死ん で よ ベイビー 歌詞。 作品歌詞:死んでほしい人 / 作詞 条峙 / うたまっぷ自作歌詞投稿

及川光博「死んでもいい’98」で国民総ベイベー&男子化!ミッチーはイイぞ!

死ん で よ ベイビー 歌詞

オヤジ、好きだ みんな大好き、オヤジことハックが登場するイベント「見習い少女と筋肉の悪魔」が待望の復刻開催。 を書いたのも1年近く前かと遠い目をしていたらですよ、 まさかのアジトBGM強制変更。 そして歌い出すオヤジとマルチネ。 そういうとこだぞ!最高だぞ!どんどん巻き込んでほしい。 ハックが好きな人、バラン・ドバンも好きですよねきっと 伝われ。 最高におバカな曲、最高に尊い2人 歌詞を見れば分かりますが、この曲はただ2人で楽しく筋トレをしているだけです。 でもそれがいいんです。 ヴァイガルドへ追放され、メギド体を引き剥がされ、記憶もなくしたマルチネ。 後悔に塗れ、追放されたマルチネのためにヴィータ体で戦う術を編み出し、メギド体を封じてヴァイガルドへやって来たハック。 そんな2人が再び出会い、鍛錬に勤しむ姿はそれだけで尊いのです。 よかったね、オヤジ。 ハックさん」 ハ「ヌン、ハァ!ヌン、ハァ!最高の仕上がりじゃ」 マ「き、キレてるよ!」 ハ「ヌン、ハァ!ヌン、ハァ!喜びで筋肉が震えておるわ」 マ「震えてるよ!」 ハ「ヌン、ハァ!ヌン、ハァ!ラストスパートじゃァ!」 マ「ナイスバルク!」 ハック!筋肉!ハック!筋肉! ハック!鍛錬!ハック!鍛錬! ハ「ついて来い!」 ハ「ウォウォーウォーウォーウォウォウォーウォーウォウォ 化身舞踏のリズムで 」 マ「マルチネも行きます!」 ハ・ マ「ウォウォーウォーウォーウォウォウォーウォーウォウォ 化身舞踏のリズムで 」 ハ「満を持して 若き魂を導くため 己の肉体のみを武器とするメギドが宵界メギドラルより参戦!筋肉の悪魔…ハック!」 マ「そして…疾風とともに先陣を切る!ハック軍団特攻隊長…ブッ込みのマルチネ!」 ハ・ マ「召喚!」 いでよ筋肉.

次の

アンパンマンの歌〜衝撃の歌詞〜

死ん で よ ベイビー 歌詞

愛してる 終末世界 街中ゾンビがパパパパ パンデミック さいこー イカすオールナイト シャンパンもってこい Hey! Lady! Go to the HELLHELL! ガッデムなスクールライフ! 恋してる 少年少女 パパママジジババ ウンババババン さいこー いくぜオールナイト みんなついてこい Hey! Lady! Go to the HELLHELL! ガッデムなピンチ! アンデッドなyou ビーチでパーリーパーリー BBQだぜ DJアゲアゲ 特上カルビ ハツミノハラミ タン塩ホルモンロースだ 死んでも完食! ウォーキング・デッドベイベー 踊りなべいべー 完全に 死んだ目でライフ・イズ・ビューティホー! 燃やせ いのち 革命 確変 ワンチャン狙いでノーフューチャー! イエーイ! ウォーキング・デッドベイベー 踊れないべいべー 完全に 死んじゃってる わたしビューティホー! どんだけ 腐っても ハッピー! 大嫌い こんな世界 てへぺろぺろぺろ うそぴょんだぴょん さいこー めちゃアナーキー イン・ザ・TOKYO Hey! Lady! Go to the HELLHELL! ガッデムなピンチ! アンデッドなyou キャンプでパーリーパーリー BBQだぜ DJアゲアゲ 極上アワビ ウニトロイクラ 中トロエンガワ 死んでも河豚食べる! ウォーキング・デッドベイベー 踊りなべいべー 完全に 死んだ目でライフ・イズ・ビューティホー! 燃やせ いのち 革命 確変 ワンチャン狙いでノーフューチャー! イエーイ! ウォーキング・デッドベイベー 踊れないべいべー 完全に 死んじゃっても わたしビューティホー! どんだけ 腐っても ハッピー! アンデッドベイベー アンデッドべびべび so come on アンデッドベイベー アンデッドべびべび エビバディ! 我々はこれより革命を開始する! おい、そこのおまえ! 「死んでるみたいに生きるより灰になりたい」なんて、 カート・コバーンのパクリみたいなことを ドヤ顔で言っていたおまえだよ! カコイー! さあ、我々と一緒にこっちの世界に来ないか? イエーイ! オッケー! そうだ、生きてるとか死んでるとかどうだっていい! ウィ・アー・ザ・ワールド! Hey! Lady! アンデッドべびべび! ガッデムなアンデッドライフ ウォーキング・デッドベイベー シェキナべいべー 完全に 死んじゃってる わたしビューティホー! 燃えない 命 だけど ちょっと 誰かのためにシンギングソング ウォーキング・デッドベイベー 踊れないべいべー 完全に 死んじゃってる 世界ビューティホー! フォーエバー! わたしビューティホー! 世界ビューティホー! All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。

次の

ベイビー・メイビー めいちゃん 歌詞情報

死ん で よ ベイビー 歌詞

愛称であるミッチーを「職業」でもあるという及川光博。 ライブにおいては、コンセプトの立案から構成、演出、その他細部に至るまですべてセルフプロデュースで行っているという。 彼の楽曲は実に幅が広い。 それでいて、歌謡曲を思わせるようなキャッチーなメロディラインがクセになる。 バラードをのぞくほぼすべての楽曲には振りが付けられ、ファンも一緒に踊るのがライブのお決まりだ。 指先まで表情をもつしなやかなダンスと甘い歌声は、まるで年齢を感じさせない。 プリンスを敬愛し、幼少のころから宝塚歌劇団のショーに触れていたというミッチーの生きざますべてが、ライブにつまっている。 強烈な世界観。 ミッチーのライブはスゴイ ミッチーのライブは世界観にまったくブレがない。 ファンにうかがいをたてるようなライブではない。 「これが自分だ」と、ライブで表現し尽くす。 私自身、初めてのミッチーライブということで多少の予習はしていたし、きっと楽しいだろうとは思っていた。 しかしまさか汗だくになるほど踊り狂い、声が枯れるまでミッチーの名を呼ぶなどとは想像もしていなかった。 まわりの目など気にならない。 気にする必要がない。 自己解放の時間がそこにあった。 知らない曲ですら、身体が勝手に動く。 ダンサーやコーラス、バンドメンバー、ミッチーのパワーに乗せられるまま、自然と身体が踊り出す。 もちろん、誰かが統制をとるわけでも、強制されるわけでもない。 「この声は必ずミッチーに届いている」。 ミッチーはそう思わせてくれるのだ。 ファンひとりひとりを愛し、見つめてくれているのが分かる。 だからこそ全身でミッチーに「愛」を送りたくなる。 「愛してる」と、簡単に言ってしまわないのがミッチーだ。 心を寄せてくれる。 ミッチーがくれるのはそういう愛だ。 ライブはまさに愛の時間であり、愛の交換。 ミッチーのくれた愛が自己肯定力を高め、ライブ終わりの帰り道にはいつもより自分を好きになれる。 ミッチーがあの日かけた魔法は、いまも解けない。 ある曲が始まる直前、会場中がそそくさと準備を始める。 「今の気分は!? 」 ---------------- 「死んでも・・・」 「いい! 会場のボルテージは最高潮だ。 ---------------- それならばボクは 命! 命がけで愛を誓う。 これぞミッチー流の愛だ。 好きな女性に対して情けない男になれる、それほど惚れ込まれてみたいという女ごころをもくすぐる。 歌詞にもあるように、どこか退廃ムードが漂っていた時代でもあった。 それすら飛び越えて、突き抜けるポジティブ。 ミッチーがミッチーたる所以だ。 ---------------- 人間の気も知らずに くり返す流行・・・ 辿るべき道は 何度も来た道・・・ シアワセにできるか どうかわからない・・・ だがボクはボクの シアワセの為に 命! 人間の真理をも突いてくる。 愛すること、生きること、死ぬこと…聡明なミッチーだからこそ、客観的に捉えた上で、主観的に表現することができるのかもしれない。 オリジナルの世界を構築する人は、誰もが哲学者だ。 あなたもバラ色のミッチーワールドへ ミッチーのライブは、初心者ベイベーのためにいつでも門戸を広げている。 最後列の座席は「サイコー!シート」として破格の3000円で、最後列から5列以内の座席は「ゴーゴー!シート」として5500円で販売されている。 「噂のミッチーを見てみたい」という一般層に優しい値段設定。 こんなところにもミッチーの愛を感じずにはいられない。 だが、一度ミッチーに出会ってしまったらもう戻れない。 「1回だけ見てみたい」は通用しない。 必ずまた、あの空間に行きたくなる。 それだけは、一足先にミッチーワールドへ入り込んでしまった者として忠告しておきたい。 だがしかし、ミッチーはイイぞ。 TEXT シンアキコ.

次の