置き換わる 類語。 変容(へんよう)の類語・言い換え

「置き換える」の類義語や言い換え

置き換わる 類語

「思う」の敬語表現と使い方 丁寧語は「思います」 「思います」は「思う」に「ます」を付けた丁寧語です。 以下ではビジネスで使うことの多い「謙譲語」と「尊敬語」で表現する様々な「思う」について解説します。 謙譲語は「存じる」「所存」 「思う」の謙譲語は「存じる」「所存」などが挙げられます。 謙譲語は相手や第三者にへりくだり、自分が下に立つ表現方法で、 自分が動作の主体になる「動詞」、物事に使う「固有名詞・名詞」、状態に使う「形容詞・形容動詞」に用いて表現が可能です。 尊敬語は「お思いになる」「思われる」 「思う」の尊敬語は「お思いになる」「思われる」などが挙げられます。 尊敬語は相手や第三者を敬い、相手を上に立てる表現方法で、 相手が動作の主体になる動詞や形容詞・形容動詞などに用いて表現が可能です。 「思し召し おぼしめし 」も「思う」の尊敬語にあたりますが、あまり使われるケースがないため今回は割愛します。 尊敬語は語尾に「~れる」を付ける場合や、「お~になる」を付ける場合に加え、言葉自体が別の言葉に置き換わる場合もありますが、「思う」の尊敬語では前2点が適切な表現方法です。 謙譲語・尊敬語と丁寧語を組み合わせる 謙譲語は「所存」「存じる」、尊敬語は「お思いになる」「思われる」と先述しましたが、これらの敬語表現に丁寧語である「です・ます」の表現を組み合わせることで、より丁寧な敬語に変化させることが可能です。 「したいと思います」 「思います」は「思う」の丁寧語のため、必ずしもビジネスで使用してはいけないということではありませんが、ビジネスでは「意思の言い切り」を求められることがあります。 「~したいと思います」という表現には「責任感が伴わない」「思うだけで実行しない」「主体性がない」「消極的」「逃げ腰」などのマイナスな印象を与えることがあるため、ビジネスの世界では好ましくない表現になります。 反対に、行動に移すか否かは別として「思っている」という意思表示で終わるのではなく、「今後の行動や意思を言い切る」ことで責任感や実行力がある印象を与えられる可能性が高くなります。 「思っています」「思いました」などが口癖になって多様してしまう前に、言い切る表現を頭に入れておくことが大切です。 表題の「お思いになられる」は、一見丁寧な表現に感じることもありますが「お~になる」と「~れる」がどちらも尊敬語にあたるため、「二重敬語」になってしまいます。 この場合は「お思いになる」「思われる」のどちらかが適切な表現となります。 また、「存じておられる」や「存じていらっしゃる」などにも注意しましょう。 「存じる」は 謙譲語=自分の行動や状態などをへりくだる表現のため、尊敬語を組み合わせるのは適切ではありません。 基本的には自分に関する表現のうち「と思います」の部分を「と存じます」に置き換えると覚えておきましょう。 類語と言い換え表現を覚える ここまで記載してきた「思う」の尊敬語や謙譲語はバリエーションが多くはありません。 何度も繰り返し使用すると違和感のある文章になってしまう可能性もあります。 「思う」に近い意味を持つ表現を一部紹介しますので、相手や場面に応じた使い分け・言い換えの参考にしてみてください。 「思います」を英語で表現する方法 「思います」の敬語表現を英語で表す場合はどのような文法が適切なのでしょうか。 英語の敬語表現 英語には日本語のような複雑な敬語表現はありませんが、相手に応じて距離感をつくることで丁寧な表現をする方法はあります。 日本語での敬語表現は英語に比べて身近な存在で、意識して使うことで自然に身につくことがあるため、ここからはビジネス英語で表現する「思います」に重点を置きピックアップします。 肯定意見「私は~と思います」の例文 相手への肯定意見として「私はそれが良いと思います」を英語で表現する場合の例を挙げます。 」になりますが、「I think~」はカジュアルな印象のためビジネスにはあまり適していません。 」…guess=推測 「良いとは思っているが、少し良くないかもしれない」というニュアンスも含まれています。 」…suppose=想定 「guess」と似た意味合いですが書き言葉にもよく使用され、フォーマルなニュアンスが含まれています。 」…believe=信じる 強い期待を込めている場合や、何かの根拠がある場合などに使います。 」…bet=賭ける betは「賭ける」という意味ではあるものの、口語的な会話では「確信して思う」というニュアンスで使われます。 」…agree=同意 「そう思います」の場合は「I agree with you. 」として相手を立てる表現も。 否定意見「私は~と思いません」の例文 先述の例を元に、相手への否定意見を「私は良いと思いません」=「私は良くないと思う」として例を挙げます。 」になりますが、肯定意見と同様にあまり適切ではない表現となります。 」 「良くないとは思っているが、少し良いかもしれない」というニュアンスも。 」何かの根拠がある場合など。 」…「確信して思う」というニュアンス。 まとめ 日本語の「思います」、英語の「I think~」、どちらもビジネス上ではあまり適切ではない表現であるといえます。 日本語における敬語表現も英語の丁寧な表現方法も「相手との距離感」が共通していることを頭に入れておき、状況に応じた言い換え方法や適切な敬語表現で自分の意見を述べられるように、敬語について理解を深めましょう。

次の

トレードオフとは

置き換わる 類語

言葉狩り? わたしの書いた記事にこちらのようなものがあります。 そして、これらの記事に対して「 それって言葉狩りじゃないの? 」という意見があります。 たしかに「言葉を禁止させようとしている」という側面を見ると「言葉狩り」でしょう。 「言葉狩り」って言うと、すごく悪いことに聞こえますが、わたしはこう思っています。 言葉狩りは必要だと。 狩るだけは困りますよね。 会社などの会議でもそうですが、 提示例がなく批判だけする意見なんて価値がありませんから。 そもそも「言葉狩り」って……単語自体の聞こえが悪すぎますよね。 「魔女狩り」とか「おやじ狩り」を連想する非常にネガティブな雰囲気の言葉です。 言葉は進化するもの まず「言葉」ってものの特性から入りますが、言葉って 昔から使われてきただけのものですよねー? 言語についての専門家には「 言葉は進化するもの」という意見があります。 若者の言葉を聞いて「日本語の乱れ」なんて言うのをよく聞きますが、 あれは進化なんだ! という解釈です。 よく批判される若者言葉でも、消えるものもあれば、 100年後の辞書に普通に記載されるものもあるハズです。 淘汰されるべき言葉は確かに存在する つまり、今私達が使っている 「現代の日本語」は最終形態ではまったくないんです。 未来の日本語へ続く 単なる途中段階です。 そのため、 言葉は時代に合ってなければ当然淘汰されるべきであって、新しい 「ふさわしき言葉」にとって置き換わるべきなんですね。 言葉は「守るために存在する」のではなく、「 使うために存在する」ものですから。 ポリティカル・コレクトネスってご存じですか? 日本で発生した言葉じゃないのですが、「 ポリティカル・コレクトネス」というカタカナ語があります。 1980年代に多民族国家アメリカ合衆国で始まった、「用語における差別・偏見を取り除くために、政治的な観点から見て正しい用語を使う」という意味で使われる言い回しである。 「偏った用語を追放し、中立的な表現を使用しよう」という運動だけでなく、差別是正に関する活動全体を指すこともある。 より引用しました。 わかりやすい日本語に直すと「 社会的に正しい言葉の置き換え」ですね。 つまり、「言葉狩り」は単に言葉が減るだけだけど、ポリティカル・コレクトネスは「 その時代に合った言葉に置き換える」ということです。 ポリティカル・コレクトネスの例 では具体的に英語でのポリティカル・コレクトネスの例を見てみます。 英語でのポリティカル・コレクトネスの例 fireman(消防士) 「fire fighter」へ変更 policeman(警察官) 「police officer」へ変更 businessman 「businessperson」へ変更 一応説明しておくと「man」っていう単語は「男」という意味です。 消防士を目指したい女性や、すでに消防士になっている女性を排除しているという考えから、「man(男)」から「person(人)」という 偏りのない中立な単語に置き換えたりしているわけです。 実は日本にも例があるんですよ。 英語と日本語のポリティカル・コレクトネスを比較して 上で見た英語と日本語のポリティカル・コレクトネスを比較して何かおもしろいことに気づきませんでした? やっていることは同じなんですよ。 でも 英語では女性の門戸を開くために、 日本語では男性の門戸を開くために変更しているように見えます。 日本では男性を優遇しているという特性がここにも現れていますね。 「結婚したカップルは妻でも夫でもどちらの姓を名乗っても良い」って法律にあっても96%のカップルが女性側が改姓している国ですから。 結論として状況によっては「言葉狩り」は必須 ポリティカル・コレクトネスの例で、こんなものもあります。 今ではほぼ聞くことがなくなった「痴呆症」という言葉。 10年以上前の 2004年に「認知症」という言葉に直されました。 今では完全に浸透しきっているのではないでしょうか? わたしも「認知症」って言葉が置き換えられたということすら忘れていました。 この病気になっている方が、昔から呼ばれている病名で呼ばれることで、偏見のような不利益を被っていたからだと思われますが、この変換は妥当だろうなと。 というわけで、 片方の性別だけ有利になるような言葉は男女平等に進んでいくのなら、絶対に淘汰されていくべきだとわたしは考えています。

次の

「感慨深い」の意味と使い方・例文・類語|気持ち/もの/相手別

置き換わる 類語

以前の漢字文化資料館で掲載していた記事です。 2008 年以前の古い記事のため、ご留意ください。 Q0122 「切り換え」と「切り替え」は国語辞典などでは同義語として扱われていますが、「きりかえスイッチ」はどちらを使いますか? A 漢字の使い分けというのは、基本的には2つの側面があると思います。 1つは、その漢字が本来はどのような意味を持っているのかを見極めて判断する、という側面。 もう1つは、その漢字が日本語の中で慣用的にどう用いられているかから判断する、という側面です。 そこで問題の「きりかえ」ですが、これは「換」と「替」の使い分け、ということになります。 しかし、この2字を上記の2つの側面から追求しても、なかなかハッキリした使い分けが出てこないのです。 国語辞典で同義語とされているとおり、日本語の中では慣用的に、この2文字は置き換えが可能です。 もちろん、「置き換え」を「置き替え」と書くことはあまりないように、ことばによってはどちらかの漢字が定着しているものもありますが、全体を見渡した場合、両者に用法上の大きな違いは見あたりません。 次に、漢字の本来の意味を考えてみると、「換」は「手」へんが付いていますから、手に関係するイメージです。 「替」は、「日」が付いていますが、これはニチという字ではなく、もともとは「曰」という字で、音読みエツ、訓読みで「いう」という漢字です。 漢文で「子曰わく(しいわく)」などという時の「曰」で、つまり「言う」という意味ですから、「替」はことばに関係するイメージとなります。 そうすると、「換」は手でとりかえる、「替」はことばを交わしてとりかえる、といった意味なのかということになります。 もちろん、もともとはそうだったのでしょうが、特に「替」の方はそういったイメージは早いうちに薄れてしまっています。 というわけで、「きりかえスイッチ」の場合も、やっぱり国語辞典に従って、どちらでもよい、ということになりそうです。 どうしてもどちらかを選べ、とおっしゃるのならば、スイッチですから、やはり手のイメージがある「換」の方としておきましょう。

次の