ありがとう を め いっぱい 伝える 日。 欅坂46・長濱ねる、卒業イベント【ありがとうをめいっぱい伝える日】ライブ・ビューイング決定

長濱ねる卒業イベント「ありがとうをめいっぱい伝える日」開催決定!

ありがとう を め いっぱい 伝える 日

みぃのふりーすぺーすをご覧くださり ありがとうございます! ねるちゃん卒業おめでとう! 今まで本当にありがとう😊 7月30日、ねるちゃんの卒業イベント ありがとうをめいっぱい伝える日に参加しました。 動画にしましたが、なかなかうまく伝えられず。 イベント中はねるちゃんおめでとう!という 気持ちがあってもやっぱり涙は流れました😭 ねるちゃんは欅坂にとってかけがえのない存在だと 改めて感じたし、積み重ねてきたものは大きいな、と。 欅坂、ひらがなけやきになってくれて本当にありがとう。 日向坂46のデビューカウントダウンライブの後、 ねるちゃんが日向坂のメンバーに卒業を伝えたシーン。 本当に全員が涙したんではないでしょうか、 日向坂のメンバーもいろいろ悩んだと思うし ねるちゃんが欅坂専任になった時に感じたことや 悔しかったこと、不安だったことは今の日向坂の 原動力の1つなんじゃないかと感じます。 卒業イベントを開催してくれて本当に嬉しかったです! ねるちゃんにありがとうを伝えられた気がします。 そしてねるちゃんからのありがとうは 溢れるくらい伝わってきました。 20歳になったねるちゃん。 新しい道を歩むこと、素晴らしいと思います。 休む時間も大切です! 好きなことをして自分を充電する時間を しっかり作って欲しいです。 ねるちゃん大好きです。 今までありがとう! これからもねるちゃんらしくね😌 これを書いてて泣きそうになってるみぃでした。 ・Twitterはこちらから! ・イラスト【ぱちまる】 Instagram: LINEスタンプ: ・甘茶の音楽工房 ・OtoLogic.

次の

ありがとうをめいっぱい伝える日 SPECIAL SITE

ありがとう を め いっぱい 伝える 日

2019年7月30日 火 、幕張メッセ 国際展示場(千葉県)で開催される欅坂46 長濱ねる 卒業イベント「ありがとうをめいっぱい伝える日」の模様をライブ・ビューイングすることが決定した。 欅坂46の8thシングル「黒い羊」の活動をもってグループ卒業を表明している長濱ねるが単独卒業イベントを開催する。 欅坂46のメンバーが卒業イベントを行うのは2015年8月の結成以来初となり、「ありがとうをめいっぱい伝える日」と題して開催されるこのイベントは、本人のアイデアを中心に企画された内容でファンに感謝の気持ちを伝えるものとなる。 今回のライブ・ビューイングは、公演会場である幕張メッセに来場することが叶わない多くのファンにも感謝の想いを届けるべく、急遽実施が決定した。 2部入替制で行われるイベントの【2部】の模様を、生中継で全国各地の映画館にお届けする。 「ありがとう」の想いが詰まった1日限りの特別なイベントを映画館で見届けよう。 予めご了承ください。 予めご了承の上お申込みください。 シーンによっては、拍手や歓声などが起こる場合もございますので、ご理解の上ご購入ください。 このような行為が行われた場合は、記録された内容を削除の上ご退場いただきますので、予めご了承ください。 予めご了承ください。 予めご了承ください。 予めご了承ください。 これ以外に臨時メンテナンスが行われる場合もございます。 詳細は各プレイガイドのサイトでご覧ください。

次の

ありがとうをめいっぱい伝える日ー長濱ねる、欅坂46卒業

ありがとう を め いっぱい 伝える 日

2019年7月30日 「ありがとうをめいっぱい伝える日」 長濱ねるが最後に読んだ手紙を 何人かの方々の記憶を合わせながら 書き起こしました。 長濱ねる推し。 のファンへ。 「ねるからの手紙」 最後に皆さんにお手紙を書いてきたので 今から読ませていただきます。 本日、にお越しいただいたみなさま、 全国の映画館 そして全国の映画館でご覧になっている皆様 ありがとうございまして。 楽しんでいただけたでしょうか? 今日という日がいつもより特別な日になったらいいなと この日をドキドキしながら待っていました。 アイドルとして活動する私を 偶然にもあなたが見つけてくださって あなたの生活の中に少しでも存在できていたことが 本当に幸せです。 四年前の夏、長崎で過ごしていた16歳の私の あの時の不思議な衝動を信じてみて良かった。 そして今なら あの時東京に迎えに来てくれた母の気持ちが 痛いほどわかります。 私をいろんな者から守るために 大切に思ってくれるゆえのことだったんだなと 二十歳になって やっと心から理解することが出来ました。 父と母はこの四年間、どんな時も見放さず ずっと近くで見ていてくれました。 そして今日も見に来てくれています。 お父さんとお母さん。 本当にありがとう。 それから(拍手) それからあの時受け入れてくれたメンバーのみんな、 スタッフのみなさん そしてファンの皆さん 本当に本当にありがとうございました。 四年間色々なことがありました。 見えない言葉に眠れないこともあったし 夢のような眩しい景色を 見させていただくこともありました。 アイドルになって良かった。 、 として活動させていただいた日々を 心から誇りに思います。 そして、アイドルである仲間のことを誇りに思います。 何もわからずに知らない世界に飛び込んだ私のことを あなたがアイドルしてくださいました。 こんな素敵な場所に ひっぱって連れてきてくださいました。 きれいごとでも本当に何でもなく 本当に本当に本当にあなたがいてくださったから この広い世界の中で私を見つけてくれてありがとう。 好きになってくれてありがとう。 それから、 メンバーのみんな出会ってくれてありがとう。 ただそれだけです。 愛しくてたまらなくて みんながいてくれたからこその大切な四年間でした。 これからも繋がっていたいです。 そして、スタッフの皆さん。 私が卒業したいです。 といった時に 引き留めてくださって そして これからのことを一緒に考えてくださったこと こんなにすてきなイベントを 協力して作ってくださったこと 上京してきてから 今日までたくさんのサポートをしてくださいました。 感謝してもしきれません。 本当にありがとうございました。 そして、秋元先生、 欅坂46を作ってくださり を作ってくださり 本当にありがとうございます。 いつだって心を見透かされているような 温かい手紙のような曲が大好きです。 今日という日に今の気持ちを真っ直ぐに伝えられる曲を 歌えたことがとても嬉しかったです。 心強い皆さんがいてくださって大切ナメンバーがいて 守ってくださるスタッフそしてさんがいる。 そして大好きな曲がある。 そんな居心地がいいアイドルという場所を 何故卒業するのか? 衝動でもなく何度も自問し悩み決断したことです。 どうしても あいまいに聞こえてしまうかもしれないけど 今の正直な気持ちを 嘘なくお伝えできたらなと思います。 私にとって二十歳という区切りは すごく大きなものでした。 この四年間ずっと放電をしていたような感覚で すごく濃い毎日でしたがふと気づいたら 自分のパワーが空っぽになりかけていました(涙) その時に 自分がもう一つ成長するために大人になるために 様々なものを見て蓄えて 積み重ねることをしたいなと思いました。 しなければ。 という感覚に近かったかもしれません。 それが二十歳である今だ。 と思ったのです。 なんの確証もないけれど 立ち止まるなら次の道に進むなら 今のタイミングだってそう思いました。 変えたいと思っている自分に 強気で向き会おうと思いました。 立ち止まる過程が自分にはどうしても必要で その時期が今だったのです。 が大好きです。 とてもとてもさみしいです。 心細いです。 だけど、みんなとの楽しい日々刺激的な経験 さまざまな出会いがあったからこそできた決断です。 自分が決めたことならば 後悔しないし信じてみようと思いました。 正直、今の私は 人前に立つことから少し距離を取りたいと思っています。 いろ鮮やかな自分なりの春を迎えるために 学びたいことを勉強して 色んなものを見て感じて 少し消耗されていた心を修復して 穏やかな冬を過ごします。 そんな新しい日々に少しだけ心が高まります。 アイドルの私は 少しづつ皆さんの前から遠ざかることになります。 何年後か 何十年後 もしかしたらもうないのかもしれないけど この先々でまた皆さんとまじ逢うこととができたなら また会うことができたなら。 この四年間のそして今日の思いで話をしようね。 2015年11月30日。 私の人生が変わりました。 そして2019年7月30日 今日は二度目の人生を変える日です。 今日という瞬間を皆さんに立ち会っていただけたことを 一緒に過ごせたこと本当に幸せでした。 一つも後悔はなくすべてやり切りました。 とっても楽しかったです。 出会ってくれてありがとう。 長濱ねる (拍手) ちょっと聞き取りずらい部分があったかもしれませんが 伝わっていたら嬉しいです。 本当にみなさんと出会えてよかったです。 今日はお越しくださりありがとうございました。 以上欅坂46の長濱ねるでした(笑) ありがとうございました。 ライブビューイングのみなさんもみているかな? ありがとうございました。 お気をつけて帰ってください。 ありがとうございましてた。 以上、号泣。 kyz46.

次の