ぼくたちは勉強ができない 149。 最新ネタバレ『ぼくたちは勉強できない』149

ぼくたちは勉強ができない(ぼく勉)149話最新話のネタバレとあらすじに感想!150話の考察も!

ぼくたちは勉強ができない 149

スポンサードリンク ぼくたちは勉強ができない149話ネタバレ展開考察:最終回はすぐ!? ヒロインたちがレースを降り、成幸とうるかが答えを出す段階となりました。 最終回もかなり近いと思われます。 そもそもこの作品は、 ヒロインたちが苦手教科を頑張って勉強し、夢に向かって進んでいくことがテーマでした。 全員が自分の道を進むことが決定したので、その辺はもうやり残したことはないでしょう。 うるかを選ぶ段階が少々雑だったような気もしますが…それは最終回が近いからだとすると仕方のないことなのかもしれません。 最終回にはぜひ、それぞれの何年か後の姿を見てみたいところですね! 桐須先生は教師として生徒を導き、あすみは診療所で医者として働く。 理珠はゲーム会社やそれに関する職につき、文乃は星に関する進路を選ぶ。 そしてうるかは帰国し、成幸と再会を喜ぶのでしょう。 最後の最後に、全員で同窓会をやるのもいいですね! きっと全員が笑顔でいることでしょう。 スポンサードリンク ぼくたちは勉強ができない149話への読者の声 『ぼくたちは勉強ができない』最新話149話に向けての感想や考察を集めました! 『ぼくたちは勉強ができない』、今週もなかなかの展開だったよ。 桐須先生やら、あすみやら、『ぼく勉』を大きく盛り上げてくれたヒロインが成幸のために力を貸しましたね。 一時はどうなるかなって俺も思ったけどな・・・。 そして、Mr. ティーチャーはついに到着!さあ、うるかへの思いを伝える時か。 どうしてここに、と戸惑いながら尋ねました。 少し間を置き、あれからずっと考えていたと成幸は話だします。 自分にとってうるかはどういう存在なのか。 うるかにとって一番の幸せとは何なのか。 悩んでいた成幸は、理珠と文乃に叱られたと言います。 うるかには成幸の背を押す二人が見えた気がしました。 自分はずっとうるかに憧れていた。 これから先うるかはもっと凄い人物になり、有名になり、誰もがその泳ぎに夢中になる。 そんなうるかが自分の誇りだ、と成幸は言います。 自分はうるかの夢にとって邪魔になってしまうと思う。 成幸のその言葉に、うるかは覚悟をしました。 成幸はうるかに答えを言おうとしていました。 果たして どちらの答えを出すのでしょうか!? スポンサードリンク ぼくたちは勉強ができない149話ネタバレ:成幸の出した答えとは!? ごめん、お前の邪魔をさせてくれ。 そう言って成幸は立ち上がります。 うるかが遠くなってしまうのが嫌だ。 うるかがいつか、他の誰かを好きになるなんて考えたくもない。 自分はうるかに並び立てないかもしれないし、幸せにしてやれないかもしれない。 でも自分自身が幸せになるにはうるかが必要なんだ。 武元うるかさん、俺はあなたが好きです…! 成幸の答えに、うるかは下を向きました。 ばか成幸。 自分の夢も幸せも勝手に決めつけないで。 ずっとできなかった夢は、幸せは… そう言ってうるかは声を上げて泣きました。 ついに思いが通じた二人。 うるかの長年の思いがついに報われる時がきたのでした。 ぼくたちは勉強ができない149話ネタバレ:それぞれの卒業 その頃高校では卒業式が行われていました。 文乃が壇上で答辞を述べています。 心から大好きでした。 文乃の涙と共に紡ぎ出されたその言葉は、成幸を想ったものでした。 それを聞いていた関城に、隣の理珠がもたれかかります。 一瞬喜ぶ関城でしたが、理珠が辛そうに涙を流していることに気づきました。 その頃空港の前で、あすみが休憩していました。 そこへ桐須先生がやってきて、 助かったと礼を言います。 たまたま暇だったから、といつもの調子のあすみ。 すると桐須先生は優しく頭に手を乗せ、 よく頑張ったわね、と言葉をかけました。 初めてまともに桐須先生に褒められた気がする、とあすみは呟きます。 成幸とうるかは、幸せな瞬間を噛み締めていました。 しかし飛行機の時間が迫っています。 すると成幸は、海外じゃ普通の挨拶だと言っていたアレは嘘だったじゃないか、と過去のうるかの行動を指摘します。 そして 二人はキスを交わしました。 幸せいっぱいな二人。 しかしあと少しで遠く離れてしまいます。 これからの二人はどうなるのでしょうか!? スポンサードリンク ぼくたちは勉強ができない149話ネタバレの感想考察 ついに成幸が気持ちをうるかへ伝えました。 夢を邪魔することになったとしても、うるかに気持ちを伝えることを選んだのです。 成幸がこうして答えを出せたのは、自分たちの気持ちを伝えることなく、 背中を押してくれたヒロインたちでしょう。 今回、卒業式の様子が描かれました。 そこでの文乃や理珠の涙はあまりに切なく、胸が締め付けられましたね。 そして桐須先生とあすみのその後もありました。 あすみの背中がその気持ちを物語っていて、こちらもかなり辛かったですね。 あすみが「桐須先生」と呼んだところもよかったです。 そんな四人のおかげで、 成幸とうるかは両思いとなりました。 しっかり抱き合い、幸せを噛み締めます。 しかしうるかは、すぐにでも日本を経たねばなりません。 遠距離恋愛の始まりですね。 それでも成幸との幸せが、きっとうるかのやる気に繋がると思います。 成幸も夢に向かって勉強を頑張ることでしょう。 最終回間近だと思われる中、 次回は3周年突破のセンターカラーのようです。 誰が描かれるのでしょうか!? 次回も楽しみですね。

次の

ぼくたちは勉強ができない【最新話】問150のネタバレと感想「[x]=…」

ぼくたちは勉強ができない 149

Sponsored Links うるかも・・・自分自身が思っていたこと。 成幸と相思相愛になれたら・・・自分は水泳をおろそかにしてしまうかもしれない。 うるかはスカートの裾を握りしめ、何かに耐えるような表情をすると・・・ 「そっかしかたな・・・」 成幸の言葉の続きを予想してその先を言わさない様に先手を取ろうとする。 フラれる形になってしまったら自分の心がもたないかもしれない・・・ しかし・・・そんなうるかを無視するかの様に成幸はうるかに自分の想いを告げた・・・ 「ごめん!お前の邪魔をさせてくれ」 と・・・ 自分はうるかが遠くなってしまうのが嫌だと・・・ いつかうるかが他の誰かを好きになるなんて嫌だと・・・ 自分はうるかに相応しい人間にはなれないかもしれない。 並び立てるようなにんげんではないかもしれない・・・ でも・・・自分が幸せになるにはうるかが必要だ・・・ だから・・・ 武元うるかさん・・・俺はあなたが好きです 成幸はうるかを顔をはっきり見て、 自分の想いを正直に告げた。 うるかは成幸の目を見つめると・・・ そのまま俯いてしまう・・・ そして・・・ ばか・・・バカ成幸・・・ 自分の幸せを夢を勝手に決めるな・・・ 自分の夢は・・・幸せは・・・ うるかは立ち上がって顔を上げる・・・ 成幸はうるかの表情を見る・・・ その顔は・・・ やることやり切ってから・・思いっきり泣くの! 膨大な涙で濡れていて・・・ その頃・・・ 卒業式会場では・・・ 文乃が答辞を読んでいた・・・ でも・・思いは成幸の事・・・ 考えるのは成幸の事・・・ いつもどこか頼りなく見える成幸・・・ 不器用で優しくて・・まっすぐで・・・そんな成幸が・・・ 心から大好きでした・・・ 想いは理珠も同じ・・・ 席に座って文乃の答辞を聞いていた理珠は、ふいに隣に座っていた関城に頭を預ける。 いきなり寄り掛かってきた理珠に驚いた関城が興奮気味に理珠を見ると・・・ 理珠は涙を流していた・・・ うるかさん・・・ 成幸さんを幸せにしなかったら取っちゃいますからね・・・ 一方・・・空港に無事に成幸を送り届けたあすみは、 今後どうするか考えていた・・・ そこに・・ 感謝・・・ そう声を掛ける女性の声。 振り向くとそこには真冬が立っていた。 真冬はだまってあすみの頭に手を置く・・・ その手に・・あすみは・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ やっと泣き止んだうるか・・・ もう飛行機の時間が迫っている。 うるかも理珠も文乃もさらに言えば、あすみも真冬も魅力的なヒロインたちだったので どういう形で終わらせるのかと思っていましたが・・・ うるかエンドで終了という感じになりそうでしたね。 年明けころの展開から急激にうるかへの展開が怒涛だったのでどうなるかと思いました。 恋仲になるには理珠や文乃にはエピソードが足りなかったですし、 やはり中学時代から成幸を想い続けたうるかに軍配が上がった感じになりましたね。 個人的には文乃押しだったので、この展開は少し残念ですが、 この複数のメインヒロインは最後だれも選らばない感じになると消化不良がハンパないですし、 一足早く終わったマガジンの五等分の花嫁もあの中からヒロインを一人選ぶという感じで いい終りかたをしていました。 メインヒロインが複数だと物語は盛り上がりますが それぞれのファンが思い通りにいかないというジレンマも起きてしまい難しいなと思うところですが・・・ このうるかエンドは・・・ 個人的には残念ですが・・・うるかも十分魅力的でしたし満足いく落ち着きどころです^^ ぼくたちは勉強ができない ぼく勉 150話ネタバレ考察!! さてぼく勉150話ですが・・・ 最終回になるんではないかと思われます。 卒業式に海外に旅立ったうるか・・・ 成幸や理珠や文乃もそれぞれの進路で頑張って・・・ そして数年後・・・ というエピローグになるんではないかと思うのですが・・ はたして・・・ 次回ぼくたちは勉強ができない150話は 2020年3月9日発売の週刊少年ジャンプ15号に搭載予定です。 次話ネタバレ公開 まとめ 以上、ぼくたちは勉強ができない【149話】最新話のネタバレ、あらすじと感想!150話の考察も!の記事でした! 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。

次の

『ぼくたちは勉強ができない』 149話 感想( 問.149 泡沫の人魚姫は約束の[x]に濡つ⑧ ) 感想 : うるかの夢

ぼくたちは勉強ができない 149

スポンサーリンク 前回のお話は、大雨のせいで卒業式に出られなくなってしまったうるか。 うるかの母も本当に良かったの?と言いましたが、一緒に出たかったけれど仕方がないと言ううるかも諦めています。 卒業式前の成幸もトイレで顔を洗いながら、仕方がないもんな・・・きっとこれでよかったんだと自分に言い聞かせていました。 成幸は誰が好きなのか、うるかの告白になぜ返事をしないのか問われました。 成幸はうるかの邪魔をしたくないと伝えようとしますが、うるかの幸せを決めるのは成幸ですか?それともうるかですか?と聞き・・・さらに他人の物差しなどクソくらえだと言うのです。 その後に後ろから文乃が現れ、そして成幸が今本当にやりたいのは何かと問うのです。 以前文乃は成幸に・・・いつか本当にやりたいことができた時は、お姉ちゃんが全力で応援すると言っていたことを思い出しました。 すると成幸はうるかに会いたいと絞り出すように言ったのです。 そこに理珠がひょっこり顔を出し、早く空港に向かわねばというと2人の先生が卒業式だから急げと言ってきました。 しかし理珠と文乃が二人の前に出て得意分野を質問して先生たちを食い止めてくれています。 私達は成幸君にいっぱい幸せにしてもらったから、今度は私たちが成幸さんを幸せにする番です。 その言葉を聞いて成幸は空港に向かいました。 スポンサーリンク 急ぐ成幸に天候は味方せず 筒井大志「ぼく勉」148話より引用 成幸がうるかの元へ向かっている頃、卒業式が挙行されていました。 小林と大森は成幸がうるかの元へ向かったと察して、答えが出たのだと話しています。 雨の中傘を差しながら成幸は駅までの道を走り続けました。 昼前の便だと教えてもらい、急いで急行に乗れば何とか間に合うと思っていたのです。 しかし駅についてみると、大雨のため全線運転見合わせになっていました。 駅員さんも、運転再開のめどはまだ立っていないので、お急ぎの方はタクシーをと誘導しています。 タクシーはお金がかかると思いましたが、母から成幸が貯めたお金は今一番自分自身のためになることに使いなさいと言われていたことを思い出しました。 スポンサーリンク 真冬先生が・・・ 迷っている暇はない・・・遣うなら今だと思って振り向くと真冬先生が腕を組んで立っていました。 筒井大志「ぼく勉」148話より引用 卒業式を抜け出して何をしていると怒っているようです。 なぜここにと驚いている成幸に、愚問・・・生徒が無断で早退すれば捜しにも来ると言われます。 連れ戻されると考えた成幸は、どうしてもはずせない用事があると謝ります。 その用事というのは、一生に一度の高校の卒業式よりも大事な事なのかと問われます。 成幸はきっぱりとはいと答えました。 筒井大志「ぼく勉」148話より引用 真冬先生は、しっかりつかまっていなさい、空港までとばすわよと言いました。 成幸は真冬先生の車に乗っていました。 恐ろしい運転のなか、どうして?と尋ねる成幸。 自分でもどうかしているという真冬。 生徒のサボタージュに手を貸すなんて下手したら言及ものだと・・・でもあの先生なら喜んで減給されていたでしょう。 過去と向き合うことができなくなっていた真冬を懸命に救い出してくれたのが唯我でした。 ずっと唯我はそうして「できない」という気持ちに寄り添って人の幸せのために動いてきたのだから、今度は成幸の番。 筒井大志「ぼく勉」148話より引用 誰のためでなく今は唯、きみ自身が幸せに成ることだけを考えなさいというのでした。 しかし・・・誤算・・・!と思わずつぶやく真冬先生。 凄い渋滞になっていて車が全然動きません。 電車が止まっていた時点で少し嫌な予感はしていたけれど、この状態では迂回もできません。 成幸は決意し、ここからは自分で走ると先生に告げます。 この雨の中まだ10キロ以上あるのに、無茶だという真冬。 スポンサーリンク あすみ先輩参上! 筒井大志「ぼく勉」148話より引用 でも成幸はもう待たせたくない・・・何年も散々待たせてしまったのでというのです。 気を付けてと送りだしました。 突風も吹いてきて、傘もダメになってしまいました。 空港までもう5キロもあります。 こんなことならもっと筋トレとかしておけばよかったと後悔する成幸。 足が重い、肺が焼けるほど苦しい・・・足ももつれて転んでしまいます。 フラフラになりながら、頼む今だけ・・・もう二度と走れなくなっていいから・・・今だけ頑張れと自分に言い聞かせる成幸。 もっと速く、もっと速く・・・と思いながら倒れこむと、ぼふっと何かにぶつかりました。 筒井大志「ぼく勉」148話より引用 そこには小美浪先輩がいて、いきなりおっぱいダイブとは・・・高いぞ後輩と笑っていました。 実は数十分前、真冬先生から連絡が言っていたのです。 後輩の手助けをしてほしいと。 今頼れるのはあすみくらいで、もちろん無理にとは言わないけれど・・・あなたもひょっとして彼を憎からず・・・そう言いかけました。 すると電話の向こう側ではマチコすまねーこれから早退させてくれ、必ず穴は埋めるからという声が聞こえてきました。 そして真冬の電話には、ソッコー場所を教えてくれ、あいつには返しても返しきれない恩があるのだと言いました。 成幸は先輩の後ろに乗ってその話を聞きました。 たまたま自分が死ぬほど暇でよかったなと言うあすみ先輩。 それにしたってわざわざ、何とお礼を言っていいのか…そういう成幸に唯の気まぐれだから・・・ただ・・・心のままに・・・な。 もっとちゃんとつかまらないと危ないといい、おなかにぎゅっとつかまらせて・・・複雑な気持ちになるあすみ。 ほんとに世話の焼ける後輩だぜ・・・。 スポンサーリンク 後悔していたうるか 空港では、手続きも終わったからそろそろ行くわよと母にうるかはお礼を言い、ちょっと顔を洗っていくから先に行っててもらってもいい?とお願いしていました。 うるかは一人で成幸の作ってくれたノートを見ています。 筒井大志「ぼく勉」148話より引用 かっこつけてないで・・・返事が聞きたいと言えばよかったかなぁ・・・。 文乃っち、リズりん成幸のことをよろしくね。 二人ならちゃんと幸せにしてくれるよね・・・。 うるかはいろいろな成幸の表情や、出来事を思い出してもう一度だけでも会いたかったと成幸の名前を何度もつぶやきました。 すると「おう」と返事が返ってきます。 筒井大志「ぼく勉」148話より引用 ボロボロになっている成幸が「呼んだか?」と言い、目の前に立っていたのです。 スポンサーリンク 『ぼくたちは勉強できない』ネタバレ 148-149 話のまとめ 前回は理珠と文乃が成幸に今までのお礼を言ってサポートとして先生たちを阻止すると言う終わり方でした。 今回はそのほかの仲間たちが、成幸を助けてくれると言う感じがしました。 筒井大志「ぼく勉」148話より引用 真冬先生は車で、あすみ先輩はスクーターです。 うるかに会いに行こうとしているのに、大雨で電車が止まっています。 大切なバイト代を使ってタクシーに乗ろうとしたときに真冬先生が車で送ってくれることになりました。 大切な卒業式、先生もさぼってしまっているのではないのでしょうか。 他の生徒が卒業式に先生がいないなんてかわいそうなので、早く帰ってくださいと思ってしまいました。 減給よりも、生徒のこと・・・ではないでしょうか。 でもそれだけ成幸のことがトクベツだったのでしょう。 あすみ先輩はバイトで、しかも豪雨では暇でしょうからいいのではないかと思います。 ボロボロになりながら到着した成幸にうるかはどう答えるのでしょうか。

次の