国民 健康 保険 料 横浜 市。 国民健康保険について(横浜市)

【横浜市】年収100万円~1,500万円の国民健康保険料を公開!

国民 健康 保険 料 横浜 市

国民健康保険料 高い自治体 ランキング 個人事業主、フリーター、アルバイトなど、各自治体(市、区)が運営する国民健康保険に加入した場合の国民健康保険料を高額な自治体順に並べています。 国民健康保険料が安い自治体と高い自治体では、おおよそ1. 5~2倍の差額 年収によって異なる があり、 また、高い自治体の場合、民間の健康保険組合 会社員が加入する健康保険 と比較するとおおよそ3倍の差があります。 また、国民健康保険料は所得税や住民税とは異なり、 扶養控除や社会保険料控除が認められないだけでなく、 扶養人数が多いほど高くなり、かつ、40歳~64歳は介護保険料を請求されるため、 高い地域の場合、年収の20%以上が国民健康保険料という、生活する上で非常に厳しい結果になる場合もあります。 年収や家族構成によって異なるものの、 国民健康保険料が高い市の場合、収入を最も圧迫するのは国民健康保険料となり、 低所得者ほど、収入に占める国民健康保険料の割合が高くなります。 国民健康保険料 高い自治体 ランキング 年収400万円 単身、介護保険未加入 の場合 順位 都道府県 市(区) 年間保険料 最安市との差額 年収割合 高い 1位 広島県 広島市 636,735円 +345,015円 15. 9% 2位 兵庫県 神戸市 593,697円 +301,977円 14. 8% 3位 北海道 函館市 574,067円 +282,347円 14. 4% 4位 大阪府 東大阪市 552,515円 +260,795円 13. 8% 5位 山形県 山形市 531,155円 +239,435円 13. 3% 参考 28位 99位 大阪府 大阪市 471,454円 +179,825円 11. 8% 48位 79位 愛知県 名古屋市 435,581円 +143,861円 10. 9% 55位 72位 神奈川県 横浜市 423,501円 +131,781円 10. 6% 92位 35位 東京都 23区 354,049円 +62,329円 8. 9% 安い 5位 122位 神奈川県 平塚市 323,805円 +32,085円 8. 1% 4位 123位 愛知県 春日井市 321,730円 +30,010円 8. 0% 3位 124位 神奈川県 相模原市 313,900円 +22,180円 7. 8% 2位 125位 愛知県 豊田市 294,280円 +2,5600円 7. 3% 国民健康保険料は率(所得に応じて支払う)と定額(所得に関係なく支払う)によって決まるため、 年収が異なると順位に多少変動があるものの、概ね上記のような順位となります。 健康保険料 年収200万 単身 介護未加入の場合) 順位 都道府県 市(区) 健康保険料 年額 最安市 区 との差額 所得に占める割合 民間との年支払差額 1 広島 広島 325,335 +165,615 16. 政令指定都市・中核市・特例市 人口20万人以上の市 、および、東京23区を対象としています。 国民健康保険料の計算はの数字を元に計算しております。 年収600万円以上は、多くの自治体が健康保険料の上限額に達し、同額1位となるため、当サイトでは取り上げておりません。 介護保険料は計算内容に含まれておりません。 「民間企業との年間支払差額」は、健康保険料が比較的安いTJK 東京都情報サービス産業健康保険組合 の値を参考にしております。 未反映の計算方法と対象市一覧 図1 地域 都道府県 市(区) 未反映の計算方法 地域 都道府県 市(区) 未反映の計算方法 東北 秋田 秋田 特定世帯 近畿 兵庫 神戸 移行期間、特定世帯 関東 群馬 高崎 資産割 兵庫 姫路 資産割 群馬 伊勢崎 資産割 兵庫 明石 資産割 埼玉 所沢 資産割 中国 鳥取 鳥取 資産割 埼玉 草加 資産割 島根 松江 特定世帯 埼玉 熊谷 資産割、特定世帯 広島 広島 特定世帯 神奈川 川崎 特定世帯 四国 香川 高松 資産割 中部 福井 福井 資産割 静岡 富士 資産割 静岡 沼津 資産割 愛知 春日井 資産割.

次の

【横浜市】年収100万円~1,500万円の国民健康保険料を公開!

国民 健康 保険 料 横浜 市

国民健康保険料 高い自治体 ランキング 個人事業主、フリーター、アルバイトなど、各自治体(市、区)が運営する国民健康保険に加入した場合の国民健康保険料を高額な自治体順に並べています。 国民健康保険料が安い自治体と高い自治体では、おおよそ1. 5~2倍の差額 年収によって異なる があり、 また、高い自治体の場合、民間の健康保険組合 会社員が加入する健康保険 と比較するとおおよそ3倍の差があります。 また、国民健康保険料は所得税や住民税とは異なり、 扶養控除や社会保険料控除が認められないだけでなく、 扶養人数が多いほど高くなり、かつ、40歳~64歳は介護保険料を請求されるため、 高い地域の場合、年収の20%以上が国民健康保険料という、生活する上で非常に厳しい結果になる場合もあります。 年収や家族構成によって異なるものの、 国民健康保険料が高い市の場合、収入を最も圧迫するのは国民健康保険料となり、 低所得者ほど、収入に占める国民健康保険料の割合が高くなります。 国民健康保険料 高い自治体 ランキング 年収400万円 単身、介護保険未加入 の場合 順位 都道府県 市(区) 年間保険料 最安市との差額 年収割合 高い 1位 広島県 広島市 636,735円 +345,015円 15. 9% 2位 兵庫県 神戸市 593,697円 +301,977円 14. 8% 3位 北海道 函館市 574,067円 +282,347円 14. 4% 4位 大阪府 東大阪市 552,515円 +260,795円 13. 8% 5位 山形県 山形市 531,155円 +239,435円 13. 3% 参考 28位 99位 大阪府 大阪市 471,454円 +179,825円 11. 8% 48位 79位 愛知県 名古屋市 435,581円 +143,861円 10. 9% 55位 72位 神奈川県 横浜市 423,501円 +131,781円 10. 6% 92位 35位 東京都 23区 354,049円 +62,329円 8. 9% 安い 5位 122位 神奈川県 平塚市 323,805円 +32,085円 8. 1% 4位 123位 愛知県 春日井市 321,730円 +30,010円 8. 0% 3位 124位 神奈川県 相模原市 313,900円 +22,180円 7. 8% 2位 125位 愛知県 豊田市 294,280円 +2,5600円 7. 3% 国民健康保険料は率(所得に応じて支払う)と定額(所得に関係なく支払う)によって決まるため、 年収が異なると順位に多少変動があるものの、概ね上記のような順位となります。 健康保険料 年収200万 単身 介護未加入の場合) 順位 都道府県 市(区) 健康保険料 年額 最安市 区 との差額 所得に占める割合 民間との年支払差額 1 広島 広島 325,335 +165,615 16. 政令指定都市・中核市・特例市 人口20万人以上の市 、および、東京23区を対象としています。 国民健康保険料の計算はの数字を元に計算しております。 年収600万円以上は、多くの自治体が健康保険料の上限額に達し、同額1位となるため、当サイトでは取り上げておりません。 介護保険料は計算内容に含まれておりません。 「民間企業との年間支払差額」は、健康保険料が比較的安いTJK 東京都情報サービス産業健康保険組合 の値を参考にしております。 未反映の計算方法と対象市一覧 図1 地域 都道府県 市(区) 未反映の計算方法 地域 都道府県 市(区) 未反映の計算方法 東北 秋田 秋田 特定世帯 近畿 兵庫 神戸 移行期間、特定世帯 関東 群馬 高崎 資産割 兵庫 姫路 資産割 群馬 伊勢崎 資産割 兵庫 明石 資産割 埼玉 所沢 資産割 中国 鳥取 鳥取 資産割 埼玉 草加 資産割 島根 松江 特定世帯 埼玉 熊谷 資産割、特定世帯 広島 広島 特定世帯 神奈川 川崎 特定世帯 四国 香川 高松 資産割 中部 福井 福井 資産割 静岡 富士 資産割 静岡 沼津 資産割 愛知 春日井 資産割.

次の

国民健康保険料 高い自治体(市、区) ランキング

国民 健康 保険 料 横浜 市

上の計算式をわかりやすくしたのが下の図です。 国民健康保険と健康保険との保険料計算の違い 一般的に企業に勤務している方が加入されている健康保険には、健康保険組合や協会けんぽがありますが、これらは、保険料の計算にあたって世帯の人数(被保険者数)は関係ありません。 一方、国民健康保険は「均等割」が導入されているため、世帯の加入人数(被保険者数)によっても保険料が違ってきます。 家族の加入人数が多いほどその分の保険料負担が増えることになります。 では、もう少し詳しく見てみましょう。 例として平成28年度の東京都武蔵野市の国民健康保険税率を記載しています。 東京・武蔵野市の国民健康保険税 平成28年度の東京・武蔵野市の国民健康保険税です。 以下の所得割額とは、所得に応じて計算する額であり、均等割額とは、世帯の加入者数(被保険者数)に応じて計算する額のことです。 医療分(世帯限度額=510,000円)• 均等割額:23,800円 後期高齢者支援分(世帯限度額=160,000円)• 均等割額:8,700円 介護分(世帯限度額=140,000円)• 所得割額を計算するために 所得割額を計算するには、加入者それぞれの総所得金額や所得割算定基礎額が必要になってきます。 では、総所得金額と所得割算定基礎額とは何を指すのでしょうか? 総所得金額とは? 総所得金額とは、収入から必要経費(給与所得控除、公的年金控除等)を引いたものです。 給与所得のみの場合 総所得金額=給与所得-給与所得控除 源泉徴収票では、以下の「給与所得控除後の金額欄」になります。 事業収入の場合 事業収入-(必要経費+青色事業専従者控除+事業専従者控除+純損失の額)=事業所得 年金収入の場合 公的年金収入-公的年金等控除額=雑所得 所得割算定基礎額とは? 総所得金額から基礎控除(33万円)を引いた金額です。 国民健康保険の控除に算定されないもの 下記の控除については、国民健康保険税における所得割額の算定の際には、認められていません。 雑損控除(繰越控除を含みます)• 医療費控除• 社会保険料控除• 小規模企業共済等掛金控除• 生命保険料控除• 損害保険料控除(平成19年分より廃止)• 地震保険料控除• 寄附金控除• 障害者控除• 寡婦・寡夫控除• 勤労学生控除• 扶養控除• 配偶者控除• 配偶者特別控除 国民健康保険の計算事例 以下に平成28年度の武蔵野市と横浜市の国民健康保険税で計算してみました。 例1)東京都武蔵野市に居住のAさん 平成28年度の国民健康保険料(税) 家族構成と年齢:夫50歳、妻49歳、昨年の給与収入額:夫500万円、妻0円という設定 まず給与所得控除を計算します。 ですので、総所得金額は、500万円-154万=346万円です。 さらにここから33万円を引いた金額が「所得割算定基礎額」になります。 所得割算定基礎額=346万円-33万円=313万円 あとは、上記記載の「武蔵野市の平成28年度の料率と均等割額」を適用します。 加入年齢が65歳を過ぎると、介護保険の第1号被保険者となり、介護分の負担は、別途、特別徴収(年金から直接引く方法)や普通徴収されるようになります。 例2)神奈川県横浜市に居住のBさん 平成28年度の神奈川県横浜市の国民健康保険料(税)を見てみましょう。 横浜市の平成28年度の国民健康保険料は平成28年5月下旬に決定されるため4月の現時点では見込みです。 所得やその他条件は、例1と同じとする。 東京都武蔵野市と神奈川県横浜市では、同じ条件にもかかわらず年間104,220円も差があります。 さらに全国にはもっと安い市区町村もありますし、さらに高い市区町村もあるのが実態です。 国民健康保険料 税 は以下の算式で計算されます。 所得割額の計算にあたって、「所得割算定基礎額」を算出する必要があります。 所得割算定基礎額とは、「総所得金額」から基礎控除(33万円)を引いた金額です。 総所得金額とは、収入から必要経費(給与所得控除、公的年金控除等)を引いたものです。 給与所得のみであれば、総所得金額給=給与所得-給与所得控除• 事業収入の方は、事業収入-(必要経費+青色事業専従者控除+事業専従者控除+純損失の額)• 年金収入の方は、公的年金収入-公的年金等控除額=雑所得 以上、「国民健康保険税の計算をわかりやすく解説しています」でした。 該当カテゴリー: 関連カテゴリー:、、.

次の