早くし、左腕に関しても大きく振るのではなく、すぐに耳元に持って行ってクイックスローを行うようにしてください。 牽制球はタッチしやすいベースの左角(ピッチャーから見て)に投げる 牽制球はピッチャーから見た時のベースの左隅に投げた方がサードがタッチしやすく、アウトになる確率が高まりますので、左隅に狙って投げられるように練習しておきましょう。 3塁ランナーの逆を突くタイミングで投げる 3塁ランナーが牽制が来ないと思っているタイミングや、2塁側にリードを広げたタイミングで牽制をすると、アウトになる確率が高まりますので意識して狙ってみましょう。 例えば下記のようなタイミング・方法が有効です。 ゆるく牽制をして、その直後に早い牽制で刺す まずゆるい牽制を投げます。 その際、投げる直前までの動きは速めにし、牽制球だけ遅く投げます。 そうすると、投げる直前の動きが速いのでランナーはピッチャーから目を切って思い切り帰塁します。 そこでランナーは『思ったより牽制が遅いな』と思うのです。 そして、その次に速い牽制を投げます。 そうすると、ランナーは前回の緩い牽制球のイメージで帰塁しますので、間に合わず、アウトとなるのです。 キャッチャーのサインを見ているタイミングで不意をついて投げる だいたいのピッチャーはキャッチャーのサインを読んでいる最中に牽制はしません。 ランナーもそう思っています。 だからこそ、サインにうなづいたり首を振ったりしているタイミングでいきなり牽制をするのです。 キャッチャーのサインで不意をついて投げる キャッチャーからはランナーの動きが見えています。 あらかじめキャッチャーとサインを決めておき、ランナーが本塁方向にリードを広げたタイミングで牽制をしましょう。 そのタイミングでは帰塁が遅れ、アウトになりやすくなります。 投球のテンポを変える ピッチャーの投げるテンポが同じだと、ランナーは非常にスタートが切りやすくなります。 逆に、テンポが毎回違うと常に警戒しないといけなくなりますので、スタートを切りにくくなったり、牽制に引っかかりやすくなるのです。 以上が3塁牽制のコツになります。 冒頭での述べましたが、暴投すると失点につながりますのでしっかりと練習をしておきましょう。

次の

左投手はこの練習をしなさい!投球練習時に考えること

左 ピッチャー

ANo.8です。 再度失礼致します。 決め手にはなり得ないかもしれませんが、左投手が有利な点について、いくつか聞いた話をお伝えしますね。 1.「左投手が速く見える」のは「右打者に対して」と注釈がつくようです。 であるのに対して左投手が同じことをやると右打者の膝元にボールが向かって来る(近寄ってくるように見える)というのはまぎれもない事実。 つまりスピードガン表示よりも体感が速く見える。 2.野球は右打者も左打者も打ったら必ず右方向に走らなくてはいけない。 だから右打者と左打者、フォームが左右対称ではない。 また投手も左投手と右投手、左右対称ではなくフォームも球質も違う。 (具体的に何が違うのかはわからないのですが・・・)これは人間の体のつくりが左利きであっても右利きであっても必ず心臓は左、胃は右であるが故だと聞いたことがあります。 これはバレーボールでもテニスでも右と左は微妙にフォームと球質が違い、必ずしも裏返しではない、と言われていることから、ここに「左はタマが速く見える」何かがあるのかもしれません。 3.実戦でも練習でも対戦する回数はやはり違う。 (右投手VS右打者)>(右投手VS左打者)>(左投手VS右打者)>(左投手VS左打者)となるはずです。 後から作った左打者はイチローや松井を見るまでもなく大勢いますが、後から作った左投手は非常に少ないことから、上記のように絶対的に対戦回数が違ってきます。 プロなんだから左投手で練習すりゃいいじゃん、と言っても各チーム、打撃投手も左はやっぱり少ないし、その少ない左打撃投手を下っ端打者ばかりが独占して打撃練習もしにくいでしょう。 だから左投手VS右打者が怖いと感じるように右投手VS左打者だって、同様に怖いはずだ、というのも一理はある(これについては天下の大打者、王サンもイチロー選手も「実は苦手なのは左投手ではなく、右投手の膝元にシュート気味にストライクになるタマと食い込んでくるスライダーのコンビネーションだ」と語っていました。 )のですが、やはり練習量の絶対的な違いは否定はできないでしょう。 4.またシュートは肘を痛める可能性が高いことから、投げる人が減っており、右打者の内角に食い込んでくるタマは左投手のスライダーの方が多い。 また右投手のシュートより左投手のスライダーの方がボールの持ち時間のわずかに長いが故、左投手の方が威力がある、というイメージは否定できません。 (ちなみに左投手VS左打者のセオリーは左打者の方が1塁方向に体を開きやすい(早く1塁行きたいから)ので、左投手の外角スライダーに空振りしやすい、ということからだと思われます。 ) 5.ランナーが一塁にいるときは右打者、左打者共、ライトヒッティング、がセオリーですよね。 そうすると右打者はタマを引き付けてヒッティングしなくちゃいけないのに、左投手だと内角に厳しいタマが来る。 往年の落合サンのように体を開いてライトに打つ技術があればいいのですが、そんな技術がない右打者は振り遅れてしまう。 ご参考まで・・・ テレビで観戦するなら左投手の方が速く見えるはずです。 スピードガンの設置位置は私も納得したのですが、それよりもテレビアングルが影響していると思います。 テレビで見ればマウンドが画面の左側、バッターボックスが画面の右側になっています。 極端に言えば、この場合右投手は画面の真ん中からボールが放たれますが、左投手は画面の左端からボールが放たれます。 実際の距離は同じなのに、画面で見れば左投手の方がボールの軌跡が長いと言う錯覚が起こります。 そうするとボールが放たれてからホームまで同じ時間なら、距離が遠い方が速く見えるようになるわけです。 まぁスピードガンの設置位置に関して、甲子園球場では左投手の方が遅くなるようです。 井川投手の球速は実際にはもっと速かったんでしょうね。 いきなり本題から逸れているのですが、中畑氏の発言には皆さんが仰るように特に根拠はありません。 基本的に中畑氏は解説の評判も悪いですし、私も聞いていておかしいなと思うことも多々あります。 一般的な理由は「左投手の方が少ないから」でしょうが、左投手が増えてきた今そんな事は理由にならないはずです。 しかも打つのはボールであり投手を打つのではないですからね。 右でも左でも同じような気がしてならないです。 中畑氏が言うようであれば左投手の方が必然的に成績が高くなるでしょうがそう言う訳でもないですしね。 もし左投手の方が速く感じるなら、それは「先入観」の問題ではないでしょうか。 根拠あるなしに関わらず中畑氏の様に「左の方が・・・」と言う発言を打者が聞けばそう思うようになります。 そしてその事が頭にあれば、体感した時に苦手意識のようなものが表れて、結果速く感じると言うような事でしょう。 このような点で野球には様々な腑に落ちない点がありますね・・・ 左投手対右打者で球が速く見えて有利なら右投手対左打者はどうなの? とか、 左打者には左投手が良い。 じゃあ右打者には右投手の方が良い?それならさっきと矛盾するじゃん! と言った具合に。 色々考える部分はありますね。 やっぱりメンタル部分の影響が大きいのでしょうか。 「スピードガンの設置位置の違い」に関しては私も妙に納得してしまいました。 テレビを見ていると左ピッチャーの方がどうも数値が低めに表示されている気がしていたんです。 右ピッチャーは145~150キロ出ている(クルーンも右でしたね)のに左ピッチャーは大抵は140キロ前半。 ソフトバンクの和田は139キロくらいで、さらに昔の巨人のリリーフエース、角氏なんか130キロ前半でもバタバタ三振取ってましたね。 実際の球速は右ピッチャー並みには出ているのかもしれませんね。 でも!その昔の三振奪取といえば金田氏や江夏氏に代表される左ピッチャー。 やっぱり左の方が三振を取りやすいというのも事実のようです。 それは決して球速が速い、ということだけではなく以下のような理由もあるようです。 1.右バッターの体から遠い位置(一塁側)から膝元へボールが向かってくるように見え、恐怖心がでる。 (これは力んでボールを持ちすぎるとデッドボールになる可能性もある。 右ピッチャーなら外角へはずれていくだけ。 ) 2.しかも左ピッチャーのシュート気味のストレートは体に当たりそうな感じからストライクになるので、もう一つ怖い。 (右ピッチャーのカーブは手を離れた瞬間にボールが一瞬浮くので怖さがない。 左ピッチャーのシュート気味ストレートとはスピード感が違う。 ) 3.右ピッチャーの逃げていくカーブやスライダーは、右バッターがファールできるが、左ピッチャーの膝元に食い込んでくるカーブやスライダーは手元がつまって振り遅れやすくファールしにくい。 4.でも「右ピッチャーの逃げていく変化球は長打を食いにくい」が、「左ピッチャーの入ってくる変化球はコースが甘いと長打を食う」というのもあります。 これは被本塁打世界記録が左の鈴木啓二氏である他、金田氏、江夏氏も強打者に真っ向勝負してホームランされる場面も多かったことからもうかがえます。 これらの理由を総合して、左ピッチャーの方がボールが速いのではなく同じ球速なら三振しやすい、といったほうが適切かもしれません。 あくまで「体感」ですよね。 それだけに実際に見る、または事実に直面した 人が感じるものなので、一概には言えないと思 います。 打者によっては遅く感じる人もいれば 速く感じる人もいる。 私も経験したことありますが昔、愛知享栄高校 からドラゴンズに入団し、初登板でジャイアンツ をノーヒットノーランした「近藤」という左投手が いました。 自分には「速いし、カーブは曲がるし とても打てない」と思いましたが、先輩は2打席 連続ホームランを打ちました。 どうだったと たずねると「特別とは思わなかった」と言いました。 まぁ、極端な例ですけど一概には言えないということ ではないでしょうか。 それと、ある外国人選手(名前を忘れてしまいまし た)に「パ・リーグで一番球の速く感じる投手は誰だ」 と聞いたときに「オリックスの星野投手だ」と答えて いました。 120km台のストレートと90kmのカーブを 投げる投手です。 スピードガンというのはどちらかというと「観ている 人の目安」と思います。 中畑氏の解説について は・・・。 いろんな解説者がいるとうことで^^; たぶん、中畑の言うことに根拠はないと思います。 なぜなら彼は低能だから。 しかし、本当は理由があります。 それはスピードガンの位置です。 左右両方の球を正確にスピード計測しようとすれば、ピッチャーの真正面にスピードガンを設置しなければなりません。 しかし、それでは捕手・主審と間に入って計測すら出来なくなります。 だから斜めから計測するのです。 数の多い右投手に合わせたセッティングをするのは当然だったでしょうから、 その設置された位置によっては左投手のスピードが出にくいようになるはずです。 よって、スピードガンでは145キロしかなくても、本当は150キロ出ていた(かもしれない)ということです。 もちろん、希少性による体感速度のupはあったでしょうが、左の本格派が増えた今、 それも過去の話でしょう。 やはり最大の理由は、スピードガンにあると思います。 しかし軟球の規格が変わり握った感じなど硬式に近くなったこともあるので、最近では軟式でもある程度スピードは出るようになったのではないかと思います。 コントロールは後でどうにでも出来ます。 左右投げも関係ありません。 精神面なんかは試合に出し続ければ簡単に鍛えられます。 要は本人にチームのエースなんだと自覚させれば良いだけです。 プロのスカウトが言ってました。 「高校時代140kmを一回でも投げたことがあれば間違いなくスカウトは見にくる」んだそうです。 少年野球ではコントロールを重視する傾向にあります。 理由は簡単。 コントロールが無いと四死球で塁を埋められ一本のヒット、あるいは四死球の連続で点を入れられる恐れがあるからです。 早い球を投げられるかどうかはある意味天性のものもあります。 背が低くても、ケツ回りがでかい選手は下半身が安定してるのでしっかりした球が投げられるかも知れません。 背が高くて腕が長ければ振り下ろした勢いで早い球が投げられるかも知れません。 まずはこの選手、とこだわらずに、チーム内の全選手をじっくり観察する事から始めるのがセオリーかと思います。 A ベストアンサー 社会人野球は大きく分けて2種類があります。 企業が運営する「企業チーム」、野球が好きな人たちが集まってつくる「クラブチーム」もありますね。 ちなみに4月12日現在、企業84、クラブ266あるそうです。 私が所属していたチームは企業チームでしたが、会社勤務は午前中で、午後は練習でした。 すべては野球が優先し、春先にはキャンプに行きましたし、大会やオープン戦の為の遠征で1年の半分近くは外へ出ていました。 入社のしかたは、スカウト、セレクション、コネクションなど色々です。 景気の悪化に伴い、10数年にくらべるとチーム数は激減しています。 それにより狭き門となり選手のレベルも上がってきており、企業チームでプレーするためにはプロを目指せるレベルが必要かと思います。 jaba. この回答として「彼がジャイロボールを投げているからだ」という方もいますが、彼のストレートのジャイロボール説は「和田の130キロ台はなぜ打ちにくいか」で本人、知人に否定されているのであり得ません。 ですから、単純に回転数がとても多いバックスピンだと考えられます。 そこで、皆さんがストレートを投げるときに注意をしている点、コツ、トレーニングなどを教えていただきたいです。 できるだけいろんな方のコメント聞きたいので、皆さんよろしくお願いします。 なりません。 球持ちが良いと腕が長い事は似ているようで違いますよ。 球持ちが良いとは通常投げられるであろうリリースポイントよりもワンテンポ送れてリリースされると言う事です。 それがよりホームプレート寄りになるので、「捕手に近い所で放す」という言い方になるのです。 いくら長身の選手でも打者がリリースされるであろうポイントで投げていれば、タイミングを合わせるのに苦心はしません。 球持ちが良いという事は通常「1・2・3!」のタイミングの所を「1・2・の3!」というタイミングになります。 これによって、タイミングの予測を開始させ辛くすることが出来るのです。 阪神・下柳投手、横浜・川村投手はこういったリリースポイントを持った投手です。 和田投手の場合これに「打者に利き手を極力見せない」事が付加します。 和田投手自身、利き手を見せないことを「意識してやっていない」と語っていますが、力みの無い流れるような腕の振りが、打ち辛いフォーム、また強烈な回転のストレートを生み出したのかもしれませんね。 余談ですが、長身外国人で球持ちが良い投手の代表的選手はロジャー・クレメンス(193センチ)が挙げられます。 かつて同僚だった伊良部投手は、クレメンス投手とキャッチボールをした時、「途中までボールが見えなかった」と語っています。 伊良部投手にボールを取るタイミングの開始を遅らせた結果、「気が付いたらボールが飛んでいた」という現象を生んだのでしょう。 なりません。 球持ちが良いと腕が長い事は似ているようで違いますよ。 球持ちが良いとは通常投げられるであろうリリースポイントよりもワンテンポ送れてリリースされると言う事です。 それがよりホームプレート寄りになるので、「捕手に近い所で放す」という言い方になるのです。 いくら長身の選手でも打者がリリースされるであろうポイントで投げていれば、タイミングを合わせるのに苦心はしません。 球持ちが良いという事は通常「1・... A ベストアンサー こんにちは。 5の再入場です。 今シーズン、大リーグで目覚しい躍進を遂げたデトロイト・タイガースにケニー・ロジャースというピッチャーがいます。 まもなく、42才の大ベテランです。 決して筋肉隆々の大男ではありません。 185cm、86kgとチームの中で一番小柄なピッチャーです。 彼の投球は日本でも注目されている『うねり投法』です。 下半身主導で、腸腰筋の発達がいきの良い球を生み出しています。 投球フォームの特徴は、ボールをリリースする瞬間に、ぐっと背伸びする感じがあります。 この瞬間にエネルギーが集約されており、それ以外は完全にリラックスしている。 そのため、コントロールに優れ、球の切れは抜群。 下半身主導の『うねり投法』だからこそ、40才を過ぎても、第一線で活躍が出来るのです。 この投法なら素人であっても、かなり勢いのある球が投げられるのです。 Q 子供の頃から体が弱いです。 入院や肺炎、喘息のたびにレントゲンを最低2枚ずつ取っていました。 そのほかに造影剤を使って、長時間機械の下で動かずにじっとする検査や学校の検診など、普通の人よりかなり放射線を浴びています。 中学生になった頃に、あまりにもレントゲンの回数が多いので、主治医から「将来体に影響が出るかも知れないから」といわれて、レントゲンの回数を減らすようにしようと言われ、なるべくとらないようにしてもらっていたのですが、引っ越して他県になってしまったので別の病院に行っています。 前の病院以外では普通にレントゲンを撮ってしまっているのですが、レントゲンってどれくらい危険なんでしょうか? 何枚くらい撮ったら被爆の恐れがあるのでしょうか? ガンや白血病などが怖いです。 とくにガンは祖母が子宮ガンと大腸ガンをしていますし、親類にも大腸ポリープ、胸部のしこりなどの経験者がいて心配です。 私も26歳にして大腸にポリープがあります。 ガンから逃げられないような気がして怖いです。 被爆について詳しく教えてください。 A ベストアンサー 診療放射線技師です。 ガンや白血病は「確率的影響」とされています。 また、ガンや白血病は200mGy以下の被曝では、 統計学的に有意な発生率増加は、無い事が分かっています。 胸部エックス線写真1枚での照射線量は0. 2mGy前後ですから、 1000枚程度では、全く被曝の影響はないといえます。 1000枚を越えたからと言って、すぐに影響がある訳でも勿論無く、 おそらく有意な影響が出てくるのは、何十・何百万枚でしょう。 ですから、質問者さんは、全く心配する必要はありませんし、 またこれからも必要のある検査は、勿論受けてかまいません。 医療被曝には「限度」と言うものはありません。 医療法施行規則第30条の27で定められているのは、 我々のような放射線作業従事者に関する限度であり、 #3の方のリンク先の内容は、全く正しくありません。 また、現在では職業被曝の限度も、全く違った数値となっています。

次の