大人の脳トレ。 トレーニング一覧|脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング|Nintendo Switch|任天堂

脳トレ 問題

大人の脳トレ

簡単な算数もやってみましょう。 受験の時にやった算数は必要ない。 簡単な算数で脳を活性化させてください。 小学生の基本レベルを用意していきたいと思います。 発展途上の脳トレサイトです 出来る限り 様々なジャンルをアップしていきます。 認知機能の予防・向上、現場で利用できるプリントをどんどん提供していきます。 ジャンル的には、漢字を使ったもの、数字や計算の算数もの、ぬりえ、注意力などの高次脳機能関連のプリント、その他にも、社会や理科の問題を楽しみながら、遊びながらできるようなものを作成していきたいと思ってます。 可能な限り介護施設や病院のリハビリで利用できるもの、ご家庭でご家族の介護に利用できるものを無料ダウンロードできるようにしていきます。 本業の合間にしておりますので申し訳ありませんが、不定期に問題をアッ プしていきますので、あたたかく、見守 っていてください。 よろしくお願いします。 計算問題に特化した相互リンクサイト(計算プリント. comへジャンプします) 対象は小学生からですが、医療・介護施設でも利用可能です。 是非ご覧ください。 施設等での配布などに関して、特にご連絡していただく必要などもありません。 他サイトでの再配布や譲渡、複製等は一切禁止とさせていただきます。

次の

大人の脳を鍛える方法 脳トレは効果ある?習慣づけが大事?

大人の脳トレ

スポンサーリンク 大人の脳を鍛える方法は? 大人になると身体の成長は止まり、年齢とともに機能は落ちていきます。 脳もだんだん衰えていき、ちょっとしたことがわからなくなったり、昨日のことが思い出せなくなったり・・・と、上手く機能しなくなっていきます。 でもじつは、脳は鍛えることができるのです。 身体を鍛えて元気に過ごしている人がいるように、脳を鍛えて充実した生活をずっとおくっている方もいるのです。 脳はおとなになってからも一生涯鍛えることができます。 脳を鍛えるにはいつもと同じことばかりしていたらダメです。 ある種の刺激になることをおこなって、脳の活性化をはかることが必要ですね。 方法としては「頭を使う」「手先を使う」「身体全体を使う」 このあたりを上手く組み合わせて行うことが有効でしょう。 頭を使う いつも同じ部分しか使っていない脳に、違う刺激を与えて活性化してもらいましょう。 コツは「ちょっとだけ難易度があるもの」をやることです。 計算 「計算」は手軽でいつでもできて効果もあると言われています。 ただしいつも同じような計算をしていては脳が慣れてしまって、計算技術は向上しても脳力強化になりません。 計算と言ってもいろいろな計算がありますよね、暗算・計算ドリル・100マス計算・ピラミッド計算などなど・・・ こういったものを上手く組み合わせてやってみてください。 脳はすぐに慣れてしまうので同じことをやっていたのでは刺激にならずに惰性でおこなってしまいます。 かと言ってむずかしすぎては嫌になって投げ出してしまいますよね。 なのでほどよく難しいレベルのことをやって、つねに脳を刺激して下さい。 まずは単純な掛け算とか足し算からはじめてみては? 集中力もアップします。 読書 「読書」も脳を鍛えることができます。 本を読むことで大脳全体が活性化するんだそうです。 脳に前頭前野という部分がありますが、ここは記憶や思考を司っている大事な場所です。 本を読むことでこの前頭前野が刺激されて、働きを良くするのです。 本を読むことで想像力も刺激されますよね。 こういった読書の効能はテレビやゲームでは見出されないものだったそうです。 手先を使う 手からの刺激は直接脳に届きますので、脳が活性化しやすいのです。 手や指を使うことによって脳が刺激され血流が良くなり、脳のストレスも解消しやすくなります。 脳が活性化することにより記憶力がアップし痴呆症の予防にもなります。 楽器の演奏 手先を使うものはいろいろありますが、「楽器の演奏」はとくに効果が高いと言われています。 ギター、ピアノ、ウクレレなどは大人になってからはじめる人も多い趣味です。 たとえばピアノを考えてみましょう。 ピアノは手先や指を1本1本細かく使いますよね。 演奏する際は両手、右足をリズムに合わせて別々に動かすことによって脳に多くの刺激を伝えます。 好きな曲を自分で弾けたら楽しいですから気分もいいし、充実感が高まって脳にもいい刺激を与えます。 絵を描く・塗り絵 他にも手先を使うものとしては「絵を書く」「塗り絵」などがあります。 今は大人の塗絵なども一般的になってきました。 絵の構図を考えたり、色の配色を考えたりすることは芸術的な脳の領域を使います。 こういった芸術性は右脳を刺激するので、記憶力がアップする可能性があります。 料理 料理は手先を使うし、献立を考えたり盛り付けを考えたり手順を考えたりと総合的な脳力を鍛えられます。 ただし、惰性で行っていると鍛えられませんので、使ったことのない素材を使ってみたり、作ったことのない料理にチャレンジしてみると良いでしょう。 他にもパズルや知恵の輪、ルービックキューブなども効果があると言われています。 二人でできる後出しジャンケンなどもけっこう楽しくて効果があります。 家族でときどきやってみるとおもしろいですよ。 身体全体を使う 身体全体のバランスが良いと、当然脳もキチンと働いてくれます。 体を動かすことは脳の血流をよくして脳の働きを高めてくれ、結果的に脳を鍛えることになるのです。 散歩 おすすめは「散歩」や「ウォーキング」です。 身体への負担も少ないので運動に慣れていない人でも取り入れやすのではないでしょうか。 外に出ることで周りの景色を見て季節感を感じ、暑さ寒さや風を感じたりといった総合的な刺激をうけます。 歩くことで脚を動かすので血流が良くなります、脚は第二の心臓と言われています。 同じコースではなく時々コースを変えてみましょう。 違った場所を歩くことで脳への刺激も大きくなります。 体操 外に出る事ができない時は体操してみましょう。 一番良くないのが何もしないでじっとしていることなので、軽く体操するだけでも脳の衰えを抑えてくれます。 ラジオ体操も真面目にやればけっこうな運動量になります。 これは日課にしても良いかもしれませんね。 疲れている時は軽くストレッチするだけでも、血流がよくなってストレスが減るので脳へのダメージが減ります。 行ったことのないところに行ってみる いつも同じところにしか行かないのは、脳がその環境に慣れてしまって働かなくなるので良くありません。 はじめていくところは目に見えるモノや行くまでの道も新鮮で、脳は新たな情報を入れるために活動してくれています。 こちらにいけば良いのかな、喉が渇いたな、あそこに人が集まってる、向こうに行くためにはどこを通れば良いのかな・・・などと知らない場所ではフルでいろいろ考えますよね。 体を動かしつつ脳をフルで使っているわけですから、悪い訳ありませんね。 スポンサーリンク 脳トレは効果があるのか? 一時は脳トレが流行りましたが、脳トレは脳を鍛えるのに効果はあるのでしょうか? 現在はそれほどの効果は見受けられないと言われています。 これは同じことを続けることで脳がそれに慣れてしまい、刺激が減ってしまうからですね。 最初の慣れていない状態は十分に刺激になりますので、それでいいでしょう。 でもなれてくると技術的にはアップしますが、脳を鍛えるという意味での効果は薄れてしまいます。 でも、一番良くないのがなにもしないことなので、楽しみとして脳トレをするのは十分にアリですね。 スマートフォンのアプリや携帯ゲームで脳トレをゲーム感覚で楽しくできますよね。 脳トレをやる場合はコツを抑えたほうがより効果があります。 脳トレをやる際には長々とやらず、短時間で集中してやるようにしましょう。 今まで使ったことのない部分の脳を使い刺激を与えているので、長々となんとなくやっていては脳への刺激が少なくなってしまいます。 また楽しみながらやってくだい、好奇心やワクワクも脳への刺激となります。 ぜひ脳を鍛えるときには楽しく集中して鍛え、脳の発達を高めましょう。 脳を鍛える習慣づけが大事 脳を衰えさせないためには脳を働かせる事がとても大事です。 なので日常生活に脳を鍛えられるような習慣を取り入れると良いですね。 きちんと睡眠をとること。 睡眠不足は脳を衰えさせて働きを悪くしてしまい、記憶力が低下すると言われています。 早めに眠って十分な睡眠時間を確保できると理想的です。 つねに新しいことに興味をもつこと。 今までやったことがないことを行うと、脳の使っていなかった部分を使うようになります。 新しいことにチャレンジすることで使っている脳の領域を広げることができます。 やりたくてもやれなかったことにチャレンジしてみてはどうでしょうか。 年齢とともに脳が衰えていくという現実はたしかにありますが、それは脳を使わずに同じことをしているからです。 大人になってから脳を鍛えることは十分可能です、それも年齢には関係なく生きている限り鍛えることが出来ます。 つねに好奇心を持って行動していきたいですね。 関連記事 まとめ 今は「脳は一生発達する」ということがわかってきました。 つねに新しいことに興味を持ち、やったことのないことにトライすることで、使われていなかった脳の部分が働きはじめて発達するのです。 人間には無限の可能性があるんです、なにごともあきらめちゃダメですね。

次の

『高齢者の脳トレ』が無料で手に入るサイト9選・無料ダウンロード【 計算・ゲーム・体操・プリント・パズル】

大人の脳トレ

テレビの影響からなのか、大人ピアノを脳トレとして始める方は多いです。 どの年齢から始めても、ピアノは脳にいい影響をもたらしますよ! 大人ピアノは脳のトレーニングができるということで注目されています。 ピアノの演奏をすることは、脳が活発になる要素がたくさん組み込まれています。 好きな曲も弾けて、脳まで活性化していくなんて、とても素敵な趣味だと思いませんか? という訳で今回は「 大人ピアノで脳トレでした結果、年齢問わず心身によい影響をもたらす」について書きました。 大人ピアノで脳トレした結果、年齢問わず心身によい影響をもたらす 「今朝、食べたものが思い出せない」「今日の予定は何だっけ?」 こんな症状ありませんか? 脳トレできる大人ピアノは、高齢者にも大人気。 ピアノを演奏する行為は、 右脳と左脳の発達がよくなります。 また、 運動神経を鍛えたり、情緒を豊かにすることも促します。 大人ピアノが脳によい影響をもたらす理由 楽譜を読むから ピアノを弾くとき、目で楽譜を見ます。 楽譜を読んでいるとき、脳は活発に動いています。 強弱記号、スラー、指番号など、 楽譜にはピアノを弾きながら考えなければいけないことがたくさん書かれています。 楽譜は 弾いている音より少し先の部分を読むのも特徴的。 こんなふうに、 普段、見慣れていないものを理解して、脳で考えながら指も一緒に使うのが大人ピアノ。 脳にいい影響があるのも分かる気がしますね。 聴力が鍛えられるから ピアノは 耳で弾くといわれます。 いい演奏をするためには、 よい音を聞き取る力が必要です。 認知症の要因として「聴力の低下」という研究結果も。 聴力が衰えると、脳が萎縮するので認知症になりやすくなるのだとか。 ピアノは自分の音を聞きながら演奏しなければならないので、自然と聴力が鍛えられます。 10本の指を均等に動かすから 10本の指を均等に動かすことって、日常生活であんまりないですよね? 手は「第二の脳」といわれているように、身体の中で一番敏感な部分。 手と脳の関係は切り離せません。 物忘れが増えてきて、脳の衰えを感じ始めているのでしたら、第二の脳である手の指先を使うピアノはおすすめ。 10本の指を均等に動かすことにより、脳が活発になり、健康寿命を伸延ばすことができるでしょう。 ・ 良い演奏= 脱力した状態で弾いていて、右脳がよく働いているとき ・ 機械的でつまらない演奏= 正確な音、長さ、テンポにこだわりすぎて、左脳が働きすぎているとき このよう にピアノを弾くとき、人は左脳と右脳をバランスよく使うことを無意識にやっています。 だから、ピアノ演奏が脳によい影響を与えるのでしょう。 ピアノを始める年齢の限界とは? ピアノを始めるのに 年齢は関係ありません。 80歳のおばあちゃんでも大丈夫。 80歳から始めても、十分、ピアノは楽しめます。 ただ、ピアニストのように弾けるようにはなりません。 そういう視点で見ると、年齢は関係しているのかもしれません。 ピアノを弾くためには、10本の指を独立して素早く動かし、強弱をつけて鍵盤を叩くための筋肉や運動神経が必要です。 そういった筋肉や運動神経をつける点では、年齢のハンディがあるかもしれません。 しかし大人の趣味として、いろいろな曲を楽しみながら弾くということは可能です。 ピアノという楽器は、 誰が弾いてもドという音はドです。 その点、他の楽器よりラク。 鍵盤を叩けば音がすぐに出る分、どんどん曲が弾けます。 だから手軽に楽しめるのでしょう。 大人ピアノを再開するときに大切なこと! 「ピアノは脳トレになる!」「ピアノは認知症予防になる!」と聞くと、久しぶりにピアノを触ってみたくなりませんか? あっ、そういえば家の片隅にピアノが! 子供が習っていたピアノ・・・ 自分が子供のときに使っていたピアノ・・・ ちょっとだけ昔、趣味で始めたけど、やめっちゃったピアノ・・・ せっかく近くになるのなら、久しぶりにピアノを楽しんでもらいたいなぁ。 最近は猛暑続きで、夏になると出かけにくいですね。 そんな 猛暑でもクーラーの効いた部屋で、ピアノは優雅に楽しむことができる趣味。 ステキでしょう? さあ、やる気も出てきたことだし、久しぶりにピアノの蓋を開けて弾いてみて! 指でポーン!と鍵盤を叩いてみると、まだまだいい音がでますね。 やっぱり私、ピアノの音が好き・・・ こんな高揚した気持ちのまま、ドレミファソラシドって弾いてみた。 あれぇ?なんか弾けなくなっている。 子供のとき、あれだけ練習して、いろんな曲を弾けていたのに・・・ そんなはずはないぞ! これはなんかの間違い。 もしかしたら自分の手がおかしくなったのかも??? これは現実。 あなたの手がおかしくなったのではありません。 でも 心配しなくても大丈夫!すぐに弾けるようになりますから。 こんな時は、 ピアノを弾いていなかった期間の使わなかった筋肉や感覚をとりもどす作業が必要です。 そのためには、 昔、ピアノを初めたころにもどって、初期の練習からやってみること! いきなりショパンやベートーベンではなくて、チェルニーやハノン、バイエルにもどってみるのです。 それでも難しく感じたら、もっと簡単な子供向けの教本にもどってみるのです。 誰かに見せるための練習ではありません。 恥ずかしがらずに、どんどん簡単な練習にもどしていけばいいのです。 今のあなたにちょうどいいレベルの練習教本が見つかったら、そこから始めます。 どんどん進むでしょう。 コツコツゆっくりと積み重ねているうちに、自然と筋肉と感覚がもどります。 昔よりピアノの腕があがることだってあるから楽しみが増えますよ。 ピアノと再開できたことを喜びにして、長く楽しむ大人ピアノを続けるとよいでしょう! まとめ 今回は「 大人ピアノで脳トレした結果、年齢問わず心身によい影響をもたらす」について書きました。 大人ピアノは脳トレの効果大。 ピアノ演奏が、脳によい影響を与えることが分かっていただけたと思います。 ピアノを始めるのに年齢は関係ありません。 久しぶりにピアノを始める方も、大人ピアノを長く楽しみましょう! 東京に住む男の子2人の母です。 高校生と大学生になりましたが、まだまだ子供に振り回される毎日で、「私の子育てどうなってんだ???」と悩みがつきません。 大阪で20年以上育ち、東京にきて20年以上になるため、大阪弁も東京弁も使いこなす達人。 ピアノ歴45年。 ジャズもクラシックもポップスも何でもOK。 ライター歴、ブログ歴1年。 縁の下の力持ち系!理想の働き方を実現する案内人として、日々、奮闘しています。 仕事を放棄してしまいそうになるので、ほどほどにしています。 よろしくお願いします^^.

次の