太もも 痩せ スクワット。 1週間で3cmの太もも痩せを実現するハイヒールスクワットの方法

目指せ!太もも痩せ!1週間地獄のスクワットメニュー!

太もも 痩せ スクワット

日本人女性には下半身太りが多い? 下半身、特に太ももの引き締めに悩まれている方はとても多いと思います。 私もそのうちの一人。 身長は166cm, 体重は49kgと数字だけ見ると痩せ型ですが、体系はお尻から太ももにつれてボリューム感がある立派な「洋ナシ体系」です。 ダイエットをしてもいつも痩せるのは顔、デコルテ、胸…。 食事制限などで食べないダイエットをすると特に上半身から痩せていってしまいます。 頬は痩け、デコルテに至っては肋骨が浮かび上がって逆に不健康そうに見えてしまうことも。 上半身は細いのに、下半身はがっちりして見えるのでとてもバランスが悪く見えるのが長年のコンプレックスです。 同じような悩みを抱えている方も多いのでは無いでしょうか? 何故なら日本人にはこの洋ナシ体系の女性がとても多いと言われているからです。 骨盤の歪み、むくみ、食生活など色んな原因が考えられますが、それに加えて欧米人と比べて骨格が違うこと、歩き方、筋肉のつき方も関係しています。 特に 一番大切なのは太ももの内側の筋肉(内転筋)を鍛えるということ。 今回はここに焦点を当てて考えてみたところ、とても簡単に内腿の筋肉を鍛える方法を見つけたので実践しました。 本当にとっても簡単で、誰にでもすぐ始めることができます。 しかも太もも痩せだけでなくヒップアップまでできちゃいますよ。 体重が変わるようなダイエットではありませんが、 数字ではなく見た目の変化を重要視しています。 では、どのように 1週間で目に見える太ももダイエットを可能にするかお伝えしていきたいと思います。 必要なものは女性なら誰でも持っているアレ やることは簡単です。 よくダイエット方法で見かける、スクワットをします。 ですがただのスクワットではなく、特に内腿に負荷をかけてアプローチをしていきたいのです。 そこで用意するものは女性なら誰でも持っているであろうアレです! そう、 ハイヒールです。 どんなものでも構いません、ご自分の足にフィットするもので大丈夫です。 ヒールの高さも特に指定はありませんが、歩けないような高さのものは危険ですのでお勧めしません。 普通の、普段ご自身がお使いになるもので大丈夫です。 すでに使用済みで室内で使いたくない…という方は下に新聞紙を引くことをお勧めします。 さてハイヒールを履いたらそのままスクワットをするのかというと、ここでもう一つポイントがあります。 スクワットをする前に、ご自身の踵と踵を引っ付けて、つま先を広げるだけ広げます。 バレリーナの基本姿勢を思い浮かべると想像しやすいですね。 踵を内に合わせ、膝をまっすぐ立ちます。 姿勢を伸ばし、腰が曲がらないように気をつけてください。 そして腕を上にあげ、バランスをとりながらゆっくりとスクワットをします。 そうすると内腿にじわじわと効いてくる感覚があると思います、それが重要ポイントです! まとめますと、• ハイヒールを履いて• バレリーナの基本姿勢を思い浮かべて踵を内にしまっすぐ立ち• 腕を上にあげ• ゆっくりスクワットをする これだけです! 回数は10-15回ワンセット、これを一日3回はやってみましょう。 手頃なハイヒールがない方は、もちろんハイヒールなしでも大丈夫です、その場合は踵を内にしたまま 爪先立ちで、バレリーナの基本姿勢をしてください。 何故ハイヒールが必要かと言いますと、その方が爪先立ちをするより楽だからです。 でもハイヒール無しでも爪先立ちが出来れば道具も必要ありません! この、爪先立ちのままゆっくりスクワットをすることで本当に内腿に負荷がかかります。 よく間違えた姿勢で太ももを鍛え、太ももを痩せるどころか横に筋肉がついてしまい、 逆に張って見えてしまう…というパターンも多く見受けられますがこの場合だとその心配はありません。 参考動画:絶対】美脚になりたきゃこれを見ろ【美脚】 スポンサーリンク ハイヒールスクワットの注意事項 特別な道具もいらず、誰にでも始められるこの ハイヒールスクワットですが、もちろん注意すべきことがあります。 ヒールが高すぎるハイヒールでやらないこと バランスが取りづらく転倒してしまう可能性があり危険です。 踵を上げることが目的ですので、普段使いの使いやすいものを選んでください。 やりづらい方は爪先立ちからスタートしてももちろん問題ありません。 スクワットをするときに腰を曲げないこと まっすぐ背中を伸ばし腰を曲げずにスクワットしてください。 腰を曲げてしまいますと腰に負担がかかり危険です。 上半身はとにかくまっすぐを意識すること!反り腰にもならないように注意です。 可能なら姿見の前に立ち、姿勢をチェックしながら行うとさらに効果的です。 体を横にしてみるととてもわかりやすいですよ。 踵同士は必ずくっつける スクワットを重ねていく内に床が滑るなどで踵が離れてしまうことがありますが、 踵同士を合わせる事がこのスクワットではとても大事ですので、踵が離れないよう意識してください。 継続して行う事 1週間の短期集中ですので、継続して行うことはとても重要です。 もちろん体調が悪い、寝込んでしまった等やむおえない場合は仕方がありませんが、可能な限り継続すること! 1日必ず3セットは行いましょう。 まずは3セットから初めて、慣れてきたらもうワンセット増やしてみる、などご自身のペースに合わせてチャレンジしてみてくださいね。 無理をしない事 当たり前ですが、初日からオーバーワークをしてしまい次の日は筋肉痛で動けない…となってしまうと継続して行うのは難しいので、無理をせず行う事。 もちろん元々内腿を鍛えていてある程度筋肉があり、1日3セットじゃ物足りないという方はもちろんご自分に合ったセット数を行っていただいて構いません。 このスクワットはきちんと行えば効果は目に見えてきます。 焦らずに1週間続けてください。 ハイヒールスクワットを効率的に行うために このハイヒールスクワット、もちろん鏡の前に立ち集中して行うのも良いのですが、何かをしながら行うのにも適しています! 家事の最中で隙間時間ができた時、髪を乾かしている時、顔のパックをしている時、2、3分もあれば出来てしまうので無理せず、ご自分の空いた時間のタイミングで行ってみてください。 外出している際も、トイレの個室の中でも出来ちゃいます。 笑 大事なのは先ほども言ったように姿勢に気をつける事です。 ハイヒールがないときは爪先立ちでできるので、本当に場所も時間も選びません。 実際に1週間ハイヒールスクワットをやった結果は? 私がこの太もも痩せハイヒールスクワットを1週間実践してみて得た変化は、• まっすぐ立った時に太ももに隙間ができた• O脚気味だったけれど足が真っ直ぐになった• お尻も鍛えられて少し上に上がった という、太もも痩せだけではない結果を得る事ができました。 体重こそ変化はありませんでしたが、 太もものサイズでいうと左右3cmずつダウンしており、以前の脂肪でたるんでいる太ももよりは少し引き締まった印象になりました。 最後に 道具もいらず誰にでもすぐに始められるこのハイヒールスクワットですが、ぜひ同じように太ももに悩みを抱えている方に是非実践していただきたいと思います。 1週間でここまで変化があるのですから、2週間、3週間をと続けたらより大きな変化があるのは確実です。 ただし 必要なのは毎日継続して3セット以上行う事、短期集中になりますが、隙間時間などを見つけていつでも行う事ができますのでそんなに難しい事ではないと思います。 この部分痩せをやって特に嬉しかったのは太もも痩せだけではなく、ヒップアップやO脚改善も見込めたのでやってみる価値は大いにあると思います! 太もも痩せに悩んでいる方はぜひこのスクワットを1週間続けて行い、綺麗な太ももを手に入れてくださいね!.

次の

太もも痩せするためのスクワットの正しいやり方を徹底解説!

太もも 痩せ スクワット

— 2019年 3月月9日午前1時02分PST ここを鍛えればすぐに細くなる 太ももをすぐにでも細く鍛えたいなら どの部分を集中して鍛えればよいか知るとスピードもアップします。 1週間で太ももを引き締めたいなら是非、知るべきですね。 太ももで鍛えるべき筋肉はたったの4つ。 この4つの筋肉をトレーニングすれば引き締まった脚ができあがる。 その中でも優先度を上げると効果が高い場所があります。 大腿四頭筋(だいたいしとうきん) ハムストリングス 内転筋 外転筋 太ももが太くなる原因は、この4つの筋肉が衰えて脂肪になるから。 姿勢が悪い、食生活が偏っている、運動不足などの生活習慣が一番影響しています。 その中でも1番「太りやすい筋肉」があります。 それは「内転筋」。 内もものお肉ですね。 股にスキマがなくなっている人が多くないですか? 「O脚」の女性は内ももが太りやすいです。 また、内転筋が弱いから「O脚になる」という悪循環も発生します。 椅子に座るときに「ヒザが開いている人」は要注意です。 次に、「ハムストリングス」。 ハムストリングスは、後ろのおしりの後ろから膝裏を支えている筋肉。 ヒップアップには欠かせない筋肉です。 美しいヒップラインを作るには引き締める必要があります。 三番目は外転筋。 この筋肉は太ももの外側にある筋肉。 お尻から足首までの筋肉です。 最後に大腿四頭筋。 太ももを正面から見た大部分の筋肉になります。 日常生活では、外転筋や大腿四頭筋を使用する頻度が大きいです。 逆に、ハムストリングスや内転筋の使用頻度が落ちています。 ということは? そうです、「内転筋」と「ハムストリングス」から鍛えれば早く足を細くできますね。 美脚を目指す地獄のスクワット 美しい引き締まった脚。 地味で辛いスクワットを乗り越えることで手に入ります。 スクワットは面倒だしキツイ。 でも効果は確実。 もう楽なダイエット方法に逃げないでスクワットしましょう! 内転筋を鍛えるスクワット 内ももの内転筋を鍛えるスクワットは「ワイドスクワット」 足を広く開いたスクワットです。 内転筋を鍛えることで太ももに「スキマ」を作り出します。 衰えている人が多いので、ある程度頑張ればすぐに結果が出やすいです。 手は後頭部で組む• 両足は肩よりも広く開く• ゆっくりと腰を落とす• ヒザぐらいまでお尻を落とす• 最初は数回から目標は20回 背筋は伸ばしてまっすぐに。 正面を向いてサクサク行いましょう。 ハムストリングスで美尻と美脚 ハムストリングスは太ももの裏側の筋肉。 脚痩せだけでなく、ヒップアップ効果も高いです。 さらに! ここを鍛えると良いことが待ってます。 「痩せやすい体質」になる。 ハムストリングスは「大きい筋肉」の部類に入ります。 大きい筋肉を鍛えると基礎代謝が上がりやすい。

次の

目指せ!太もも痩せ!1週間地獄のスクワットメニュー!

太もも 痩せ スクワット

「え?これだけ?他に原因あるよね?」 って思うかもしれませんが、結局太もも痩せしない原因はこの2つに集約されるんです。 言われてみれば当たり前。 ダイエットの基本的なことですよね。 だからこそ筋力をつけて脂肪を減らすために 「毎日ストレッチやマッサージ、スクワットだってしているわ」っていう人もいると思います。 では、なぜ太ももは痩せないのでしょうか? 下半身の筋力低下が諸悪の根源 下半身の筋力が足りないというのも、タイプは2つあります。 1.太もも痩せするために筋トレや運動をしている!という方 太ももが脂肪燃焼するような筋力レベルまで達していない。 2.太ももが太くなるのが怖くて筋トレはしない…という方。 筋力が無いせいで、何をしても太もも痩せの効果が発揮できない あなたは太もも痩せのためにどれくらい筋トレやマッサージをしているでしょうか? 想像してみてください。 脚やせ動画を紹介してくれている美脚モデルは、1日何時間、美脚のことを考え、美脚のための習慣をしてるでしょうか? 厳しいですが、太もも痩ができない根本的な理由は、 下半身の筋肉量と動かしている量が足りていないからなんです。 上半身ばかり痩せるのは下半身(太もも)への刺激不足 ダイエットすると 上半身ばかり痩せるんだけど! 食事制限だけしていても下半身はなかなか痩せません。 なのに上半身ばかり痩せていくのも不思議ですよね。 その理由もシンプル。 上半身は血の巡りが良いから優先して脂肪が燃えるんです。 そもそも脂肪がエネルギーとして燃焼されるには、脂肪を分解してできる 「脂肪酸」を血管に送り込まねばなりません。 上半身は内臓の働きが密集しており、心臓があって血の巡りも良い。 血流が良い部位は、全身にエネルギーを送り込むスピードも速く、優先して脂肪分解が進みます。 一方、上半身と比べて太ももは明らかに血流が悪いですよね。 手首のように脈があるわけでもないし、歩くときだってわざわざ高く上げ下げしたりしません。 仮に太ももの脂肪分解が進んだとしても、血の巡りが悪いために、全身に脂肪酸がめぐっていかないので、また元の脂肪組織に戻ってしまうんです。 「でも、ちゃんと太ももが痩せるように動かしてるよ!」 と言いたくなる気持ちもわかりますが、現に全くサイズダウンしていないのであれば、それはサイズが変わるほど血行が良くなっていないということです。 太もも太りの解決策にタイプ別は関係ない 水太り、筋肉太り、セルライト、むくみなど…よく「太もものタイプ別によって、細くする方法は違う」なんていわれますよね。 確かに誰も正しいし有効な手段だと思います。 しかしですね! これすべて 筋力低下が原因で起こっていることなんですよね。 逆にいうと、タイプ別に太もも痩せの方法を試しても、筋力が無ければ効果は一時的。 または全然改善されません。 ですから、太もも痩せに悩むならば、太ももを鍛える筋トレが有効なんです。 どういうことなのか、原因別に解説しますね。 太ももを鍛えることで、色んな太もも太りが解消される 脂肪を落とすには血行を良くして代謝を上げるしかない 太ももは血行を良くすればいいんだったよね?ならマッサージとかお風呂で温めればOK? いいえ。 一時的に太ももの血行をよくしても、血行の悪い太ももの脂肪はそう簡単に燃えてくれません。 しかも、太ももの脂肪燃焼ができるようにエアロバイクや太ももの上げ下げなど、 とにかく血行を良くした後、ひたすら脚を動かすような運動をする必要があります。 しかし、そもそも筋力をつけないと、太ももを刺激できるような運動すらできません。 一度高速で太ももの上げ下げをやってみたらわかります。 筋力がないと全然できません(笑) 面積の大きい太ももの筋肉を鍛えれば、全体の代謝アップにつながります。 運動によって血の巡りも良くなり、太ももの脂肪が燃えやすい体になります。 それだけでなく、 脂肪がそぎ落とされて、太ももの筋が綺麗に見える引き締まった太ももに生まれ変わるのです! セルライトは脂肪を落とせば目立たなくな セルライトは強めのマッサージでブチブチ潰すっていうよね いいえ。 セルライトはセルフマッサージでは決して治ることはありません。 結論から言うと、セルライトは脂肪を落とせば目立たなくなります。 そもそもセルライトは、脂肪の結合組織が真皮(皮膚の組織の一部)に突き出てしまっていることが原因なんですね。 つまり、セルライトの原因は肥満や老廃物のせいではなく、体質的な問題なんです。 ですから、セルライトは脂肪が少ない人でも見られるものなんです。 余談ですがエステなどでセルライトを撃退しましょう!なんていわれますよね。 その際はちゃんとメニュー内容を見たほうがいいですよ。 ようですが、ハンドマッサージをしてもお金の無駄なのでおすすしません。。 それならば、筋トレして脂肪を落としたほうが、見た目も引き締まるしセルライトも気にならなくなります。 むくみは筋肉が解決してくれる 「むくみって、筋肉と何が関係あるの?関係なくない?」 いいえ。 筋肉さえついていれば、むくみを解消するマッサージ効果もすぐに現れます。 逆に言うと、筋肉が少なければマッサージ効果は得られにくいです。 たしかにマッサージなどで一時的にむくみは解消はされます。 しかし、放っておけばまた太ももはむくみ始めます。 セルライトはリンパの流れの悪さが原因。 なぜリンパの流れが悪くなるのかというと、 筋肉を動かしていないから。 そもそも筋肉は動かさなければ増加しないし、少なければ筋肉の動き自体が少ないのでリンパの流れも悪くなりやすいのです。 筋力があれば、むくみは歩くだけで解消されます。 血液のポンプとなるふくらはぎの筋肉によってリンパは流れるからです。 ですから、むくみで悩んでいる人こそ、マッサージではなく、 ちゃんと筋トレをするべきなんです。 姿勢の悪さ・骨盤の歪みに良いのはヨガやストレッチではない 姿勢が悪くて太く見えるなら、骨盤体操してゆがみを直せばいいでしょ! いいえ。 姿勢の悪さや骨盤のゆがみは、 姿勢を維持する筋肉が衰えることで起こります。 筋肉とは俗語で、本来は骨格筋と呼ばれます。 つまり、姿勢(骨格)を正しく保つ役割を持っているのが筋肉です。 そもそも筋肉がなければ、骨盤体操しても、ヨガをして歪みを整えても、良い状態をキープすることができません。 だから、 いつまでも太いまま。 例えば脚が太く見える原因の1つにO脚がありますが、O脚は内転筋と外旋筋群という、脚を閉じてまっすぐにたもつ役割の筋肉かま衰えることが原因。 その結果、楽に使える無駄な筋肉ばかり発達して筋肉太りも併発。 脚がどんどん開いてO脚になってしまうのです。 ですから、正しい姿勢を保ち、細く見せる太ももを作るためにも、やはり筋肉は必要なのです。 筋肉太りは鍛える筋肉を変えることで解消する じゃあ筋肉太りは?これ以上鍛えてどうするの? って思うかもしれませんよね。 結論から言うと、細く見える太ももの筋肉を使うようになれば、筋肉太りして見える筋肉は使われなくなるので目立たなくなります。 そもそも筋肉太りって、基本的に昔はスポーツをやっていて今はやめてしまった人が悩むことが多いですよね。 スポーツ時代の筋肉は使っていないと思われるかもしれませんが、その当時の歩き方や姿勢が癖になっています。 だから、今でも太く目立つ筋肉を習慣的に使ってしまっているのです。 ですから、筋肉太りの場合は、 正しいフォームで細く見える筋肉を鍛え、習慣的に使うようにします。 すると自然と脂肪も無駄な筋肉も削ぎ落とされ、綺麗な脚のラインが見えてくるのです。 筋肉をつけても太ももが太くなることはない• 脂肪がついたままの状態だから。 太く見える筋肉ばかり鍛えているから。 筋トレそのものは脂肪燃焼をしてくれるわけではありません。 カロリー消費もほんの僅か。 では、筋トレって何のためにするのかというと• 見た目を引き締めて細く見せる• 代謝を上げて脂肪を落としやすくしてくれる ですから、人によっては太ももを鍛えると同時に、脂肪燃焼を狙って食事制限と有酸素運動は必要です。 ですが、筋トレをしたからってムキムキに太くなってしまうことは絶対にありません。 太くなることを気にして筋肉をつけない方が、太ももをさらに太くさせる原因につながります。 ご存知かと思いますが、 基礎代謝は筋肉増加と比例して増えるんです。 (基礎代謝とは何もせずとも消費する必要最低限のエネルギー量です。 ) 筋肉は 体温維持の役割も担っていますから、脂肪燃焼したい部分に筋肉をつけることで、しっかりと体温上昇して、効率よく周辺の脂肪が燃えていくわけです。 脚が太くなることを心配して筋肉をつけないという人は、太もも痩せのためにいくらストレッチやマッサージをしても効果は長続きしません。 その時々しか効果は得られないので、細くなった太ももをキープできない。 脂肪は燃焼できず、下半身がいつも冷えています。 結果的に、脂肪とセルライトがブクブクと太ももについてしまうわけです。 あなたが参考にしている筋トレやマッサージには、1日5分!とか、速攻脚痩せって書いていたかもしれません。 たしかに動画や書籍は間違っていないと思います。 しかし、その本人は絶対にそれ以上の運動をしているはず。 そしてそれが習慣になり、体にとっては必要な筋肉となっています。 そらと比べ、一般人である私たちが見よう見まねで真似をしたくらいじゃ太もも痩せはできません。 それはやっぱり、 「根本的に筋肉が足りず、習慣的に体を動かす機会が足りない」からです。 普段あなたが運動する習慣がないのであれば、もっともっと脚に意識を向けて筋トレの量を増やしていく必要があるというわけです。 だから、筋力の少ない女性こそ、筋肉で太くなるなんて心配せず筋トレをして筋肉をつけてください! 見た目の綺麗さだけでなく、冷え性からくる様々な症状も軽減できますよ。 筋力が低下招くそれぞれの原因まとめ 太くなる原因 筋力不足がすべての理由 脂肪 ひたすら血行を良くして太ももを刺激する有酸素運動 セルライト 脂肪を減らせば目立たなくなる むくみ 筋力が弱くてリンパが滞ったまま 筋肉肥大 太く見える筋肉が発達して、正しい筋肉が衰えている 姿勢が悪い 姿勢を支える筋力が低下 骨盤のゆがみ 骨盤を支える筋力が低下 太ももに何も変化が起きないならば、太ももを鍛える筋トレをして、とにかく脚を動かしてください。 そうすれば、あなたの太もも太りの原因に効く方法で効果がぐんと現れて、 理想の脚に近づけるはずです! 太もも痩せするならどんな方法が効果的? それでは太もも痩せの具体的な方法に入りましょう! 太もも痩せで効果的な方法は以下の通りです。 しかし、スクワットをすると余計に足が太くなる人がいます。 それは、太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)が発達して太く見えてしまっている人です。 スクワットは鍛えると余計に太くなる人がいる! スクワットはとても万能な筋トレで、同時に3つの部位を鍛えることができます。 blogimg. jpg 下半身の広い部分を鍛えることができるので、全体的な筋力が少ない人が行うと、基礎代謝アップの効果が高いのも事実。 しかし、スクワットを頑張る前に本当に太もも痩せに有効かどうか一度鏡で自分の姿を見てみてください。 スクワットをすると、余計に太く見える脚 上の画像のように、横から見て太ももの前側が突き出ている方は、太く見える筋肉(大腿四頭筋)が発達している証拠です。 前側が発達する人は以下のことに心当たりがあるかもしれないですね。 普段から前かがみで歩いている• 姿勢が悪い• 猫背 当てはまる人は、これ以上スクワットを頑張りすぎると、さらに発達して太く見えてしまいます…。 スクワット自体は筋力アップに有効ですが、 ゴールは太ももが細く見えることですよね? ですから、自分の脚をよく見てスクワットをするかどうか判断してください。 太ももが太く見える人と細く見える人の差は、太ももの前側・裏側の筋肉、どちらが鍛えられているかで変わります。 太ももの裏側のハムストリングを鍛えると、より視覚的にシャープな印象になり、足が細く見えるのです! ハムストリングが重要性はこの書籍から学びました。 効果があると感じたのは• 太ももの上げ下げ(階段の上り下り)• エアロバイク• 大股でウォーキング いろんな方法がありますが、太もも痩せに期待を裏切らないのは大股歩きのウォーキングでした。 1日30分は行えるといいですね。 有酸素運動は20分以上行うと良いと言われますが、最初の約20分は筋肉に蓄えられた糖質エネルギー(グリコーゲン)が使われると言われているからです。 それから脂肪燃焼がスタートするので、20分以上行う必要があるわけです。 筋トレ自体に脂肪燃焼効果はありませんが、脂肪燃焼しやすくする効果はあります。 残念ながら、脂肪が多くついていると筋トレだけではなかなか太ももは細く見えてきません。 中には食事制限はしたくない!といって、ひたすら運動で痩せようとする人がいますが、効率を考えると絶対に食事を減らす方が有効です。 20分のウォーキングでおよそ80キロカロリー消費できると言われていますが、おやつ1つ我慢するだけで100キロカロリーは余裕で抑えることができます。 ただし!間違っても急激なカロリー制限はしないこと。 食事だけ減らしても都合よく太ももだけ細くなるということはありえません。 筋力が衰え太もも太りの無限ループに陥ります。 部分痩せを狙いたいなら、筋トレをしつつ徹底的に 下半身に刺激を与えることが大事です。 ですから、食事制限するなら絶対に自分の消費カロリーは知っておかなければなりません。 とはいえ、いちいち計算するのは面倒ですよね? ですから、消費カロリーはダイエット関連のアプリで管理する方してしまいましょう。 ダイエットアプリはいろいろと使いましたが、私は FINCを使っています。 目標体重に合わせたカロリーを自動で設定してくれるので、オーバーしてしまう心配もありません。 太もも痩せなど目標設定ができて、ダイエット動画や記事が満載• 無料YouTubeでもクオリティの高い動画はありますが、プロが配信しているものはほとんどがダイジェス版。 しかも途中で広告が出てきてイラッとしますよね… ですから、私はYouTubeではなく、「 LEAN BODY」という動画配信サービスを利用しています。 LEAN BODY 太もも痩せができるダイエットDVDを探している方や、 ジムに行きたいけど時間がない方にはかなりおススメ。 「 LEAN BODY」はテレビや雑誌で有名な20名以上のフィットネストレーナーが集結した動画が視聴できるサービスです。 見たときの第一印象は、ものすごく丁寧な解説。 分りやすい。 YouTubeとのクオリティの違いにあなたも驚くはずです。 気になる部位別に探すこともできるし、気に入ったフィットネストレーナーを追って検索することもできます。 もちろん太もも・下半身痩せ動画もあります! YouTubeだと断片的な情報ばかりでなかなか正しいフォームが身に付きませんが、LEAN BODYは1からゴールまできちんとマスターできるようになっています。 プロのフィットネストレーナーの動画だけ視聴できる• ハイクオリティで本格的なジムのような動画で太もも痩せのフォームが学べる• 1つの動画をマスターしたころには、確実に太ももの変化を感じる 登録なしで確認できる動画もありますので詳細を確認してみてください。 書籍との違いは、本人と直接やり取りできること。 この前ちょっと興味が湧いたサービスがあったので利用してみました。 すぐに太もも痩せしたい! 本気で太もも痩せしたいけど続かなくて悩んでいる人には是非オススメしたい内容でした。 こんな方法もあるんだー。 って感じで新しい発見でした。 逆にいうと、だから太もも痩せできない人がいるんだなぁと…。 夏までに痩せたい• 結婚式を控えている…!• どうしても痩せたいんだ…! という方は、プライベートジムを検討するのも一つの手です。 絶対に痩せたい…!と思うならば、費用対効果としては安いもの。 プライベートジムは食事管理からメンタルケアまでトータルでサポートしてくれるので、確実に太もも痩せへと導いてくれます。 しかも、今って「」もあったりするんですよね。 こちらはビーコンセプトという太もも痩せができるというプライベートジム。 筋トレは自己流ほど怖いものはありません…私は何度も腰を痛めたり、やり方が間違っていたことに気付かずにずっと意味のない動きをしていたこともあります。 動画やネットなど自分で行うのも否定しませんが、やはり直接プロに習うと成長は早いですよ! ちなみに、こちらのジムは 圧倒的に料金が安いです。 FINCアプリのメリット• 太もも痩せなど興味のあるダイエット情報・動画の配信が無料• 食事検索でカロリー入力が簡単!• どれくらい筋トレをすれば太もも痩せできるの? 太もも痩せを実感するまでは、その人それぞれの負荷によって変わります。 ですが、 大体3か月を過ぎるころには、太ももに綺麗な縦筋が見えるようになってきます。 たとえ太もものサイズダウンができなくても、 相対的に筋肉が目立つよう引き締まって細く見せることも重要です。 たとえば、今の太ももの脂肪と筋肉の割合で考えるのです。 必ずしも大きくサイズダウンしなくても、「脂肪:筋肉=45:55」でも引き締まって見えてきます。 私の例ですが、一度ダイエットし過ぎで 160㎝で46㎏から35㎏まで痩せた経験があります。 ですが、筋肉も一緒にそぎ落とされているので、ポチャッとした印象はぬぐえませんでした。 しかも、パッと見の太ももの印象は46㎏からあまり変わりません…。 リバウンドした時はもう太ももデブ。 ですから、太もものサイズダウンにこだわりすぎす、食事管理もしつつ見た目をほっそり魅せる引き締め太もも痩せがダンゼン良いです。 桐谷ちゃんとローラちゃんの間を目指すイメージで、今はトレーニングを続けていますよ! 私が紹介したものだけでも太もも痩せも不可能ではありませんが、ここからはもっと効率的に太もも痩せする方法をお伝えします。 まとめ とても長くなりましたが、とにかく 太ももが痩せないのは筋肉が足りない・刺激が足りないことが根本的な原因だということ。 太もも痩せの方法はネットでいろいろ書かれていますが、結局のところタイプ別の太もも太りなんて、本当は関係ないのです。 下半身に筋力が足りないことが諸悪の根源• 日常的に下半身への刺激が足りない• とにかく下半身(特にハムストリング)を鍛えれば太ももが痩せないという悩みは解決できる とにかく太もも痩せしたければ、下半身を中心に筋トレをしましょう。 そして、本気で太もも痩せと向き合うならば、時間を確保して下半身を動かす習慣を作ってください。 せめて目標とする理想の脚になるまでは、です。 とても長くなりましたが、本気で太もも痩せと向き合うならば、時間を確保して下半身を動かす習慣を作ってください。 せめて目標とする理想の脚になるまでは、です。 ネットの記事を読むだけではもったいないです! 太もも痩せのために、何か一つでも行動を起こしてみてくださいね!! このブログでは、他にも太もも痩せのための情報を配信しています。

次の