あくまでも 意味。 「あくまでも~」の英語|just ~などビジネスでもよく使う7例文

「あくまでも」の意味と使い方・漢字・類語・敬語|あくまで

あくまでも 意味

「あくまでも」という言い方は英語では全く同じ意味で使える言い方はないと思います。 毎回文脈によって違う言い方になってきます。 ですが、この場合は便利な言い方は「Only」です。 例えば あくまでも個人的な意見ですが〜 = This is only my personal opinion but... 「Only」を使うと「ただの意見」という意味を伝わってきます。 個人的な意見にすぎないことを明らかにします。 似ているように「Nothing but.... 」も使えます。 あくまでも予想ですが〜 = This is only a prediction but... この「あくまでも個人的な意見ですが」という使い方は確かに辞書に書いてある「あくまでも」の意味と違って訳しにくいですね。 ビジネスメールで出てくると、次のように訳するが 「あくまでも個人的な意見ですが」 'In the end, it is only my personal opinion, but... 上記を逆に和訳すれば。。。 「結局は自分の意見ですが。。。 」という感じになります。 辞書を引くと「あくまでも」は次のような意味ですが 「彼はあくまでも頑張りました。 」 'He persisted to the bitter end. ' そうすると'to the bitter end' 「最後までに」という感じになりますね。 そういう使い分けがありますからビジネスメールの表現は特別ですね。 ご参考になれば幸いと思います。

次の

「あくまでも・あくまで」【日本語文法・意味・例文】

あくまでも 意味

「あくまでも」という言葉は日常生活でも使われる言葉です。 」などと断定的な表現を意味しています。 「あくまでも」には『どんなことがあっても諦めません。 』などと言うときに「あくまでも諦めません。 」などと言い換えて表現することができます。 このように「どこまでも徹底的に物事を達成する。 」などという意味がこめられている「あくまでも」についての、正しい使い方を確認してみましょう。 」という言葉は断定的な意味で使われます。 そのため、「あくまでもここまで終わらせてから帰ります。 」のようにやり遂げたい意志を表すビジネスシーンなどで使うこともおすすめの表現です。 限定の意味での「あくまでも」 「あくまでも」という言葉には、限定を表す使い方をすることもできます。 」などという表現で使うことができます。 「あくまでも空想にすぎません。 」や「これはあくまでも仮定の話です。 」などと仮説としての意味合いで使う表現方法もあります。 これは、限定の意味として使っているととらえることができます。 仮説としての意味で使う場合は、反対証言があれば内容を覆すことができます。 「どこまでも徹底的に」という断定の意味合いとはまた違った使い方ができるため、覚えておくと便利です。 意志を表す意味での「あくまでも」 意志を表す意味で使われる「あくまでも」も、代表的な使い方です。 」という意味をもつ「あくまでも」は、強い意志や決意を表す言葉と言えます。 」など、徹底的にやり遂げたい意志や希望を表したいときに使う方法がおすすめです。 「あくまでも営業成績で1を取れるように頑張ります。 」のように、目指す目標や成果を表す表現として使いましょう。 ビジネスシーンでも使えるのでおすすめです。 「あくまでも」の漢字はどう書くの? 「あくまでも」という言葉は基本的にはひらがな表記で表すことができます。 ビジネスシーンなどで使うメールや、目上の人への手紙などで「あくまでも」とひらがなの表記で使用していても相手の方に失礼にはあたることはありません。 「あくまでも」という言葉は、漢字で表記することもできます。 漢字で表記した場合は、ひらがなの表記とは意味合いが変わる場合がありますので、使うシーンによって書き分けることをおすすめします。 漢字で書く「あくまでも」についても紹介します。 飽くまでも 「飽くまでも」という漢字表記にした場合の意味は、「決してその物事を行う意志が変わらないさま」として表すことができます。 「飽くまでも」という漢字表記には、「どこまでも。 」という意味もこめられています。 そのため「飽くまでも青い海が広がっています。 」というような、「どこまでも遠くまで葵海が広がっている」という広い範囲を表す意味の言葉として使うこともできます。 飽く迄も 「あくまでも」は、「飽くまでも」と同じように「飽く迄も」という漢字で表記することもできます。 「飽く」とは飽きる(あきる)という意味の漢字です。 そのため、「飽く迄も」という漢字で表記をした場合には、「飽きるまで徹底的に行動すること」などの意味合いも込められています。 「あくまでも」の類語や言い換えは? 絶対に 「あくまでも」を言い換える表現として使いやすいのは「絶対に」です。 「どこまでも徹底的に」という意味の「あくまでも」の類義語として挙げられる「絶対に」という言葉にも、強い断定的な意志を表すことができます。 「あくまでもあきらめません。 」という言葉を「絶対に目標を達成するまであきらめません。 」という表現などで言い換えて使うことがおすすめです。 断固として 「あくまでも」を言い換える表現として、「断固として」があります。 「どこまでも徹底的に」の意味として使うときと同じように、「断固として譲りません。 」などの徹底的にやり遂げたい自分の意志を表すときに使うことをおすすめします。 どこまでも 「あくまでも」の類義語として使われる言葉に「どこまでも」があります。 最初から最後までやりとげるさまを表す意味で使うのがおすすめです。 「あくまでもやり遂げます。 」を「どこまでもやり遂げます。 」などと言い換えてみましょう。 「あくまでも」という表現よりも、最初から最後までさらに強い意志をもってやり遂げるという意味で言い換えることができます。 「どこまでも」に言い換えるときは、目標を達成する宣言をするときなどにおすすめの表現です。 頑として 「あくまでも」の類義語として、「頑として(がんとして)」という表現があります。 「頑として」の意味は、「強く自説を主張して、他人の言を聞き入れない態度であること。 」です。 「頑な(かたくな)」という漢字を使っていることからも、その意志の固さを表すことができます。 そのため、「あくまでも」より徹底して他の人や他の物事を排除したいときや、否定したいときなどに使うのがおすすめです。 「頑として譲りたくありません。 」などのように、自分の意見を絶対に通したいときなどに使うことがおすすめです。 100パーセント 「あくまでも」には、「例外を除いて、物事を一定の範囲に絞るさま」という意味で使われることもあります。 この場合の類義語として「100パーセント」という言葉で言い換えることもできます。 「あくまでもやり遂げます。 」という表現を「100パーセントやり遂げます。 」と言い換えることで、子供相手でもニュアンスをわかりやすく伝えることができるため、おすすめの言い換え表現です。 「あくまでも」はビジネスシーンでも使える便利な言葉です。 ビジネスシーンで使う場合は、「どこまでも徹底的に」という強い断定的な意味合いで使うことよりも、自分の発言を謙遜したり、個人の意見を述べる意味で使うことが多くみられます。 ビジネスメールなどでもそのまま使用することができるキーワードです。 ビジネスシーンでの例文は? ビジネスのシーンで「あくまでも」という表現はよく使われています。 」というような、自分の意見を述べるときに使うことが多いです。 この場合の「あくまでも」という表現は、「徹底的に」という断定的な意味合いで使うのではなく、会社の方針や上司の意向ではなく個人の考えや意見ということを強調して表すときに使うのがおすすめです。 「あくまで」もビジネスで使える? 今回は、「あくまでも」の意味と使い方について紹介しました。 」という強い断定的な意味が込められています。 また「あくまでも」には、限定の意味で使われる表現があります。 」のように、ビジネスシーンで個人の考えをアピールするときにおすすめの表現です。 「あくまでも」は断定的な意味合いが強いですが、相手に対して失礼にあたる表現ではありません。 敬語を必要とするシーンや、丁寧語を使うシーンでも「あくまでも」という表現をそのまま使って問題はありません。 さまざまなシチュエーションで「あくまでも」を使いこなしてみてはいかがでしょうか。

次の

「あくまでも」に関連した英語例文の一覧と使い方(2ページ目)

あくまでも 意味

辞書には 「あくまでも・あくまで」は 「徹底的に」という意味だと書かれていますが ちょっと ピンときませんよね。 違和感を感じます。 実際 「あくまでも・あくまで」は 説明しづらく 理解しづらい日本語の1つです。 今回は説明文が多いため 日本語Onlyです。 「あくまでも・あくまで」の意味 この言葉を 日本語学習者の外国人にわかってもらうには 例文を挙げながら説明することが必要です。 「あくまでも・あくまで」の意味を あえて簡単に言うと あえての意味は 「あくまで も A」 =「A以上でもA以下でもなく」 =「A以外の何者でもなく」 =「完全にA」 と言う言葉で表せると思います。 でもこれだけではやっぱり きちんと意味がつかめません。 例文を含めて見ていきましょう。 意味: この意見は 私以外の誰の意見でもありません。 つまり この意見に他の人 私以外の人 は関係ありません。 これはAさんの意見でもなければBさんの意見でもありません。 この意見にAさんもBさんも、それ以外の誰も関係ありません。 「私」の個人的な意見です。 ただし、 この時「私」は他の人の意見を知っているわけではありません。 「他の人には他の人の意見がある」と言うことを 暗に示しています。 意味: その考え方は 経営者側にいるからこその考え方です。 その考え方は 経営者側にいるものだけが持つ考え方です。 つまり その考え方は 完全に経営者側からの意見であって、 従業員側のことは全く関係ないものとされた考え方だということです。 意味: これは 推測以上のものではない。 推測以外の何物でもない。 つまり 色々言ったことに関して 推測の域を出ないことだ、 事実の確証はないことだ と言っています。 暗に自分が色々述べた意見について 「実際は違うかもしれないよ」と言いたいときに使えます。 噂も イメージも 推測も 事実ではありません。 意味: このミスは 私の犯したミス以外の何物でもない、 つまり このミスには他の誰も関係ない と言っています。 実際のところ誰に責任があるかは分かりません。 もしかしたら他の人にも責任があるのかもしれませんが… この言葉は、 「このミスについて責任があるのは私だけで、 他の人には責任を負わせたくない」ということを 暗に示しています。 「あくまでも・あくまで」は深読みすべき言葉 上で述べた 「あくまでも・あくまで」の意味解説の中に 何度も「 暗に」と言う言葉が出てきています。 つまり「あくまでも・あくまで」の背後には 隠された主張、 隠された感情が含まれているんです。 日本人は 「あくまでも・あくまで」の意味を深く考えなくても その背後にある意味を すぐに察することができるはずです。 これは あくまで私の意見ですが 日本語学習者の外国人にとっては 単純なようで掴みにくい言葉の1つだと思います。 私は日本人なので 実際のところ 日本語学習者の気持ちは分かりませんし 知ることはできません。 なので、 『「あくまでも・あくまで」の意味は 単純なようで掴みにくい言葉の1つなのではないか』 という意見は 実際の外国人の方からすると この意見は違うかもしれませんが 今、外国人側の考えは関係なく 「私」の個人的な見方を 話しているということです。 暗に「 実際の外国人の方は違う意見かもしれないけど許してね」と 言っています。 日常会話でも割とよく使っている言葉なので 聞く機会があれば分析して見てください。 fenglifengli.

次の