オウル ドーパント。 [B!] 『風都探偵』第63話「闇はoの巣 8/怪物は怪物を生む」オウル・ドーパントの正体!不死身の男・照井竜!流石に私、聞いてないよ…

Owl Dopant

オウル ドーパント

見事にオウルドーパントを撃破したアクセルは変身を解除し、照井の姿になるもここまでダメージで倒れそうになったが亜樹子に助けられる。 そしてスクリームドーパントが現れ、変身を解除して一葉の姿になり、照井の事が好きになったからこの手で始末したいと宣言して去ります。 そしたら倒したはずの鳥羽が起き上がり、自分の分のメモリを使ってオウルドーパントになって飛び去ります。 フィリップの指示でトリガーメモリを使って仮面ライダーW・ファングトリガーに変化させる翔太郎。 そしてファングアームを2つ生み出してマキシマムドライブを発動させ、巨大な獣を模した矢を放ってオウルドーパントに直撃させて倒しました。 事件は解決し、沖田も命に別条がなかったので包帯だらけの照井は奈々に彼女の事を託しました。 一方、事務所では照井の一件で揉めている翔太郎とフィリップを見て、ハードボイルドなのは照井だけかと思うときめ。 その頃、海から巨大な生物が出現していました。 風都探偵8巻の感想・考察 照井の言葉の意味とは…? 見事事件が解決し、奈々に沖田の事を支えるようにと言った照井。 彼が奈々に発した言葉は自身の経験談に当たるのです。 照井は家族をウェザードーパントに始末された経緯があり、当時はウェザードーパントをこの手で倒すという復讐心からアクセルとして戦っていました。 そんな中で翔太郎達に出会い、当初は反目しあっていたが徐々に理解しあい、復讐心も徐々に消えていき、始末された妹に酷似した少女を守るためにウェザードーパントを倒しました。 それから翔太郎達と共にミュージアムを潰し、亜樹子と結婚したのです。 照井は自分は翔太郎達に支えられたから復讐の道から外れる事が出来たので、奈々に沖田を見捨てることなく支えてほしいと思って声をかけたのではないかと思われます。 まとめ 以上、『風都探偵』8巻のネタバレと感想・考察の紹介でした。

次の

風都探偵、控え目に言って最高のコミカライズだと思う【仮面ライダーダブル】

オウル ドーパント

見事にオウルドーパントを撃破したアクセルは変身を解除し、照井の姿になるもここまでダメージで倒れそうになったが亜樹子に助けられる。 そしてスクリームドーパントが現れ、変身を解除して一葉の姿になり、照井の事が好きになったからこの手で始末したいと宣言して去ります。 そしたら倒したはずの鳥羽が起き上がり、自分の分のメモリを使ってオウルドーパントになって飛び去ります。 フィリップの指示でトリガーメモリを使って仮面ライダーW・ファングトリガーに変化させる翔太郎。 そしてファングアームを2つ生み出してマキシマムドライブを発動させ、巨大な獣を模した矢を放ってオウルドーパントに直撃させて倒しました。 事件は解決し、沖田も命に別条がなかったので包帯だらけの照井は奈々に彼女の事を託しました。 一方、事務所では照井の一件で揉めている翔太郎とフィリップを見て、ハードボイルドなのは照井だけかと思うときめ。 その頃、海から巨大な生物が出現していました。 風都探偵8巻の感想・考察 照井の言葉の意味とは…? 見事事件が解決し、奈々に沖田の事を支えるようにと言った照井。 彼が奈々に発した言葉は自身の経験談に当たるのです。 照井は家族をウェザードーパントに始末された経緯があり、当時はウェザードーパントをこの手で倒すという復讐心からアクセルとして戦っていました。 そんな中で翔太郎達に出会い、当初は反目しあっていたが徐々に理解しあい、復讐心も徐々に消えていき、始末された妹に酷似した少女を守るためにウェザードーパントを倒しました。 それから翔太郎達と共にミュージアムを潰し、亜樹子と結婚したのです。 照井は自分は翔太郎達に支えられたから復讐の道から外れる事が出来たので、奈々に沖田を見捨てることなく支えてほしいと思って声をかけたのではないかと思われます。 まとめ 以上、『風都探偵』8巻のネタバレと感想・考察の紹介でした。

次の

風都探偵8巻(最新刊)の発売日と収録話数は?ネタバレ考察も紹介!

オウル ドーパント

オウルドーパントによって、地面にたたきつけられそうになったアクセル。 間一髪、ルナジョーカーになったWが助けます。 仮面ライダーの戦いはつまらないと言って、オウルドーパントこと鳥羽音吉は早々に撤退。 この後、鳥羽とその仲間が本拠にしている塾を、風都署の者達が捜査するも、殆どもぬけの殻でした。 アクセルこと照井竜は怪我を押して鳥羽を探しに向かい、相棒フィリップに知恵を貸すようにお願いするW 左翔太郎。 やがて、ときめから鳥羽達の潜伏先が見つかった、との報告を受けた翔太郎は照井にも伝えます。 そして、沖田が監禁されている建物に乗り込んだ、変身済みのWとアクセルは、配下の者達が変身したバイオレンスドーパント相手と闘争。 沖田を助け出したアクセルを遠巻きで見ていた鳥羽は、やがてこの事を後悔する、と意味深な言葉を投げかけ… 新組織に所属している秀夫は、万灯に二階堂の後任探しと次の計画の進行を同時に進める事を伝えます。 方や、一葉の事を気にする秀夫。 その頃、Wは決め台詞を言ってから必殺技でバイオレンスドーパントを撃破。 竜は沖田と共に病院に向かい、翔太郎はフィリップに今回の事を報告。 フィリップは翔太郎を通じて、ときめにやってもらいたい事を頼むと、オウル対策ついて、もう一度検索して確認します。 そして病院では、意識を取り戻した沖田。 それと同時に、鳥羽と一葉が変身したスクリームドーパントが出現。 沖田を奪い返しに来ると踏んでいた、翔太郎とときめが、彼らの前に現れます。 でも、鳥羽は余裕そうで… そして彼は、懐からオウルメモリを取り出すと、何処かへと投げたのでした。 その頃、自分がこうなったのは奈々のせいだ…と責め始める沖田。 同時に、彼女のお腹から触手のような物体が出てきて、竜に突き刺さります。 そして、巨大な怪物の姿に様変わりし、怒りに任せて、奈々に拳を振るう沖田。 そこから竜が彼女を庇って攻撃を喰らい、窓から放り出されてしまい… 怪物になった舞は照井を病院の外へと突き飛ばして、地面に血を流して倒れている彼を見たスクリームドーパントは発狂します。 そこへエクストリームメモリを使ってやってきたフィリップは舞もオウルドーパントだと翔太郎に告げます。 音吉はオウルドーパントになると、翔太郎とときめは黒だと見抜きます。 オウルドーパントは適合しやすいメモリのタイプを見破ることが出来るが強靭な肉体がないので黄色のメモリに適合できる舞にメモリを挿入することで僕にしていたのです。 舞を照井が救出したのを見過ごしたのも彼に復讐するためだと言うオウルドーパント。 オウルドーパントはスクリームドーパントに翔太郎達を始末するように命じて飛び去ると、翔太郎とフィリップは仮面ライダーW・ファングジョーカーに変身します。 その頃、舞は奈々と亜樹子を追い詰めると自分がこうなったのは、奈々のせいだと言って拳を振るうが奈々の目の前で寸止めします。 そんな舞に謝って、憎しみは全部自分にぶつけてと言う舞。 対して舞は痛くないように始末すると言い、やってきたオウルドーパントと一体化します。 オウルドーパントは2人を始末しようとするが、背中にエンジンブレードが突き刺さりました。 投げたのは照井で、彼が纏う雰囲気を感じたスクリームドーパントは歓喜の声を上げます。 そして照井は舞に謝った奈々を褒めると、あとは自分に任せろと言ってアクセルに変身しようとします。 Point 9(64話) 両者一の攻撃がぶつかり合った結果… 照井はアクセルに変身すると決め台詞である振り切るぜと口にします。 Wはときめを亜樹子の元に向かわせ、その間にスクリーム・ドーパントと戦います。 アクセルはオウル・ドーパントと戦いますが突き落されたせいか、立っているのがやっとの状態でした。 アクセルのような一瞬で命を落とさずに耐える人間は嫌いだと言い放つオウル・ドーパント。 しかし、アクセルも人を遊び道具にしている人という名の皮を被った人間は嫌いだと言い放って反撃し、エンジンブレードによる斬撃を繰り出すも避けられます。 そしてオウル・ドーパントはアクセルを掴んで空へと飛びあがります。 そのまま落とそうとするオウル・ドーパントに、自分は何度落ちてもその命が尽きることはないと言い放つアクセル。 オウル・ドーパントはアクセルを地面に向けて落とすも、エクストリームメモリから強化アタプターを受け取ります。 それを使って、アクセルブースターへと強化変身。 強化変身したアクセルは、エンジンブレードを使い、オウル・ドーパントを圧倒。 オウル・ドーパントは体を高速回転しながら突撃し、アクセルはエンジンメモリをエンジンブレードに装填し、強力な斬撃を浴びせようと突撃します。 両者の攻撃がぶつかり合い、勝者はアクセルでした。 風都探偵7巻の感想・考察 奈々のためにメモリブレイク!? 鳥羽が余裕そうだったのが不気味に感じていましたが、沖田の事を知っていたから余裕そうだったんだなと思いました。 沖田の変貌した姿を見る限り、何らかの改造を施したのではないかと思われます。 そうでなければ、あんな怪物になるわけがありませんからね。 そして、鳥羽はオウルメモリを取り出して投げだしたところを見ると、オウルメモリは沖田が怪物に変貌する鍵となっているのではないかと思います。 竜が奈々を庇って病院の窓から放り出されましたが、落下する中でアクセルに変身して立ち向かうのではないかと思います。 もし、オウルメモリの効果が沖田を怪物の姿にしているとすれば、奈々のためにも早くメモリブレイクして元に戻すのではないかと思います。 そう簡単にはくたばらない照井とは…? 前回、舞に病院の外に放り出され、今回の話で地面に叩きつけられて血を流していた事から重傷を負った筈の照井が駆け付けた事からかなり体が頑丈が分かります。 以前、生身で幾つもの鉄骨を受けても、テラードーパントやユートピアドーパントと言った強敵クラスのドーパントによって瀕死の重傷を負っても戦線復帰して戦ったので彼にとっては窓の外から放り出されて地面に叩きつけられたくらいは軽傷だと思っているのかもしれませんね。 しかし、それは翔太郎達と同じように風都の街を泣かす者は許さないと言う強い思いと使命を持っているから、自分の傷くらい何ともないと思えるのではないかと思います。 その思いを持っているから怪我を負っていてもオウルドーパント相手に激しい戦いを次回するのではないかと思います。 強化アタプターとは…? 今回の話でアクセルはアクセルブースターに強化変身する事で、見事オウル・ドーパントを撃破しました。 アクセルブースターになる時に使用した強化アタプターについて知らない人も多いかもしれません。 強化アタプターとはガイアメモリに装着することで内包された「地球の記憶」のプログラムを一時的にバージョンアップし、能力を3倍に増幅させられるW達が壊滅させたミュージアムが作り出したアイテムです。 以前アクセルはコマンダー・ドーパントとの戦いで一度だけ使用し、今回の話のようにアクセルブースターになって撃破しました。 それをフィリップに預け、彼がミュージアム制からアクセル専用に調整した事で、今回の話で再びアクセルブースターへと変身する事が出来たのです。 まとめ 以上、『風都探偵』7巻のネタバレと感想・考察の紹介でした。

次の