トリエンナーレ 問題。 あいちトリエンナーレの話はどこが問題なのか

高須院長「あいちトリエンナーレ」名称変更案に激怒→愛知県民はしっかり声をあげるべき。

トリエンナーレ 問題

あいちトリエンナーレ2019の会期中の愛知県美術館(愛知県美術館-Wikipediaより) 中止になっていた「表現の不自由展・その後」再開に向け合意 慰安婦問題を象徴する少女像や昭和天皇の写真を焼いて踏みつけるという表現に対して脅迫電話などがあり、安全が確保できないとして中止していた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」だが、芸術祭と不自由展の実行委員会が展示再開で合意し、再開の見通しとなった。 有本)この問題が持ち上がったのは7月末で、8月の頭に私も名古屋に行きました。 ただ私が行ったときには、もうこの展示は中止されていました。 名古屋の河村市長にも実際に取材しましたが、この問題を大手メディアの報道やテレビだけで見ている方は、ことの本質がわからないと思います。 この一連を見ると、「表現の自由、表現の不自由」ということよりも、「報道の不自由」を問題にしたほうがいいと思います。 中心会場の愛知芸術文化センター(あいちトリエンナーレ-Wikipediaより) 「昭和天皇のお顔を焼いて踏みつけにする」ことが許されるのか 有本)もちろん慰安婦像と称されるものもあるけれど、この展示の内容に関して言うならば、いちばんの問題は昭和天皇のお顔を焼いて踏みつけにするということです。 このことを知らない人が多いのですよ、そんなものもあるのかと。 これについて大手メディアが頑として触れない。 それはなぜかと言うと、これはみんな大問題だと実はわかっているからではないですか。 だって、「日本国憲法の1条に何と書いてありますか」ということですよ。 公的な自治体が主催するところでやるのに、ふさわしい内容ですかと。 しかも、これが相当な物議をかもして反発を生むだろうということは、今年(2019年)の初めからわかっていたわけです。 文化庁はその相談も受けないまま、この事業に対して補助金を出す、採択すると言っていた。 しかし、そんなことが最初からわかっていたのであれば話が違うということで、取り下げることになった。

次の

トリエンナーレ、河村市長「大失敗だ」 大村知事は反論 [「表現の不自由展」中止]:朝日新聞デジタル

トリエンナーレ 問題

あいちトリエンナーレにおける企画展「 表現の不自由展・その後」が開幕3日目で公開中止になった。 まず私は「表現の不自由」という言葉自体に違和感を持つ。 このまま芸術において表現の自由が政治や倫理の問題にとらわれ続ければ、いつまでたってもタブーを犯して極北を目指す表現は進化し得ないだろう。 芸術表現で美醜を問うという基本的な出発点にいつまでたっても立てないであろう。 昭和天皇の御真影を燃して踏みつけるような幼稚な表現から、いつまでたっても越境できやしないのである。 この展示に関して私は、じかに作品と接していないだけにくどくど言うまい。 端的に、救いようのないセンス。 私個人にとって表現規制の本丸は、なんといっても性表現であり残酷表現である。 「表現の不自由展」が2015年に東京都練馬区のギャラリー古藤において支障なく開催されている時点で「表現の不自由」ではなく、一方で ろくでなし子氏が2014年にわいせつ物頒布等の罪で逮捕された事件を挙 げるまでもなく、 性器表現は違法であり、 問答無用で警察沙汰なのである。 しかしながら 芸術性があれば性器表現は認められるとされた2008年のメイプルソープ裁判最高裁判決の例もあり、もし、あいちトリエンナーレのような国家的芸術祭で我が国の基本的性表現の解放が高らかに宣言されていたとするなら、まだ意義深い展示になっていたかもしれない。 残酷表現に関しては、私が昨年末に上梓した死体写真集 『THE DEAD』の制作過程( )における困難を鑑みるに、もはやこの先、 我が国において豪華本による死体写真集の出版は無理ではないかという実感だ。 いずれにしろ、 4年前に民間で開催済みの「表現の不自由展」を、日本を代表する芸術祭に再び引っ張り出すという企画など、炎上目的の悪趣味というほかない。 しかしそれでも主催者はいったん展示を決定したのなら 中止すべきではなかった。 しかし主催者は生半可な覚悟しか持ちえなかった。 やっていることの重大性に無自覚だった。 救いようのないセンスをどこまでも露呈してしまった。 この問題を憲法21条における表現の自由、検閲の禁止の議論に結び付ける向きがある。 だが 「芸術祭」であるからには、本源的に問われるべき美醜の問題を憲法問題にすり替えることはやめた方がいい。

次の

広島のトリエンナーレ、事前確認の方針 美術家らは批判:朝日新聞デジタル

トリエンナーレ 問題

15年の「表現の不自由展」の続編 物議を醸したのは、名古屋市内の愛知芸術文化センターで開かれている企画展の1つ「表現の不自由展・その後」だ。 東京都内のギャラリーで2015年にあった「表現の不自由展」の続編という形を取っている。 この展示会は、日本で表現の自由が脅かされているとの危機感から、検閲や忖度で展示できなかったり撤去されたりした作品を集めたという。 続編では、その後に同様なことになった作品も加えて展示した。 トリエンナーレは、2019年8月1日から10月14日まで開催される予定。 続編で展示されているのは、二十数点の作品。 「平和の少女像」は、韓国の彫刻家夫妻が制作した。 これは、在韓日本大使館前などに置かれているのとほぼ同じだ。 関連作品として、東京都美術館で12年に展示された後に撤去された少女像のミニチュアも並べられている。 また、「昭和天皇と推定できる」との解説が付いた嶋田美子さんのエッチング作品「焼かれるべき絵」も展示されている。 版画を一部焼いてあり、顔の部分が剥落したものだ。 この展示では同時に、昭和天皇の肖像を燃やしたような映像も流されている。 このほか、「九条守れ」などと書にした作者非公開の俳句作品や、米軍ヘリが墜落する様子を連想させる岡本光博さんのシャッター画「落米のおそれあり」などが展示されている。 あいちトリエンナーレは、愛知県や名古屋市などでつくる実行委員会が主催し、県や市が負担金を拠出しているほか、文化庁からも補助金が出ることになっている。 開催初日だけで電話・メールは200件 ネット上では、公的なイベントに慰安婦問題など政治的なものを持ち込んだ展示はふさわしくないのではないかとの疑問も相次いでいる。 実行委事務局の広報担当者にJ-CASTニュースが取材したところでは、8月1日の開催初日だけで、少女像などについて疑問や批判の電話やメールが約200件も寄せられた。 名古屋市の河村たかし市長は、この日の一部取材に「表現の不自由展・その後」の展示を問題視する発言をし、2日に現地を視察して報道陣の囲み取材に答えた。 「公的資金を使った場で展示すべきではない」などと述べ、実行委会長の大村秀章愛知県知事に対し少女像などの撤去を求める考えを示した。 市の文化振興室は2日、大村知事に対し書面で抗議文を出したことを取材に明らかにした。 そこでは、「日本国民の心を踏みにじる行為であり、許されない。 行政の立場を越えた展示が行われていることに厳重に抗議するともに、即時天皇陛下や歴史問題に関する展示の中止を含めた適切な対応を求める」としている。 菅義偉官房長官も、2日の会見で、「補助金交付の決定にあたっては、事実関係を確認、精査して適切に対応したい」などと述べた。 文化庁の地域文化創生本部は、「事実関係を確認しており、今後対応を検討していきたい」と取材に答えた。 あいちトリエンナーレでは、ジャーナリストの津田大介氏が芸術監督を務めている。 津田氏は1日、ツイッター上で次のように説明している。 「あいちトリエンナーレ実行委員会も、表現の不自由展実行委員会も、僕も『表現の不自由展・その後』に展示されている作品に対して何らかの賛否を述べるものではありません。 来場者に実物を見ていただき、表現の自由を巡る状況に思いを馳せ、議論のきっかけにしたいということが展覧会の趣旨です」 一方で、事務局への電話が殺到していることなどを受けて、津田氏は2日夕に会見を開き、「今後、展示の変更も含め、何らかの対処を行うことも考えています」と説明した。 事務局の広報担当者は、取材に対し、名古屋市からの抗議への対応について、「どうするか検討中です」と答えた。 (J-CASTニュース編集部 野口博之).

次の