志麻 さん ローストビーフ。 NHK番組表・トップページ

志麻さんのローストビーフのレシピ。炊飯器で簡単にできる作り方。

志麻 さん ローストビーフ

NHK番組表・トップページ 東京の番組表 トップページ このサイトはラジオとテレビの1週間先までの番組表と、過去8日分の番組表をご覧になることができます。 このページでは、お知らせ情報、おすすめ情報、番組表を見るためのナビゲーション(チャンネルの選択、ジャンルの選択、地域の選択)を提供しています。 お知らせ: このインターネット番組表は各チャンネルの1週間先までの番組表がご覧になれます。 内容が表示されてないものは、まだ詳細が決定されていない番組です。 もう少しお待ちください。 NHK番組表の使い方については[]をご覧ください。 ラジオまたはテレビを対象として、番組をジャンルで検索することができます。 総合と、Eテレで放送している番組の内容は、地域によって異なる場合があります。 このサイトで提供している機能、各ページの説明、ブックマークの付け方、以上3つについての説明が記載されています。 番組は緊急ニュースなどにより、放送時間や内容が変更になることがありますのでご注意ください。 この番組表の私的な利用以外は、NHKの許諾が必要です。

次の

「志麻さんのプレミアムな作りおき」のローストビーフを作ってみました。

志麻 さん ローストビーフ

牛もも肉は、室温に戻しておく。 肉の表面の水分をふき取る。 (肉の容器の水分もふき取る) 3. 容器の上に塩コショウをしっかりする。 容器に牛もも肉をのせて塩コショウをつける。 フライパンを温めたら、油を引く 6. 強火で片面ずつ30秒~1分間焼いて行く。 (大切なのは動かさないこと。 ) 7. 表面をこんがりと焼いたら、ラップで包む。 (ラップは二重にする。 ) 8. さらに密閉できるビニール袋に入れたら、沸騰した湯につける。 お肉が完全に浸かるように重しをのせる。 沸騰した状態で3分入れておく。 火を止めて15分置く。 フライパンの余分な油を捨てたら、火をつける。 一旦、火を止めてから赤ワインを入れる。 コンソメ半分と水を入れて、3分の1くらい煮詰める。 バターを入れたらソースの出来上がりです。 牛もも肉は、15分たったらお湯からあげる。 ローストビーフは、薄く切る。 ポイント!塩は強め 牛もも肉には、塩を強めにつける。 お肉のうま味を感じるためしっかり目にする。 肉を焼くときは動かさないこと。 肉を焼いたフライパンでソースを作る。 5枚 ・ミックスビーンズ…適量 ・水…適量 ・コンソメキューブ…1~1. 5コ ・塩コショウ…適量 ・オリーブ油…適量 作り方! 1. タマネギは角切りにする。 キャベツとニンジンも角切りにする。 鍋にオリーブ油とタマネギを入れたら、塩ひとつまみ入れて、じっくり炒める。 キャベツとニンジンも入れて炒める。 野菜がしんなりしたら、水を入れて沸騰させる。 沸騰したらアクをとる。 火を弱火にしたら、コンソメを入れて20分程度煮る。 ニンジンが柔らかくなったら、ジャガイモの輪切りにして入れる。 ミックスビーンズを入れて煮込む。 刻んだベーコンを入れて軽くの煮こめば完成です。 ポイント!野菜を炒める 塩ひとつまみが野菜のうま味を引き出してくれる。 先に炒めることでうま味が増す!ジャガイモは水にさらしても、さらさなくても良い。 水にさらすとアッサリと水にさらさないとポッテリした感じになる。 お手軽、チョコレートムース 材料がコチラ!(4人分) ・チョコレート…2枚(100g) ・卵…3コ ・砂糖…大さじ1 作り方! 1. 板チョコは、細かく砕いてボウルに入れる。 タマゴを卵黄と卵白に分ける。 (卵黄と卵白に混ぜないようにする。 ) 3. 卵白を泡立てる。 卵白が白っぽくなったら砂糖を入れる。 (砂糖を入れると卵白の泡がしぼみにくくなる。 ) 5. 卵白が持ち上がるくらいに泡立てる。 チョコレートを湯煎で溶かす。 チョコレートの中に卵黄を入れて混ぜる。 チョコレートに卵白の3分の1くらい入れて混ぜる。 (泡を気にせず混ぜる。 ) 9. 卵白の残りを入れて、泡をつぶさないように混ぜる。 容器に入れて、冷やせば完成です。 タサン志麻 タサン志麻さんは、料理専門の家政婦として活躍しています。 3時間でおよそ1週間分のレシピを作ります。 レストラン顔負けの本格フレンチから和食・中華デザートまで、作れない料理はないプロの料理人です。 家族の会話からヒントを得て、お客が求める料理・味つけに答えて行く。 世の中の働くお母さんのために少しでも力になりたい!と志麻さんは言います。 予約が殺到する中、伝説の家政婦と呼ばれています。 (画像出典:).

次の

自粛レシピ公開!NHK『プロのおうちごはん』第1弾:「いっちゃん」お好み焼(広島焼)・パラパラチャーハン・ローストビーフ・ひとくちカツ・浅漬け:動画あり【コロナでステイホーム】

志麻 さん ローストビーフ

志麻さんの本を見て、ローストビーフを作ってみました 材料が少なく、簡単だったローストビーフのつくりかた あまり血が滴るローストビーフが苦手で、火が通りやすいように厚みのあまりないもも肉を買いました。 作る工程はそんなに難しくないです。 常温に1時間置いておいたお肉に塩コショウをすりこみ、フライパンで表面を焼いて、ラップで包み、3分茹でたら火を止め、お湯に入れたまま15分放置。 お湯からあげ、室温で30分以上放置。 切り分けるのは、粗熱が取れてから。 志麻さんの本にあるローストビーフは結構赤い。 でも、そのほうが柔らかくて美味しいんでしょうね。 そもそも、牛は生でも大丈夫ですし。 おいしく作るポイント お肉の表面を焼く時、よくフライパンを熱してから焼いくと、お肉の外側にしっかり壁ができて肉汁を閉じこめ、いい焼き色がつき、見た目も美味そうにできます。 そして、一度、お肉をフライパンに置いたら、動かさないこと。 私は、フライパンの熱し方が甘く、お肉をすぐ動かしちゃったので、今回、あまりいい焼き目がつきませんでした。 最初にお肉の表面にふる塩コショウは強めがいいです。 しっかり味をしたほうが、美味しくできます。 魔法のフライパンを知ったのは、今から3年前のこと。 会社の同僚が注文していて「届くのが1年待ちなんだ」と話していました。 その話を聞いた時、「1年は長すぎる!」と思い、買わずに他のテフロンのフライパンを買っていました。 しかし、テフロンは扱いが難しいですよね。 どれもイマイチで。 だったら、「1年かかっても、いいものが欲しい!」と思い、先日注文しました。

次の