サイン ドラマ。 「サイン法医学者柚木貴志の事件」ドラマ見逃し配信を無料で1話~最終回まで!

【1話~最終回】ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』を無料で視聴する方法&作品情報|大森南朋

サイン ドラマ

最高視聴率25.5%を記録する大ヒット作となった韓国版のドラマを、日本版にリメイクした作品です。 原作ではパク・シニャンさんとチョン・グァンリョルさんという二大カリスマ俳優の演技対決にも注目が集まりました。 逆転に次ぐ逆転のあらすじが魅力で、実力派の出演キャストが勢揃い! 衝撃的な結末が話題を呼んだ、法医学サスペンスドラマです。 今回は、• 【サイン】あらすじや出演キャストは?• 韓国版原作と日本版で結末に違いはある? この2点を中心に見ていきましょう。 韓国版と日本版では、職業や職場の違いが見られます。 それに、原作の衝撃的な結末に沿うかどうかは原作を知る方にとって注目ポイントではないでしょうか?! さん sign. 2019 がシェアした投稿 — 2019年 5月月27日午後1時02分PDT 死因不明社会と呼ばれ、先進国の中でも解剖率が最低レベルとされる日本。 その劣悪な環境を改善し打破するため、厚労省と警察庁共官機関として設立された国家機関が「日本法医学研究院」です。 ここでは、日々様々な解剖が行われています。 柚木貴志は、この日本法医学研究院で働く法医解剖医です。 口が悪く偏屈な性格ですが心根は優しく、解剖医としての腕は超一流。 正義感が強く、真実こそが力であると信じています。 命を亡くした人の声無き声に耳を傾け、彼らが遺した言葉たちを読み取る解剖を神聖なものだと考え、常に真実を追い求めてきました。 そのため、権力や圧力、さらには自分の感情にも決して屈しません。 ある日、国民的な人気を誇る歌手・北見永士がライブ会場の控室で命を落としているのが発見されます。 しかし事件解決に繋がるような証拠は何も見つかりません。 そこで、警視庁捜査一課管理官の和泉千聖は北見の遺体をすぐに日本法医学研究所へ搬送し、解剖を依頼します。 和泉千聖の部下である高橋紀理人は、北見は何者かによって命を奪われたのだと考えていました。 一方の日本法医学研究所では、北見の解剖を柚木が担当することになっていたのですが、直前になって担当の解剖医から外されてしまいます。 新しく北見の解剖を担当することになったのは、柚木とは犬猿の仲である、国立大学法医学教授の伊達明義。 突然の担当変更に納得のいかない柚木。 新人解剖医の中園景を巻き込み、北見の遺体を奪って解剖をしてしまいます。 そしてこの事件をきっかけに、彼は思いがけず権力と陰謀の渦に巻き込まれてしまうことに。 遺体の遺したサインを隠そうとする者たちと、遺されたサインから真実を導き出そうとする者たちの戦いが始まります。 さん tsukinihoeru. 6960. naoomori がシェアした投稿 — 2018年12月月25日午前1時06分PST 【プロフィール】• 名前:大森南朋• 生年月日:1972年2月19日• 所属事務所:アパッチ 【主な出演作品】 『ハゲタカ』『コウノドリ』『龍馬伝』 韓国版原作のパク・シニャンさん演じる天才解剖医ユン・ジフン役を演じるのは、今作が民法放送の連続ドラマ単独初主演となる大森南朋さんです。 実力派俳優として知られている大森さんは、 1993年に映画『サザン・ウィンズ 日本編 トウキョウゲーム』でデビューしました。 その後は様々な映画やドラマに出演し、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞するなど演技派俳優としての地位を確立しました。 乱暴者の役や平凡なサラリーマンまで、様々なキャラクターを見事に演じきる抜群の演技力が魅力の俳優さんです。 名前:飯豊まりえ• 生年月日:1998年1月5日• 2013年には特撮番組『獣電戦隊キョウリュウジャー』に出演し話題に。 今大注目の若手女優です。 名前:仲村トオル• 生年月日:1965年9月5日• 所属事務所:KITTO 【主な出演作品】 『あぶない刑事』『チーム・バチスタ』『家売るオンナ』 原作でチョン・グァンリョルさん演じるイ・ミョンハン役を演じるのは、ベテラン俳優仲村トオルさん。 1985年、映画『ビー・バップ・ハイスクール』でデビュー。 公募されていた映画の主人公のオーディションに応募し、見事合格した仲村トオルさんは、この映画がデビュー作にして初主演でした。 二枚目俳優として大変な人気を誇り、その後も大ヒットした『あぶない刑事』シリーズや『チーム・バチスタ』シリーズなど、数多くの作品に主演しています。 権力に固執しながらも解剖医の発展を願うイ・ミョンハンを、どのように演じるのかがとても楽しみです。 実力派揃いの主演キャスト陣による迫力満点の演技には、本当に引き込まれました! 日本版『サイン』と原作のあらすじを比較してみても大きな違いはありません。 ただ、キャラクターや主人公の法医解剖医が働いている国家機関の設定が僅かに異なっているようです。 職場の設定が違う!? まず、主人公の柚木が働いている日本法医学研究院ですが、これは架空の国家機関で現在の日本に実在しているものではありません。 韓国版の主人公ユン・ジフンが働いているのは、韓国に実在している法医学鑑定機関「国立科学捜査研究院」ですので、日本版もその設定に沿って作られているようです。 職業の設定に違いあり! また、原作ではジフンの元恋人ウジンは検事という設定ですが、日本では韓国版と違い、捜査一課の管理官となっています。 少し前にも触れましたが、それに伴って日本版にはオリジナルキャラクターが登場することになるようです。 となると、 日本版と韓国版を比較すると作中でのラブラインも違ってくるかもしれません! 原作では、ウジンと仕事上のパートナーである刑事のチェ・イハンが、そしてジフンとダギョンが互いに好意を持つ姿が描かれていました。 しかし、• 日本版は原作よりも柚木貴志と中園景の年齢差がある• 和泉千聖の相手役が登場しなさそう なので、その辺りはあまり表現されずに事件に関するあらすじが中心となるような気もします。 衝撃的な結末は見逃せない! そして、このドラマの見所は何と言っても衝撃的な結末! 韓国でも議論の的となりましたが、ジフンの性格や最終回までの伏線の数々を考えれば、あの結末にも納得する人も多いはずです! あの終わり方があってこその『サイン』だとも思いますので、日本版でも似たような結末を迎えるかもしれません。 その辺りは、ドラマが始まってからの楽しみのひとつですね! まとめ 以上、韓国版と日本版の出演キャストやあらすじ、結末についての違いや比較などをご紹介しました。 出演キャスト陣の豪華さは原作と比較しても遜色なく、とても楽しみにしています! 日本版はどのような終わりを迎えるのか…最後の最後まで目が離せないドラマになるはずです。

次の

【サイン】韓国版ドラマ原作と日本版で結末の違いは?あらすじや出演キャストも比較!

サイン ドラマ

概要 [ ] 聴力を失った高校生と彼を取り巻く人々がさまざまな悩みや葛藤を抱えながら、ダンスを通じて成長していく姿を描く青春群像劇。 主演のをはじめ、メインキャストは所属の若手俳優・女優で構成されている。 また・・は本作が連続ドラマ初出演。 本作はの最終作で、同枠では初めて毎日放送のみの単独放送となったが、Stage1~3のプレミアム上映イベントが東京で開催された他、3月からは北海道でも放送されている。 また聴覚障害者が主人公ということもあり、Last Stageのみとが実施された。 2011年にDVDが発売。 あらすじ [ ] 高校3年の大江童司は2年前の大病で聴力を失って以来、周囲にやり場のない怒りをぶつけ、心を閉ざしていた。 ある日、童司は兄の慎司がアルバイトしているクラブに忘れ物を届けに行くが、ステージでクラスメートの水本頼光・渡辺綱・茨木飛と後輩の結城なぎがダンスを踊る姿を目にし、衝撃を受ける。 キャスト [ ] 大江 童司(おおえ どうじ) - 本作の主人公。 高校3年生。 音楽が好きで、高校1年の時には軽音楽部に所属していた。 それまでは明るい性格だったが、2年前の夏に大病を患い、聴力を失ったのを境に心を閉ざす。 「KAVACHI」でダンスに出会うが、ぶつかった客を殴った時に壊した備品を弁償するために、慎司に言われるまま10日間「KAVACHI」でアルバイトすることになる。 当初はダンスに打ち込む頼光たちを馬鹿にするが、やがて自身もダンスの世界に没頭していく。 SHOGOがデビューさせるダンスチームに誘われるが、自分の居場所ではないとデビューの話を断る。 自分の可能性を探した上で大学に進学するために、1年間の浪人を咲子に願い出る。 公園で出会った菜津子に想いを寄せながらも、自分の障害に負い目を感じていたが、慎司の助言で「KAVACHI」でのラストダンスに誘い、交際を申し込む。 音や声は全く聞こえないが、音量を大きくした音楽からは、伝わる振動からリズムを感じ取ることが出来る。 水本 頼光(みずもと よりみつ) - 童司のクラスメート。 愛称は「みっちゃん」。 親に捨てられ、養護施設で育つ。 現在は施設を出て一人暮らしをしており、医者を目指し、大学に進学するための費用を株取引で稼いでいる。 クールな性格で、自分にも他人にも厳しく、当初はダンスを馬鹿にする童司とたびたび対立したが、風邪で寝込んだ時に看病にきた童司たちの好意に触れて思わず涙し、絆を深めていく。 自分を捨てた母親を許せずにいたが、卒業式目前に電話をかけるも留守電で会話ができなかった。 しかし席をはずした間にかかってきた母親からの電話に綱たちが「KAVACHI」でのラストダンスを知らせ、再会を果たす。 坂田 太郎(さかた たろう) - 童司たちの先輩で、慎司がアルバイトしているクラブ「KAVACHI」のスタッフ。 愛称は「たろ先輩」。 喘息の持病があり、ダンスを踊れない代わりに頼光たちに「KAVACHI」のステージを提供し、彼らの夢を陰ながら温かく見守っている。 一緒に暮らすあゆみの借金を返済するために、深夜のコンビニ弁当作りと着ぐるみショーのアルバイトを掛け持ちしている。 家賃滞納で家を追い出され、あゆみとともに「KAVACHI」に住むことになる。 ダンスチームの解散式と飛の結婚祝い当日、酔っ払った状態で買い出しに出かけた途中、車道に飛び出したところを車にはねられ亡くなる。 享年20。 大江 慎司(おおえ しんじ) - 1歳年上の童司の兄。 浪人中で、クラブ「KAVACHI」でアルバイトしている。 みんなからは慕われる反面、恋愛には晩生で、4歳の時から片想いしているゆかになかなか想いを伝えられずにいたが、告白の末振られる。 しかしその後も諦められずにいる。 大学に合格し、家を出ることになっている。 渡辺 綱(わたなべ つな) - 童司のクラスメートで、愛称は「ツナ」。 いつも笑顔を絶やさない明るい性格で、チームのムードメーカー。 童司にもわけ隔てなく接し、一緒にダンスをやらないかと最初に誘った。 生活を支えるために学業の傍ら働かざるを得なくなり、学校を辞めるべきか悩んでいたが、剛の退院後、渡辺運送の副社長となり、家業が好きになっていることに気づき、退学を決意する。 中学に入ってすぐの頃、ケンカで殴った相手を失明させたことがある。 茨木 飛(いばらき とび) - 童司のクラスメートで、愛称は「トビ」。 マイペースで穏やかな性格。 父親は歯科医で、裕福な生活を送っているが、家事全般は苦手。 父親と同じ歯科医になってもらうべく、歯学部への進学を望む親の敷いたレールの上を歩きたくないと思い、大学受験をせずにダンサーになることを宣言するが、親とケンカして家出し、頼光の部屋に転がり込む。 しかし、交際していたさゆりが妊娠したことにより、高校卒業後に結婚し、生まれてくる子供と一緒に暮らす決意をする。 そしてウェブデザインの会社に就職し、探してきた部屋の鍵を手渡しプロポーズする。 ダンサーとしてSHOGOを尊敬している。 結城 なぎ(ゆうき -) - 童司たちの後輩で、愛称は「なぎ」。 チームのマスコット的存在。 太郎の死後、「KAVACHI」でアルバイトを始める。 両親と兄の4人家族。 宮内 ゆか(みやうち -) - (Stage 1 - 3、5・6) 慎司の幼なじみ。 予備校の彼氏・西田がいる。 担任教師 - (Stage 2 - 4、6 - Last Stage) 童司・頼光・綱・飛の担任。 卒業後の進路相談に乗る。 さゆり - (Stage 7 - Last Stage) 飛の彼女。 小学5年の時から交際していて、現在妊娠している。 菜津子(なつこ) - (Stage 7 - Last Stage) 童司が公園で出会った保育士。 坂井 陽一(さかい よういち) - (Stage 5 - 7) 16歳。 SHOGOがメジャーデビューさせる童司のダンスチームのメンバー。 ダンスに専念するために高校を中退。 SHOGO(ショーゴ) - (、Stage 3 - 8) 超一流のダンサー。 賭けダンスで踊った童司のダンスに才能を見出し、メジャーデビューさせるダンスチームのメンバーにスカウトするが、彼が聴覚障害者であることを売りにしようとする。 大江 咲子(おおえ さきこ) - (Stage 1・2・5・6、Last Stage) 童司・慎司の母親。 渡辺 剛(わたなべ つよし) - (Stage 1・2・4 - 6、8、Last Stage) 綱の父親。 渡辺運送を営むが、腰痛に苦しみながらの仕事で無理がたたり入院する。 綱には大学に進学してほしいと思っている。 坂田 あゆみ(さかた -) - (Stage 1・3・5・7 - Last Stage) 太郎の母親。 惚れた男性に騙されやすく、ついお金を貸しては借金を増やしてしまう。 太郎の死後、故郷に帰る。 飛の母親 - 柳岡香里(Stage 2・4・7、Last Stage) 飛を父親の通っていた大学の歯学部に進学させようとする。 頼光の母親 - 小西早苗(Last Stage) ヨシエ - (Stage 1) ヨシエの彼氏 - 工藤大輝(Stage 1) 英語教師 - 杉山恵(Stage 1) 同級生 - (Stage 1・3)、齊藤丈人(Stage 1・3) 童司の落し物を拾った女性 - 朝倉瑠美(Stage 1) イヤホンで音楽を聴きあうカップル - 熊川雄大(Stage 1)、亀谷志奈子(Stage 1) 西田 - 間島亮(Stage 2) 施設職員 - 澤純子(Stage 3) 施設の少女 - 下元雛(Stage 3) 賭けダンスの参加者 - 佐伯晃浩(Stage 3)、羽鳥佑哉(Stage 3)、濱崎走(Stage 3)、水上知力良(Stage 3) 剛の担当医 - 高瀬直紀(Stage 4・5) ダンスチームのメンバー - HILOMU(Stage 5・6)、川本崇弘(Stage 5・6) SHOGOの事務所関係者 - 阿出川益(Stage 5・8)、福田奈津美(Stage 5)、吉田麻衣(Stage 5)、牧園真樹(Stage 5) 太郎の事故現場に駆けつけた女性 - 菊地由希子(Stage 7・8) 警察官 - 浜崎サトル(Stage 8) 園児 - 五十嵐愛桜(Stage 7 - 8)、河合瑚海(Stage 7 - 8)、毛塚智哉(Stage 7 - 8)、志津宏(Stage 7 - 8) 翔 - (Stage 8) 太郎を車ではねてしまった大学生。 警察官に付き添われて「KAVACHI」に謝罪に訪れる。 童司たちからは責められるも、あゆみからは太郎の死を背負わず、悔いのない人生を歩んでほしいと諭される。 スタッフ [ ]• 脚本:• ダンス振付:TETSUHARU• 企画プロデュース:原田知明()、木村元子(DHE)、楮本昌裕()• プロデューサー:久保美夏(アミューズ)、中西研二(DHE)、丸山智宏(ユニバーサルJ)、(MBS)• ラインプロデューサー:三上慎一(アルゴ)• 演出:• 制作:DHE• 制作協力:アルゴ• 製作:「サイン」製作委員会、MBS テーマソング [ ]• 主題歌:SIGN(植原卓也、桜田通、平間壮一、寺田拓哉、吉沢亮)「サイン」(ユニバーサルJ)• 挿入歌:「i BELIEVE〜星に願いを」(ユニバーサルJ) 放送局 [ ] 放送対象地域 放送局 放送期間 放送日時 備考 (MBS) - 2011年 水曜 25:35 - 26:05 制作局 (HBC) 2011年 - 2011年 水曜 25:58 - 26:28 59日遅れ ・ (RSK) 2011年 - 2011年 水 - 金曜 深夜 時間は日により異なる 外部リンク [ ]•

次の

サイン (2011年の韓国のテレビドラマ)

サイン ドラマ

もくじ• ドラマ「サイン」の日本版のあらすじ 大森南朋がテレビ朝日7月クール木曜ドラマ『サイン-法医学者 柚木貴志の事件-』にて主演いたします!共演者に松雪泰子さん飯豊まりえさん高杉真宙さん仲村トオルさん。 )の北見永士(横山涼)が殺された事件です。 そして、死体で発見されます。 北見永士(横山涼)の第一発見者は、宮島清花(柳美稀)です。 柚木貴志(大森南朋)のところに解剖の依頼が着ますが、直前になって伊達明義(仲村トオル)に変更されました。 納得のいかない柚木は、中園景(飯豊まりえ)と一緒に遺体をすり替えて、北見永士(横山涼)を解剖します。 解剖すると喉から青い繊維が見つかって、死因は窒息死とわかりました。 ところが警察の発表では、 青酸カリによる中毒死とされて、自首したコーディネーターの女が逮捕されました。 解剖したときに、シアンの臭いはしなかったのに・・・! 国家権力や陰謀によってもみ消された真実を柚木(大森南朋)は、解明できるのか。 後輩の中園景(飯豊まりえ)や新人刑事の高橋紀理人(高杉真宙)も協力して、謎を追究していきます。 北見永士(横山涼)の死因は窒息死で、喉から青い繊維が見つかっています。 高橋紀理人(高杉真宙)は、アイドルのファンに女の子が写った写真を見せて聞き込みをしていました。 ファンの中では、その女の子・島崎楓(森川葵)が北見永士(横山涼)の彼女だということは有名で、写真では青いクマのぬいぐるみを持っていました。 そうです!島崎楓が犯人です! 島崎楓(森川葵)は、大物政治家の娘で、彼女が北見永士(横山涼)を殺害した事実が隠蔽されていました。 大物政治家の議員秘書・佐々岡充(木下ほうか)は、権力の手先になります。 そのことを知っている管理官の和泉千聖(松雪泰子)は、 出世のために黙っています。 余談ですが、柚木(大森南朋)と和泉(松雪泰子)は元恋人関係です。 柚木が医者になるために別れた・・・未練あり? 芸能事務所の社長(猪野学)や逮捕されたコーディネーターや弁護士も隠ぺいに関わっていてグルでした。 しかし、島崎楓(森川葵)が犯人だと証明するのに、柚木(大森南朋)はまさかの大胆な行動に出ます! に大胆な行動の全てがあります。 森川 葵・もりかわ あおい• 誕生日:1995年6月17日• 愛知県東海市出身• 身長:157㎝• スターダストプロモーション所属 2010年にファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルオーディションの「ミスセブンティーン」に応募者5,575人の中から選ばれました。 2015年4月号をもって、セブンティーンの専属モデルを卒業して、女優に専念しています。 ドラマ「スプラウト」(2012年・知念侑李主演) でドラマデビューします。 2016年4月からは、トーク番組『A-Studio』で、鶴瓶さんのアシスタントを務めました。 高橋一生さんの大ファンで、ゲストで出演したときに目の前で「一生様」と呼んでいて、ちょっと引きましたが、後で熱愛報道されてました。 ドラマや映画では、独特な役が多くて、カメレオン女優と言われています。 独特すぎて、演技が上手いのか、よくわかりませんが、謎のお嬢様の演技が楽しみです。 10月からのこの時間は、「ドクターXシーズン6」で、米倉涼子さんが「令和も失敗しないので」になります。 ドラマには、前シリーズの最終回もあります。

次の