ポケモン アニメ 速報。 ポケモンショック

「ポケモン」視聴率3%でも続ける理由 テレ東、独自のアニメ戦略

ポケモン アニメ 速報

【川本裕司の関連記事】• テレビ東京の報道局記者だった岩田圭介(63)は1992年ごろ、日本テレビのアニメ「アンパンマン」が放送収入よりもビデオやキャラクター商品の権利収入など2次利用の利益の方が大きい、という新聞記事を読んだ。 これがきっかけで、岩田のテレビ局での人生は大きく変わった。 民放キー局で最後発のテレビ東京は、社員数をはじめ規模で他局に大きく後れを取っていた。 視聴率はいつも最下位。 番組にかけるお金も潤沢ではなかった。 岩田は「制作費は他のキー局の半分以下。 局内では『金は使うな、頭を使え』と言われていた」と話す。 ある現役のプロデューサーはテレビ東京の悪いところを、「低予算前提で考える癖がついてしまい、壮大なことを考えるのを無意識に排除しているところ」(『テレ東的、一点突破の発想術』)と告白している。 知恵を最大限に使う社風は変わっていない。 アンパンマンのアミューズメントゲーム 出典: 朝日新聞 逆風の中「アニメ」で勝負 アンパンマンの記事を読んだ岩田は、外部の制作会社ですべて作るアニメなら他局と制作費に差はあまりないはずで勝負ができると考えた。 報道の前に営業や編成を経験していた岩田は異動希望を出し、翌93年7月、アニメ制作を担当する編成局映画部に移った。 子どものころ「鉄腕アトム」や「ハリスの旋風」「あしたのジョー」といったアニメに接し、学校の授業で教えないことを学んだ記憶があった。 「子どもに夢を、会社に金を」と意欲を燃やした。 テレビ東京は83〜86年に「キャプテン翼」を放送するなどの実績はあった。 しかし、アニメの現場は厳しかった。 30分番組で他局が700万円出す制作費を、テレビ東京ではより少額しか捻出できなかった。 おもちゃやビデオなどでの2次利用の利益をあてこみ、不足分は広告会社やアニメ制作会社に融通してもらっていたという。 放送する系列局が少なく、アニメ関連の商品の売り上げが伸びないため、おもちゃ会社からもいい顔はされなかった。 川口能活選手の引退セレモニーで「キャプテン翼」のイラストを贈る作者の高橋陽一さん(左)=2018年12月2日午後3時31分、神奈川県相模原市南区の相模原ギオンスタジアム、石平道典撮影 出典: 朝日新聞 「エヴァンゲリオン」が最初の成功例に 苦闘するなか、営業の協力を得て、93年に約10本だったアニメの放送枠を2年間で3倍に増やした。 そんなとき、ビデオ製作を手がけていたキングレコードのプロデューサーから「新世紀エヴァンゲリオン」というアニメの企画を打診された。 監督は庵野秀明(58)に決まっていた。 熱烈なファンを持ちビデオの売り上げは見込めたが、表現にこだわりを持ち周囲とあつれきを生む可能性があった。 リスクはあったものの、庵野と組む決断をした。 夕方6時台の放送だっただけに、性表現や暴力などのシーンについては話し合って折り合いをつけた。 95年10月からの放送では、10代後半の男性を中心に反響を集めてヒットした。 2次利用については、テレビ東京が国内の地上波、衛星波の放送権、キングレコードがビデオや海外の放送権をもった。 岩田は「テレビ東京の二次利用の権料は数億円になった」と言っている。 最初の成功例となった。 「綾波レイ」の等身大フィギュアを見つめる人たち=2018年4月20日、松江市袖師町の島根県立美術館 出典: 朝日新聞 「ポケモン」アニメ放映開始 岩田が次に手がけたのは「ポケットモンスター」だった。 96年の発売から任天堂のゲームボーイ用のソフトとして、小学生の人気を集めていた。 小学館の漫画誌「月刊コロコロコミック」にも連載され、ブームは加速していた。 任天堂、小学館プロダクション(現・小学館集英社プロダクション)、オー・エル・エム(アニメスタジオ)、ゲームフリーク、クリーチャーズ(いずれもゲーム製作)と組み、テレビ東京は97年4月からアニメの放送を開始した。 老若男女に視聴者層を広げようと、主人公のほかに、ピカチュウをアニメでは中心キャラクターにしたという。 「ポケモンGO」と連動したイベント開催を発表する神奈川県横須賀市の上地克明市長ら=2018年7月4日午前11時8分、神奈川県横須賀市、太田泉生撮影 出典: 朝日新聞 「ポケモン」大ヒットのあとの光過敏性発作事故 初回の視聴率は10. 3カ月ごとの平均視聴率も11. 6%、12. 9%、17. 1%と右肩上がりで、同年11月12日には過去最高の18. 6%を記録した。 ところが、12月16日、午後6時30分からの「ポケモン」を見ていて体の不調を訴える子どもが続出し救急搬送されたという一報が帰宅途中の岩田の携帯電話にもたらされた。 結果、その数は700人近くに上った。 画面のフラッシュ光の点滅に反応した光過敏性発作によるものだった。 この翌週から放送を休止し、映像処理の対策を講じたうえで、木曜夜7時からの放送に移し98年4月から再開した。 7月には映画「ミュウツーの逆襲」が公開され、観客動員650万人、興行収入72億円の大ヒットとなった。 ミスタードーナツの「ミスド ポケモン ドーナツ」 出典: 朝日新聞 空前の規模となったキャラクター海外収入 「ポケモン」の人気は海外にも広がった。 海外での本格的な2次利用はテレビ東京にとって初めてであり、空前の規模となった。 プロジェクト内の分担として、テレビ東京が国内の放送局への番組販売を担当、小学館が出版、トミー(現・タカラトミー)がおもちゃ、小学館プロダクションが海外展開をそれぞれ担当した。 岩田は、生身の売れっ子芸能人とは違う、アニメの人気キャラクターの孝行ぶりをこう表現する。 アニメ事業部長などを歴任した岩田は07年、アニメ専門チャンネル・アニメシアターXを運営する子会社のエー・ティー・エックスに転じ、社長を務めた。 18年11月からは映画配給会社・ギャガの取締役に就任しアニメ部門を担当することになった。 報道記者出身の川崎がアニメの国内外の販売を担当するようになったのは99年。 海外展開の分岐点となった「ポケモン」に続く作品として、元ニューヨーク支局員の川崎は、カードバトルを通したライバルとの友情に焦点をあてた「遊戯王」の海外ライセンス分野を手がけた。 ポケモンの海外展開は他社だったが、川崎は「作品のテーマに世界の人々が共感できると考えた『遊戯王』については、パートナーの広告会社アサツーディ・ケイに『海外展開を一緒にやらせてほしい』と言った」と話す。 「遊戯王」は、米国ではタイトルロゴに英語だけでなく漢字も使われ、01年から放送された。 劇場版の映画も04年に全米の約2400館で公開され、映画興行収入ランキングで1週目4位になった。 そして世界中でカードゲームのブームを巻き起こし、09年にはカードの累計販売枚数が225億8770万枚を突破し、ギネス世界記録に認定された。 「NARUTO」は80以上の国・地域で放映 さらに、落ちこぼれ忍者うずまきナルトが成長していく姿を描いた「NARUTO」は、02年からの放送で小学生高学年男子の人気を集め、2桁の視聴率を記録した。 米国で05年から放送されたのをはじめ、80以上の国・地域で放送された。 2次利用ではテレビ東京が原作使用契約を集英社と結び、集英社、ぴえろ(制作会社)とつくった製作委員会で幹事を務め、国内番組販売権、ビデオグラム化権、商品化権、海外番組販売権・商品化権の窓口を担った。 ゲームソフト化に加え、テレビアニメと同じく製作委員会幹事を務めた映画、体験型イベントや舞台などにも活躍の舞台を広げている。 幹事は委員会を束ねて調整するだけでなく、新しいビジネスの窓口となる。 多くの権利をもつ立場になり、多額の放送外収入がもたらされた。 子どもにはいつの時代でも根強い人気があるアニメだが、深夜を除けば放送は減っている。 少子化などの影響で視聴率が下がり積極的に編成するキー局が減ってきているためだ。 しかし、テレビ東京はアニメの放送が週に36枠あり、キー局では断然トップだ。 川崎は「視聴者層が限定される分、アニメを編成するのは難しい。 ただ、最後発のテレビ東京は番組CMによるタイム収入を重視してきた。 アニメはタイムCMが基本となっていて、営業面でも力を入れてきた」と語る。 09年4月にはキー局初のアニメ局を発足した。 六本木にあるテレビ東京の本社 出典: pixta 正式契約を結んで海賊版サイトを無力化 海外での動画配信は、他局に先駆けた。 当初はネットの投稿サイトにアニメ動画が違法にアップされ視聴されては削除するいたちごっこが国内外で続いた。 そこで、テレビ東京が取った手法は、多くのアニメファンから支持されていたものの違法動画が多く配信されていた米クランチロールと交渉して契約を結ぶことだった。 有料会員モデルと広告つき無料視聴モデルを並立させ、正規の動画しか見られないビジネスモデルに誘導して資金を回収する策だった。 08年には同社と提携し、「NARUTO」をはじめとする数番組を、日本の放送直後から英語字幕つきでストリーミング配信することで、他の海賊版サイトを無力化していった。 違法動画よりも画像のきれいさが売り物になった。 13年には米クランチロールでの会員数が30万人を突破、いまは米国を中心に全世界で100万人を超えている。 中国の動画サイトで即日放映を開始 11年には中国最大の動画配信サイト・土豆と業務提携し、即日配信を始めた。 こうした積み重ねの結果、17年度決算でテレビ東京のライツ収入271億円のうち、アニメ事業が193億円を占める。 ともに前年より14%増えた。 アニメの売上高を作品別でみると、「NARUTO」「遊戯王」「BORUTO」「銀魂」「ポケモン」の順だった。 初めての放送が10年以上前の作品が多く、人気作の寿命の長さを印象づけている。 最近、アニメ事業で伸びが最も著しいのはネット配信で、アニメの売り上げの30〜40%になるという。 とくに米国や中国での伸びが目立っている。 木曜夜6時55分から放送していた「ポケモン」を日曜夜6時に移し、ゴールデンタイム(夜7〜10時)のアニメをゼロにしたのだった。 「学習塾などで忙しい子どもが視聴するには、平日よりも土、日曜の方が見やすい」という判断だった。 半世紀以上にわたりなかった編成となった。 ポケモンの情報番組として02年に始まった「週刊ポケモン放送局」は、番組名や時間帯を変えながら継続、いまも「ポケモンの家あつまる?」として放送されている。 ポケモンを担当するアニメ局アニメ制作部の細谷伸之(47)は「ポケモンはゲームでキャラクターを交換する元祖となった。 ふつうのアニメは週1回だけだが、ポケモンはゲームなどを通じ何度も接する機会があるのが強み」と話す。 放送から20周年を迎えた17年の映画「キミにきめた!」からは、子どものときにポケモンで遊んだ親世代を意識し、97年のテレビ放送第1話をベースにし、サトシとピカチュウがなつかしいポケモンと次々に会うストーリーになった。 「ポケモン」の担当が長かったアニメ制作部の松山進(46)は「ゲームと連動させる企画で映画の興行収入を回復させるなど、アニメ以外での取り組みも息長い人気につながっている」と話す。 ゲームやおもちゃを最も購入するのは6~12歳という。 ポケモンの商品製造や宣伝などを手がけるため98年に任天堂などが出資して設立された株式会社ポケモンによると、ポケモンに関する全世界の売上高は累計6兆円以上になるという。 このうち国内は35%、海外が65%に達する。 アニメの「ポケモン」は9月末で1042回の放送を迎え、テレビ東京では最も長寿のアニメ番組となっている。 ただ、視聴率は02年に2桁を割り、18年9月時点では3%台になっていた。 とはいえ、川崎は「アニメの世帯視聴率と2次利用の収益は必ずしも一致しない」と言っている。 視聴率至上主義から離れたからこそ、テレビ東京のアニメ戦略は花開いたといえる。 (敬称略) 岩手で話題の「エヴァ風」看板 出典:たかしん興業提供 岩手で話題の「エヴァ風」看板 出典:たかしん興業提供 岩手で話題の「エヴァ風」看板 出典:たかしん興業提供 岩手で話題の「エヴァ風」看板 出典:たかしん興業提供 岩手で話題の「エヴァ風」看板 出典:たかしん興業提供 岩手で話題の「エヴァ風」看板 出典:たかしん興業提供 岩手で話題の「エヴァ風」看板 出典:たかしん興業提供 岩手で話題の「エヴァ風」看板 出典:たかしん興業提供 岩手で話題の「エヴァ風」看板 出典:たかしん興業提供 岩手で話題の「エヴァ風」看板 出典:たかしん興業提供 岩手で話題の「エヴァ風」看板 出典:たかしん興業提供 岩手で話題の「エヴァ風」看板 出典:たかしん興業提供 岩手で話題の「エヴァ風」看板 出典:たかしん興業提供 岩手で話題の「エヴァ風」看板 出典:たかしん興業提供 岩手で話題の「エヴァ風」看板 出典:たかしん興業提供 岩手で話題の「エヴァ風」看板 出典:たかしん興業提供 岩手で話題の「エヴァ風」看板 出典:たかしん興業提供 岩手で話題の「エヴァ風」看板 出典:たかしん興業提供 岩手で話題の「エヴァ風」看板 出典:たかしん興業提供 岩手で話題の「エヴァ風」看板 出典:たかしん興業提供 岩手で話題の「エヴァ風」看板 出典:たかしん興業提供 ダンプカーに貼られたステッカー 出典:たかしん興業提供 ダンプカーに貼られたステッカー 出典:たかしん興業提供 ダンプカーに貼られたステッカー 出典:たかしん興業提供 「エヴァ風」以外にこんな看板も 出典:たかしん興業提供 「エヴァ風」以外にこんな看板も 出典:たかしん興業提供 「エヴァ風」以外にこんな看板も 出典:たかしん興業提供 「エヴァ風」以外にこんな看板も 出典:たかしん興業提供 「エヴァ風」以外にこんな看板も 出典:たかしん興業提供 「エヴァ風」以外にこんな看板も 出典:たかしん興業提供 「エヴァ風」以外にこんな看板も 出典:たかしん興業提供 「エヴァ風」以外にこんな看板も 出典:たかしん興業提供 「エヴァ風」以外にこんな看板も 出典:たかしん興業提供 「エヴァ風」以外にこんな看板も 出典:たかしん興業提供 「エヴァ風」以外にこんな看板も 出典:たかしん興業提供 おすすめ記事(PR)•

次の

ポケモンGO攻略・速報・最新情報まとめ

ポケモン アニメ 速報

新型コロナウイルスの影響で公開延期となっていた人気アニメ『ポケットモンスター』の完全新作映画『 劇場版ポケットモンスター ココ』が、 今冬に公開されることが、15日発売の『月刊コロコロコミック』(小学館)7月号で発表された。 ポケモン映画の冬公開は20年以上の歴史の中で 初となる。 今作は7月10日に公開予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大状況から、5月13日に公式サイトで延期することが発表され、近日公開としていた。 その際、公式ツイッターにて絵コンテなど映画製作の様子を伝える動画が投稿され、矢嶋哲生監督から「延期になっちゃったけど、楽しみにしてくれている みんなに必ず届けるから! スタッフ一丸となって制作してます! もう少し待っててね」とメッセージが寄せられていた。 発売された『コロコロコミック』では、新情報として、特別前売券が8月7日に発売されることが発表。 ゲーム『ポケットモンスターソード・シールド』 で幻のポケモン「色違いのセレビィ」と新発見の幻のポケモン「ザルード」の2匹がゲットできるシリアルコード付きで、一般券1400円、ジュニア券800円。 ポケモン2匹は、8月7日より配信がスタートする。 (2017年7月15日) 21:みんなの物語(2018年7月13日) 22:ミュウツーの逆襲 EVOLUTION(2019年7月12日) オリコン When you login first time using a Social Login button, we collect your account public profile information shared by Social Login provider, based on your privacy settings. We also get your email address to automatically create an account for you in our website. Once your account is created, you'll be logged-in to this account.

次の

「ポケモン」視聴率3%でも続ける理由 テレ東、独自のアニメ戦略

ポケモン アニメ 速報

発端と原因 [ ] 発端となったのは、1997年12月16日の18:30 - 19:00にテレビ東京系列で放送されたテレビアニメ『ポケットモンスター』第38話「でんのうせんしポリゴン」の後半あたりの映像である。 社調べによるこの回のは、で16. この回は、・たちが内で起きている事件を解決するためにに入り込むという内容だった。 この回ではコンピュータの世界を表現するため、による攻撃シーン、破損したデータを修復したシーンにを始めとするやフラッシングなどの激しい点滅が多用された。 後にテレビ東京が配布した報告書「アニメ『ポケットモンスター』問題に関する記録」によれば、25箇所にわたって1秒間以上連続して使用しており、特に番組後半はこれらが連続して使用された。 特に顕著だったのが、の技「10まんボルト」がワクチンソフトのに当たった場面である。 「アニメ『ポケットモンスター』問題に関する記録」では、各局の同時ネットにより、345万人の視聴者(4 - 12歳)が見ていたと推定している。 この回の放送直後、放送を見ていた視聴者の一部が体調不良を訴え、病院に搬送された。 病院に搬送された患者の多くは児童だった。 (現・)のまとめで30都道府県の651人が病院に運ばれ、うち130人以上が入院した。 患者の症状は主に発作様症状、眼・視覚系症状、、不快気分、やなどである。 原因は上記の激しい光の点滅を断続的に見たことにより、が引き起こされたためとされる。 病院に搬送されないまでも何らかの影響を受けた児童の総数は数千人に達すると推定される。 一つのテレビ番組を見ていたことで700人近くが病院に運ばれたのは、世界のテレビ史上初の出来事であったとされる。 報道 [ ] 事件直後、第一報を伝えたのは同日午後9時台の『』 であった。 同日午後11時台の『』 でも報じている。 翌日以降はや(の『』、の『』他)など、で大きく報じられた。 この事件をきっかけとして、しばらくの間を含めた全体に対するが行われた。 これについて、アニメ版の第1作から・で関わっていたのは、その多くが騒動に便乗し、根拠に欠くようなものに感じた、と述べている。 しかし、NHKが1997年(平成9年)3月29日に放送したアニメ『』第1期・第25話でも、同様の原因で気分を悪くしていたがいたことを明らかにしたことや 、各放送局の調査で、アニメや実写映像なども同じような危険性を孕んでいること、さらにはなどの映像でののストロボでも同じ症状が起こることが判明したため、ポケモンやアニメへのバッシングは次第に終息していった。 各所の対応 [ ] テレビ東京および系列局 [ ] 事件後、テレビ東京は原因が究明されて再発防止策がとられるまで、特番を含めた『ポケットモンスター』関連の放送を全て休止すること、および『』で『ポケットモンスター』の関連情報を調査の結果が分かるまで扱わないことを発表した。 事件翌日の1997年12月17日には、『』にて、前日放送分の『ポケットモンスター』の録画視聴を避けるよう告知するお詫びテロップが各局で流された。 事件の翌週以降、同枠はアニメ『』に差し替えられた。 この他にもテレビ東京ではポケモン関連番組・コーナーの放送自粛、店からのアニメの撤去の要請、テレビ東京の系列外で『ポケットモンスター』のにて放送されるに当該放送分以外の回も含め放送を自粛するよう要請した。 遅れネットでは翌日12月17日のでの放送が最速となる予定だったが、予定日の現地朝刊の番組表は差し替え番組を掲載した。 『ポケットモンスター』枠は大半が『学級王ヤマザキ』、一部のネット局は別のアニメの再放送・遅れネットやアニメ以外の遅れネット番組を編成した。 1998年4月11日13:00 - 13:55 には、本事件の経緯等を説明する検証番組『アニメ ポケットモンスター問題検証報告』が、テレビ東京系列6局で放送され、4月16日に再放送された。 放送中止となった年末年始特別番組は以下の通り。 『』(12月30日 17:00 - 17:30) - 年間総集編に差し替え。 『』(12月30日 18:00 - 19:00) - ポケモンのコーナーがあったため1998年1月18日に延期とし、『』()に差し替え。 『大晦日だよポケットモンスターアンコール』(12月31日 9:00 - 9:54) - 『』(再放送)に差し替え。 ミニ番組枠『ポケモンクイズ』 - ミニ番組枠で放送予定だった。 「お年玉付き新春オススメとくばん」に差し替え。 1998年1月1日• 1回目・9:54 - 10:00• 2回目・13:24 - 13:30• 3回目・15:19 - 15:24• 1998年1月2日• 4回目・13:44 - 13:50• 5回目・15:34 - 15:40• 6回目・19:24 - 19:30• 1998年1月3日• 7回目・10:24 - 10:30• 8回目・12:54 - 13:00• 9回目・13:54 - 14:00• 10回目・15:56 - 16:00• 『ポケットモンスター・冬のスペシャル』(1998年1月6日 18:30 - 19:30) - 前半は第28話 - 第39話までの総集編で、後半は「イワークでビバーク」の特番。 テレビ東京は、日本国外のガイドラインのうち罰則も規定されているの独立テレビジョン協会のガイドラインを参考にして、他局よりも一段厳しいガイドラインを策定するため、1998年始め早々に調査団を派遣した他、にも同様の調査団を派遣した。 この他に、局内調査はもちろん、外部調査チームの受け入れやアニメチェッカーの開発と導入を行うなど、事件の当事者として最大限の再発防止策をとった。 その他の放送局 [ ] 再発防止対策として12月18日にNHK()が「アニメーション問題等検討プロジェクト」を立ち上げ、その際に前述した『YAT安心! 宇宙旅行』にて放送後に同様の原因で4人の児童が体調不良を訴えていた事例があったことを明かし、「そのとき原因究明をしていれば、今回の事件は起こらなかったかも知れない」として陳謝した。 NHKおよび(民放連)は1998年4月、「アニメーション等の映像手法に関するガイドライン 」を策定。 以下の手法をともなう映像表現について強い注意を払うことを各事業者に求めた。 映像や光の点滅、特に「鮮やかな赤」の点滅• コントラストの強い画面の反転や急激な場面転換• 規則的なパターン模様の使用 政府 [ ] (当時)が「光感受性発作に関する臨床研究班」を発足させたほか、(当時)も「放送と視聴覚機能に関する検討会」を設置、NHKと(民放連)も共同を策定することで合意した。 NHKは『』で本事件を扱った緊急特番を放送した。 またNHKは本事案を受け、「日本放送協会国内番組基準」第1章第11項「表現」の中に、「アニメーション等の映像手法による身体への影響に配慮する」という規定を追加、中央放送番組審議会での諮問・答申、の議決を経て、1998年5月26日より施行された。 郵政省はの目的等に違反したとして、1998年4月5日に放送行政局長名による厳重注意を実施。 テレビ東京に対して、ガイドラインの策定など再発防止措置の充実に取り組むよう強く要請した。 3月30日にはNHKと民放連のガイドラインが発表される見込みが出てきたとして、早ければ4月16日に再開できるとし、放送再開を前に事件の検証番組を放送することを発表した。 4月8日に、NHKと民放連は光の点滅などを規定したガイドラインを発表。 4月11日午後1時00分 - 午後2時00分に検証番組「アニメポケットモンスター問題検証報告」がテレビ東京系6局で放送された(その後、4月16日に再放送)。 そしてポケモンは放送枠を以前の火曜日から木曜日のに移動し、4月16日に放送が再開された。 再開時の社調べによる視聴率は16. なお、再開に際しては番組冒頭にが番組再開を知らせる旨や経緯、視聴時の注意を説明した放送がなされた。 その後、順次再開した番販ネット局にも別途収録した文言が異なるバージョンが配布されたが、番販ネット局側でも独自に再開を知らせる旨とその局でのガイドラインの説明を挿入した。 事件以降の第38話及びキャラクター「ポリゴン」の扱い [ ] 放送再開後のアニメではオープニングの一部や、ピカチュウの10まんボルトの表現が変更されるなど、光の強いシーンは光量が抑えられるなどの修正がなされた。 また、事件前に放送されていた回も、後日販売されたビデオ・DVD版、再放送、海外での放送の際に、点滅箇所の修正がなされている。 しかし、第38話に限っては修正不能と判断 され、ビデオ・DVD・再放送枠およびCSにて放送を行っていると海外にて放送を行っている放送リストからカットされ、扱いとなっている。 現在の『ポケットモンスター』38話目は、放送再開を記念して新たに製作され、最初に放送された「ピカチュウのもり」(話数は第39話)に代替されている。 事件後に、役のと当時のポケモン制作スタッフとの対談が'97にて行われ、『』で放送された。 その際「第38話『でんのうせんしポリゴン』の修正版の放送はあるのか? 」「次回分予告で紹介され第39話として放送予定だった『のクリスマス』は放送されるか? 」というリスナーの質問に対し、スタッフは「あの回(第38話)は幻にしてほしい。 なかった話としてほしい」「『ルージュラのクリスマス』の放送は必ずやるので安心してほしい」と回答した。 その後『ルージュラのクリスマス』は、同時期に第40話として製作されていた『イワークでビバーク』との二本立ての番外編として放送され、短編映画『』がビデオ発売された際に、2本立てとして再録された。 この他、放送スケジュールのずれにより、当初放送予定の季節・行事等に合わせた内容のいくつかの回が、放送順から外されて番外編扱いとなっている。 この事件以降、このエピソードに登場したポケモンのおよびその進化形であるとは、劇場版を除くとアニメ本編には現在も一切登場していない。 他の作品に与えた影響 [ ] 注意を促すテロップの表記 [ ] この事件を機に「 テレビを見るときは部屋を明るくしてテレビから離れて見てください」「(子供向けに) 部屋を明るくして離れてみてね」などと勧告する(数秒間表示。 邦画や洋画DVDでも同じ。 一部番組ではロールスーパーで流される)やアニメキャラクター達による勧告が・(テレビ東京・・・ 日本テレビ ・ TBS 系)を中心に各アニメ番組の冒頭で流されるようになり、アニメ制作の教訓となった。 ただし、このテロップ表示は放送局の任意によるもので、 とでは原則流れず、の場合は流れるケース(など)と流れないケースがある。 後に多くのでも導入されるようになり、局によっては放送局名を付け足す局もある(特にCS放送)。 の音楽番組の冒頭では、「この番組は、照明などによる光の変化の激しい部分があります。 ご鑑賞にあたりましては部屋を明るくしてテレビから離れてご覧下さい」のテロップを入れているほか、特に点滅が激しい箇所では減光処理を施して放送を行う場合もある。 はテレビとは異なる映像基準で作成されており、公開される映画館では、「ごくまれに光が原因で体に異常を感じる体質の人がいる」旨の注意書きが掲示されている。 事件直後の1998年に公開された『』のテレビCMでは、「激しい光の点滅を使用していない」旨の表示がされた。 また、以降の上映時には、映画館窓口に「テレビ番組の映像基準とは異なる手法で製作いたしました。 ごくまれに光が原因で体に異常を感じる体質の方がおられます。 過去に光が原因で体に異常を感じた経験のある方は、ご覧になる前に医師にご相談ください。 」とピカチュウプロジェクト()名義での注意書きがされている。 アニメ以外のドラマ・映画などでも、ライトの点滅やが大量にたかれてテレビを通すと画面が激しく点滅するような映像になったため、一部のテレビ局では該当の映像を流す前にアニメと同様に注意を促すテロップや司会者によるアナウンスを実施したケースがある。 例としては• 報道番組・ワイドショー番組などの取材や記者会見(特に生中継時)でのフラッシュが大量にたかれたシーン(録画放送の場合、放送局により減光処理をして放送されることがあり、その旨のテロップが表示されることもある)。 ホームページの「教えてTBSニュース」では、注意を促すテロップについて「映像を見ている人が気分が悪くなったり病気の発作が生じたりするなど健康上の影響が出る可能性があるため、ニュースでは必ず表示している」としている (なおTBSテレビではテレビアニメに注意を促すテロップは表示していない)。 ドラマのや外国製ドラマで、やコンサート会場などで演出として光の点滅があるシーン。 格闘技の番組『』の冒頭。 映画「」のテレビ放送。 映画『』の「東京」でのクラブの光の点滅があるシーン。 特撮テレビ番組『』の第51話がにで再放送された際には、冒頭で本放送時の光の点滅の激しい場面の減光処理をしたことと、部屋を明るくして見るよう勧告するテロップを表示。 2009年10月に放送のアニメ『』第17話『知らない名前』で、登場人物が電撃による拷問を受けるシーンで激しい光点滅描写があるため、のみ該当場面で、「演出上、番組中に一部視覚に影響を及ぼすシーンがありますがご了承下さい」とのテロップが表示された。 2015年10月に放送のアニメ『』第2話『おうぎフォーミュラ 其ノ貳』の後半で、演出として原色(有彩色)の背景が激しく点滅するシーンがあり、光過敏性発作の症状が現れたという人が複数出て、(BPO)にその旨を訴える人も出た。 で放送 された際、点滅の現れる数秒前のところで画面欄外の(画面下部の黒帯)に「色の転換が激しい箇所が続く」と注意を促すテロップが表示された。 また、前述のとおり「映像や光の点滅は、原則として1秒間に3回を超える使用を避ける」などとするガイドラインが策定されたが、時折ガイドラインに違反する放送が行われたことが報じられることがある。 2004年2月、系のバラエティー番組『』にて、「ひと言体験談」募集告知で、賞金5万3千円の「5」の数字を強調する演出の際に、映像表現ガイドラインに抵触して放送したことが週刊誌の指摘により判明。 2006年1月19日23時にで放送された、「スーパーライブオレンジレンジ」(のライブ)にて、映像表現ガイドラインに抵触する映像が56箇所(合計1分弱)あったが、制作スタッフ・技術スタッフ共にこれを認識しており「深夜放送では子供はあまり見ないだろう」と判断し、放送された。 2006年3月22日にテレビ東京系で放送された『』と『』にて、映像表現ガイドラインに抵触する映像があったことが視聴者からの指摘で判明。 テレビ東京社長は3月30日の定例記者会見で、放送を視聴した7人が気分が悪くなったという連絡があったことを明らかにした。 2006年4月に、 や 、 などで放送されたのローカルCMにおいて、ガイドラインに違反する光の点滅が含まれていたことが判明。 東海テレビの発表によると、直ちに放送を中止したとのこと。 2006年、BS・CSの放送事業者26社にて放送されたプライム(後の)制作による『ショップジャパン』『TV買物王』『特選一番街』『THE RESPONSE TV』において、ガイドラインに抵触した映像手法を使用。 2008年3月に(東北地方)で放送された『』 及び同年7月にで放送されたドラマ『』 にて、いずれもカメラのフラッシュが大量にたかれるシーンでガイドラインに違反する点滅が使われていたことが放送後に判明。 2014年12月、CS放送・とが放送した番組の一部で、ガイドラインに違反する恐れのある映像手法が使われていたことが判明。 ・はこの事件について、「問題の箇所が青とピンクのだったことも原因だ」との意見を述べている。 またこのことについてマスコミが触れなかったことや、どのテレビ番組にも「テレビは部屋を明るくして見よう」というテロップが流されるようになったことも、無神経だと批判している。 さらに光効果はの枚数を減らすことができるので、「安易に使いすぎている作品が増えている」とも言及している。 前述のシリーズ脚本家の首藤剛志もwebコラム上で、派手な刺激で作品のさらなる成功を求める制作側の姿勢が事件の一因となった 、テレビアニメにおいてこれまでごく普通に使われてきた手法がつかえなくなってしまったとの声が他社などから上がった 、と同様の指摘をしている。 アニメ監督・は自身が担当した『』において、「テロップが本編にあまりにも無配慮に流れるのが嫌だったため、アニメキャラクターによる勧告を制作した」と発言している。 点滅箇所の修正 [ ] 赤・青などの原色を用いた背景の激しい切り替えや、強いストロボは1990年代以前からアニメ・ゲームの演出として多用されていた。 そのため、本事件の発生以降、他のアニメ・ゲーム作品でもそういった点滅シーンが避けられるようになり、違うものに差し替えられるなどの対応が行われたり、アニメ作品のビデオ化・DVD化などの場合、パカパカ以外の点滅シーンが使用された。 旧作のアニメでは爆発や相手にショックを与える場面などで点滅シーンが多用されていたものが、リメイク作では点滅を一切使用しないよう配慮されている(例:、など)。 制作の作品であるのDVD化の際にも、のテレビパワー用に制作された点滅シーンで減光処理が施された。 ポケモンショック以前のアニメ作品のや、映像ソフト化に当たって再編集が行われていることがあり、該当場面で突然画像が一時停止したりになるなど不自然な編集も余儀なくされていた。 また、やなどのでの再放送と2020年現在、日本での、、CSアナログ放送、及びの終了後の、、及びと2018年12月1日以降におけるBSでの家庭向けや、でのアニメ作品の紹介では、再編集が行われていないケースもあり、パカパカの点滅シーンを使用するケースが多い。 ゲームソフトに関しては、点滅表現が使用されているものについては回収などの措置は取られていない。 ただし、リメイク作品や過去の作品が配信される場合、点滅表現が単色画面に変更もしくはそれ自体が削除されるなどの対応が採られている。 一例として、、、ので配信されたソフトの一部で点滅シーンの再現が差し換えられており、この中にはポケモンの制作を担当した制作ソフトである『』が含まれている。 その後 [ ] ゲーム業界の対応 [ ] ポケモンショック以前にも、(現・)で発売された『』でも、児童がを発作を起こすなど、同様の現象が発生し、スクウェア側は児童もしくは保護者に対するアンケートを行った。 その後、任天堂ハードのやので配信される際はこれらの問題映像に関しては修正されている。 この際は、現在のような明確な基準が敷かれなかった。 なお、スクウェア側は詳細を明らかにしていない。 以降の事例には『』に登場するポケモン・や用ソフト『』の主人公・トオルが登場するなど関連商品との連動が見られたが、この事件によって以降のエピソードの放送スケジュールが遅れたため、映画の公開やソフトの発売とはずれが生じた。 1998年1月21日に発売が予定されたとの発売延期などの影響が出た。 海外の対応 [ ] この事件は日本国外でも広く知られるところとなり、「最も多くの視聴者に発作を起こさせたテレビ番組(Most Photosensitive Epileptic Seizures Caused by a Television Show)」として、に認定された。 ではいくつかのテレビアニメで取り上げられ、やの対象になった。 『』の日本未放映エピソード「」では、日本にやってきた主人公一家がテレビアニメのロボットが目を点滅させるのを観た結果てんかんの発作を起こすシーンがあり、『』のでも登場人物の一人がポケモンを模したゲーム画面を見て発作を起こす描写がある。 日本未公開のコメディアニメ『Drawn Together』では、ピカチュウのパロディとして登場する謎の生物が発作について言及している。 この事件を参考に、アメリカとが同様の症状を引き起こさせる 光線点滅兵器の開発に着手しているとの記事が、米誌U. News and World Report誌の話として1997年12月24日のに掲載された。 アメリカ側は非殺傷兵器としての研究、ロシア側はパソコンのモニター画面にパカパカを表示させて、利用者を気絶させるの開発ということだった。 2005年2月、(無線通信部門)では、問題を受け、勧告「BT. 1702: Guidance for the reduction of photosensitive epileptic seizures caused by television(テレビ映像による光感受性発作を抑えるための指針)」を策定した。 その他 [ ] 『』によると、1997年12月31日放送の『』においてポケモンのキャラクターの()をゲスト出演させる演出が検討されたが、ポケモンショックにより白紙になった。 系列局のは事件の影響により、の継続を拒否する事態となった。 後に、区域外再送信の同意をすべき旨の裁定 がされた。 現在では、バラエティ番組やニュース番組などで、の中継映像が放映される際に、会場では無数のが焚かれている際は、画面の隅(上部)に小さく『 フラッシュの点滅にご注意ください』などといった注意喚起の文字が表示されていることが多い。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日本民間放送連盟• - NHK• NHK放送文化研究所 年報2015 第59集. 86,88. 2019年12月25日閲覧。 日本放送協会放送文化研究所 編集 『NHK年鑑'98』 日本放送出版協会、1998年、18頁。 安全性チェックのために修正版は作られたが、テープが残っているかは不明。 にて(番組名を名指ししていないが)「1分半もの間、画面全体が青色や赤色などに激しく点滅した」「ポケモンショックのような症状を起こした」「半日も目を閉じてもめまいと酔いが止まない」「しばらく嘔吐し続けた」という意見が掲載されている。 - NHK広報局• - NHK広報局• 『Guinness World Records Gamer's Edition』2004年版及び2008年版に収録。 国際電気通信連合• 、ZAKZAK、1997年12月18日。 (のキャッシュ)• 中国地域の有線テレビジョン放送事業者11社からの再送信同意に係る裁定申請に関する裁定 別添2 総務省報道資料 平成20年2月8日(のアーカイブ:2011年8月1日収集) 参考文献 [ ]• 『ポケモンストーリー(下)』(畑山けんじ・、・99-150頁、)• 『映像の原則 ビギナーからプロまでのコンテ主義』• 『』 (第158回以降) 関連項目 [ ]• - 事件当時の。 でもある。

次の