福井 県 コロナ ウイルス 感染。 福井県で初の新型コロナウイルス感染者!誰で感染経路は?入院先の病院は?

「県民行動指針」・「新しい生活様式」の実践にご協力ください

福井 県 コロナ ウイルス 感染

本ページでは、新型コロナウイルス感染症の福岡県内での感染者の概要を掲載しています。 ) 福岡コロナ警報について(6月27日時点) 本日、1件(うち、感染経路不明0件)の陽性者の報告がありました。 4つの指標の値は、全て基準未満です。 検査陽性率は0.4%です。 病床については、490床(このうち重症病床60床)を確保しています。 民間の宿泊療養施設についても、826室を確保しております。 また、患者の受入調整についても、「新型コロナウイルス感染症調整本部」によって全県的に実施される等、十分な医療提供体制を維持しております。 福岡市1名 北九州市1名、福岡市1名 北九州市1名 北九州市2名、福岡市1名 6月27日(土曜日)、福岡県内でPCR検査を256件(うち民間検査144件)実施し、845人目の患者の発生報告がありました。 患者845 6月27日(土曜日)、福岡市内で845例目の新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 例目 年代 性別 居住地 家族構成 職業 行動歴 発症日 症状 特記事項 845 60歳代 男 福岡市西区 調査中 無職 調査中 6月26日 無症状 ・841例目の濃厚接触者 ・感染症指定医療機関に入院予定 6月26日(金曜日)、福岡県内でPCR検査を508件(うち民間検査357件)実施し、患者の発生報告はありませんでした。 6月25日(木曜日)、福岡県内でPCR検査を549件(うち、民間検査451件)実施し、843、844人目の患者の発生報告がありました。 患者843 6月25日(木曜日)、北九州市内で843例目の新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 A医療機関へ救急搬送され、検体採取。 6月25日(木曜日)本市保健環境研究所におけるPCR検査の結果、陽性が判明。 (3)現在の状況 入院中。 (4)行政対応 患者に対する健康調査(行動歴、接触歴を含む)を実施中。 例目 行政区 年代 性別 職業等 渡航歴 濃厚接触者 備考 843 小倉北区 90歳代 女 無職 なし 家族 患者844 6月25日(木曜日)、福岡市内で844例目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 患者842 6月24日(水曜日)、北九州市内で842例目の新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 6月23日(火曜日)A医療機関を受診。 B医療機関にて検体採取。 6月24日(水曜日)本市保健環境研究所におけるPCR検査の結果、陽性が判明。 (3)現在の状況 調査中。 (4)行政対応 患者に対する健康調査(行動歴、接触歴を含む)を実施中。 例目 行政区 年代 性別 職業等 渡航歴 濃厚接触者 備考 842 中間市 50歳代 女 調査中 調査中 調査中 6月23日(火曜日)、福岡県内でPCR検査を376件(うち、民間検査306件)実施し、839~841人目の患者の発生報告がありました。 患者839~840 6月23日(火曜日)、北九州市内で839~840例目の新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 A医療機関受診。 6月22日(月曜日)症状が続くため、B医療機関受診。 胸部X線写真にて肺炎像を確認。 C医療機関にて検体採取。 6月23日(火曜日)本市保険環境研究所におけるPCR検査の結果、陽性が判明。 (3)現在の状況 軽症、入院中。 (4)行政対応 患者に対する健康調査(行動歴、接触歴を含む)を実施中。 (5)患者行動歴 調査中。 (6)濃厚接触者 調査中。 ・840例目 (1)患者情報 下記のとおり (2)経過 6月初旬から咳が続く。 6月22日(月曜日)症状が続くため、D医療機関受診。 胸部X線写真にて肺炎像を確認。 6月23日(火曜日)E医療機関にて検体採取。 本市保健環境研究所におけるPCR検査の結果、陽性が判明。 (3)現在の状況 軽症、入院中。 (4)行政対応 患者に対する健康調査(行動歴、接触歴を含む)を実施中。 (5)患者行動歴 調査中。 (6)濃厚接触者 調査中。 例目 行政区 年代 性別 職業等 渡航歴 濃厚接触者 備考 839 門司区 40歳代 男 自営業 なし 家族 840 小倉南区 70歳代 男 会社員 なし 調査中 患者841 6月23日(火曜日)、福岡市内で841件目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 例目 年代 性別 居住地 家族構成 職業 行動歴 発症日 症状 特記事項 841 20歳代 女 福岡市中央区 単身 無職 発症前、東京での滞在歴あり 6月22日 発熱、倦怠感 感染症指定医療機関に入院中 6月22日(月曜日)、福岡県内でPCR検査を230件(うち民間検査179件)実施し、患者の発生報告はありませんでした。 6月21日(月曜日)、福岡県内でPCR検査を139件(うち民間検査96件)実施し、患者の発生報告はありませんでした。

次の

福岡県内での発生状況

福井 県 コロナ ウイルス 感染

よくある質問 問1 国内での累計感染者数や死亡者数が厚生労働省の集計より多いのはなぜですか? 当サイトの更新は、各自治体の公式発表を元にリアルタイムで行っています。 自治体が開く記者会見や、Webサイトに掲載された発表資料を確認でき次第、迅速に更新しています。 一方、厚労省でも各自治体からの報告を元に集計作業を行っていますが、当社が同省に確認したところ、自治体からの報告が数日遅れとなる場合もあるということです。 このため、リアルタイムに更新を続けている当社のデータとは数字に差が生じます。 問2 国内での累計感染者数の下に表示されている「前日比」とはどういう意味ですか? 国内での累計感染者数が、前日に比べて何人増えたかを表しています。 累計回復者数や死亡者数要入院・療養者数、の下に表示された数字も同様です。 問3 東京都で新たに感染者が増えたというニュースを見ましたが、このサイトでは増加分がまだ反映されていないことがあります。 それはなぜですか。 東京都を含め、一部の自治体では正式な発表前におおよその感染者数の報道が先行する場合がありますが、当サイトでは原則、自治体の正式な発表や厚労省の集計を確認した後に更新しています。 問4 国内での累計感染者数や死亡者数にダイヤモンド・プリンセス号 クルーズ船 の乗員・乗客を含めないのはなぜですか? 当初は便宜置籍船の存在などの理由からダイヤモンド・プリンセス号 クルーズ船 を含めた値で表示していましたが、ダイヤモンド・プリンセス号以外での感染拡大ペースが上がっている状況を踏まえ、ダイヤモンド・プリンセス号の乗員・乗客を除いた値をわかりやすく示すために表記と計算を変更しました。 問5 一方で、長崎港のクルーズ船コスタ・アトランチカ号の感染者を国内累計に含めるのはなぜですか? 厚労省の集計基準に合わせています。 同省は検疫法第5条「外国から来航した船舶などは、検疫済証の交付を受けた後でなければ上陸してはならない(概略)」を元に、入国時の検疫の有無を集計基準としています。 入国時に乗船者全員の検疫を終えていなかった横浜港のクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の感染者については、入国前の事例として扱い、国内累計には含めていません。 一方、コスタ・アトランチカ号の乗船者については、入国時に全員の検疫が済んでいたため、同号の感染者は入国後の事例として、国内累計に含めています。 当サイトもこれに合わせています。 問6 一度感染し、回復後に再び陽性となった感染者は集計に含めていますか? 当サイトでは、再陽性は集計に含めず、感染者の「実数」で公表しています。 一部自治体では、再陽性も含めた「延べ人数」として公表しているところがあります。 当サイトと一部自治体の集計に差が見られるのは、こうした集計基準の違いによるものです。 一方、回復者の集計には再陽性の事例も含めています。 回復者については人数のみ発表する自治体が多く、年代・性別などの詳細が不明で、突き合わせ作業が難しいためです。

次の

「県民行動指針」・「新しい生活様式」の実践にご協力ください

福井 県 コロナ ウイルス 感染

福井の50代男性 新型ウイルス感染確認 県内で初めて NHKニュース 福井県によりますと福井市の50代の会社役員の男性1人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。 福井県内での感染確認は初めてです。 カニの県もやられたか・・・。 また現在濃厚接触者となっているのは、50歳代男性の妻と更に会食をした人物4人、計5人が濃厚接触者としているようだ。 新型コロナウイルスに感染した50歳代男性の感染経路は?• 3月6日から8日にかけて、東京へ仕事の関係で滞在していた。 仕事の内容としては主に会議であった。 移動は飛行機を使用していた。 3月12日に新型コロナウイルスの感染確認 発熱 A病院を受診した• 3月18日、倦怠感が続くためB病院を受診、B病院からC病院を紹介される• 同日、C病院から保健所へ相談• 3月16日から17日にかけて少し解熱したため、会社へ出勤したとのこと• 3月18日にD病院にて新型コロナウイルスが判明 また今回感染した50歳代男性に基礎疾患もなく、現在の症状としては落ち着いているとのことだ。 今回福井県で判明された新型コロナウイルス感染者の50歳代男性は新型コロナウイルスが判明するまでに入院先の病院まで含めて5つの病院を回ったということになる。 第一種感染症医療機関• 福井県立病院 第二種感染症医療機関• 独立行政法人国立病院機構 敦賀医療センター• 杉田玄白記念公立小浜病院 福井県の場合、これら三つの病院が新型コロナウイルス感染の患者を入院させることのできる病院だ。 福井県では初の新型コロナウイルス感染者ということもあり、入院先は第一種感染症医療機関である福井県立病院に入院している可能性が高いのではないだろうか。 まとめ 今回は福井県で初めて発覚された新型コロナウイルス感染者の情報についてまとめた。 福井県で新型コロナウイルス感染者が発覚したため、感染者のいない残された県は残り8県。 これ以上新型コロナウイルスの感染拡大が広まらないことを願いたい。

次の