コロナ ウイルス 終息 は。 新型コロナウイルスを「封じ込められない」理由。最悪のケースは「国内の医療崩壊」

新型コロナの流行は気温が上昇しても終息に向かう可能性は低い、中国・復旦大学研究発表|@DIME アットダイム

コロナ ウイルス 終息 は

新型コロナウイルスの感染拡大に関連してよく使われる、ともに「しゅうそく」と読む「収束」「終息」の2語。 いずれを使うか、あるいは使い分けるかはほぼ三分されました。 どちらも正しいが、意味には違いも 結論から言うと、例文のような「ウイルス流行の『しゅうそく』を目指す」という形であれば、いずれかを使うことで間違いになるということはまずありません。 個人の判断で、使いたい方を選んで構わないと考えます。 毎日新聞用語集は「悪疫が終息」という用例を載せています。 この例を採用している新聞社・通信社の用語集は多く、「新型肺炎の終息を宣言」のような形で載せている社もあります。 この伝でいくと「終息」が正しいように見えるかもしれませんが、話はそう簡単でもありません。 結局のところ「収束」と「終息」は意味の異なる言葉であって、使い分けが可能だからです。 例えば大辞泉(2版)は「収束」について「分裂・混乱していたものが、まとまって収まりがつくこと。 また、収まりをつけること」と言い、「終息」は「物事が終わって、やむこと」と説明します。 ウイルス流行の「収束」と言った場合には、事態は終わらないまでも混乱に収拾がつき、制御可能な状態になることを指すでしょう。 最終的な目標が「終息」であることは当然です。 従って、当座の目標として「収束」を目指し、究極的には「終息」を目指す、という使い方が考えられます。 「意図しておさめる感じを出したい場合」は「収束」、ブームは「終息」ではないか、とも。 「終息する」は自然に下火になって消えてしまう感じでしょうか。 一方で「収束する」は、自動詞・他動詞の両方として使われます。 「事態が収束する」だけでなく「(人が)事態を収束する」という形も取り得るということです。 自動詞のみの「終息する」に比べると、「収束」の方が人為的なニュアンスを帯びます。 政策や指導によって事態をおさめる、おさめよう、という場合には「収束」が選ばれることになるでしょう。 「終息」しても再発することも… 新型コロナウイルスの感染拡大は、東京オリンピックの1年延期を強いるなど、私たちの身の回りにも大きな影響を及ぼしています。 とにかくまずは爆発的な感染を防いで、事態を「収束」に向かわせることが望まれます。 そのうえで患者のいない状態に至り、感染症が「終息」してほしい。 ただし、回答から見られる解説でも触れましたが、コンゴ民主共和国のエボラ出血熱は、2018年7月に同国北西部の赤道州で5月に発生、7月に終息を宣言したものの、8月には同国東部の北キブ州で流行が宣言されています。 「終息」しても再発するというのであれば、それは「終息」なのかどうか。 コロナウイルスの場合も世界中に感染が拡大してしまっている以上、こちらで「終息」したつもりでもあちらでは流行中ということが起きうるでしょう。 3月28日の安倍晋三首相の記者会見でも「感染終息」についての見通しは語られませんでした。 当面はやはり、国内での「収束」を目指す、というのが表現としても中心的なものになりそうです。 (2020年03月31日) 新型コロナウイルスの感染拡大が続きます。 流行のやむことを願うばかりです。 感染症の流行があると、新聞は事態が解決することについて「収束」ないし「終息」の語をよく使います。 毎日新聞の記事データベースを検索すると、今年1月1日~3月7日の記事において、「コロナウイルス」と「収束」が同時に出てきた記事は57件、「コロナウイルス」と「終息」では32件がヒットします。 「収束」は、例えば政府の専門家会議が2月下旬に出した「これから1~2週間が拡大か収束かの瀬戸際となる」とする見解などに出てきます。 「終息」の例は「ワクチンが完成した頃には流行が終息している場合もある」のようなものです。 辞書の説明によると「収束」は「おさまりがつくこと。 おさまりをつけること」(岩波国語辞典8版)で、「終息」は「やむこと。 終わること。 絶えること」(同)。 最終的な解決は「終息」のはずですが、「収束」もよく使われるのは、差し当たり事態を制御可能な状態におさめることが現実的な目標だからでしょう。 新聞・通信社の用語集には「悪疫が終息」といった例を載せているものがありますが、エボラ出血熱のように当局が「終息宣言」を出すはしから流行が再燃するものもあり、簡単に「終息」を使えるものでもないように思います。 状況によって使い分ける言葉だと思いますが、いかがでしょうか。 (2020年03月12日).

次の

コロナウイルス日本いつまで続くか専門家の予想は?終息条件も調査!

コロナ ウイルス 終息 は

韓国紙・朝鮮日報は21日、が終息した後の世界に起こる10の変化について分析する記事を掲載した。 環球時報が22日付で伝えた。 記事は、野村総合研究所エグゼクティブ・エコノミストの木内登英氏や、ベルギーのブリューゲル研究所のウォルフ所長など、世界の著名な学者24人にインタビューを行った結果を基に、新型コロナウイルスの終息後に世界で起きる10大変化についてまとめている。 この変化は、人類社会の各分野のルールを完全に変えるものとなる可能性があるという。 以下はその10の変化。 1.世界全体が停止し、人や資本が国をまたいで流れることがなくなり、それぞれが生き延びることが時代の主流となる。 将来的に世界的な産業チェーンは再編され、反グローバルが新たな国際秩序の特徴となるかもしれない。 2.大政府が主流となり、戦時基準で厳格に新型コロナの感染をコントロールすることが普遍的な現象となる。 これは、全体主義への回帰を予示している。 3.世界経済が日本化する。 欧米は経済衰退を阻止するため金をばらまくが、日本が経験したような失われた20年を経験し、国の債務が増加して最終的に長期の低迷に陥る。 4.欧州連合(EU)が存亡の危機に陥る。 新型コロナはイタリアやスペインなどの南欧国家の経済危機を深刻なものとし、EU内部の不均衡という問題がさらに深刻になる。 5.中国の国際的な地位が「米国を上回る」、もしくは「世界中から疑問視される」。 新型コロナ後の中国の地位については専門家の意見が一致しておらず、楽観的な学者は米国より早く危機から脱したので国際的な影響力が増すと考えているが、悲観的な学者は世界の中心と見なされるのは非常に難しいと見ている。 6.ポピュリズムの台頭。 新型コロナは多くの国における両極化をより深刻なものとし、これがポピュリズムの土壌となる。 感染拡大阻止のため、多くの国がホテルや飲食店などのサービス業を停止したが、大量の低収入労働者が失業すれば貧富の差がさらに大きくなる。 7.在宅勤務が主流となり、これが家事の再配分をもたらし、女性の社会経済活動への参加が増える。 8.握手は過去の歴史となり、社会的距離を保つことが新基準となるかもしれない。 以前は直接会って解決していた問題も、オンラインなどの新たな方式に取って代わる可能性がある。 9.「新型コロナ世代」が誕生するかもしれない。 20代の若者は長期にわたって就職難となる可能性があり、かつての世界恐慌の世代が節約の習慣を持ち続けたのと同様、新型コロナも新たな世代に生涯にわたる烙印(らくいん)を押すことになるかもしれない。 10.環境をより重視するようになる。 新型コロナは環境や科学に対する人類の認識を変化させ、人と自然との調和の必要性を意識するようになる。

次の

ウイルス流行の「収束」と「終息」 使い分けは?

コロナ ウイルス 終息 は

一時的に感染者数が減少して収束し始めたかと思える時期も来るだろうが、それは『感染の波』ともいうべきもので、再び感染者の増加が来るだろう」 昭和大学(東京都品川区)の二木芳人客員教授(感染症)は、こう現状を厳しく分析する。 感染経路の追えない患者が増え、医療機関の受け入れ能力が逼迫しているなど、まさに「医療崩壊の危機」と呼び得る状態だ、と言う。 政府の緊急事態宣言などによる外出自粛の効果も、専門家から見れば効果は限定的なようだ。 二木客員教授は「繁華街が注目されているが、平日の商店街やオフィス街は多くの人が出歩いている。 外出自粛の効果を出すには、より強いメッセージを発信しないといけない」と言う。 「ここまでくれば、国民の6割から9割が感染して抗体を有する『社会的免疫』が成立するまで、あと2~3年は感染の完全収束はないだろう。 海外で実施されているロックアウトのような厳しい措置も免疫成立までの患者数の増加スピードを抑えて、医療組織を破綻させないための対策でしかない」と解説する。 新型コロナウイルスの顕微鏡写真(国立感染症研究所ホームページより) その上で二木客員教授が求めているのが、医療体制の機能維持だ。 ウイルス感染が疑わしい患者を受け入れる「専門外来」を開設し、そこで十分な感染防御対策を整えて患者と疑われる人を集中して検査し、より分ける。 「軽症や症状の無い患者は医療機関以外の施設に回し、重症者を専門医療機関が引き受ける。 一部の自治体で始まったばかりで、体制整備の遅れは大きい」とした上で、「軽症者を一部自宅待機で対応しているケースがあるが、大変危険で早急な受け入れ施設の整備が求められる」と言う。 同時に、流行のパターンは新型コロナウイルスの性格によっても変わってくることが予想される。 「日本のような温帯地域では、新型ウイルスがインフルエンザと似た性格なのかどうかで今後の流行のパターンは異なってくる」と言う。 「インフルエンザのように気温が上がると活動が低下するウイルスであれば、今年の4月下旬ごろから少しずつ感染拡大のペースが落ちて8月までには拡大の勢いが目立って落ち着く。 ただ夏が過ぎて10~11月には再び感染が増大し、21年の4~6月まで再び流行が続くだろう。 このように2シーズンが過ぎると、ある程度流行は落ち着いてくるし、重症者の比率も減るだろう」。 菅谷医師はこう予測する。

次の