スマホ 文字 化け。 AndroidでのMP3文字化けを直す方法

iPhoneの文字化けメールの直し方|docomo・au・ソフトバンク共通

スマホ 文字 化け

プレーヤー側はUnicodeにしか対応していない場合が多いので、ID3タグをUnicode変換してやれば文字化けは解消します。 ID3タグの文字コードを一発変換するソフト 曲数が多いとID3タグの入力・変換もなかなか大変なんですが、次のソフトならID3タグの文字コードを一括変換できます。 という事です。 タグがUnicodeでないと、漢字や平仮名、全角英数記号などが文字化けしてしまいますので、後述の方法でUnicodeに変換してください。 左端の赤いファイル名は、編集済みの未保存ファイルです。 編集が終わったら、右上の「ファイルに保存」ボタンで編集内容を実ファイルへ一括反映します。 ID3Uniの基本的な操作の流れ 上の例だと、2曲目は[v2]タグ部分がグレー表示されています。 これは、[v2]タグが入力されていない事を意味しています。 [v2]タグが全て黄緑色になったら、右上の「ファイルに保存」でMP3ファイルに反映する。 という流れです。 日本では著作権上の問題が解決されていないため利用できませんが、米国在住の方はGoogle Musicなどのクラウド音楽サービスでの文字化け対策にもこの方法が使えるようです。 (米国法令下で許可されている範囲の音楽を。 という事になりますが。 ) Android側で修復できるアプリもある 音楽ファイルのタグ文字化けをAndroid側で直せるアプリも公開されています。 また、Meridianでもタグの直接編集ができるようです。 大抵の場合、音楽ファイルは母艦であるPC側に保存してある事が多いと思うので、Android側で修復ってのは需要あるのかな。 とも思いますが、PC側に書き戻してやるって手もありますし、案外便利なのかもしれません。 編集したタグをGoogle Musicへ連携する(特に、iTunesをメインで使っている場合) iTunesメインで音楽を管理していてGoogle MusicへはiTunesから連携させている場合、ID3Uni等の様な外部ソフトで編集したMP3タグを、どうやってiTunesライブラリとGoogle Musicの両方に反映させるか。 は迷いどころです。 出来ればタグの編集は一箇所で済ませたいなぁ。 と思って色々試したところ、以下の手順がスマートなのかなぁ。 と思いました。 Google Musicで当該の曲を削除 (曲数が多い場合は以下注釈参照)• db ファイルを削除する方法もあります。 曲数が多い場合は、こっちの方が楽かも。 iTunesを使っていない場合は、Google Music で曲を削除して音楽ファイルを再アップすればよいと思います。

次の

Androidでメールが文字化けする原因は?対処法も!

スマホ 文字 化け

iPhoneの文字化けメールの直し方! iPhoneに届いた文字化けメールを直すには、Webサービスを利用するのが1番かんたんです! 今回利用するのは『』というサイトで、あらゆる文字化けを一発で変換してくれるスグレモノ!! ただし、変換する文字コードが分かっていないとメールの復元はできませんので、一緒に直し方を確認していきましょう。 まずは、iPhoneに届いた文字化けメールを全てコピーしてください。 そして、『』を開き、先程コピーした文字化け文章を貼り付けます。 ばけらったー!のボタンを押して変換します。 すると、画面の下のほうに別の文字コードに変換された文章が表示されるはずです。 その中の SJISを開き、 UTF-8を選択します。 これでiPhoneの文字化けが解読できました! 余計な文字や記号が入ることも多いですが、ある程度の文章はこれで確認ができます。 そういった人は、パソコンでメールを確認すればOKです。 そのやり方だとキチンと文字コードの判別ができませんので、パソコンからキャリアメールにログインする必要があります。 難しそうに聞こえますが、実際には5分もあれば終わります。

次の

iPhoneのメールが文字化けする原因と対処法【送受信】

スマホ 文字 化け

メールで文字化けする場合 そもそも、なぜ文字化けするかというと、Androidなどのスマホは、 「UTF-8」という文字コードが使用されています。 パソコンなどのメールについては、 「シフトJISコード」という文字コードが使用されています。 文字コードの違いによって、テキストファイルの読み込みが正常にできず、文字化けが発生することになります。 対処方法としては、「ESファイルエクスプローラー」や「Jota+」などの、文字コードを自動判別してくれるアプリを入れることで改善できる可能性があります。 アプリも複数の種類があるため、自分に合ったものを探して使用してみましょう。 ブラウザで文字化けする場合 Chromeなどのブラウザ上で文字化けが発生している場合、文字コード エンコード が正常に認識できていない可能性が高いです。 そのため、ブラウザの設定画面で、文字コードの選択をすることでを症状の改善がされる可能性があります。 以下の手順を試してみてください。 1.文字化けが出ている画面を表示する。 2.メニューにある設定アイコンをタップする。 3.[その他の設定]から、テキストのエンコードを選択 4.文字コードを選択 上記手順で改善ができました。 だがしかし、Chromeからエンコードが消えています。 なんと、最近のバージョンでエンコード機能がなくなったようです。 対処方法としては、firefoxなど、別のブラウザを使用すれば、文字コードの選択ができますので、改善できる可能性があります。 どうしても確認したいサイトがあるのであれば、別ブラウザの使用も検討してみてはどうでしょうか。 まとめ 文字化けについては、解消ができましたでしょうか。 以下、まとめです。 ・メールの文字化けは文字コードの違いのため -文字コードの自動変換アプリで解消 ・ブラウザ上で文字化けする場合、エンコードが正しく認識できていない -設定から文字コードを選択すると解消 以上、お役に立てれば、幸いです.

次の