砂嵐 特防。 ツイカス「バンギラスに電撃は通らないだろw」ポケガイジ「通るぞ」

【ポケモン剣盾】砂パーティの対策【対すなあらし・すなかき】

砂嵐 特防

バンギラスの特徴 悪タイプ最凶のポケモン、バンギラス。 流石に、種族値600群に連なるだけあり、攻撃を中心として、HP・防御・特防が高いです。 素早さは、中途半端に遅いので、「トリックルーム」では、少し使いづらい面もあります。 特性「すなおこし」で、凶悪なポケモンと化します。 主な戦型は、砂嵐パーティーの先発として、特性「すなあらし」で、天候を砂嵐状態にした後、そのまま、相手に殴りかかります。 攻撃が高いので、破壊力が高いだけでなく、砂嵐により、特防が1段階アップするので、相当硬いポケモンだといえます。 候補技 技名 特徴 ストーンエッジ 物理 タイプ一致で、威力100の大技です。 破壊力は、相当なものですが、命中率の低さに注意が必要です。 いわなだれ 物理 タイプ一致で、威力が75です。 安定性を求める戦型ならば、「ストーンエッジ」より、使いやすいです。 かみくだく 物理 タイプ一致で、威力80の技です。 エスパー・ゴーストタイプに、大きなダメージが与えられます。 じしん 物理 相手の弱点を多くつける技で、安定性が高いです。 メインウェポンが岩技中心なので、相性がいい技です。 しっぺがえし 物理 タイプ一致で、威力が50ですが、相手に先制されたら、威力が2倍になります。 バンギラスの素早さを利用した技です。 ほのおのパンチ 物理 威力が75の、炎技です。 相手の草・氷・鋼タイプ辺りに、ピンポイントで攻めていきます。 こおりのキバ 物理 威力が65なので、破壊力は期待できませんが、相手のドラゴン対策になります。 かみなりのキバ 物理 威力が65なので、破壊力に期待できませんが、相手の水タイプを強引に倒すことができます。 げきりん 物理 「こだわりハチマキ」を持たせた場合等の、技スペースの空きにオススメです。 受けられるポケモンが少ないのが特徴です。 あくのはどう 特殊 特殊型バンギラスの主力技で、特攻が95もあるので、破壊力が期待できます。 だいもんじ 特殊 特殊型バンギラスの、サブウェポンだけでなく、通常のバンギラスの役割破壊としても、使い勝手のいい技です。 かえんほうしゃ 特殊 特殊型バンギラスの、有力なサブウェポンで、「だいもんじ」より、安定しているため、確実な攻撃が期待できます。 10まんボルト 特殊 特殊型バンギラスの、サブウェポンで、苦手な水タイプに、対策できる点が大きいです。 れいとうビーム 特殊 特殊型バンギラスの、サブウェポンで、ドラゴン対策として、需要のある技です。 なみのり 特殊 特殊型バンギラスの、サブウェポンで、相手の地面・岩・炎タイプ辺りの、カバーしずらいタイプのポケモンを、倒せます。 きあいだま 特殊 特殊型バンギラスの、サブウェポンで、ノーマル・氷・悪・鋼タイプ辺りに、大きなダメージが与えられます。 めざめるパワー 岩 特殊 特殊型バンギラスにとって、数少ないタイプ一致技です。 威力は、65以上あれば、実用的でしょう。 りゅうのまい 補助 自分の攻撃と素早さを、1段階ずつ上げます。 相手の攻撃を受けるため、比較的、脆くなるのが弱点です。 ロックカット 補助 自分の素早さを、2段階上げます。 かなり速くなるため、相手を倒しやすくなりますが、脆くなるのが弱点です。 ちょうはつ 補助 相手の補助技を、2〜5ターン、発動させなくする技です。 「りゅうのまい」を積むチャンスを作ることができます。 まもる 補助 1ターン、相手の攻撃を受けない技です。 対ゴウカザル・マニューラに特化した技です。 主な戦型 竜舞型 努力値 攻撃252 素早さ244 HP10 Lv. 50戦用 性格 ようき 持ち物 フォーカスレンズ きあいのタスキ ヨプのみ 確定技 りゅうのまい 候補技 ストーンエッジ or いわなだれ かみくだく じしん ほのおのパンチ ちょうはつ 等 砂嵐パーティーに、比較的多い戦型です。 一度、「りゅうのまい」が、積めたら、素早さ115群のポケモンまでを、抜かすことができます。 ロックカット型 努力値 攻撃252 素早さ調整 残りHP 性格 いじっぱり 持ち物 きあいのタスキ ヨプのみ フォーカスレンズ 確定技 ロックカット 候補技 ストーンエッジ or いわなだれ かみくだく じしん ちょうはつ 「ロックカット」によって、素早さを上げてから攻撃します。 火力と、特性による特防の高さは期待できますが、物理技や、格闘タイプの技には、特に注意が必要です。 特殊型 努力値 HP252 特攻252 防御6 持ち物 こだわりメガネ たつじんのおび ヨプのみ 性格 ひかえめ 確定技 あくのはどう 候補技 かえんほうしゃ 10まんボルト れいとうビーム めざめるパワー 岩 等 特殊型バンギラスで、特攻の種族値が95もあるため、火力はそこそこあります。 相手を選びますが、特殊受け並の耐久力を持てるため、比較的使いやすいです。 コラム 要注意ポケモン カイリキー ヘラクロス ゴウカザル ガブリアス メタグロス マリルリ ユキノオー 等 オススメの組み合わせ 砂嵐パーティー全般 レジロック グライオン ガブリアス テッカニン 等 対策方法 高い火力を中心として、相手に攻撃を仕掛けてくるため、「りゅうのまい」を積まれたら、対処が難しくなります。 素早さ115以下のポケモンの場合、格闘タイプの技で攻めない限り、対処は難しいです。 ただ、相手より素早さが高ければ、比較的倒しやすいポケモンでもあります。 基本的には、メタグロスの、「バレッドパンチ」・マリルリの、「アクアジェット」辺りの先制技で、相手のHPを、半分以上持っていけます。 物理耐久は硬いですが、弱点さえ突けば脆いので、素早いポケモンか、弱点を突ける、タイプ一致先制技で攻めれば、かなり強いです。

次の

カバルドン育成論

砂嵐 特防

【ポケモン剣盾】ドサイドンの育成論と対策【トリルエース!対物理最終兵器】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はトリックルームパーティ(通称トリルパ)で屈指の制圧能力を誇るドサイドンについて育成論と対策を考えたいと思います。 ドサイドンの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【ドサイドンの特徴1】圧倒的物理性能 ドサイドンはHP種族値115、防御種族値種族値130、攻撃種族値140と、どれをとってもあのバンギラス以上の性能を誇ります。 参考: この圧倒的物理方面への強さから、物理一辺倒のパーティには無類の強さを発揮します。 【ドサイドンの特徴2】特性ハードロックによる弱点軽減 ドサイドンはいわ・じめんの複合タイプなので4倍弱点が草・水と2つもあり、2倍弱点もはがね・じめん・こおり・かくとうと4タイプもあります。 【ドサイドンの特徴3】砂嵐で特防1. 5倍 ドサイドンはバンギラス同様岩タイプなので、砂嵐のときに特防が1. 5倍になります。 そのためカバルドンやバンギラスと組んだ砂パで運用すると、その致命的に低い特防をカバーすることができるでしょう。 素の特防種族値は55ですが、ざっくり計算だと砂嵐のもとでは1. 5倍の82、さらにとつげきチョッキをもたせれば123にもなります。 物理方面だけでなく特殊方面からも突破できない鉄壁の要塞が完成します。 【ドサイドンの特徴4】鈍足 攻撃も防御も非常に強力なドサイドンですが、すばやさ種族値は40と鈍足に分類されます。 基本的にはうえから殴られて、それを耐えた後に反撃する戦い方になるのですがトリックルームはすばやさを逆転させることからこの鈍足が活きます。 中途半端なすばやさではなく明確な鈍足なので、トリックルームパーティでとても使いやすいでしょう。 ドサイドンの育成論と戦い方 ドサイドンは主にこだわりハチマキ型・弱点保険型・とつげきチョッキ型とそれぞれトリルエース運用型と通常運用型にわけられます。 【ドサイドンの育成論1】ダイマックス弱点保険トリルエース型• 特性:ハードロック• 個体値:S逆VのC抜け4V• もちもの:じゃくてんほけん(こだわりハチマキ・いのちのたま・たつじんのおび・とつげきチョッキ)• わざ:ロックブラスト・じしん・ばかぢから・アイアンヘッド 性格・個体値・努力値: ダイマックストリルエースとして使うことを想定しているので、Sは最遅を取れるように逆Vと性格補正0. 9倍のかかる性格を選択。 弱点保険型の場合はとつげきチョッキを持たない分特防に振ることで特殊相手でも強く出られます。 D148ふるとダイマックス時に特攻性格補正がなくこだわりメガネをつけていないカットロトムのリーフストームを確定で耐えます。 砂嵐なら急所も乱数で耐えますし、メガネリーフストームも耐えます。 もちろんウォッシュロトムのハイドロポンプはリーフストームより威力が低いのでこちらも耐えられます。 なので初手ダイロックで砂嵐を起こすのがいいでしょう。 残りは全抜きの確定力を上げるためにゆうかんな性格で攻撃補正をして実数値が変化するA100。 残りはB4を振ります。 確定力が足りない場合はHAぶっぱにして特殊方面は諦めるのがいいでしょう。 逆に性格補正ありのメガネカットロトムリーフストームで落とされまくる場合は、D212ふれば急所じゃなければ耐えます。 急所はD252振ってもとつげきチョッキを着ない限り耐えられません。 もちもの: 相手が安易に弱点をついてきたら一気に全抜きできる弱点保険がおすすめです。 ただし弱点保険ドサイドンは有名なのでなかなか発動させてくれないようであれば、こだわりハチマキやいのちのたま、たつじんのおびといった火力UPアイテムもありです。 弱点をつかれて落ちる場合はとつげきチョッキがおすすめですが、こちらは努力値振りの内容が変わってくるので別の育成論になってきます。 わざ: 化けの皮やみがわり、きあいのタスキを破壊しつつ攻撃できるロックブラストは採用するのがいいでしょう。 弱点保険が発動して手がつけられなくなるドサイドンのダイマックスターンを枯らすためにこれらのポケモンがストッパーとしてよく出てくるので、ダイマックスを切る前にそれらのポケモンが出てきそうであればダイマックスせずロックブラストをうつ選択もありです。 じしんも命中・威力安定でタイプ一致技なので外す理由はありません。 ダイアースで特防を上げることも強力です。 ばかぢからはバンギラス打点でありつつダイナックルによる攻撃UPができるため制圧性能が向上します。 壁貼り警戒でかわらわりでもいいでしょう。 アイアンヘッドはフェアリー(主にミミッキュ)が環境に多いことから採用理由になりますし、何よりダイスチルによりただでさえ高い防御をさらに上げられるのは強力です。 物理一辺倒の相手の場合はドサイドンが突破できなくなります。 他の技候補としては下記のようなものがあります。 超広範囲のタイプを覚えるので、環境が移り変われば適切な技を入れ替えていけばいいでしょう。 ・ストーンエッジ:急所狙いのタイプ一致技 ・がんせきほう:最大火力のタイプ一致技 ・アームハンマー:格闘枠。 主にばかぢからを採用したくないときの非ダイマックスにおけるバンギラス対面用 ・ほのおのパンチ:アーマーガアなど用。 弱点保険発動でダイバーン確定1発 ・れいとうパンチ:ドラゴン・地面タイプ用。 弱点保険発動ダイアイスでカバルドン乱数 56. 弱点保険発動でダイサンダー確定1発 ・シャドークロー:ゴーストタイプおよびダイホロウによる物理受け崩し。 ・げきりん:通りがよく強力なドラゴン技。 ・メガホーン:ダイワームで相手の特攻を下げられる。 ・ゆきなだれ:鈍足時に強力な氷技。 ・しっぺがえし:鈍足時に強力な悪技。 ・カウンター:鈍足時に強力な物理反撃技。 ・メタルバースト:鈍足時に強力な物理・特殊両方向対応技 ・つのドリル:物理受け突破用 ・つるぎのまい:積めれば突破性能が上がるが、トリックルームターンを消費するので採用は要検討 戦い方の案: トリックルームを相棒のポケモンがはったあとに交代して、初手ダイロックで砂嵐にして特防を上げつつたすき潰しつつからの攻撃に移りましょう。 特殊や襷を持っていそうな相手じゃなければダイロック以外でOKです。 トリックルーム役はドサイドンの2倍弱点がうたれそうなポケモン(例えば鋼弱点のミミッキュ)を採用して、トリックルームをはったあとにドサイドンに交代すればキレイに発動できます。 例えばリリバのみ(鋼半減実)持ちのトリックルームミミッキュはドリュウズのアイアンヘッドを一回耐えてトリックルームを貼り、交代でドサイドンの弱点保険を発動させるのに便利でしょう。 相手がドリュウズを先発で選出したくなるようなパーティ構成ができるといいですね。 (ドリュウズに弱いポケモンを入れまくるなど) ミミッキュ対面で交代読みがんせきふうじなど、倒しにこなければドリュウズに鬼火を入れて機能停止させればいいだけです。 また、ドサイドン1匹だと弱点保険を警戒されまくるので他の弱点保険型の強力なポケモン(トゲキッス・バンギラスなど)もパーティに組み込んで偽装することで弱点保険の発動確率上昇も見込めるでしょう。 トリルドサイドンを紹介している動画があったのではっておきますね。 【ドサイドンの育成論2】高速ロックカット弱点保険ドサイドン• 特性:ハードロック• 個体値:C抜け5V• もちもの:じゃくてんほけん• わざ:ロックカット・ロックブラスト・じしん・ほのおのパンチ トリックルームを使わずない人はこちらの型がありかもしれません。 ダイマックスせずともそこそこ戦えます。 性格・個体値・努力値: Sに180ふることで1回ロックカット(タマゴ遺伝)を積むと最速サザンドラまで抜くことができます。 スカーフサザンドラは無理です。 また、Aに252ふることでロックブラストが5回当たれば弱点保険が発動していなくても高乱数1発で化けの皮つきH4ミミッキュを落とせます。 ウォッシュロトムのハイドロポンプはダイマックスでも中乱数で耐えないので、ウォッシュロトムを見る場合はSをロックカット1回でロトム抜きの124にして、Dを124ふりにすればダイマックスならハイドロポンプを確定でミリ耐えします。 (メガネロトムは流石に耐えません)ただ、超苦手対面のロトムを意識するなら交代する戦術を考えたほうがいいかもしれません。 もちもの: 上からドサイドンに殴られ続けるのは嫌うはずなので弱点をつかれることも多いと思いますので、弱点保険です。 という動きができるでしょう。 わざ: 初手ロックカットから入るイメージなのでロックカットは必須です。 といいつつ、ダイマックスする場合はロックカットを外して攻撃技にするのもありです。 (一応61族バンギラスまでは抜けるので) ほかは基本的にトリックルーム型と同じ候補技です。 ドサイドンは非常に広い範囲の技を覚える上に調整のしがいがあるポケモンなので様々な型があります。 育成論の動画を公開しているトレーナーがいたのではっておきますね。 また、他のハチマキドサイドン型の紹介動画もあったのではっておきますね。 ドサイドンの対策 ウォッシュロトム・カットロトムは対策トップに名前が登るでしょう。 特性ふゆうで強力なじめんタイプ技(=じしん)が無効ですし、特防にかなり振っているドサイドンでない限り、ハイドロポンプやリーフストームでダイマックスしていようが確定1発です。 心配な場合はカットロトムにこだわりメガネをもたせることで、砂嵐下特防フルぶっぱのダイマックスドサイドンですら68. ドサイドンがほのおのパンチを採用している場合、ダイバーンでH4カットロトムは確定1発で落ちるのでそこは注意しましょう。 ) 鬼火でやけどにするのも有効です。 やけど狙いでよくうたれるねっとうはドサイドンの弱点保険を発動させてしまう可能性があるので注意しましょう。 弱点保険が発動したドサイドンのダイサンダーは物理受けドヒドイデでもうかりません。 受けループパーティの場合は下手に弱点をつかずにどくどくを入れて無限回復がおすすめです。 まとめ:【ポケモン剣盾】ドサイドンの育成論と対策【トリルエース!対物理最終兵器】 いかがでしたでしょうか。 ただでさえ高い耐久性能を誇るポケモンですが、弱点保険警戒によって初撃は等倍わざをうたれることもよくあります。 また、耐久調整しているドサイドンは弱点のはずの攻撃は当然1発耐えてくるので、いずれにせよ1回は必ず行動できるポケモンです。 トリックルーム型にせよロックカット型にせよ、不利対面でも2回3回と行動していける対面性能の高さが素晴らしいポケモンですね。 (まぁ環境にはびこるロトムに弱いんですけど。 ) 入手方法は基本は通信交換、通信交換相手がいない人はで太い光のときに出るのでマックスレイドで入手しましょう。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

バンギラス : 意外な!すなあらし特殊うけ!

砂嵐 特防

全国 No. 450 カバルドン 分類 : じゅうりょうポケモン タイプ : じめん 高さ : 2. 0 m 重さ : 300. 隠れ特性 夢特性 すなのちから 天気がすなあらしのとき、じめん・いわ・はがねタイプのわざの威力が1. 2倍になる すなあらしによるダメージを受けない カバルドンのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 カバルドンの特徴 【良いところ】• 物理耐久が高く、再生回復技である「なまける」を覚えられるので、堅い物理受けとなることができます。 ステータス面だけなら、エアームドよりも物理耐久があります。 カバルドンは物理に堅いというイメージからか、相手が特殊技で攻めてくることが多いので、あえて特防特化にして耐久型にし、アタッカーの苦手な相手の受けをしても使いやすいです。 攻撃種族値も高いです。 防御or特防特化にして受けにする場合、攻撃は無振りとなってしまいますが、「じしん」の火力はそこそこ。 攻撃無振りカバルドンの「じしん」でHP振りメタグロスが確2、「ストーンエッジ」で耐久無振りボーマンダ 「いかく」無し が確2です 個体値はVを仮定。 砂パの天候変え要員にするときは、カバルドンとバンギラスの選択となります。 バンギラスはユキノオーよりも素早さ種族値が高いため、最鈍ユキノオーと対峙した時は天気が霰となってしまいますが、カバルドンはユキノオーよりも遅いので、天気を砂嵐にすることができます。 砂パの先発をカバルドンかバンギラスかで悩みますが、カバルドンはバンギラスに比べて弱点が少なく、先発で安定します。 場に出すだけで天気が砂嵐となり、相手の「きあいのタスキ」潰しとなります。 「きあいのタスキ」持ちのポケモンは「ステルスロック」を警戒して先発で出てくることが多めですが、カバルドンを出せば相手先発のタスキも潰せます。 使える技をたくさん覚えることができます。 メインウェポンには「じしん」を持ち、サブウェポンも「ストーンエッジ」「こおりのキバ」「ほのおのキバ」など多彩。 その他、相手の居座りを防ぐ「じわれ」、補助技の「ほえる」「あくび」「なまける」などを覚えます。 【悪いところ】• 特性「すなおこし」を持つので、こちらのパーティのメンバーが限られます。 岩・地面・鋼タイプ以外のポケモンを使うときは、毎ターン砂嵐ダメージを受けるため、こちらの耐久も落ちてしまいます。 砂嵐ダメージが無効なポケモン以外に「きあいのタスキ」を持たせることができなくなります。 「たべのこし」を持たせたポケモンは、砂嵐と回復量でプラマイゼロとなり、「たべのこし」による回復はできなくなってしまいます。 カバルドンは岩タイプではないので、バンギラスと違い、砂嵐による特防1. 5倍効果を受けることができません。 素早さが遅いので、先手「なまける」で回復できることはまずありません。 常に1ターン先を見すえて、早めに回復しましょう。 カバルドンの型 性格 : しんちょう 努力値: HP252、特防252、あと何か6 持ち物: たべのこしorオボンのみ メイン: じしん サブ技: ストーンエッジorこおりのキバ 補助技: なまける、あくび、ほえる、のろい 耐久を生かした耐久型です。 コチラのエースの苦手なポケモンを受けたり、「こだわりスカーフ」撃ち逃げからカバルドンにつないだり。 性格・努力値について。 カバルドンは物理受けだと思われることが多いので、相手が特殊技で攻めてくる時が多いです。 そのため特防特化にし、より多くの相手に対応できるようにしました。 物理耐久はHP振りだけでも結構あります。 この型のカバルドンの物理耐久は• 攻撃特化メタグロスの「コメットパンチ」で確3• 攻撃全振り性格補正無しガブリアスの「げきりん」で確3 という感じです。 HP振りだけでも、火力UPアイテムのないメタグロスやガブリアスを受けることができます。 この型のカバルドンの特殊耐久は• 特攻特化ポリゴンZの「れいとうビーム」で確2• 特攻全振り性格補正無しスターミー@いのちのたまの「なみのり」で確2 という感じ。 特防特化にすることにより、上記のスターミーの「なみのり」を耐えられるようになります。 カバルドンに対して水タイプ物理受けが出てくることがありますが、特攻無振りミロカロスの「なみのり」等のダメージも抑えられ、「あくび」「ほえる」で流しやすくなります。 技について。 「じしん」「ストーンエッジorこおりのキバ」「なまける」「選択肢」という技構成にします。 攻撃無振りでも種族値が高いので、「じしん」の火力はそこそこ。 サブウェポンは、「じしん」を無効化してくる相手に撃つためのものです。 飛行タイプを意識するなら「ストーンエッジ」、特に氷4倍ドラゴンを意識するなら「こおりのキバ」です。 ドラゴンの「げきりん」受けにカバルドンを出すこともあるので「こおりのキバ」はそこそこ使えます。 しかし、ボーマンダ・カイリューは特殊型も多くカバルドンではキビシイ面も。 ガブリアスは砂嵐で特性「すながくれ」が発動してしまいます。 おまけに氷4倍ドラゴンは「ヤチェのみ」持ちが多いので、「こおりのキバ」が半減されて反撃を受けることもあります。 よって、通常は高威力の「ストーンエッジ」がオススメです。 補助技は、再生回復技の「なまける」は必須で、残り1つの技スペースは、苦手な相手を強制的に流せる「あくび」or「ほえる」、居座りに成功すれば強い「のろい」から選択となります。 「あくび」「ほえる」で相手を流すときは、予め味方のポケモンで「ステルスロック」を撒いておくとイイ感じです。

次の